ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

強姦魔カジノ王トランプ豚って嘘つき名人飛田売春韓国マフィア橋下豚やウン小池豚やペテン師小泉豚みたいなメディアがつくりあげた遠隔操作豚だっ!TPP本会議強行採決11月10日17時09分!

カジノ王なんてろくな奴はいない たぶんユダヤマフィア
ユダヤアメリカ韓国朝鮮人は超狡猾嘘つき名人なので要注意!

トランプ豚とは
トランプ豚は抵抗勢力を作って叩いてヒーローになる常套手段を使った
トランプ豚もクリントンもTPPには反対
トランプ豚が電話「韓国を守る」
トランプ豚は銃規制反対
トランプ豚はオバマケアーに反対
トランプ豚はメキシコ国境に壁を作る
トランプ豚はイスラム移民排除
トランプ豚はブッシュいとこと猥談
トランプ豚ニューヨークで大規模な「反トランプ」デモ | NHKニュース 全米各地でトランプ豚への抗議デモ 社会分断の懸念 | NHKニュース
トランプ豚勝利に抗議、全米各地で相次ぐデモ 写真30枚 国際ニュース ...
トランプ豚タワー前には現在清掃局のトラック(砂を満載)がバリケードに使われているという。
トランプ豚はジェフリー・エプスタイン(Jeffrey Epstein)が開催した1994年の乱交パーティーで、当時13歳だった「ケイティ・ジョンソン(Katie Johnson)」という少女をレイプしたとして、2016年4月28日にカリフォルニア州南部の裁判所にて告訴された。
トランプの素顔・少女への強姦容疑/イスラエル・ネオコンの走狗/911との関連
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12164160275.html

常套手段の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書
dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/常套手段/m0u/
常套手段とは。意味や解説。同じような場合に、いつも決まってとられる手段。また、ありふれた方法や手段。▽「常套」は古くからの習慣。ありふれたやり方。

質問→クリントンもトランプもTPPには反対してますがなのに大統領もまだ決まってないのに 日本ではどうしてそんなに急ぐのか解りません 何か急ぐわけがあるのですか?2016/10/31
答え→よく知ればわかるが、米大統領はTPPに関係ないです。

安倍朝鮮部落豚らと結託している可能性大
トランプカジノマフィア豚の日本向けのコメントが具体的すぎるのも怪しい

★トランプ熱烈支持者とは、いったい誰なのか 地方に住む白人・非知識者層が覚醒した
東洋経済オンライン 岡本 純子
日露平和条約交渉、15日東京開催へ

博多陥没、商業施設への影響深刻
c 東洋経済オンライン トランプ一家は、国民の敬愛を集める存在になるのだろうか(写真…  
 世界を震撼させる、まさかの結果となった米大統領選。確固たる政策も実績もないトランプを勝利に導いたのは、現状に不満を抱く人々の「怒り」と「恐怖」を煽り、人間の本能的防御メカニズムを惹起するという原始的かつ巧妙な手法だった。

 一言でいえば、「理」で攻めたクリントンが「情」のトランプに負けたということになる。これはまさに英国のEU離脱と同じ構図であるが、トランプの「黒魔術コミュ力」がなければ、ここまでの破壊力を持つことはなかったはずだ。サイレントマジョリティだったはずの非知識白人層を覚醒させ、トランピアン(トランプ支持者)として逆襲に駆り立てたものとは一体何だったのだろうか。

過去にも過激派はいたが・・・

 トランピアンとは誰なのか。統計上、共通項として表れるのが地方に住む「白人」「非知識者層」という特徴だ。必ずしも、失業者や困窮者ということではなく、比較的経済的に恵まれた人も多い。この共通項をベースとして、「ヒラリーが嫌い」「女性大統領は嫌だ」「銃規制反対」「移民反対」「中絶反対」「共和党支持」「LGBTに反感」「キリスト教原理主義」「マイノリティに対する差別意識」などのスイッチを持つ人を次々と取り込んでいったと考えられる。

 こういった排外主義、保守主義を強く押し出した政治家は別にトランプが初めてというわけではない。過去にも共和党からパット・ブキャナンやサラ・ペイリンといった超タカ派が過激な説を唱えて大統領や副大統領を目指したが、主流派になることはなかった。
 しかし、ここにきて、黒人やヒスパニック系の増加により、マイノリティとなりつつある「白人層」の不満が一気に爆発した。

 非白人層との間に軋轢があれば、「人種差別だ」と責められるのは決まって白人であり、アファーマティブ・アクション(黒人や少数民族など差別されてきた人々に対し、雇用、教育面で優遇する施策)によって、マイノリティは大学入学や就職に有利な扱いがされるのに、白人にはそうしたメリットがない、といった「不公平感」が根強くあった。

 8年間の「黒人」大統領の下で、「我々だけが割を食わされている」という意識が芽生え、さらには、移民によって職が奪われ、治安を脅かされているという誤解や妄信が加わって、沸点に達しつつあった憤りをいち早く感じ取り、すくい取ったのがトランプだったといえる。

 トランプはそういった人々の、「政府は何もしてくれない」「時代に置き去りにされている」という「怒り」、そして、いつかテロリストに身の安全を、移民によって職を奪われるという「恐怖」に一気に火をつけた。人間は「ロジック」よりも「感情」を刺激するコミュニケーションに動かされる。感情には「喜び」や「驚き」「悲しみ」といったものがあるが、人を最も突き動かすのが「恐怖」、そして「怒り」だ。

 特に、「恐怖」の感情には人は無条件で反応する。なぜなら、人が恐怖を感じる=自らの生存が脅かされている、ということだからだ。こうした恐怖訴求のコミュニケーションはまさに人間の根源的生存欲求にダイレクトに働きかけ、人々を駆り立てた。

 トランプは「職は失われ、犯罪は横行し、まさに世紀末である」「このままであれば、アメリカは滅びる」、「これを救えるのは私しかいない」と、まるで新興宗教の教祖のように説き伏せた。人には「ネガティビティバイアス」という、ポジティブな情報より、ネガティブな情報の方により大きく反応する、という特徴がある。特に、目の前に示された事柄だけにとらわれ、俯瞰する能力に欠ける情弱者(情報弱者)であれば、誇張された地獄絵であっても、それを容易に信じ込んでしまう。

「メキシコとの間に壁を作る」というシンボル

 その地獄に垂れる「一本のクモの糸」としてトランプが描いて見せたのが、「壁」であった。メキシコとの間に「壁」を作るんだ、それによって、移民を食い止めるのだ、という荒唐無稽なアイディアは、人々の頭の中に、鮮やかなシンボルとして植え付けられた。イギリスのEU離脱派が用いた「不法移民が大量にやってくる」というイメージを散々、見せつける戦術と同様の心理作戦だ。

 トランプは、ソーシャルメディアやマスメディアを巧みに使い分け、自身のメッセージの最大級の拡散と露出を図った。99%のマスメディアはトランプに批判的であったが、トランプの言葉を信じ切った支持者にとって、メディアの講釈など雑音にしか聞こえない。トランプは、自らのコンテンツがある一定の国民には必ず、受け入れられると分かった上で、過激な言葉を発し続け、そのメッセージをメディアは愚直にせっせと伝え続けた。

 マスメディアにとっては、トランプの記事はクリック数も稼げるし、それ以上に「真実」を伝えれば、きっと人々はそのまやかしに気づき、考え方を変えてくれるのでは、という「幻想」を抱いていたのかもしれない。

 しかし、人間はそれほど理性的な存在ではなく、自分の耳に心地よい話しか聞き入れず、簡単にウソに騙され、合理性に乏しい決断をしてしまう生き物なのだ。そして、トランプにとって、「真実」など、ゴミのようなものである。嘘でもホラでも、インパクトがあり、自分に都合のいい内容なら、自信をもって言い切ればいい。不確かな時代に確かなものを求める「情弱」の支持者は、それもそのまま受け入れる。

 「I love the poorly educated」(私は教育水準の低い人々を愛している)と演説で吐露したが、それは彼らほど簡単に手玉に取ることのできる人々はいないからだろう。支持者は、トランプにとって都合のいい情報だけが循環する独自の「エコシステム」を作り上げ、マスメディアが必死で調べ上げた「事実」には耳を閉ざし続けた。人々は集会やツイッターの内容に熱狂し、無数の保守系ゴシップメディアが発信するガセネタや動画を見て、クリントンや現政権への憎悪を膨らませていった。

 富める者は富み、貧しいものはどんどんと底辺に追いやる所得格差・教育格差の拡大、異常に高額な医療サービスや保育サービス、劣化するインフラ、麻薬や睡眠薬による中毒のまん延、銃犯罪の横行、産業の空洞化など、確かにアメリカのひずみやほころびは、簡単には修復できないレベルまで広がっている。大統領が民主党、共和党が上下両院の多数派を占めるというねじれ状態ゆえの膠着も大きな要因であり、すべてを民主党政権のせいにするのは酷だとしても、一貫して政界に携わってきたクリントンに責任の一端があると言われれば、否定するのは難しい。

クリントンの戦略ミス
 クリントンのコミュニケーションについては、前回の記事でも触れたが、完全なイメージ戦略ミスだった。非知識層の男性が忌み嫌うのは「賢く強く冷たい女性」であろう。女性の印象形成に最も影響する「温かみ」に欠け、インテリ臭が抜けない。驚くのは「女性の敵」のような相手と戦ったにもかかわらず、女性の間でも思ったほどに票を伸ばせなかったことだ。
 また、ヒスパニックや黒人投票者の間での支持も取り付けることができなかった。トランプ側に回った白人層の屈折した気持ちや置き去りにされた悔しさを理解し、もっと寄り添うコミュニケーションができれば、事態も変わっていたかもしれない。ところが、そうした人々を「deplorables」(嘆かわしい人々)と呼び、バカにし、突き放した。そんな「上から目線」のエリート主義が彼らの怒りに火をつけた。

 まさに海図のない航海、未知の領域に踏み出したアメリカ。トランプはどのような大統領になり、どのようなかじ取りをするのか。一部には「変革のきっかけになる」という声もあるようだが、その言動をつぶさに観察してきた筆者としては、そこまで楽観的な気持ちにはなれない。共感しているように見せかけるのは巧いが、実は誰に対しても共感していない。激しく差別主義者的で、究極のナルシストで、怒りやすく、論理的な思考は全くできない。まさに「知性」や「品格」の対極にある人物だ。

 ただ、もしかして、彼のこれまでしてきたことが、すべて、支持者を獲得する為だけの「演技」で、あの強烈キャラは、ブランド作りやマーケティング戦略の一環だったのだとすれば・・・。今は、そんなわずかな希望にすがるしかない。

 誰もが予想していなかったトランプの当選。これを可能にしたのは、ひとえに両候補のコミュニケーション戦略の巧拙であったとしか言いようがない。たかが、コミュ力、されどコミュ力。詭弁家や詐欺師だけにコミュニケーションの力を独占させるのではなく、本当に力のある人、本物のリーダーこそが、コミュ力武装するべきなのに、日本ではまだまだその重要性が十分に認められていない気がする。生き馬の目を抜くような混迷と分裂の時代だからこそ、その力はますます必要になってくる。

トランプは反グローバリズムの仮面を被った破壊者なんじゃないの?
それよりカジノ王トランプ、日本ポチのカジノ解禁はこのため?

トランプの素顔・少女への強姦容疑/イスラエル・ネオコンの走狗/911との関連
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12164160275.html

トランプ氏勝利にデモ相次ぐ=道路封鎖、重傷者も-米
トランプ氏抗議デモで銃撃か
トランプ氏勝利でカナダに異変
米国民は気づくはず、メディアの幻想
得票数はヒラリー氏勝利、米大統領選
トランプ氏が日本を叩く理由

★トランプ氏と朴槿恵大統領が電話会談「韓国を守る」
3 17
2016年11月10日 12時39分
ざっくり言うと
韓国の朴槿恵大統領が、米大統領戦で勝利したトランプ氏と電話会談した
朴氏は当選に祝意を伝え、「同盟関係の発展を期待する」と述べたそう
トランプ氏は「米韓の安全保障のため最後まで共にする」と明言したという
記事を読む

【米大統領にトランプ氏】朴槿恵大統領にトランプ氏「韓国を守る」 米韓同盟堅持を確認
3 17
2016年11月10日 12時39分
産経新聞
【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は10日、米大統領選で勝利したトランプ次期大統領と電話会談した。
 トランプ氏は「米国は韓国を守るため、強力な防衛体制を維持する」と述べ、米韓同盟の堅持を確認した。聯合ニュースが伝えた。
 朴氏が当選に祝意を伝え「同盟関係の発展を期待する」と述べたのに対し、トランプ氏は「揺らぐことなく、米韓の安全保障のため最後まで共にする」と明言したという。選挙期間中、トランプ氏が在韓米軍の撤退に触れたことから韓国では不安が広がっていた。

★小池氏“ハネムーン期間”終了で醜聞噴出 7人のサムライが斬られる?
1 20
2016年11月10日 7時30分 東スポWeb
 小池百合子東京都知事(64)が9日、就任から100日目を迎えた。節目のタイミングで小池氏を支える“7人のサムライ”といわれる地元区議の1人に持ち上がっていた政務活動費の私的流用疑惑が“クロ”と判明し、逆風が吹きかねない。

 市民団体「としま政務活動費を考える会」は8日、自民党豊島区議団の政務活動費を精査したところ、区議団幹事長の河原弘明区議(60)が役員を務める印刷会社に区政リポートなどで年間約200万円前後、過去5年で計約1078万円に上る支払いがあったと発表した。

 会の竹田克也代表は「河原氏は(会社への支払いは)30万円程度と話していたが、5年で1078万円も自社へ発注している。政務活動費の取り扱い指針(議員個人の資産形成につながる経費を禁じる)に抵触する。どのような責任を取るのか見届けたい」と話した。

 河原氏は都知事選で党の意向に反して小池氏を支援し、処分対象となった“7人のサムライ”の中で、本橋弘隆区議(55)に次ぐ、ナンバー2の側近だ。

「本橋、河原両氏が区議団の政務活動費を差配していて、他の区議もおかしいと思いながらも河原氏の印刷会社へ発注するスキームになっていたようだ。また本橋氏は書籍『永遠の0』を購入するなど、公私混同した支出が多い。不透明なカネの使い方はほかにも出ている」(会のメンバー)

 本紙は豊島区議団事務局にこの件を問い合わせたが、「担当者がいないので分からない」と回答は得られなかった。この問題は小池氏にも飛び火しかねない。
「小池
氏は情報公開、カネにクリーンとうたっている中で、身内の区議がこの体たらくでは示しがつかない。ドライな小池都知事のことだから河原氏はさっさと見切りをつけられるでしょう」(豊島区政関係者)

 高い支持率を誇っている小池氏だが、ハネムーン期間(メディアが新政権の批判を控える紳士協定)といわれる100日の“解禁”を待っていたかのように周辺ではキナ臭い話がいくつも出始めている。
「小池都知事を巡るカネの話はゴロゴロとある。もう小池新党どころの話じゃない」(同関係者)
小池劇場の第2幕は大荒れの気配だ。

★年末に倒産も? 小池百合子都知事の非礼ぶりに築地業者が怒り
3 11
2016年11月10日 10時26分 ざっくり言うと
小池百合子都知事の非礼ぶりに、築地市場の仲卸業者が怒りの声をあげている
「希望の塾」の2回目の講義よりも、「我々への説明が先だろう」と主張
豊洲市場の移転延期問題で、年末までもたずに廃業する業者も出るという
記事を読む
移転延期で損失26億円 築地仲卸業者「年末倒産」急増か
3 11
2016年11月10日 10時26分
日刊ゲンダイDIGITAL
今週末、政経塾「希望の塾」の2回目の講義に臨む小池都知事。マスコミはまた小池知事を追い掛け回すのだろうが、築地市場の仲卸業者は知事に対し「我々への説明が先だろう。ふざけるな」と怒っている。今月7日に開業するはずだった豊洲市場は、盛り土問題で移転時期が見通せなくなり、負担が重くのしかかっているからだ。
 豊洲市場の維持費は、光熱費や警備費に1日あたり約500万円かかるとされるが、これはあくまで都の負担分だ。ある仲卸業者が言う。
「当社は今月7日の開業に照準を定めて冷凍施設の“冷やし込み”を続けてきました。今やめると冷凍庫が結露して壊れてしまうため、運転を止められません。今後、電気代と豊洲市場の借地料が合わせて毎月1000万円近くかかります。他にも輸送機器など既に購入した設備の請求書が次々に回ってくる。もともと経営状態がギリギリだったため、手元のキャッシュがどんどん枯渇していきます」

■「説明避ける小池知事は非礼」
 業者らで構成する築地市場協会の試算では、豊洲への移転を3カ月延期すると、業者の損失は約26億円に膨らむ。築地の仲卸業者のうち、売上高1億円未満の業者の約7割が債務超過に陥っている。移転延期は死活問題だ。

 大手仲卸業者幹部は怒りを隠せない。
「都は補償の枠組みをこれから検討すると言いますが、年末までもたずに廃業する業者がきっと出る。小池知事に“謝れ”と言うわけではないが、業者の生死を分ける大切なお金の話です。直接、築地市場に来て、補償について何かしら説明してしかるべきではないでしょうか。ところが、小池知事はお盆休みに閑散とした築地市場を10分ほど視察しただけ。非礼ぶりには納得がいきません」
パフォーマンスに励む前に、政治家として筋を通すべきではないか。

▼TPP承認案 衆院本会議で可決
11/10(木) 17:16 掲載.
<TPP>衆院を通過 承認案と関連法案、本会議で可決 
 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案と関連法案は、10日の衆院本会議で与党と日本維新の会の賛成多数により可決され、衆院を通過した。(

▼TPP承認議案 衆院本会議で可決 NHK
11月10日 17時09分
TPP=環太平洋パートナーシップ協定の国会承認を求める議案と関連法案は、衆議院本会議で民進党などが退席するなか、採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決されました。
TPP=環太平洋パートナーシップ協定の国会承認を求める議案と関連法案は、先週、民進党と共産党が抗議するなか、衆議院の特別委員会で可決されました。そして、10日午後開かれた衆議院本会議で採決が行われました。

それに先立つ討論で、自民党は「自由で公正な、開かれた経済の枠組みを作ることはわが国の大きな使命であり、核となるのがTPP協定だ。TPPの重要性をトランプ氏含め、アメリカに伝え、共有することが重要だ」と述べました。
一方、民進党は「アメリカ大統領選挙で当選したトランプ氏が、明確に反対しているにもかかわらず、採決を行うのは、世界の笑い者になるだけだ。アメリカの動向を見極めながら、TPPに対応するのが常識だ」と述べました。

このあと、民進党、自由党、社民党は、先週の特別委員会での採決は、不正常な状況で行われたものであり、無効だなどとして、採決には加わらず、退席しました。そして、採決の結果、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、参議院に送られました。共産党は、採決で反対しました。
TPP協定には、日本が輸入する農林水産品や工業製品などの95%の品目で関税を撤廃することや、知的財産の保護、投資に関する紛争を解決するための制度など、幅広い分野の貿易や投資などに関するルールが定められています。また、関連法案には、協定発効後、牛肉と豚肉の生産者が、全体で赤字経営になった場合に、赤字額を補填(ほてん)する制度の拡充などが盛り込まれています。
議案などの衆議院通過を受けて、論戦の舞台は参議院に移り与党側が、今の国会で成立させたい考えなのに対し、民進党などは、徹底した審議を引き続き求め、廃案に追い込むことを目指すことにしています。

トランプ豚裸像
①【朗報】トランプのカジノが営業停止!トランプ裸像全米各地に出現!
②強姦魔カジノ王トランプ豚って嘘つき名人飛田売春韓国マフィア橋下豚やウン小池豚やペテン師小泉豚みたいなメディアがつくりあげた遠隔操作豚だっ!TPP本会議強行採決11月10日17時09分!
③強姦魔カジノ王トランプ豚って嘘つき名人飛田売春韓国マフィア橋下豚やウン小池豚やペテン師小泉豚みたいなメディアがつくりあげた遠隔操作豚だっ!TPP本会議強行採決11月10日17時09分!
スポンサーサイト

コメント

米トランプ大統領就任で、日本の“裏社会”もザワザワ……「YAKUZA全面撤退の可能性も」
http://www.cyzo.com/2016/11/post_30321_entry.html

「もともとオバマ政権の2011年に日本の暴力団“YAKUZA”を国際犯罪組織と認定していて、経済制裁も発動されたので締め出し傾向は強まっていました。山口組や住吉会など日本の有力組織が、武器や薬物の密輸のためのマネーロンダリング(資金洗浄)にも関与していると指摘されたんです。それでヤクザは、現地のメキシコ人、中国人など移民マフィアに協力を仰ぎ、裏の連携で守ってもらおうとしていたんですが、トランプ氏の移民排除政策は、移民ごと一掃しようという話。資産を凍結される前に出たほうがいいんじゃないかと、早くも動いている日本のヤクザがいるんです」

 アメリカでは、日本の暴力団がオリンピック関係者とつながっているとする報道もあった。2年前、「VICE」誌が「日本でいま最も危険で、最も代償の高くつく写真」と題し、山口組の司忍六代目組長とJOC副会長だった田中英寿・日大理事長のツーショット写真を掲載。以降、巨大なオリンピック利権の一部に、日本の暴力団が絡んでいるという疑惑が広まり、東京五輪自体にも疑いの目が向けられている。
[2016/11/16 18:20] URL | クールCyrusII #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR