ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

安倍政権になって人殺し訓練が始まった!ウンコババア稲田ドタキャン!オスプレイ型ハリアー沖縄で墜落!

①他人に厳しく己に甘い安倍稲田小泉石原小池橋下
②安倍→ゲリゾウ ゲリピー 稲田→じんましん
③プロペラエンジン型垂直離着陸→オスプレイ ジェットエンジン型垂直離着陸攻撃戦闘機→ハリアー

▼【安保法案】報道ステが自衛隊員の本音を暴露!自衛隊員「海外派遣の調査で『行かない』を選ぶと上司に怒られる」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13465.html

まあ本音は当然「行きたくない」でしょうね。邦人を守るならともかく他国の警護ですからね・・・(´・_・) これ明らかに憲法違反ではないですかね。

海外メディア 

前頭葉に穴が空いた原因はセシウムの吸収
本当の放射線レベルを隠すために軍隊が介入。

http://goo.gl/HQSg3R

既に「我が軍」化? 元自衛官が「安倍政権になって人殺し訓練が始まった」と証言
http://news.livedoor.com/article/detail/9927186/

安倍政権になってから、内容が大幅に変わりました。
人を標的とする訓練が始まりました。

集団的自衛権が閣議決定された日に、中高生に自衛隊募集のはがき・封筒が届いたまとめ
http://togetter.com/li/687701

自衛隊の中は密室に近い。
中でどんなリンチが有ろうが秘密保護法で情報が統制される。
人権なんて基本的に無視された閉鎖社会。
恐ろしく悍ましい世界である事は想像がつくというもの。

自衛隊員だってアホじゃないんだから
政治家の連中を見れば、この国の支配層は日本人でないと気付く
当然、自衛隊の上の方も日本人ではない
JALを撃墜したりサリンをまいたりさせられないように
日本国民を守ることに専念して欲しい

見たけど、先進国の軍は撤退してるらしいじゃないですか。残っているのは、スーダンの周辺国の軍隊と自衛隊くらいだとか。ばら撒きといい、安倍晋三、世界のパシリにされてるだけじゃないのか?

南スーダンなんて防衛大臣も怖がっていきたくないのに!蕁麻疹ってもうちょっとマシナ嘘をつけなかったのかな?

平和維持でない範疇を超えた地域に自衛隊員を送り込んで血の流れるのを待っている安倍晋三の自衛隊は密室と同じ。

家族含めた国民を守る為に戦うのではなく、政治屋共のメンツで他国を守る為に派遣される事を望む人なんているんでしょうかね?
その政治屋共の主張から自衛隊は軍隊じゃないらしいから、仮に捕虜になろうものなら国際法も軍法も適用されないんだからたまったものじゃない。

反対させないって、やり方が70年前の特攻とまるで同じ
この70年で何にも変わってない

君、(犬)死にたもうなかれ

国家が、いかれた腐敗独裁政府指導者を持つと、
尊いひと一人の人生が、無数に、粉砕されてしまいます。
多くの尊い人生が、少数の馬鹿者ども、金の亡者どもに、露と消されてしまいます。
売国奴の主導する戦争などに、〝自衛〟に関する一部の理もありません。
俺たちの人殺し商売に貧乏国民は早く参加しろよ~
とへらへら笑いながら、国家滅亡の魔道に立つ悪鬼どもです。
今後はますます国民を徴兵制度に追い込んでいくでしょう。

現に南スーダンの駆けつけ警護で
日本人自衛隊が数名なくなってます。

これからは自衛隊、軍隊でなく
民間警備会社を軍隊代替組織として
国が海外派遣を発注する時代になっていくのだそう。
軍で死者がでた後のリスクである遺族年金や
世論の戦争への支持低下を招くことを考えればコストが安いのだそう。
企業が戦争参加する時代、まさしく人命が
安売りされる時代。誰が首謀者で軍産複合体の背景を国民が突き止める義務がある。

やっぱりこういうのが横行してましたか。
まあある意味安倍政権の一番の被害者だもんね。
本当のヤバさに気づかずに自民に投票している国民はまだ知らないだけ、、ってことは実害を感じられないわけで。

自衛隊員が駆けつけ警護で死んだら更に武装強化で予算増加、反対したら非国民てか。
日本人はこの場合絶対逆の意見を出せないだろう。
今がそれを出せる最後のチャンスということも分からない。

稲田は、マラリアの予防注射で副作用のため南スーダン行きは取りやめにしたと言うが、これはウソくさい。思い出せ。バカンス気分(少なくとも離日時の格好は)で8月に近くのジプチに行ってるが、この時もマラリアの予防注射したはずだ。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12973.html

マラリアの予防薬で麻疹の副作用がある薬剤名は何だ。検索したがよく分からなかった。
それに予防薬の有効期間は1か月ほどしかないのか。怪しい。

安倍政権を大量殺人集団として検挙せよ
国家反逆として死刑処分を

マイナンバーの危険性!「徴兵制度の復活」「預金封鎖の準備」で個人の権利・自由の制限!プライバシー侵害
http://matome.naver.jp/odai/2141457032540346901

だから集団的自衛権とか安保とか反対なんだよ俺は…
自衛官たちが可哀想だ…

蕁麻疹を理由に南スーダン訪問から逃亡し、軍事産業関連企業の株を沢山持ち、利殖に励んでいる「稲田朋美・防衛大臣」が以下のように述べています。

◎「国民の生活が大事なんて政治は間違っている」
◎「国のために命をかける者だけに選挙権を与える」
◎「国のために血を流す覚悟を」
https://twitter.com/kskt21/status/777868933197987841
空 さんの ツイッター より

軍法を作るとして、軍隊で一番の重罪は命令違反であろう、と思う。
それで、一番の重罪に対する刑は、その国の法律で一番重いものと同じでなければならないであろうから、
とするならば、軍令違反は、死刑となると思う。
と、いつぞや、どこぞのTV番組で、石破さんは、確かに、そのようなことを言っていた記憶がある。
だから、上司に怒られる程度で事が済んでいるうちに、この自衛隊員に限らず、現状に不安を抱いている自衛隊員たちは、早々に身の処し方を考え直したほうが良かろうと、この記事を見て思った。
たった1回しかない人生、不本意な生き方をしたくないのは、誰でも同じですからね。

となると、直に、この日本に訪れると想定される事態は、徴兵制か?

▼稲田朋美防衛相、南スーダン訪問をドタキャン直後に銃撃戦 ネットで非難も
4 19
2016年9月22日 10時26分
ざっくり言うと
南スーダン訪問を中止した稲田朋美防衛相について、ゲンダイが報じている
中止後、南スーダンPKOに参加する陸自宿営地の隣で銃撃戦があったという
ネットでは「大臣は怖くなって逃げ出したんじゃないか」との声があると筆者

稲田大臣ドタキャン直後に銃撃戦 南スーダンPKOは火に油
4 19
2016年9月22日 10時26分
日刊ゲンダイDIGITAL
〈逃げたのか〉
安倍政権に優しいネット住民も、さすがに非難ごうごうだ。
17日に予定していた南スーダン訪問をドタキャンした稲田朋美防衛相の話。事前に服用した抗マラリア薬の副作用でじんましんを発症したから、というが、中止を決定した直後の17日に、南スーダンPKOに参加している陸自宿営地の隣で銃撃戦、と報じられた。

 陸自は黙っていたが、7月に首都ジュバで大規模な戦闘が発生した際、陸自宿営地の隣のビルで2日間にわたって銃撃戦が起きていたことが明らかに。ネット住民は〈稲田大臣は怖くなって逃げ出したんじゃないか〉と噛みついているのだ。

「安倍政権は、稲田防衛相に南スーダンを訪問させ、それを受けて安保関連法に基づく『駆け付け警護』などの新任務を陸自に付与するシナリオを描いていた。政権にとっては重要な“イベント”だったはずなのに、体調不良を理由にすっ飛ばしたわけで、うがった見方が出るのも当然です。まあ、訪問中にドンパチが起きたら、新任務付与もへったくれもない。安保関連法に対する批判も高まるでしょう。安倍政権もそれは避けたい」(官邸事情通)

 稲田大臣が逃げ出したとしてもおかしくないほど、南スーダンは緊迫している。7月の大規模戦闘ではジュバで270人以上が死亡、陸自宿営地の隣で起きた銃撃戦でも政府軍兵士2人が死亡したという。宿営地内では流れ弾とみられる複数の弾頭も見つかっている。

 菅義偉官房長官は「武力紛争ではない」と言っていたが、いくらなんでも無理があるだろう。九大名誉教授の斎藤文男氏(憲法)がこう言う。

「『紛争当事者間で停戦合意が成立』『受け入れ国を含む紛争当事者の同意』といったPKO参加5原則が崩れていることは、誰の目にも明らかでしょう。安倍政権が“国連協力”の名目で5原則を強引に突き崩し、いずれ駆け付け警護から武力行使を既成事実化しようという魂胆が透けて見えます。しかし、安倍政権がPKOをゴリ押しすれば、PKOに対する批判を強めている南スーダン政府軍との溝が広がる危険がある。内紛の火に油を注ぎかねません」
平和維持活動が聞いて呆れる安倍政権の横暴を許しちゃダメだ。

▼米ハリアー戦闘攻撃機が墜落 沖縄本島東沖 乗組員は無事
琉球新報 9月22日(木)15時9分配信
墜落した米軍のAV8Bハリアー戦闘攻撃機の同型機=2012年、嘉手納基地
 22日午後、米空軍嘉手納基地を飛び立ったAV8Bハリアー戦闘攻撃機1機が沖縄本島東沖合に墜落した。関係者によると乗組員は無事で中城海上保安部などが救助に向かっているという。午後2時58分ごろ、嘉手納基地からHH60救難ヘリが離陸するのが確認された。海保などが情報収集を進めている。
【琉球新報電子版】

ハリアー戦闘機 垂直着陸シーン


ハリアー垂直離陸


▼元自衛官が訓練内容の変化を証言「人を標的としたものに」
1418 20
2015年3月24日 10時30分
ざっくり言うと
昨年7月、沖縄タイムスが掲載した元自衛官のインタビューを紹介している
安倍政権になってから、人殺しの訓練が始まったと証言している
集団的自衛権容認の閣議決定で、戦争で死ぬことを恐れて辞職したという

既に「我が軍」化? 元自衛官が「安倍政権になって人殺し訓練が始まった」と証言
2015年3月24日 10時30分
LITERA(リテラ)
 以前から安倍首相の危険な体質をさんざん指摘し続けてきた本サイトですら、今回の「我が軍」発言にはさすがに驚いた。それはそうだろう。国会で自衛隊を「軍」と形容し、戦後70年守り続けた憲法の精神をないがしろにしただけでも大問題のうえ、口にした言葉は「我が国の軍」でも「我々の軍」でもなく「我が軍」。これは完全に独裁者の物言いではないか。

 安倍首相は、おそらく自分がヒトラーかナポレオンにでもなった気分でいるのだろう。そして、自分の軍隊が戦争をして、世界に力を誇示することを夢想している──。

 こんな首相が国のトップにいるというだけで空恐ろしくなるが、もっと恐ろしいのはこれがけっして妄想で終わっていないことだろう。実際に自衛隊の「我が軍」化、「戦争のできる軍隊」化は着実に進んでいる。集団的自衛権の行使容認、それを現実化する安全保障法制の与党合意、自衛隊の海外活動拡大、シビリアンコントロール規定の廃止......。

 そして、自衛隊の現場でも今、安倍政権の意志が反映されるかたちで、訓練内容の「軍隊化」が進んでいるらしい。

 昨年の7月14日、「沖縄タイムス」が辞職した20代の元自衛官にインタビューをしているのだが、この自衛官が、安倍政権になって人殺しの訓練が始まった、と証言をしているのだ。

 この自衛官は18歳で自衛隊に入り、沖縄の基地に配属されて、以来、ずっと勤務していた。ところが、2014年3月、集団的自衛権がきっかけで、自衛官を退職したのだという。インタビューのなかでこの元自衛官は辞めた理由をこう説明している。

「今回の集団的自衛権容認の閣議決定で、海外の『戦闘』に加わることが認められるようになります。自衛隊は、人を殺すことを想定していなかったのでまだ、『仕事』としてやれましたが、今後はそうはいきません。昇任試験も合格したばかりで、自衛官を続ける道もありましたが、戦争に加わって命を落とすかもしれません。命は大事です」
「(集団的自衛権は)戦争への参加宣言で、自衛隊の軍隊化だと思っています。自国が攻撃されていないのに、他国の争いに参加して、相手を撃つことになり、日本がテロの標的になる恐れもあります」
「自衛官は死ぬことは考えていません。自衛官も一生活者。先輩たちからは、『定年まで国に面倒を見てもらえるよ』と何度も言われましたし、ある先輩は『自分たちが自衛隊にいる間は何も起きないよ』と言っていました。
 でも、そんなに楽観的に考えられませんでした。政権や世界情勢によって、自衛隊の立ち位置は変わります。10年後、どうなっているのか分かりません。定年まで無事という言葉は信用できませんでした。仕事としての自衛官なので、全ての自衛官が、24時間、国を守るという気概があるかは疑問が残ります」

 まさに現場で血を流すことを迫られる自衛官の本音がよくわかるインタビューだが、この自衛官によると、集団的自衛権容認の前から、自衛隊ではすでに変化が起きていたという。

「安倍政権になってから、内容が大幅に変わりました。人を標的とする訓練が始まりました。これまでは、相手を捕獲することが基本でしたが、もう今までと違います。軍隊としか思えません。
 1年に2回だった実戦訓練は実際、増えました。人殺しは嫌です」

 安倍政権になってから始まった「人を標的とする訓練」。具体的にそれがどういう訓練なのか、記事にはこれ以上は書かれてはいない。「沖縄タイムス」の関係者によると、実際のインタビューでこの元自衛官はかなり具体的なことも話していたが、特定されるおそれがあるということで、詳細は載せることができなかったという。

 だが、第二次安倍政権が発足したあたりから、沖縄に駐屯している陸上自衛隊第15旅団の訓練内容が大幅に変わっているのは事実だ。

 もともと、沖縄に駐屯する第15旅団は悲惨な戦争の記憶をもつ沖縄県民に配慮するかたちで、戦闘訓練よりも不発弾処理や緊急患者空輸などを活動の前面に出してきた。当初は、離島の防衛、奪還といった任務を担当する海兵隊的な組織の設置も検討されたというが、これも県民感情や中国を刺激することを避けるために、佐世保に駐屯する西部方面普通科連隊にその役割を担当させてきた。

 だが、安倍政権が誕生すると、尖閣諸島防衛を大義名分に、南西諸島の防衛力強化が掲げられ、沖縄の自衛隊も離島防衛や奪還のための訓練をさかんにするようになっているのだ。

 たとえば、2013年、沖縄の陸上自衛隊第15旅団の第51普通科連隊で、「水路潜入要員集合訓練」が2ヶ月半に渡って行われた。これは、他国に占領されている島にひそかに上陸して敵を撃退し、島を奪還する訓練で、これまでは、先述した海兵隊の役割をになう佐世保の西部方面普通科連隊など一部の部隊でしか行われていなかった。その訓練を沖縄の陸上自衛隊がはじめて行ったのだ。 

 他にも、やはり2013年に19年ぶりに沖縄県内でレンジャー教育を実施するなど、沖縄の陸上自衛隊は今、実践的な戦闘訓練を次々に本格化させている。

 おそらく、こうした訓練の中で「人を標的にした訓練」が始まったのではないか、と推測される。たとえば、離島の奪還や市街地戦闘の訓練では、体にセンサーを付け、電波を発する銃などを使って撃ち合いをシミュレートする訓練も導入されている。チームに分かれて撃ち合い、何人殺したのかを競うのだという。

 まさに「人殺し」のための訓練。そういう意味では、自衛隊はすでに「軍隊化」が始まっているといっていいだろう。

 もちろんその背後にいるのは安倍首相だ。おそらく、あの男は自分に酔いながら「我が軍はなんとしても領土を守る!」などと興奮して語り、今、自衛隊を戦場に送り込もうとしているのだ。

 しかし、実際に血を流し、人殺しをさせられるのは末端の自衛官達である。この元自衛官は「これからは、自衛隊をやめる人がもっと増えるかもしれません」と語っているが、一方で、こんな危惧を表明している。

「(今後、懸念しているのは)元自衛官を政府がどう扱うかという点です。
 今は、自衛隊を辞める時に、予備自衛官や即応予備自衛官になるか、何の関わりも持たないかを選びます。でも、集団的自衛権の行使で、自衛官のなり手が少なくなっていった場合、予備自衛官にならなかった人も有事の場合は召集されるのではないかと考えています」

「安倍の引き起こす戦争で死ぬ」という恐怖に、誰よりも自衛官たちがリアリティを感じ始めているということだろう。
(野尻民夫)

防衛官僚出身、安倍官邸の元参謀役が首相の無知を批判! 集団的自衛権はコスパが悪い
宮崎駿がラジオで安倍首相、百田尚樹を「ナルシシズム」と批判! もっと過激な発言も…
あの蛭子さんが「安倍首相の右翼的な動きが怖ろしい」と発言する理由

漁港に男性の胴体 切断の形跡
テニスコートにコンクリ片が落下
野球部員が連携プレー 逮捕協力
「人の胴体がある」男性が発見
稲田氏 ドタキャン直後に銃撃戦
車掌が飛び降り 駅員の苦労語る
職場放棄の車掌 擁護する声続出
室井氏 慎太郎氏の謝罪文を批判
引っ越し先の近所で確認したい点
自動車ナンバーで使われない文字
米軍機が沖縄の沖合で墜落か
千葉県で浸水や冠水、土砂崩れも
利用者が増えるフリーレントとは
高須氏を脅した犯人 警察が特定
浜名湖の切断遺体事件 男を逮捕
飛行機の離着陸 どうさばいてる?
1歳児 母の知り合いにひかれ死亡
自販機壊して窃盗 男2人を逮捕
ノーベル賞候補 日本人3人を予想
クレームで職場放棄 車掌を非難
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR