ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

トルコでプーチンロシアのカルロフ大使が報復殺害!ドイツでトラックカージャッククリスマス市報復テロ!

ちなみにイスラム過激派とユダヤキリシタン系は対立している
ちなみに
ドイツヒットラーはユダヤ人
プーチンはユダヤエリツィンの子分
クリスマス(英: Christmas)は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である

トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポを忘れるな」と叫ぶ
Newsweekjapan - 1 日前
アルトゥンタシュは「アレッポを忘れるな、シリアを忘れるな。シリアの同胞が安全でない限り、お前たちも安全を享受できない」とトルコ語で叫んだあとカルロフ大使を銃撃した。アルトゥンタシュはその後、他の警察官によって銃殺された。

★「卑劣、挑発行為」 アンカラでロシアのカルロフ大使が殺害される
c Sputnik/ Iliya Pitalev災害・事故・事件2016年12月20日 16:39(アップデート 2016年12月20日 18:45) 短縮 URLトピック トルコでのロシア大使殺害 (12) 41449615
ロシアのカルロフ駐トルコ大使が、展覧会の開会式で殺害された。特別作戦で殲滅された犯人の名は、メヴリュト・メルト・アルトゥンタシュ。警察で2年半働いていた。カルロフ大使が攻撃されたのは、トルコの首都アンカラで開かれた写真展の開会式の最中だった。
c AP Photo/ Burhan Ozbilici銃撃により、駐アンカラ露大使アンドレイ・カルロフ氏死亡 
露外務省目撃者によると、犯人はネクタイ・スーツ姿で会場に入ったため、大使のボディーガードとみなされた。 目撃者の1人がリア・ノーヴォスチ通信に語ったところによると、カルロフ大使がスピーチを行っていた時、大使の背後から「アラー・アクバル(神は偉大なり )」という叫び声がし、銃撃が始まった。テレビ局NTVは、犯人は会場にいる人たちに離れるよう求め、床に横たわる大使に近づき、さらに数回撃ったと報じている。 犯人は建物に入る際、警官の身分証明書を提示した。トルコのソイル内相は、犯人が警察で働いていたことを確認した。
c REUTERS/ Umit Bektas トルコでロシア大使が襲撃される 【写真・動画】
トルコのエルドアン大統領の顧問は犯人について、当局が7月のクーデターを企てたとして非難しているフェトフッラー・ギュレン運動とつながりがあったと述べた。 なおイスラム教指導者ギュレン師は、ロシア大使殺害を非難した。ロイター通信が、ギュレン師の顧問の発言を引用して報じた。 ロシアのプーチン大統領は、大使殺害を「卑劣な殺人」であり、トルコとの良好な関係とシリア情勢の解決を決裂させるための挑発行為だと指摘し、「これへの対抗策はもしかしたらたった一つ。それはテロとの戦いの強化だ。ならず者たちはそれを自分自身で感じるだろう」と述べた。 一連の国々や国際機関がカルロフ大使殺害を激しく非難した。国連安全保障理事会は、露大使殺害をテロと認定し、その「実行者、組織者、資金提供者」を処罰するようを呼びかけた。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201612203156642/

https://jp.sputniknews.com/incidents/201612203153675/

★ロシア大使射殺 実行犯を現場で撮ったカメラマン
BBC News 12/21(水) 13:44配信
ロシア大使射殺 実行犯を現場で撮ったカメラマン

暗殺事件の現場にプロの報道カメラマンがいることは珍しい。要人殺害の瞬間や、直後の実行犯の表情が、報道写真として記録に残るのは極めてまれだ。
しかしトルコの首都アンカラで19日、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使(62)が写真展の会場で警官に射殺された時、AP通信のカメラマン、ブルハン・オズビリジ氏は偶然、最前列に居合わせた。

オズビリジ氏は、アンカラ機動隊のメブリュト・メルト・アルトゥンタシュ警官(22)が大声で怒鳴りまくり、銃を振り回す間、その様子を撮影し続けた。
「もちろん怖かったし、銃撃犯が自分の方を向いたらどれほど危険か分かっていた」 オズビリジ氏は事件後、広く共有されたAP通信のブログにこう書いた。
また、大使の命が「目の前で消えていく」様子についても書いている。

(注意――この記事では以下に射殺現場の生々しい写真を掲載します)
カルロフ大使は「トルコ人が見たロシア」という写真展の開会式に出席し、スピーチをしている最中に撃たれた。
オズビリジ氏が式典をのぞくことにしたのは、ギャラリーがちょうど、AP通信の職場と自宅の間にあったからだった。

ブログ記事によるとオズビリジ氏は、トルコ・ロシア関係を表現するのに使えるストック写真を撮る機会になるだろうと、普段通りの撮影の仕事のつもりで会場に向かった。しかしふたを開けてみれば、普段どころか殺人事件と現場の混乱を自ら目撃することになったと、書いている。

大使は撃たれてあおむけに倒れ、アルトゥンタシュ警官はその周りを歩き回った。アラビア語とトルコ語で、シリアの紛争について怒鳴った。シリアのアサド政権にとって、今やロシアは不可欠の同盟国だ。
会場に居合わせた人たちは、身をかがめて必死に隠れようとしたという。

オズビリジ氏は、「会場の人たちは悲鳴を上げ、柱の後ろやテーブルの下に隠れて、床に倒れ伏した。私は怖かったし混乱していたけれども、壁の後ろに少し隠れることができたので、自分の仕事をした。つまり、写真を撮ったわけだ」と書いた。
ほかの人たちが逃げようとするなかで、実行犯に近づくのは危険な行為だと分かっていたが、現場の様子をとらえなくてはならないと考えていたという。

ソーシャルメディアでは、オズビリジ氏の行動を称賛する声が飛び交った。
英国のジャーナリスト、サイモン・リケッツ氏はツイッターで、オズビリジ氏のブログ記事を共有し、「多くの場合、歴史を一番最初に記録するのはカメラマンだ」と書いた。
AP通信のディレクター、クリスティン・ガズレイ氏は「APの同僚、ブルハン・オズビリジの勇気に感動している」とツイートした。

オズビリジ氏は、射殺事件が起きる前の様子もとらえていた。恐ろしい事件が間もなく起きると知る由もなく、会場にいる被害者と周りの人たちの表情だ。
「編集作業のためにオフィスに戻って、自分が撮った写真を見てショックを受けた。銃撃犯は実は、スピーチをする大使の後ろに立っていたんだ。まるで友達か、ボディガードのように」とオズビリジ氏は書いた。

アルトゥンタシュ警官は現場で、トルコ警察に射殺された。
(英語記事 Russian ambassador killing: Photographer who captured the scene)(c) BBC News
最終更新:12/21(水) 13:44

★独トラック突入、拘束男性を釈放 実行犯は逃走か
2016/12/21 7:58
【フランクフルト=加藤貴行】ドイツの首都ベルリンで大型トラックがクリスマス市に突入し、12人が死亡したテロ事件で、独捜査当局は20日、事件直後に拘束したパキスタン出身の男性を証拠不十分で釈放した。検察当局が発表した。実行犯が逃走を続けている可能性があり、地元警察は警戒を呼びかけている。
 目撃者の証言では、犯人は犯行後にトラックから飛び降りて逃走。パキスタン出身の男性は事件発生から約1時間後、現場のクリスマス市から2キロメートルほど離れた地域で警察に拘束されたが、犯行への関与については否認を続けていた。
 事件は19日夜に発生し12人が死亡、48人が重軽傷を負った。

独トラック突入、「イスラム国」が犯行声明 (2016/12/21 7:47)
欧州にテロ脅威再び 独トラック突入、防げず (2016/12/21 0:17)
トラック突入、テロ断定 (2016/12/21付) ?[有料会員限定]
ツリーや露店、なぎ倒す 独トラック突入の惨劇再現 (2016/12/20 23:01)
トラック突入 12人死亡 (2016/12/20付) ?[有料会員限定]

★ツリーや露店、なぎ倒す 独トラック突入の惨劇再現
2016/12/20 23:01
 大型トラックが高速で突っ込んだ先は、家族らが年に1度の楽しい時間を過ごすクリスマスマーケット(市場)だった。ベルリンで19日夜、多くの死傷者を生んだ惨劇。なぎ倒され粉々になった露店や巨大なツリーが無残な姿をさらす。地元報道などを基に事件を再現した。
 ベルリン中心部の名所、カイザー・ウィルヘルム記念教会近くの敷地で開かれていたクリスマス市場。イルミネーションに彩られ、明るい音楽が流れる中、クリスマス市場で飲むのが恒例の温かいワインを手に、多くの人が家族や恋人との時間を楽しんでいた。

 和やかな雰囲気が突如切り裂かれたのは午後8時ごろ。「トラックはものすごい速度で走ってきた」「あっという間のことで止めることなんてできなかった」。現場に恋人といた英国からの男性観光客が振り返った。
 トラックは男性のわずか3メートル先を通り過ぎた。クリスマス市場に突入した後も停車せず、露店が立ち並び多くの人でにぎわう中を50~80メートル突っ走った。

 目撃者の女性によると、トラックは時速約65キロで突入し、最後まで減速することはなかったという。悲鳴を上げ、逃げ場を求める人々。現場は憔悴(しょうすい)しきった様子で横たわる負傷者であふれた。警察車両や救急車が次々と急行する。
 再び通りに出たところでトラックはようやく停車した。大破したトラックの前部が、多くの人をはね飛ばし露店を全壊させた衝撃を物語っていた。女性は「事故であるはずがない」と言い切った。(ベルリン=共同)

★独トラック突入、「イスラム国」が犯行声明
2016/12/21 7:47
トラック突入の犠牲者を追悼するためともされたろうそく(20日、ベルリン)=ロイター
【カイロ=岐部秀光】ドイツの首都ベルリンのクリスマス市に大型トラックが突入し多数の死傷者が出た事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)が20日、関連するサイトを通じて「(ISの)戦士が攻撃を実行した」と主張し、事実上の犯行声明を出した。

 メルケル首相は20日にテロによる攻撃との見方を示した。ドイツ警察はパキスタン出身の男をいったん拘束したが、嫌疑不十分で釈放した。
ISはサイトで、攻撃は「十字軍連合」を狙えという要求に応じて実行されたと述べた。ISが実行犯に対して直接指示を出したかどうかは不明だ。

★欧州にテロ脅威再び 独トラック突入、防げず
2016/12/21 0:17
【ベルリン=赤川省吾】欧州で再びテロへの懸念が広がっている。ドイツの首都ベルリンで19日、大型トラックがクリスマス市に突っ込み、12人が死亡した。社会不安は選挙ラッシュを控えた欧州政治を左右する恐れがある。多くの人が集まる繁華街など「ソフトターゲット」が繰り返し狙われる欧州。その教訓を生かし切れない実態も浮き彫りになった。

トラックが突入した現場で、追悼のろうそくをささげる人々(20日、ベルリン)=ロイター
 メルケル首相は20日、テロとの見方を示し、警察当局も「トラックは意図的に人混みに向かった」とツイッターで発表。車両はドイツ国境近くに本拠を置くポーランドの運送会社から盗まれたとの情報がある。

 デメジエール内相は容疑者としてパキスタン出身の男を拘束したと明らかにした。だが男は容疑を否認しており、「真犯人は逃走中の可能性もある」との情報も伝わる。警察当局は20日の記者会見で「運転手だったのか確証がない」と語った。
 事件の背景はなお不透明で、欧州社会に底知れぬ不安が広がる。ドイツには2015年だけで100万人超の難民が殺到した。仮に難民として入国した人物が犯人なら、難民に対する視線は一段と厳しさを増すだろう。

 南仏ニースでは今年7月、花火の見物客に大型トラックが突っ込み80人超が死亡した。ドイツのクリスマス市がテロの標的になるのではないかとの危惧はかねてあった。
 なぜ教訓を生かせなかったのか。

 民間施設など「ソフトターゲット」は警備が難しい。クリスマス市は大小合わせ、ベルリンだけで約80カ所もあるとされる。大規模なものは警察車両が配備され、ある程度の治安対策は講じられていた。だが数が多く、交通をすべて遮断し、手荷物検査を実施するといった措置は取りにくい。
 欧州では家族が一緒にクリスマスを過ごす伝統があり、それを大きく制限することは政治的に言い出しにくい。独政府は20日、国内各地のクリスマス市の営業継続を認めることを決めた。

 欧州はこれから選挙ラッシュを迎える。来秋に連邦議会(下院)選挙があるドイツでは、難民排斥を訴える民族主義政党「ドイツのための選択肢(AfD)」に追い風が吹く。ペトリ党首は「もはやドイツは安全ではない」と表明。不安をあおり、票を集める戦略だ。
 一方、寛容な難民政策を掲げてきた与党は難しい対応を迫られる。民意が「安定」を求め与党への期待が高まる可能性もあるが、治安を守れていないとして支持率が急落する恐れもある。欧州に広がる衝撃は、フランス大統領選、オランダ議会選など各国の有権者の動向に影響を与えそうだ。

★トラック突入 12人死亡独ベルリン、テロの可能性 クリスマス市に悲劇
2016/12/20付日本経済新聞 夕刊
【ベルリン=赤川省吾】ドイツの首都ベルリン中心部で19日夜、大型トラックがクリスマス市に突っ込んだ。警察当局によると少なくとも12人が死亡、48人が負傷した。トラックを運転していた容疑者は逮捕されたが背後関係はわかっていない。独政府や警察はテロの可能性があるとみて背後関係を調べている。(関連記事を社会1面に)
 現場は戦災の悲惨さを伝えるため半壊状態で残された「カイザーウィルヘルム記念教会」に近く…

★トラック突入、テロ断定独、12人死亡 難民の男拘束
2016/12/21付日本経済新聞 朝刊
【ベルリン=赤川省吾】ドイツ政府は20日、大型トラックが19日夜に首都ベルリンで少なくとも60人を死傷させた事件をめぐり、テロだと断定した。デメジエール内相は20日の記者会見で「襲撃であることは疑いようもない」と発言。パキスタン出身の男を容疑者として拘束した。フランスやベルギー、ドイツで相次ぐテロ事件で欧州社会に不安が広がった。(関連記事総合1面、社会1面に)
19日夜に大型トラックがクリスマス…

Xマス市場にトラック、12人死亡=48人負傷、テロ可能性も-ベルリン ...
www.jiji.com/jc/article?k=2016122000052&g=int
1 日前 ... 【ベルリン時事】ドイツの首都ベルリン中心部で19日午後8時(日本時間20日午前4時)
ごろ、トラックがクリスマスマーケットに突っ込み、12人が死亡、48人が負傷した。警察はトラックを使った「襲撃」との見方を示した。デメジエール内相も公共 ...

ドイツ 市場にトラック突っ込み死者も 襲撃事件か
12月20日 8時57分
ドイツの首都ベルリンにあるクリスマスの買い物客でにぎわう屋外の市場に大型トラックが突っ込み、これまでに9人が死亡、数十人がけがをしていて、警察は、トラックが意図的に突っ込んだ襲撃事件の可能性があると見て捜査を進めています。

ベルリンの中心部にある、クリスマスの飾りなどを売っている屋外の仮設市場に、19日午後8時ごろ(日本時間午前4時ごろ)、大型トラックが突っこみました。
当時、市場は、大勢のクリスマスの買い物客で混雑していて、警察によりますと、これまでに9人が死亡し、数十人がけがをしました。
警察によりますと、トラックには2人が乗っていて、このうち1人が死亡したほか、運転していたと見られる男1人は現場近くで拘束されたということです。

現場はショッピングセンターや動物園などが集まり、観光客も多く訪れる地区にありますが、現地の日本大使館によりますと、いまのところ日本人が巻き込まれたという情報はないということです。
ドイツの複数のメディアは、警察の話として、トラックが50メートル以上にわたって市場を暴走し続けたとして、「トラックが意図的に突っ込んだ襲撃事件の可能性がある」という見方を伝えています。
また、このトラックは隣国のポーランドの運送会社が所有していて、市場に突っ込む4時間ほど前から、運転手と連絡が取れなくなっていたということです。

ベルリンでは数日前から、クリスマスの屋外市場が襲撃される可能性があるという情報が伝えられていて、警察が背景などについて捜査を進めています。
ドイツ政府のザイベルト報道官は19日夜、自身のツイッターで「犠牲者の死を悼むとともに、けがを負った多くの人が回復することを望んでいる」と投稿し、メルケル首相がデメジエール内相やベルリン市長と対応を協議しているとしています。

クリスマスでにぎわう市場
ドイツでは毎年この時期、クリスマスを祝う仮設の市場が各地の広場に設けられ、地元の人や観光客でにぎわいます。トラックが突っ込んだ現場はベルリン中心部の繁華街で、教会や動物園などがあり、多くの観光客や買い物客が訪れます。

仏大統領 独に連帯を表明
フランスの大統領府は声明を発表し、「オランド大統領はメルケル首相とドイツ国民、それに犠牲者の家族に連帯の意を表明する。この出来事はヨーロッパ全体を震撼(しんかん)させるもので、フランス国民はドイツの人々と哀悼の意を分かち合う」と述べました。

ことし7月にはフランス南部のニースで、革命記念日にあたる14日、チュニジア人の男が大型トラックを暴走させて花火を見物していた群衆に突っ込み、15人の子どもを含む86人が死亡しています。

EU委員長「強い衝撃」
EU=ヨーロッパ連合のユンケル委員長は19日に声明を発表し、「平和に思いを寄せるこの時期に、多くの人が集う場所でこのような事が起き、強い衝撃を受けている」としたうえで、犠牲者に追悼の意を表しました。
ヨーロッパでは去年からことしにかけて、フランスやベルギーなどでテロが相次ぎ、EUとしても各国の捜査機関を通じて、人が多く集まる場所での安全対策や警備態勢の強化を最重要課題の1つと位置づけてきただけに、今回の事態に衝撃が広がっています。

米政府 テロの可能性あるとの見方
アメリカのホワイトハウス国家安全保障会議のプライス報道官は19日、声明を発表し、犠牲者に哀悼の意を表すとともに、「テロ攻撃とみられる」として、テロ事件の可能性があるという見方を示しました。
そのうえで「われわれはドイツ政府と連絡を取り合っており、捜査を支援する用意がある。ドイツは緊密な同盟国の1つであり、社会を脅かすものとの闘いにおいて団結していく」として、捜査に全面的に協力する意向を示しました。
http://www.jiji.com/jc/d4?p=chr120-jpp022948953&d=d4_ftaa

①トルコでプーチンロシアのカルロフ大使が殺害!ドイツでトラックカージャッククリスマス市報復テロ!
②トルコでプーチンロシアのカルロフ大使が殺害!ドイツでトラックカージャッククリスマス市報復テロ!
③トルコでプーチンロシアのカルロフ大使が殺害!ドイツでトラックカージャッククリスマス市報復テロ!
④トルコでプーチンロシアのカルロフ大使が殺害!ドイツでトラックカージャッククリスマス市報復テロ!
⑤トルコでプーチンロシアのカルロフ大使が殺害!ドイツでトラックカージャッククリスマス市報復テロ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR