ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

恐ろしい旧軍部旧軍部官僚系→安倍石原小泉野田豚橋下ウン小池電通NHK山田喜之助

恐ろしい旧軍部旧軍部官僚系→ユダヤ朝鮮部落同和田布施一味韓国ヤクザ韓国マフィア韓国軍

恐ろしい旧軍部旧軍部官僚系の幹部のほとんどは韓国朝鮮人と思われる

▼暴力団飛田売春シャブ殺人一族橋下徹いとこ
1999年11月に東大阪で38歳の雑貨卸商を金属バットで殴り殺した
刑務所出獄後大阪府議の秘書になっている
未だに写真どころか名前すら公表せず
いかに橋下がテレビマスコミ警察と深ィィ関係かがわかる

飛田売春橋下母→ヤクザの父が刑事事件で逃亡中に知り合った軍人の娘でゲス不倫
ウン小池父小池勇次郎→海軍中尉 満鉄経理部 統一教会
オウム石原父→潔は不潔な性病野郎で軍用搭載機銃をつくっていた(てっぺん野郎より)
強姦魔結城純一郎→父親は防衛庁長官 鹿児島田布施朝鮮部落
野田豚→父は陸上自衛隊習志野駐屯地に所属した自衛官
1941年昭和基地害妖怪岸信介開戦詔書に署名!2015年平成基地害ゴキブリ安倍晋三戦争法案!
ウンコリアン中曽根語録(私が慰安婦所を作ってやった) (あの戦争は侵略戦争だった)
パククネ父パクチョンヒー→日本軍中尉

山田喜之助 第1次大隈内閣 海軍主計学校教授
山田作之助 最高裁判事 岸信介

90
可愛い奥様@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/12/03 02:48:01  ID:5YvVSfIF0.n(4)
海軍経理学校wiki
海軍会計学舎(1874年-1876年)、海軍主計学舎(1876年-1877年, 1882年-1886年)、
●海軍主計学校(1886年-1893年)、海軍主計官練習所(1899年-1907年)と廃止期間を挟みつつ変遷した。
主な出身者
 ・等松農夫蔵(有限責任監査法人トーマツ設立者)
 ・青木大吉(有限責任監査法人トーマツ設立者)
予備学生出身者
 ・酒井新二(元共同通信社社長)
 ・中曽根康弘(元内閣総理大臣・衆議院議員)
 ・石橋幹一郎(元ブリヂストン社長・会長)
 ・山本鎮彦(元警察庁長官)
その他
詳細調査中を含む。
 ・鳩山威一郎
ビンゴかなw

山田喜之助
山田 喜之助(やまだ きのすけ、安政6年6月1日(1859年6月30日) - 大正2年(1913年)2月20日)は、日本の弁護士、衆議院議員(進歩党→憲政党→憲政本党)。号は奠南。
14 関係: 天野為之、岡松甕谷、中沢彦吉、市島謙吉、一木喜徳郎、事務次官等の一覧、第5回衆議院議員総選挙、第6回衆議院議員総選挙、英吉利法律学校、泊園書院、法典調査会、服部誠一、成立学舎、書記官長。
http://ja.unionpedia.org/i/山田喜之助

http://ja.unionpedia.org/i/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E7%B5%8C%E7%90%86%E5%AD%A6%E6%A0%A1

海軍経理学校

海軍経理学校(かいぐんけいりがっこう)とは、大日本帝国海軍で庶務・会計・被服・糧食を受け持つ主計科要員育成のために置かれた軍学校としての養成学校である。主計科士官の基礎教育を行う初級士官養成校の機能と、主計科の専門教育を主計科士官および下士官・兵に施す術科学校としての機能を兼ね、さらに研究機関でも。

128 関係: 加藤嘉、南鉄太郎、友永英夫、吉田冨士雄、吉見信一、坂野常善、塩沢幸一、大井康暢、大田満男、大谷四郎、大橋正雄、大日本帝国海軍、天野為之、奈良県立畝傍高等学校、宇野収、寺島成信、富田朝彦、小林丑三郎、少尉、山下元利、山田喜之助、山野幸吉、山本壮一郎、山本五十六、山本鎮彦、山本重信、中村純九郎、中曽根康弘、丸刈り、三井脩、下条進一郎、久保卓也、井藤半彌、伊藤栄樹、住栄作、徳田博美、土居良三、土井勝、ペンネント、呉地方隊、コレス、兵庫県立神戸商業高等学校、兵庫県立神戸高等商業学校、兵庫県立星陵高等学校、矢野常太郎、短期現役士官、石橋幹一郎、理転、神奈川県立湘南高等学校、神山繁、...インデックスを展開 (78 もっと) ≫

加藤嘉
加藤 嘉(かとう よし、1913年1月12日 - 1988年3月1日)は、日本の俳優。本名は名前の読みが「ただし。音読みで(かとう か)と呼ばれることもある。
新!: 海軍経理学校と加藤嘉 ・ 続きを見る ≫

南鉄太郎
南 鉄太郎(みなみ てつたろう、1887年(明治20年)3月 - 1944年(昭和19年)9月8日)は、日本の衆議院議員。
新!: 海軍経理学校と南鉄太郎 ・ 続きを見る ≫

友永英夫
友永 英夫(ともなが ひでお、1908年(明治41年)12月6日 - 1945年(昭和20年)5月14日)は、日本の海軍軍人。
新!: 海軍経理学校と友永英夫 ・ 続きを見る ≫

吉田冨士雄
吉田 冨士雄(よしだ ふじお、大正13年(1924年)7月5日 - 平成2年(1990年)7月28日)は、山梨県出身の大蔵官僚、サントリー株式会社副社長。
新!: 海軍経理学校と吉田冨士雄 ・ 続きを見る ≫

吉見信一
吉見 信一(よしみ のぶかず、1894年(明治27年)5月22日 - 1988年(昭和63年)5月18日)は、日本海軍の軍人として太平洋戦争を戦った海軍少将。戦後は慶應義塾大学医学部を卒業し、医師として活躍し。
新!: 海軍経理学校と吉見信一 ・ 続きを見る ≫

坂野常善
坂野 常善(さかの つねよし、1884年(明治17年)12月1日 - 1971年(昭和46年)9月21日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。
新!: 海軍経理学校と坂野常善 ・ 続きを見る ≫

塩沢幸一
塩沢 幸一(しおざわ こういち、1883年(明治16年)3月5日 - 1943年(昭和18年)11月17日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。
新!: 海軍経理学校と塩沢幸一 ・ 続きを見る ≫

大井康暢
大井康暢(おおい こうよう、1929年8月21日 - 2012年5月6日)は、日本の詩人。
新!: 海軍経理学校と大井康暢 ・ 続きを見る ≫

大田満男
大田 満男(おおた みつお、1921年12月5日 - )は、山口県出身の元大蔵官僚。名古屋国税局長や造幣局長等を務め。
新!: 海軍経理学校と大田満男 ・ 続きを見る ≫

大谷四郎
大谷 四郎(おおたに しろう、1918年4月23日 - 1990年11月9日)は、兵庫県神戸市出身のサッカー選手、サッカー指導者、サッカージャーナリスト。
新!: 海軍経理学校と大谷四郎 ・ 続きを見る ≫

大橋正雄
大橋 正雄(おおはし まさお、1918年1月8日 - 1975年10月4日)は、日本の政治家。2人目の和歌山県公選知事(1967年4月23日 - 1975年10月4日)として3期を務め。長男は前和歌山市長の大橋建一。
新!: 海軍経理学校と大橋正雄 ・ 続きを見る ≫

大日本帝国海軍
大日本帝国海軍(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍)は、明治4年(1872年) - 昭和20年(1945年)まで日本に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本海軍や帝国海軍と呼ばれ。戦後からは、別組織であるもののその伝統を重んじる傾向にある海上自衛隊との区別などのため、旧日本海軍もしくは旧帝国海軍とも呼ばれる。
新!: 海軍経理学校と大日本帝国海軍 ・ 続きを見る ≫

天野為之
天野 為之(あまの ためゆき、1861年2月6日(万延元年12月27日) - 1938年(昭和13年)3月26日)は、明治・大正・昭和期の経済学者、ジャーナリスト、政治家、教育者、法学博士。
新!: 海軍経理学校と天野為之 ・ 続きを見る ≫

奈良県立畝傍高等学校
奈良県立畝傍高等学校(ならけんりつ うねびこうとうがっこう、英語標記:Nara Prefectural Unebi Senior High School)は、奈良県橿原市八木町に所在する公立の高等学校。通称「畝高(うねこう)。
新!: 海軍経理学校と奈良県立畝傍高等学校 ・ 続きを見る ≫

宇野収
宇野 収(うの おさむ、1917年5月29日 - 2000年11月12日)は日本の実業家。
新!: 海軍経理学校と宇野収 ・ 続きを見る ≫

寺島成信
寺島 成信(てらしま しげのぶ、1869年8月10日(明治2年7月3日) - 1939年(昭和14年)4月2日)は、出羽国庄内(現・山形県鶴岡市)出身の経済学者、経済学博士。
新!: 海軍経理学校と寺島成信 ・ 続きを見る ≫

富田朝彦
富田 朝彦(とみた ともひこ、大正9年(1920年)7月3日 - 平成15年(2003年)11月13日)は、昭和期の日本の官僚。第3代宮内庁長官。
新!: 海軍経理学校と富田朝彦 ・ 続きを見る ≫

小林丑三郎
小林 丑三郎(こばやし うしさぶろう、慶応2年6月12日『大正人名辞典』p.1586(1866年7月23日) - 昭和5年(1930年)1月16日『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』)は、日本の衆議院議員(公友倶楽部→公正会)。
新!: 海軍経理学校と小林丑三郎 ・ 続きを見る ≫

少尉
少尉。
新!: 海軍経理学校と少尉 ・ 続きを見る ≫

山下元利
山下 元利(やました がんり、1921年2月22日 - 1994年3月14日)は、日本の政治家、元衆議院議員、防衛庁長官。
新!: 海軍経理学校と山下元利 ・ 続きを見る ≫

山田喜之助
山田 喜之助(やまだ きのすけ、安政6年6月1日(1859年6月30日) - 大正2年(1913年)2月20日)は、日本の弁護士、衆議院議員(進歩党→憲政党→憲政本党)。号は奠南。
新!: 海軍経理学校と山田喜之助 ・ 続きを見る ≫

山野幸吉
山野 幸吉(やまの こうきち、1916年〈大正5年〉3月10日 - 1998年〈平成10年〉7月8日 )は、日本の内務・自治官僚。初代沖縄・北方対策庁長官。
新!: 海軍経理学校と山野幸吉 ・ 続きを見る ≫

山本壮一郎
山本 壮一郎(やまもと そういちろう、旧字体では「壯一。
新!: 海軍経理学校と山本壮一郎 ・ 続きを見る ≫

山本五十六
山本 五十六(やまもと いそろく、1884年(明治17年)4月4日 - 1943年(昭和18年)4月18日)は、日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。
新!: 海軍経理学校と山本五十六 ・ 続きを見る ≫

山本鎮彦
山本 鎮彦(やまもと しずひこ、1920年11月1日 - 2012年9月17日)は、日本の内務・警察官僚。
新!: 海軍経理学校と山本鎮彦 ・ 続きを見る ≫

山本重信
山本 重信(やまもと しげのぶ、1916年3月28日 - 2008年7月3日)は、日本の官僚。
新!: 海軍経理学校と山本重信 ・ 続きを見る ≫

中村純九郎
中村 純九郎(なかむら じゅんくろう、1853年8月7日(嘉永6年7月3日) - 1947年12月18日)は、日本の官僚・政治家。
新!: 海軍経理学校と中村純九郎 ・ 続きを見る ≫

中曽根康弘
中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年(大正7年)5月27日 - )は、日本の政治家。
新!: 海軍経理学校と中曽根康弘 ・ 続きを見る ≫

丸刈り
タイの僧侶 丸刈り(まるがり、丸刈)とは、頭髪を全体的に短い長さに刈る髪型。別名、坊主刈り(ぼうずがり)坊主頭(ぼうずあたま)。
新!: 海軍経理学校と丸刈り ・ 続きを見る ≫

三井脩
三井 脩(みつい おさむ、1923年(大正12年)3月15日 - 1992年(平成4年)8月11日『現代物故者事典 1991~1993』574頁。
新!: 海軍経理学校と三井脩 ・ 続きを見る ≫

下条進一郎
下条 進一郎(しもじょう しんいちろう、旧字体 下條、1920年(大正9年)3月16日 - 2013年(平成25年)4月14日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
新!: 海軍経理学校と下条進一郎 ・ 続きを見る ≫

久保卓也
久保 卓也(くぼ たくや、1921年12月31日 - 1980年12月7日)は日本の警察・防衛官僚。元防衛事務次官。
新!: 海軍経理学校と久保卓也 ・ 続きを見る ≫

井藤半彌
井藤 半彌(いとう はんや、1894年9月14日 - 1974年2月6日)は日本の経済学者。専門は財政学。
新!: 海軍経理学校と井藤半彌 ・ 続きを見る ≫

伊藤栄樹
伊藤 栄樹(いとう しげき、1925年2月3日 - 1988年5月25日)は、愛知県出身の日本の検事総長・東京高検検事長・法務事務次官。「ミスター検察」と呼ばれ。名前の「栄」の正しい表記は旧字体の「榮。没後、従三位を贈られ。
新!: 海軍経理学校と伊藤栄樹 ・ 続きを見る ≫

住栄作
住 栄作(すみ えいさく、1920年5月20日 - 1986年12月20日)は、日本の内務官僚、海軍軍人(海軍主計大尉)、政治家(元衆議院議員)。
新!: 海軍経理学校と住栄作 ・ 続きを見る ≫

徳田博美
徳田 博美(とくだ ひろみ、1922年11月5日 - 2007年11月27日)は、日本の大蔵官僚。
新!: 海軍経理学校と徳田博美 ・ 続きを見る ≫

土居良三
土居 良三(どい りょうぞう、1921年 - 2005年5月15日)は、日本の伝記作家。
新!: 海軍経理学校と土居良三 ・ 続きを見る ≫

土井勝
土井 勝(どい まさる、1921年1月5日 - 1995年3月7日)は、日本の料理研究家。
新!: 海軍経理学校と土井勝 ・ 続きを見る ≫

ペンネント
ペンネントとは、旧日本海軍の兵用軍帽前章・海上自衛隊の海士用制帽前章の俗称である。水兵帽の鉢巻きの部分に巻いて用いる。
新!: 海軍経理学校とペンネント ・ 続きを見る ≫

呉地方隊
呉地方隊(くれちほうたい、英称:Kure District)は海上自衛隊の地方隊のひ。主要部隊は広島県呉市にある呉基地幸地区に配備されている。
新!: 海軍経理学校と呉地方隊 ・ 続きを見る ≫

コレス
コレス(corres)とは、大日本帝国海軍の士官の間で使われた用語であり、隠語の一つで、意味は「他校の同期生」を指す。英語のcorrespond(一致する、対応する、相当するの意)を略したものである。
新!: 海軍経理学校とコレス ・ 続きを見る ≫

兵庫県立神戸商業高等学校
兵庫県立神戸商業高等学校(ひょうごけんりつこうべしょうぎょうこうとうがっこう)は、130年以上の歴史を有する公立の商業高等学校である。
新!: 海軍経理学校と兵庫県立神戸商業高等学校 ・ 続きを見る ≫

兵庫県立神戸高等商業学校
旧県立神戸高商本館(高丸校舎) / 1991年撮影。この後解体され現存しない。 兵庫県立神戸高等商業学校(ひょうごけんりつ こうべこうとうしょうぎょうがっこう)は、1929年(昭和4年)に設立された旧制専門学校。略称は (県立)神戸高商。同年に神戸商業大学に昇格した官立の神戸高等商業学校とは別の学校である。
新!: 海軍経理学校と兵庫県立神戸高等商業学校 ・ 続きを見る ≫

兵庫県立星陵高等学校
兵庫県立星陵高等学校(ひょうごけんりつ せいりょうこうとうがっこう)は、兵庫県神戸市垂水区星陵台四丁目にある県立高等学校。
新!: 海軍経理学校と兵庫県立星陵高等学校 ・ 続きを見る ≫

矢野常太郎
矢野常太郎(やの じょうたろう、1864年3月11日(文久4年2月4日) - 1922年(大正11年)9月16日)は、明治期の海軍官僚、海軍主計少将。
新!: 海軍経理学校と矢野常太郎 ・ 続きを見る ≫

短期現役士官
短期現役士官(たんきげんえきしかん)とは、大日本帝国海軍が旧制大学卒業者等を対象に特例で現役期間を2年間に限って採用した士官のことで、より正式には二年現役士官(2ねんげんえきしかん)と呼ばれる。短期現役(短現)という呼び方は俗称で、本来は徴兵制度の特例で師範学校卒業者を対象とした短期現役兵のことを指す。二年現役士官の制度は海軍士官のうち兵科・機関科以外の部門である将校相当官について設けられ、軍医科・歯科医科・薬剤科・技術科・主計科・法務科などがあり、特に第二次世界大戦期の短期現役主計科士官が知られる。
新!: 海軍経理学校と短期現役士官 ・ 続きを見る ≫

石橋幹一郎
石橋 幹一郎(いしばし かんいちろう、1920年(大正9年)3月1日 - 1997年(平成9年)6月30日)は、日本の実業家。
新!: 海軍経理学校と石橋幹一郎 ・ 続きを見る ≫

理転
理転(りてん)とは、主として大学受験で志望する学部、もしくは大学・大学院入学後での専攻について、文科系専攻から理科系専攻に転じることである。
新!: 海軍経理学校と理転 ・ 続きを見る ≫

神奈川県立湘南高等学校
内庭 校舎内は船内のイメージ 冷暖房完備の多目的ホール 神奈川県立湘南高等学校(かながわけんりつ しょうなんこうとうがっこう)は、神奈川県藤沢市鵠沼神明五丁目に所在する公立高等学校。
新!: 海軍経理学校と神奈川県立湘南高等学校 ・ 続きを見る ≫

神山繁
神山 繁(こうやま しげる、1929年1月16日 - )は、日本の俳優。本名同じ。
新!: 海軍経理学校と神山繁 ・ 続きを見る ≫

福田幸弘
福田 幸弘(ふくだ ゆきひろ、1924年12月3日-1988年12月23日)は、日本の政治家。
新!: 海軍経理学校と福田幸弘 ・ 続きを見る ≫

竹内十次郎
竹内 十次郎(たけのうち じゅうじろう、1869年12月30日〈明治2年11月28日〉 - 1937年〈昭和12年〉5月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍主計少監(主計少佐)。公金費消の嫌疑により免官となった人物である。
新!: 海軍経理学校と竹内十次郎 ・ 続きを見る ≫

筑波常治
筑波 常治(つくば ひさはる、1930年9月9日 -2012年4月13日)は農学史学者、科学評論家。専門は日本農業技術史、自然科学史。
新!: 海軍経理学校と筑波常治 ・ 続きを見る ≫

等松農夫蔵
等松 農夫蔵(とうまつ のぶぞう、明治29年(1896年)4月25日 - 昭和55年(1980年)12月28日)は大日本帝国海軍海軍主計少将。のち、現在の有限責任監査法人トーマツを設立し。
新!: 海軍経理学校と等松農夫蔵 ・ 続きを見る ≫

篠原康次郎
篠原 康次郎(しのはら こうじろう)は、日本の実業家。
新!: 海軍経理学校と篠原康次郎 ・ 続きを見る ≫

築地
築地(つきじ)は、東京都中央区の地名で、旧京橋区にあたる京橋地域内である。
新!: 海軍経理学校と築地 ・ 続きを見る ≫

練習艦隊
練習艦隊(れんしゅうかんたい)とは、海軍(それに準じる組織を含む)の要員の訓練に特化した艦隊である。
新!: 海軍経理学校と練習艦隊 ・ 続きを見る ≫

真野観我
真野 観我(まの かんが、嘉永6年8月25日(1853年9月27日) - 1920年(大正9年)2月26日)は、大日本帝国海軍旅順海軍経理部長、海軍主計総監、主計少将。
新!: 海軍経理学校と真野観我 ・ 続きを見る ≫

田中卓
田中 卓(たなか たかし、1923年(大正12年)12月12日 - )は、日本の歴史学者。
新!: 海軍経理学校と田中卓 ・ 続きを見る ≫

田中明 (韓国学学者)
田中 明(たなか あきら、1926年7月3日 - 2010年12月8日)は、日本の韓国・朝鮮研究学者。
新!: 海軍経理学校と田中明 (韓国学学者) ・ 続きを見る ≫

田部重治
田部 重治(たなべ じゅうじ、1884年(明治17年)8月4日田部、303-304頁 - 1972年(昭和47年)9月22日)は、日本の英文学者・登山家である。
新!: 海軍経理学校と田部重治 ・ 続きを見る ≫

牧野英一
牧野 英一(まきの えいいち、1878年3月20日 - 1970年4月18日)は、岐阜県高山市出身の法学者。専門は刑事法。元東京帝国大学名誉教授、元東京商科大学(一橋大学の前身)名誉講師。
新!: 海軍経理学校と牧野英一 ・ 続きを見る ≫

片岡直輝
片岡 直輝(かたおか なおてる、安政3年7月3日(1856年8月3日) - 昭和2年(1927年)4月13日)は、明治・大正・昭和初期の実業家。
新!: 海軍経理学校と片岡直輝 ・ 続きを見る ≫

片桐酉次郎
片桐 酉次郎(かたぎり ゆうじろう、文久元年6月19日(1861年7月26日) - 昭和13年(1938年)12月27日)は、日本の海軍軍人。
新!: 海軍経理学校と片桐酉次郎 ・ 続きを見る ≫

牛原陽一
牛原陽一(うしはら よういち、1924年3月25日 - 1977年2月7日)は、海軍少尉、昭和期の映画監督。
新!: 海軍経理学校と牛原陽一 ・ 続きを見る ≫

相馬庸郎
相馬 庸郎(そうま つねお、1926年8月30日 - )はの日本の日本文学研究者。元神戸大学教。専門は日本近代文学。
新!: 海軍経理学校と相馬庸郎 ・ 続きを見る ≫

青木大吉
青木 大吉(あおき だいきち、1896年7月2日 - 1994年1月12日)は、公認会計士、税理士。
新!: 海軍経理学校と青木大吉 ・ 続きを見る ≫

養成学校
養成学校(ようせいがっこう, Technical school)とは、職業等に関する職務を全しうる人材を養成するための施設等の通称。多くは2年生のカレッジであり、溶接、料理、オフィスマネジメントなど、就業準備に直結する技術を学ぶ。
新!: 海軍経理学校と養成学校 ・ 続きを見る ≫

西堀正弘
西堀 正弘(にしぼり まさひろ、1918年11月14日 - 2006年7月1日)は、日本の外交官。
新!: 海軍経理学校と西堀正弘 ・ 続きを見る ≫

西田誠哉
西田 誠哉 (にしだ せいや、生年不詳 - 2003年8月20日)は、日本の外交官。
新!: 海軍経理学校と西田誠哉 ・ 続きを見る ≫

香取型練習巡洋艦
香取型練習巡洋艦(かとりがたれんしゅうじゅんようかん)は旧日本海軍の練習巡洋。
新!: 海軍経理学校と香取型練習巡洋艦 ・ 続きを見る ≫

高等商船学校
高等商船学校(こうとうしょうせんがっこう、Nautical College)は、かつて日本に存在した船舶運用等海事分野を専攻とする官立(国立)の実業高等教育機関である。
新!: 海軍経理学校と高等商船学校 ・ 続きを見る ≫

高等文官試験
高等文官試験(こうとうぶんかんしけん)は、1894年から1948年まで実施された、高級官僚の採用試験である。
新!: 海軍経理学校と高等文官試験 ・ 続きを見る ≫

高松長三
高松 長三(たかまつ ちょうぞう、1884年(明治17年)7月 - 1955年(昭和30年)1月12日)は、日本の海軍軍人。階級は海軍主計少将。
新!: 海軍経理学校と高松長三 ・ 続きを見る ≫

高橋孟
高橋 孟(たかはし もう、本名:高橋祀三、1919年 - 1997年3月30日)は日本の漫画家・イラストレータ。海軍主計科兵として戦艦に乗務した体験を記した『海軍めしたき物語』で知られる。
新!: 海軍経理学校と高橋孟 ・ 続きを見る ≫

高橋幹夫 (警察官僚)
高橋 幹夫(たかはし みきお、1917年(大正6年)3月17日 - 1989年(平成元年)11月28日『現代物故者事典 1988~1990』372-373頁。
新!: 海軍経理学校と高橋幹夫 (警察官僚) ・ 続きを見る ≫

軍学校
軍学校(ぐんがっこう)とは、軍隊など軍事組織の学校である。学校の形態、制度等は時代や国あるいは軍事組織の種類によって異なるが、大別すると軍人(またはそれに類する者)を補充するための養成教育を主とする学校と、より高度な技能や知識の教育を主とする学校がある。ただし同一の学校で複数の機能を備える場合もあり、すべてを明確に区別することは困難である『事典 昭和戦前期の日本 制度と実態』332頁。
新!: 海軍経理学校と軍学校 ・ 続きを見る ≫

軍部大臣現役武官制
軍部大臣現役武官制(ぐんぶだいじんげんえきぶかんせい)とは、大日本帝国憲法において軍部大臣(陸軍大臣、海軍大臣)の補任資格を現役の武官(軍人)に限る制度。現役武官に限るため、文官はもちろん予備役・後備役・退役の武官には、補任資格がない。
新!: 海軍経理学校と軍部大臣現役武官制 ・ 続きを見る ≫

辻辰三郎
辻 辰三郎(つじ たつさぶろう、1916年(大正5年)7月23日 - 2004年(平成16年)8月28日)は、日本の検察官、弁護士。
新!: 海軍経理学校と辻辰三郎 ・ 続きを見る ≫

近藤道生
近藤 道生(こんどう みちたか、1920年2月2日 - 2010年6月30日)は、日本の海軍軍人・大蔵官僚、後に博報堂代表取締役。
新!: 海軍経理学校と近藤道生 ・ 続きを見る ≫

舞鶴地方隊
鶴地方隊(まいづるちほうたい、英称:Maizuru District)は海上自衛隊の地方隊の一。主要部隊は京都府舞鶴市にある舞鶴基地に配備されている。
新!: 海軍経理学校と舞鶴地方隊 ・ 続きを見る ≫

阪神基地隊
阪神基地隊(はんしんきちたい、Sub Area Activity Hanshin)とは、海上自衛隊の呉地方隊隷下の基地隊のひとつである。本部は兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町37に所在している。略称は阪基(はんき)。大阪湾や播磨灘などの警備、監視を行っている。
新!: 海軍経理学校と阪神基地隊 ・ 続きを見る ≫

防衛大臣
防衛省が設置されている庁舎 防衛大臣(ぼうえいだいじん、)は、日本の防衛省を管轄する国務大臣。他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する。防衛大臣の自衛隊の部隊運用に関する指揮は、統合幕僚長が補佐し、統合幕僚長を通じて行われる。命令の執行も統合幕僚長が行う。
新!: 海軍経理学校と防衛大臣 ・ 続きを見る ≫

赤澤璋一
赤澤 璋一(あかざわ しょういち、1919年11月25日 - 2002年9月29日)は、日本の元官僚。
新!: 海軍経理学校と赤澤璋一 ・ 続きを見る ≫

藤井隆 (経済学者)
藤井 隆(ふじい たかし、1929年 - )は、日本の経済学者。専門分野は、経済政。
新!: 海軍経理学校と藤井隆 (経済学者) ・ 続きを見る ≫

金子兜太
金子 兜太(かねこ とうた、1919年(大正8年)9月23日 - )は、埼玉県出身の俳人。
新!: 海軍経理学校と金子兜太 ・ 続きを見る ≫

長岡實
長岡 実(ながおか みのる、1924年5月16日 - )は、日本の官僚。
新!: 海軍経理学校と長岡實 ・ 続きを見る ≫

長洲一二
長洲 一二(ながす かずじ、1919年7月28日 - 1999年5月4日)は、日本の政治家、経済学者。専門はマルクス経済学。
新!: 海軍経理学校と長洲一二 ・ 続きを見る ≫

酒井新二
井 新二(さかい しんじ、1920年1月4日 - )は、日本のジャーナリスト。
新!: 海軍経理学校と酒井新二 ・ 続きを見る ≫

陸軍経理学校
陸軍経理学校(りくぐんけいりがっこう)は、日本陸軍の軍学校の一つである。主計・監査・衣糧・建築を管掌する経理部将校を養成し。陸経と略される場合がある。
新!: 海軍経理学校と陸軍経理学校 ・ 続きを見る ≫

林田悠紀夫
林田 悠紀夫(はやしだ ゆきお、1915年(大正4年)11月26日 - 2007年(平成19年)11月11日)は、日本の政治家。
新!: 海軍経理学校と林田悠紀夫 ・ 続きを見る ≫

東京都の軍事遺跡一覧
東京都の軍事史跡一覧(とうきょうとのぐんじしせきいちらん)は、かつて東京都にあった軍事施設や史跡の一覧である。
新!: 海軍経理学校と東京都の軍事遺跡一覧 ・ 続きを見る ≫

東京都立日比谷高等学校の人物一覧
東京都立日比谷高等学校人物一覧(とうきょうとりつひびやこうとうがっこうじんぶついちらん)は、東京都立日比谷高等学校の主な出身者・教員・関係者などについての一覧である。
新!: 海軍経理学校と東京都立日比谷高等学校の人物一覧 ・ 続きを見る ≫

松崎蔵之助
松崎 蔵之助(まつざき くらのすけ、1866年2月1日(慶応元年12月16日) - 1919年(大正8年)11月12日)は日本の経済学者、法学博士。
新!: 海軍経理学校と松崎蔵之助 ・ 続きを見る ≫

松川道哉
松川道哉(まつかわ みちや 1924年12月22日 - 2000年11月16日)は、福島県出身の元大蔵官僚。元財務官。
新!: 海軍経理学校と松川道哉 ・ 続きを見る ≫

松野頼三
松野 頼三(まつの らいぞう、1917年(大正6年)2月12日 - 2006年(平成18年)5月10日)は、日本の政治家。軍人時代の最終階級は海軍主計少佐。
新!: 海軍経理学校と松野頼三 ・ 続きを見る ≫

松橋忠光
松橋 忠光(まつはし ただみつ、1924年11月30日 - 1998年12月11日)は、日本の警察官僚、評論家。元警視監。
新!: 海軍経理学校と松橋忠光 ・ 続きを見る ≫

村尾次郎
村尾 次郎(むらお じろう、1914年(大正3年)9月20日 - 2006年(平成18年)12月9日)は、日本の歴史学者。
新!: 海軍経理学校と村尾次郎 ・ 続きを見る ≫

杉山和男
杉山 和男(すぎやま かずお、1927年4月30日 - )は、日本の官僚。
新!: 海軍経理学校と杉山和男 ・ 続きを見る ≫

桑折英三郎
桑折 英三郎(こおり ひでさぶろう、1887年12月21日 - 1977年12月19日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。
新!: 海軍経理学校と桑折英三郎 ・ 続きを見る ≫

森下泰
森下 泰(もりした たい、1921年12月21日 - 1987年11月14日)は日本の実業家、政治家。
新!: 海軍経理学校と森下泰 ・ 続きを見る ≫

槇野勇
槇野 勇(まきの いさむ、1917年(大正6年)4月18日 - 1994年(平成6年)11月2日『現代物故者事典 1994~1996』512頁。
新!: 海軍経理学校と槇野勇 ・ 続きを見る ≫

横須賀地方隊
横須賀地方隊(よこすかちほうたい、英称:Yokosuka District)は海上自衛隊の地方隊のひ。主要部隊は神奈川県横須賀市にある横須賀基地に配備されている。艦艇部隊は、第41掃海隊が配備されている。海上自衛隊に5つ編成される地方隊のうち、最大の規模をも。
新!: 海軍経理学校と横須賀地方隊 ・ 続きを見る ≫

横須賀海軍砲術学校辻堂演習場
横須賀海軍砲術学校辻堂演習場(よこすかかいぐんほうじゅつがっこうつじどうえんしゅうじょう)は、神奈川県藤沢市および茅ヶ崎市の沿岸にあった横須賀海軍砲術学校の施設。
新!: 海軍経理学校と横須賀海軍砲術学校辻堂演習場 ・ 続きを見る ≫

正力亨
正力 亨(しょうりき とおる、1918年10月24日 - 2011年8月15日)は、日本の実業家。
新!: 海軍経理学校と正力亨 ・ 続きを見る ≫

武井大助
武井 大助(たけい だいすけ、1887年(明治20年)4月25日 - 1972年(昭和47年)3月30日)は、日本の海軍軍人、実業家。最終階級は海軍主計中将。
新!: 海軍経理学校と武井大助 ・ 続きを見る ≫

池田武邦
池田 武邦(いけだ たけくに、1924年1月14日 - )は、日本の建築家、実業家である。元日本設計代表取締役社長。株式会社日本設計名誉会長、株式会社日本設計池田研究室代表、ハウステンボス株式会社代表取締役会長、環境NPO聚理事長。日本の高層建築の黎明に携わ。
新!: 海軍経理学校と池田武邦 ・ 続きを見る ≫

河井信太郎
河井 信太郎(かわい のぶたろう、1913年10月1日 - 1982年11月15日)は、日本の検察官。
新!: 海軍経理学校と河井信太郎 ・ 続きを見る ≫

沼田嘉穂
沼田 嘉穂(ぬまた よしほ、1905年8月30日 - 1989年5月23日)は、日本の会計学者。
新!: 海軍経理学校と沼田嘉穂 ・ 続きを見る ≫

渡辺金一
渡辺 金一(わたなべ きんいち、1924年12月14日 - 2011年2月6日)は日本の歴史学者、経済学者。主専攻は東ローマ帝国史、古典古代史。
新!: 海軍経理学校と渡辺金一 ・ 続きを見る ≫

澄田智
澄田 智(すみた さとし、1916年9月4日 - 2008年9月7日)は、群馬県出身の第25代日本銀行総裁、元大蔵事務次官。
新!: 海軍経理学校と澄田智 ・ 続きを見る ≫

本多丕道
本多 丕道(ほんだ ひろみち、1916年(大正5年)5月11日 - 1990年(平成2年)8月5日『現代物故者事典 1988~1990』565頁。
新!: 海軍経理学校と本多丕道 ・ 続きを見る ≫

有働亨
有働 亨(うどう とおる、1920年9月3日 - 2010年6月30日)は、俳人。
新!: 海軍経理学校と有働亨 ・ 続きを見る ≫

有馬正文
有馬 正文(ありま まさふみ、1895年(明治28)9月25日 - 1944年(昭和19)10月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。
新!: 海軍経理学校と有馬正文 ・ 続きを見る ≫

是永純弘
是永 純弘(これなが すみひろ、1928年5月15日 - 1999年7月24日)は、日本の経済統計学者。
新!: 海軍経理学校と是永純弘 ・ 続きを見る ≫

海上幕僚監部
海上幕僚監部(かいじょうばくりょうかんぶ、略称:海幕(かいばく)、英語:Maritime Staff Office、略称:MSO)は、日本の官公庁のひとつであり、防衛省の特別の機関である。外国軍の海軍参謀本部ないし、軍令部に相当する。
新!: 海軍経理学校と海上幕僚監部 ・ 続きを見る ≫

海上警備隊
海上警備隊(かいじょうけいびたい、)は、1952年(昭和27年)4月26日から7月31日まで、海上保安庁内に設置されていた海上警備機関。英名はMaritime Guard『よみがえる日本海軍(上)』pp.171-181《"Maritime Guard"は日本側の計画で使用され・・・バーク提督の手紙にも現れる・・・日本語の名称とすこしはかけ離れた英語名に翻訳されることがしばしば》/Maritime Security Force/Maritime Safety Security Force中公新書 増田弘 自衛隊の誕生 日本の再軍備とアメリカ pp.130-136と変遷し。
新!: 海軍経理学校と海上警備隊 ・ 続きを見る ≫

海上自衛隊第4術科学校
海上自衛隊第4術科学校(かいじょうじえいたい だいよんじゅつかがっこう、英称:4th Service School)は、術科学校のひ。所在地は舞鶴地区(京都府舞鶴市字余部下1190)。主として経理・補給関係術科の教育訓練を担当している。
新!: 海軍経理学校と海上自衛隊第4術科学校 ・ 続きを見る ≫

海上自衛隊補給本部
海上自衛隊補給本部(かいじょうじえいたいほきゅうほんぶ、英称:Maritime Materiel Command)とは、海上自衛隊の後方支援の実施全般に係る企画・総合調整・指導を行う後方中枢機関である。加えて、海上自衛隊で使用している装備品やその部品、弾薬などの調達、整備などを実施している。
新!: 海軍経理学校と海上自衛隊補給本部 ・ 続きを見る ≫

海上自衛隊航空補給処
海上自衛隊航空補給処(かいじょうじえいたいこうくうほきゅうしょ、JMSDF Air Supply Depot)は海上自衛隊の補給処の一。
新!: 海軍経理学校と海上自衛隊航空補給処 ・ 続きを見る ≫

海軍予備員
海軍予備員(かいぐんよびいん)とは、海軍兵籍を有し、戦時等有事の際には召集されて軍務に服するが、平時は民間において船舶職員等海事に従事する者をいう。
新!: 海軍経理学校と海軍予備員 ・ 続きを見る ≫

海軍兵学校 (日本)
海軍兵学校(かいぐんへいがっこう、1876年(明治9年) - 1945年(昭和20年))は、明治から昭和の太平洋戦争終戦まで存続した大日本帝国海軍の将校たる士官の養成を目的とした教育機関である。
新!: 海軍経理学校と海軍兵学校 (日本) ・ 続きを見る ≫

海軍省
海軍省(かいぐんしょう)は、大日本帝国海軍の軍政機関である。大日本帝国陸海軍大元帥の天皇が最高司令官として全権を統帥した。軍令は天皇直属の軍令部が担当する。
新!: 海軍経理学校と海軍省 ・ 続きを見る ≫

海軍機関学校
海軍記念館・旧機関学校大講堂(舞鶴総監部内) 海軍機関学校(かいぐんきかんがっこう)とは、日本海軍の機関科に属する士官を養成するために、1881年(明治14年)- 1887年(明治20年)と1893年(明治26年)- 1945年(昭和20年)に設置した軍学校である。旧海軍三校の一つ(他の二つは、海軍兵学校および海軍経理学校)。
新!: 海軍経理学校と海軍機関学校 ・ 続きを見る ≫

海軍教育本部
海軍教育本部(かいぐんきょういくほんぶ)は、旧日本海軍の組織の一つで、海軍省の外局。海軍教育の統一運用と進歩改善を任務とし。
新!: 海軍経理学校と海軍教育本部 ・ 続きを見る ≫

浅野賢澄
浅野 賢澄(あさの よしずみ、1916年(大正5年)4月19日 - 1997年(平成9年)7月31日)は、日本の実業家・元官僚。
新!: 海軍経理学校と浅野賢澄 ・ 続きを見る ≫

浅水鉄男
浅水 鉄男(あさみず てつお、1908年(明治41年) 3月28日 - 1934年(昭和9年)9月7日)は、日本の海軍軍人。
新!: 海軍経理学校と浅水鉄男 ・ 続きを見る ≫

慶應義塾大学
1862年(文久2年)江戸築地鉄砲洲中津藩中屋敷内の蘭学塾(慶應義塾)。画面中央左側築山下の平地 慶應義塾大学は、中津藩士の福澤諭吉が藩命により江戸築地鉄砲洲(現在の東京都中央区明石町)の中津藩中屋敷内に1858年(安政5年)冬に開校した蘭学塾を起源に持つ大学である慶應義塾は開成所に先駆けて進級制度を導入して箕作塾の約3倍の塾生が集まり、江戸最大の塾となっていた(明治四年六月「新聞雑誌」第五号、石河幹明)。
新!: 海軍経理学校と慶應義塾大学 ・ 続きを見る ≫

山田喜之助 wiki
移動先: 案内、検索
山田喜之助
山田 喜之助(やまだ きのすけ、安政6年6月1日(1859年6月30日) - 大正2年(1913年)2月20日)は、日本の弁護士、政治家・衆議院議員(進歩党→憲政党→憲政本党)。号は奠南。

目次
[非表示] 1 経歴
2 家族・親族
3 脚注
4 参考文献
経歴
大坂出身。八郎兵衛の二男[1]。生家は家号を「桜井屋」といい、江戸時代から代々続いた富裕な薬種砂糖商として有名だった[1]。母・志ようは喜之助が4歳の時に死去[1]。

1876年(明治9年)、官費生徒として開成学校に入学した。途中、開成学校は東京大学と改称し、1882年(明治15年)に卒業した。卒業後は法律事務に従事する一方で、大隈重信を助けて東京専門学校(現在の早稲田大学)創設に加わり、また英吉利法律学校(現在の中央大学)の教授を兼ねた。1885年(明治18年)、司法省権少書記官に任じられ、以後、司法省参事官、大審院検事、大審院判事を歴任した。しかし民法典論争をめぐって司法大臣山田顕義と対立して辞職し、代言人(弁護士)を開業した。東京代言人組合会長に3度選出されたほか、英吉利法律学校の東京法学院への改組に尽力し、また海軍主計学校教授も兼ねた。

さらに法典調査会の委員を務め、1897年(明治30年)には衆議院書記官長に任命された。1898年(明治31年)、第5回衆議院議員総選挙と第6回衆議院議員総選挙に連続当選し、第1次大隈内閣で司法次官に任命された。

家族・親族[編集]
山田家 父・八郎兵衛(砂糖商)[1]
桜井屋の当主は代々「八郎兵衛」を襲名した[1]。桜井屋8代目当主である喜之助の父・八郎兵衛の旧名は「行沢富三郎」だった[1]。富三郎は西成郡淡路村の百姓・行沢九兵衛の三男で、桜井屋の家附の一人娘志ようの婿となって「桜井屋八郎兵衛」を襲名した[1]。 母・志よう[1]
異母弟・正三(法学者、京都帝大法学部長)[1]
1882年 - 同妻・いと(井上毅の三女)
妻・鳰(にお、岡松甕谷の二女)[1]
長男・紹之助(工学者、北海道帝大教授)[1]
1889年 - 長女・呈(呈子、小林俊三の妻)[1]
1893年 - 二男・述之助[1]
1894年 - 1960年 三男・作之助(弁護士、裁判官)[1]
1896年 - 1995年 神戸弁護士会長、最高裁判事等を務めた。 親戚 井上毅(法制局長官) - 異母弟正三の義父。
井上匡四郎(鉱山学者、政治家) - 岡松甕谷の四男、井上毅の養嗣子[1]。
義父・岡松甕谷(漢学者)
義弟・岡松参太郎(法学者)
女婿・小林俊三(最高裁判事) - 長女・呈の夫。

脚注
1.^ a b c d e f g h i j k l m n o 七戸克彦「山田喜之助・正三・作之助・弘之助-神戸学院大学・山田作之助関係資料に寄せて-」『神戸学院法学』第四六巻第二号(2016年10月)、87-185頁。
参考文献
山崎謙編 『衆議院議員列伝』 衆議院議員列伝発行所、1901年。

山田喜之助 やまだ きのすけ(1859?1913)
現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物|次の人物]
職業・身分
法律家、政治家
出身地(現在)
大阪府
生没年月日
安政6年6月1日?大正2年2月20日
(1859年6月30日?1913年2月20日)
号・別称等
山田奠南(やまだ てんなん)
解説
父は商人。明治15年(1882)に東京大学法学部法学科を卒業し代言人となる。法律事務に従事する傍ら、東京専門学校(後の早稲田大学)設立の際は大隈重信を補佐し、英吉利法律学校(後の中央大学)の設立発起人の一人となった。18年司法省権少書記官になり、大審院検事・同判事を歴任。22年におきた、旧民法及び旧商法の施行の延期等をめぐる論争「法典論争」の際には、英国法の専門家として延期の意見を展開した。24年大審院判事の職を辞し、再び代言人となる。東京代言人組合会長を3期務めた。衆議院書記官長を経て、31年(1898)に衆議院議員に当選。38年日露戦争後に起こった講和条約反対国民大会においては、主唱者に名を連ねた。
参考ウェブサイト
著作一覧:国立国会図書館サーチで当館所蔵資料を検索:山田, 喜之助, 1859-1917
著作一覧:国立国会図書館サーチで当館所蔵資料を検索:山田, 奠南, 1859-1913
著作を読む:国立国会図書館デジタルコレクション収載:山田, 喜之助, 1859-1917

①恐ろしい旧軍部旧軍部官僚系→安倍石原小泉野田豚橋下ウン小池電通NHK山田喜之助
②恐ろしい旧軍部旧軍部官僚系→安倍石原小泉野田豚橋下ウン小池電通NHK山田喜之助
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR