ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

【祝報】【橋下徹はサイコパス】最高裁で確定!2017年2月1日! 

ウンコリアン橋下 今の日本の政治に一番重要なことは独裁ですよ
橋下 独裁
あんなバカみたいな独裁者を知事にしたのは我々の責任 自民党 谷川秀善(町村派) ちなみにウンコババア小池も元(町村派)
あんなバカみたいな独裁者を知事にしたのは我々の責任 谷川秀善

①秒速ニュース : 【速報】橋下氏の敗訴が確定 「新潮45」めぐる損害賠償訴訟 ...
blog.livedoor.jp/byousokunews/archives/1064237073.html
2017/02/07 - 誰が見てもサイコパスの人格異常者 当たり前. 5 : 名無しさん@1周年2017/02/02(木) 23:31:35.69 ID:pftcc7Mw0.net: これで橋下が人格障害である事が確定した; 6 : 名無しさん@1 ... 最高裁が、人格障害と断言したwwwwwwwwwwwwww.
http://blog.livedoor.jp/byousokunews/archives/1064237073.html

4 : 名無しさん@1周年2017/02/02(木) 23:30:09.60 ID:I4hWNX1t0.net
誰が見てもサイコパスの人格異常者 当たり前

5 : 名無しさん@1周年2017/02/02(木) 23:31:35.69 ID:pftcc7Mw0.net
これで橋下が人格障害である事が確定した

すげえwww 最高裁が、人格障害と断言したwwwwwwwwwwwwww
それを恐れて只今ハシシタ火病ツイート連射中
裁判所による人格障害認定いただきました!
人格障害の人を絶賛支持するってどう人たちなの?
ご覧ください、これが維新信者です
お前は人格障害だって朝鮮人に言ってもヘイトじゃないって最高裁が認めてくれたみたいだ
人格障害の人間が府知事&市長をしてたのか wwwwwwwwww

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/71f4f5417a17b150adf0ed036df14da8

ニュース>橋下徹氏、敗訴確定 「新潮45」名誉棄損訴訟 - モバゲー
sp.mbga.jp ? ニュース ? 総合
2017/02/03 - 嘘ついたの橋下やんか 韓国人に精神疾患が多いのを韓国政府が発表したのも事実やぞ 事実はヘイトスピーチなのか? 竹島を日本国 ... [橋下徹 詐欺パネルを使って大阪市民を騙す]で検索 ... >>19 最高裁で上告を棄却したんだから、敗訴なんだよ。もう控訴は ... アベと同じくサイコパスを患っておる。2人共隔離病棟にぶち込め。

橋下氏の敗訴が確定 「新潮45」めぐる損害賠償訴訟
…1月号の記事。野田氏が橋下氏について「人格障害と言ってもいい」などと書いた。 15年9月の一審・大阪地裁判決は、野田氏が「橋下氏の高校生時代をよく知る…
2月2日(木) 18時13分-社会(朝日新聞デジタル)
橋下氏の敗訴が確定 「新潮45」めぐる損害賠償訴訟

朝日新聞デジタル 2/2(木) 18:13配信
 橋下徹・前大阪市長が、大阪府知事時代に月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社(東京)と筆者の精神科医・野田正彰氏に1100万円の賠償を求めた訴訟の上告審で、橋下氏の敗訴が確定した。最高裁第二小法廷(山本庸幸裁判長)が、1日付の決定で橋下氏の上告を退けた。
 問題になったのは、同誌の2011年11月号の記事。野田氏が橋下氏について「人格障害と言ってもいい」などと書いた。
 15年9月の一審・大阪地裁判決は、野田氏が「橋下氏の高校生時代をよく知る教諭から聞いたエピソード」として記述した部分が名誉毀損(きそん)に当たると認め、同社と野田氏に110万円の支払いを命じた。
 一方、昨年4月の二審・大阪高裁判決は、「エピソードを真実と信じる理由があり、記事も意見や論評の範囲内だ」として、橋下氏の逆転敗訴とした。
朝日新聞社
【関連記事】
「殉愛」で名誉毀損、二審も認める 幻冬舎の賠償を増額
黒田総裁の「不都合な真実」 会見で垣間見えたホンネ
トランプ氏、NYT紙「買収か廃刊」 社説で批判され
トランプ氏「最悪な電話だ」 豪首相との会談で怒り出す
稲田防衛相の答弁「長い」、衆院予算委員長が打ち切り
最終更新:2/2(木) 20:41

②【橋下徹はサイコパス】大阪高裁がほぼ認定!証明はできないけど本当にサイコパスっぽいから名誉毀損ではない!
受け流しておけばよいものを橋下が訴えたばっかりに裁判所に【橋下徹はサイコパス】ほぼ認定されちゃいましたよ サイコパスに認定された弁護士って日本初でしょ?橋下の弁護士免許や【植松聖】の教員免許は没収するべきでしょ?サイコパス弁護士とか全身入れ墨男殺人鬼教師とかあったらおかしいでしょ?ちなみに暴力団全身入
http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-796.html

③橋下氏を「精神疾患」と診断した男性精神科医に賠償命令 香山リカ氏の批判との違いはどこに?
2015/9/30 19:39
橋下徹 香山リカ
今年大化けしそうな銘柄とは?
- www.masters-trade.jp
今が仕込み時の大化け株候補を無料公開銘柄診断、濱村比呂史のコラムも無料提供
Ads by Yahoo! JAPAN
39 225 表示 2 0
大阪市の橋下徹市長を激しく批判する論客のひとりとして有名なのが精神科医の香山リカ氏だ。香山氏が橋下氏を診察もせずに「病気だと診断」したとして、橋下氏からツイッターで「サイババか!」と罵倒されたこともあった。

その橋下氏を非難する記事をめぐって、別の精神科医が訴訟を起こされて1審で敗訴した。香山氏との違いはどこにあるのだろうか。

橋下氏は「新潮45」記事の筆者を「俺の精神鑑定を8流雑誌で勝手にしやがった8流大学教授」と罵倒した
橋下氏の高校時代の先生の証言を根拠に「診断」

橋下氏が問題視したのは、橋下氏の大阪府知事時代の11年10月に発売された「新潮45」11年11月号に、精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏が「大阪府知事は『病気』である」と題して寄稿した記事だ。この号では「『最も危険な政治家』橋下徹研究」と題した大特集が組まれており、野田氏の寄稿はその一部だ。記事は

“「挑発的発言、扇情的な振る舞い、不安定な感情――それらから導き出せるのはある精神疾患である」

というリード文で始まり、

“「橋下青年の高校生の頃を最もよく知る先生」

が橋下氏の高校時代を

“「嘘を平気で言う。バレても恥じない。信用できない。約束をはたせない。自分の利害にかかわることには理屈を考え出す。人望はまったくなく、委員などに選ばれることはなかった」

などと解説。この発言を踏まえて、野田氏は橋下氏について

“「これ以上私たちは、自己顕示欲型精神病質者(C・K・シュナイダーの10分類のひとつ)に振り回されてはならない。WHOの分類(ICD10)を使えば、演技性人格性障害と言ってもいい」

と分析している。野田氏の記事中の説明によると、演技性人格性障害には(1)自己の劇化、演劇的傾向、感情の誇張された表出(2)他人に容易に影響を受ける被暗示性(3)浅薄で不安定な感情性(4)興奮、他人の評価、および自分が注目の的になるような行動を持続的に追い求めること(5)不適当に扇情的な外見や行動をとること(6)身体的魅力に必要以上に熱中すること、の6つの特徴がある。

野田氏は、橋下氏は「(2)をのぞいて5項目が当てはまる」と評価。これに前出の「嘘を言う、バレても恥じない、信用できない」という評価を加味した結果として

“「彼の言葉をまともに受け止め対応していけば、常に彼の内容空虚性に突き当たるのである」

と結論づけた。

判決は「客観的な証拠なく真実と認められない」

この記事に対して、橋下氏は発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めて提訴。その判決が15年9月29日に大阪地裁(増森珠美裁判長)であった。判決では、客観的な証拠がなく真実と認められない上、真実と信じた相当の理由もないとして「橋下氏の社会的評価を低下させ、名誉を毀損する内容」だと評価。新潮社側に110万円の支払いを命じた。

「新潮45」の記事から約10か月後の12年8月、野田氏は橋下氏のツイートに1回だけ登場している。維新の会の政治塾に公務員が参加していることを問題視する論調に橋下氏が反論する中で、

“「頼んでもいないのに俺の精神鑑定を8流雑誌で勝手にしやがった8流大学教授が勉強不足を露呈していた」
「この大学教授は光市母子殺害事件の加害者について、母体回帰説なる珍説を唱え、無罪の根拠とし、このことが最高裁で反省の欠如と断罪され死刑となった。母体回帰説なる珍説を唱えた責任など微塵にも感じない俺の最も嫌いな無責任学者だ。野田正彰氏。もう評論家になったのか」

と罵倒していた。この時点で、かなり腹に据えかねていたようだ。

香山氏は当時の連載で「病気だとは言っていない」

では、香山氏の場合はどうか。橋下氏は2012年1月、ツイッターで

“「香山氏は、一回も面談もしたことがないのに僕のことを病気だと診断してたんですよ。そんな医者あるんですかね。患者と一度も接触せずに病名が分かるなんて。サイババか!」

などと非難。これに対して香山氏は直後にダイヤモンド・オンラインの連載で、

“「私は、橋下さん個人が病気だとは言っていません。確かに、大阪市長選挙の際は反対陣営の平松さんを応援する中で、これまでマスコミで報じられている橋下さんの特徴を分析し、そこに見られる心理的傾向を類推する発言はしました。それでも、橋下さんご自身を病気だと『診断』したわけではありません」

と反論している。

橋下氏は、香山氏のどの発言が「診断」にあたるかは明示していない。ただ、香山氏は11年9月17日に開かれた橋下氏を批判するシンポジウムで「病理」という言葉を使っている。香山氏の発言は薬師院仁志氏、山口二郎氏との鼎談(ていだん)の中で出た。この鼎談を収録している2011年11月発行の「橋下主義(ハシズム)を許すな!」(ビジネス社)によると、香山氏は「丁か半か」といった二項対立の構図に持ち込む橋下氏の手法を指摘しながら、
「そういうやり方に対して、迷ったすえにやっぱりそっちが正しいんじゃないか、みたいなためらいを含んだ曖昧さではなく、バトルの構図の中でどっちを取るのかと迫ってくる方が、魅力的に見える。そういうふるまい方というのは、私たち精神科医からすると、ある種の危機や不安を抱いている病理のひとつの証拠だと思えてしまいます」
「つまり黒か白かという判断しかできない人たちを見ると、私たちは、ああこの人自身が今かなり不安に心を占拠されてるんだなと。精神医学的な病理を感じてしまいます」

と述べている。「病理」という言葉は、橋下氏の人格そのものではなく、橋下氏をめぐる社会的状況のことを指しているようにも読める。この点が野田氏との大きな違いだと言えそうだ。

「橋下連続80ツイート」に、ただただ呆れる。|世に噛む日日
eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-771.html
この男をして、こういう衝動に駆らせる、人格内部に存する「マグマ」みたいなものの内実は、いったいどういうものなんだろう? たしかに、ネット ... 橋下はそう言って、自分に刃向かう者と見るや生来の攻撃的な本性をむき出しにするかもしれない。

まあ、それはいい。いろんな人間がいるように、いろんな市長もいるだろう。
休日なんだから、いくら市長とはいえ、どう過ごそうと自由だろうと言われれば、一言もない。
しかし、このツイート群を見て、ぞわぞわと背中を走るいやな悪寒を感じたことは、ここに表明せずにはおれない。

この執念深さ、粘着性は、いったいどこからくるのだろう?
この男をして、こういう衝動に駆らせる、人格内部に存する「マグマ」みたいなものの内実は、いったいどういうものなんだろう?

たしかに、ネットにアクセスし始めて15年、このテの御仁には、イヤというほど出会ってきた。
しかし、その方たちのほとんどは、何らかの問題を抱えているか、いろんな意味で恵まれない境遇にいる方たちだった。
けれども、同じような言動をする人物が、日本有数の大都市の市長で、政党の代表で、「総理になるかもしれない男」と言われているのだ。

そのことに対する危機感、不安感は、持って当たり前なのではないか。
それを端的に表明してみせたのが、佐野眞一氏による、週刊朝日の件(くだん)の記事だったと言えないだろうか?

もし万々が一、橋下が日本の政治を左右するような存在になったとすれば、一番問題にしなければならないのは、敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格であり、その厄介な性格の根にある橋下の本性である。

そのためには、橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べあげなければならない。
オレの身元調査までするのか。橋下はそう言って、自分に刃向かう者と見るや生来の攻撃的な本性をむき出しにするかもしれない。そして、いつもの通りツイッターで口汚い言葉を連発しながら、聞き分けのない幼児のようにわめき散らすかもしれない。
だが、平成の坂本龍馬を気取って、”維新八策”なるマニフェストを掲げ、この国の将来の舵取りをしようとする男に、それくらい調べられる覚悟がなければ、そもそも総理を目指そうとすること自体笑止千万である。

それがイヤなら、とっとと元のタレント弁護士に戻ることである。

佐野眞一「ハシシタ 奴の正体」(1)より引用
はからずも、佐野氏が予想したことは、寸分違わず、当たったといえよう。
橋下は、この予想通りの言動を、まるで台本どおりに動く大根役者のように、忠実に再現してみせたのだ。
佐野眞一という作家の著書は、ダイエーの創業者、中内功の評伝である「カリスマ」しか読んだことはない。
中内が功成り名を遂げて、日本流通業界の第一人者と成った後にも、ビジネスホテルに泊まれば、そのホテルの備品を洗面所のコップに至るまで、残らず持ち帰っていたというエピソードの部分は、今でも強烈に僕の脳裏に刻みこまれている。

その、決して褒められるとはいえない行動のエピソードのなかに、中内功という人物の内包する、「育ちの内実」であるとか、「俗っぽさ」とかが垣間見えるのである。
佐野氏は週刊誌記者ではなく、作家である。「対象」の「本性」に迫るのは、ある意味で「宿業」なのである。ただ違うのは、中内功に対しては「心酔」、橋下徹に対しては「嫌悪」という、「作家としての主観」をぶつけたということなのではないか。

ともあれ、眺めるだけで頭の痛くなるツイート群を見て、それが市井の一般人の書いたものなら、あわてて画面を閉じて、その先、関わりを絶つのだが、それが、大阪市長であり日本維新の会のトップのものなのだから、「こいつの頭の中身はどうなってるんだろうか?」と関心を持つのは自然なことだ。どうして、こういう人格が形成されたのか。

【橋下徹はサイコパス】大阪高裁がほぼ認定!証明はできないけど本当にサイコパスっぽいから名誉毀損ではない!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR