ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

イタリア地震死者247人以上!イタリアは国民投票で原発廃止済み!アフガンアメリカン大学襲撃13人死亡!

ちなみに
2011年 イタリア→国民投票で原発廃止!
2016年 日本→卑劣なウンコババア小池東京が寝込みを襲い脱原発テントを強制撤去!

イタリア地震 死者247人、負傷者368人 余震続く中で捜索難航

フジテレビ系(FNN) 8月25日(木)19時5分配信
イタリア中部で起きた地震で、現地当局は、死者の数が247人にのぼったことを明らかにした。
24日、10代の女の子が17時間ぶりに救出された、ペスカーラデルトロント。
この村は山の急斜面にあり、現地時間午前11時12分現在も、救助隊による活動が行われている。
この村に通じる道には亀裂が入っていて、重機などが通りにくい状態で、辺り一帯には、ガスのにおいが漂っている。
また、余震も続いている。
救助活動は、厳しい環境の中で行われている。
イタリア当局によると、今回の地震による死者は、247人。
また、負傷者は少なくとも368人にのぼるといわれている。
村では、冬の間は100人、夏のバカンスの間は、400~500人が滞在しているといわれている。
倒壊した建物の中に何人いたのか、正確な数字を把握するのが難しい状況。
そういったことが、捜索活動をさらに難しいものにしている。.
最終更新:8月25日(木)19時5分

イタリア中部の地震、死者159人に 負傷者400人
アマトリーチェ=山尾有紀恵
2016年8月25日11時44分
アマトリーチェ中心部で24日、倒壊した建物の下敷きになった人を捜索する救助犬=山尾有紀恵撮影

 イタリア中部で24日未明に起きた大地震による死者は、25日未明(日本時間同日午前)までに159人に達した。ANSA通信が伝えた。負傷者は約400人に上り、行方不明者もまだ多数いるとみられる。救助隊は夜を徹して倒壊した建物に閉じ込められた生存者の捜索を続けている。
 レンツィ首相は24日午後、被害が最も大きかったアマトリーチェを視察後に会見し、「この緊急事態を乗り切るには長い時間がかかる」と述べ、早急に復興策を講じる考えを示した。

 アマトリーチェでは、子どもを含む少なくとも64人が死亡した。観光客に人気の老舗「ホテル・ローマ」も倒壊し、国営イタリア放送は地震発生時に滞在していた約70人のうち、6~7人が死亡したと報じた。別の伊メディアは、滞在者は約35人だったとしている。
 24日夕、アマトリーチェ中心部では、救助隊が救助犬を使ってがれきの下に埋まった生存者を捜索。犬が何かを見つけると、隊員ががれきの中に向けて呼びかけ、反応がないのを確認し、重機でがれきの撤去作業を進めた。ANSA通信によると、震源に近いペスカーラ・デル・トロントでは、がれきの中から10歳の少女が救出された。

 現場は山間部に家々が点在し、狭い道路が救出作業を困難にしている。バチカン(ローマ法王庁)は救助活動を手伝うため、消防隊を派遣。フランシスコ法王は24日の行事で予定していたスピーチを延期し「哀悼の意を表し、被災地の人たちに寄り添う」と述べ、参加者らに祈りを呼びかけた。余震も続き、破損した多くの建物がいつ倒壊してもおかしくない状況にある。被災者の多くは車で町を出て、周辺の町に避難した模様だ。在イタリア日本大使館によると、24日夜(日本時間25日未明)の時点で日本人が被害にあったとの情報は入っていない。(アマトリーチェ=山尾有紀恵)
関連ニュース
突き上げる余震、崩れる石の家 イタリア地震・現地ルポ
イタリア地震、73人死亡 多数が倒壊建物の下敷きか

「10秒で全て破壊された」伊地震
【イタリア地震】「がれきの下から『助けて、助けて』と叫ぶ声」 外務省やツアー会社など情報収集急ぐ
(産経新聞) 20:09

イタリア中部で24日、マグニチュード6.2の大きな地震があり、倒壊した建物の下敷きとなった住民ら少なくとも38人が死亡した。写真は中部アマトリーチェで、地震によるがれきの中を避難する住民ら。【AFP=時事】
(時事通信)
 イタリア中部で24日未明(日本時間同午前)に起きた地震で、外務省や日本のツアー会社などは日本人の被害情報がないか確認に追われた。
震源に近いノルチャ付近では多くの建物が倒壊し、伊ANSA通信は、生存者の証言として「がれきの下から『助けて、助けて』と叫ぶ声が聞こえた」「子供を抱え、絶望した様子で助けを求める人がいた」「10秒で全てが破壊された」と被害の状況を伝えた。

レンツィ伊首相は救出に全力を挙げる姿勢を示した
イタリア大地震、少なくとも73人死亡 150人不明か
(朝日新聞) 23:02

伊中部でM6.2、死者60人超=住民生き埋め、150人不明か
(時事通信) 22:17
イタリア 地震・津波
【イタリア地震】「がれきの下から『助けて、助けて』と叫ぶ声」 外務省やツアー会社など情報収集急ぐ 20:09

 イタリア中部で24日未明(日本時間同午前)に起きた地震で、外務省や日本のツアー会社などは日本人の被害情報がないか確認に追われた。
 震源に近いノルチャ付近では多くの建物が倒壊し、伊ANSA通信は、生存者らの証言として「がれきの下から『助けて、助けて』と叫ぶ声が聞こえた」「子供を抱え、絶望した様子で助けを求める人がいた」「10秒で全てが破壊された」と被害の状況を伝えた。

 ノルチャのホテル従業員、エロス・バルトリーニさん(38)は、産経新聞の電話取材に「客も従業員も、けが人はいないが、とても強い揺れを感じ、ものすごく怖かった」と地震の瞬間の恐怖を語った。
 揺れは震源から北に約250キロ離れたフィレンツェにも伝わった。同所でホテルを経営する八文字美和さん(48)は、「夜中に揺れを感じた」と話し、「イタリアは日本のように建物の耐震化が進んでいない。町中には1920?30年の古い建物も多く心配だ」と被害の拡大を懸念した。

イタリア M6.2の地震6人死亡
2016/8/24(水) 13:40掲載.
(AP通信)
M6.2で6人死亡=建物倒壊、住民下敷き―伊中部
 米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部で24日未明(日本時間同日午前)、マグニチュード(M)6.2の地震が起き、現地メディアによると、少なくとも6人が死亡した。(時事通信)
[記事全文] .
詳しく知る
多くの建物が倒壊し、下敷きになった住民が出ているという
出典:毎日新聞 2016年8月24日.
約1時間後には、M5.5の余震も発生
出典:CNN.co.jp 2016年8月24日.
M6.2で6人死亡=建物倒壊、住民下敷き―伊中部
時事通信 8月24日(水)12時6分配信

 米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部で24日未明(日本時間同日午前)、マグニチュード(M)6.2の地震が起き、現地メディアによると、少なくとも6人が死亡した。
中部の町アマトリーチェでは建物が倒壊、住民が下敷きになるなど大きな被害が出ているもようだ。
アマトリーチェ市当局者は国営テレビ局RAIに対し「町の半分が失われた」と語った。市街地に通じる道路も寸断されているという。
AFP通信によると、震源はペルージャ県ノルチャの南東約10キロ。USGSは、甚大な被害が出る恐れがあるとの警報を出した。
震源と首都ローマの中間にあるリエーティの住人は、地元テレビの取材に対し「とても強い揺れを感じ、近隣中が通りに避難した」と語った。
今回の震源地に近いラクイラでは2009年4月にM6.3の地震が起き、300人超が死亡した。 

【関連記事】
〔写真特集〕イタリア中部でM6.2の地震
〔写真特集〕イタリア北部で地震(2012年)
〔写真特集〕南米エクアドルでM7・8の地震
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録
【特集】地震予知は可能 上田誠也東大名誉教授に聞く
最終更新:8月24日(水)14時13分

★アフガンの米系大学に襲撃、12人死亡 襲撃犯2人を殺害

CNN.co.jp 8月25日(木)12時27分配信
(CNN) アフガニスタンの首都カブールにあるアフガニスタン・アメリカン大学が24日襲撃を受けた件で、カブール警察署長の広報担当者は12人が死亡したと明らかにした。学生7人と警官3人、警備員2人が死亡した。襲撃時には約750人の学生が大学にいたという。警察がキャンパス内の捜索を行い、襲撃犯2人を殺害し、25日未明に事態は収束した。

目撃者によれば、襲撃犯はキャンパス内に侵入して、爆発物を爆発させ、発砲した。これにより、学生や職員が逃げだしたという。襲撃犯がキャンパス内にとどまるなか、建物内に隠れた人たちもいたという。

米国務省幹部によれば、アメリカン大学という名前だが、同大学で学ぶ米国人は少ないという。ただ、教壇に立つ米国人は多く、この大学はアフガニスタンと米国との協力関係の象徴とみなされている。
米国市民のアーマド・サミン氏は24日夕に化学の授業を受け持っていて、襲撃時にキャンパス内にいた。発砲と爆発の後、すぐに教室の明かりが消えたという。「非常に暗く、みんなが走っていた。全員が叫び出した」と当時の様子を語った。黒い煙の中、生徒や他の職員らと逃げだしたという。
【関連記事】
ひき逃げで女を逮捕、フロントガラスに遺体刺さったまま走行
マックに強盗、特殊部隊員11人が食事中と知らず フランス
3歳娘の無邪気な写真、「真相」が分かって母親愕然
北朝鮮が見せたくなかった写真――西側唯一のジャーナリストが見た風景とは
飼い猫が大型犬7頭を襲撃、1頭けが カナダ
最終更新:8月25日(木)16時35分

★カブールのアメリカン大学襲撃、13人死亡
BBC News 8月25日(木)16時42分配信
カブールのアメリカン大学襲撃、13人死亡
アフガニスタンの首都カブールで24日夜、アメリカン大学が襲撃され、学生7人を含む13人が死亡した。警察当局が発表した。

カブール警察によると、24日午後7時ごろに武装集団が大きい爆発音と共に大学に侵入。学生・職員約750人が構内に閉じ込められた。襲撃開始から約10時間後に、治安部隊が武装集団の2人を射殺し、学生や職員たちを救出した。
アブドル・ラフマン・ラヒミ警察本部長はBBCに対して、警官3人と守衛3人も死亡したと明らかにした。さらに学生35人と警官9人が負傷したという。
犯行声明は出ていない。

警察は、武装集団の攻撃は「複雑」だとコメント。現場では特殊部隊のほか、米軍顧問も対応していた。
大学構内では、AP通信のマスード・ホサイニ写真記者も数時間にわたり捕えられていた。ピュリツァー賞受賞経験のあるホサイニ記者は、「助けて。アメリカン大学に閉じ込められている。爆発に続いて銃撃だ。これが僕の最後のツイートになるかもしれない」とツイートし、助けを求めた。

ホサイニ記者は後に脱出し、AP通信に襲撃の様子を話した。学生15人と共に教室にいた記者は、爆発音が聞こえたため「何事かと窓に近づくと、普通の服を着た男が外にいた。私に向かって発砲して、窓ガラスが割れた」と言う記者は、そこで割れたガラスの上に倒れて、手に負傷したと状況を説明した。
学生たちが教室に籠城すると、少なくとも2発の手投げ弾が教室に投げ込まれ、学生数人が負傷したという。

後にホサイニ記者と約9人の学生は、非常口から外に脱出。「走っていると、地面にうつぶせに倒れている人が見えた。後ろから撃たれたみたいだった」と記者は話した。
学生のアフマド・ムクタルさんはBBCに、帰宅しようと大学の正門から100メートルほど離れていたところで、「6回か10回」の発砲音と、「すごく大きい」爆発音を聞いたと話した。

爆発による閃光で周囲が一時的に明るくなったほどだったと話すアフマドさんは、高さ6メートルの壁をよじ登って脱出したと言う。
構内に閉じ込められた学生や職員は、ツイッターやフェイスブックに次々と窮状を投稿して、助けを求めた。
襲撃の2日前には、アメリカン大学の職員が何者かに拉致されている。被害に遭ったのはアメリカ人とオーストラリア人が1人ずつで、行方はまだ分かっていない。

2006年開校のアメリカン大学は、米国際開発庁(USAID)の資金援助を受け、米国式の大学教育を提供する非営利教育機関。英語や社会人向け技能資格、学士課程、経営学修士(MBA)課程などが履修できる。
学生の人数は現在約1700人。働きながら授業に通う社会人学生が多い。

(英語記事 Kabul raid: Seven students among 13 dead in university attack)(c) BBC News
最終更新:8月25日(木)16時42分

★大学が襲撃され12人死亡 アフガニスタン
日本テレビ系(NNN) 8月25日(木)18時5分配信
 アフガニスタンの首都カブールで24日、銃で武装した男らがアメリカ系の大学を襲撃し、学生7人を含む少なくとも12人が死亡した。
現地警察などによると24日、カブールにあるアメリカン大学で1人が自爆した後、武装した男2人が大学内に侵入し、銃を乱射したという。その後、駆けつけた治安部隊との間で銃撃戦に発展し、男らはその場で殺害された。

 当時、大学内には学生ら約700人がいて、ほとんどが救出されたが、一連の襲撃で学生7人を含む少なくとも12人が死亡したという。
犯行声明などは出ていないが、アフガンでは反政府勢力「タリバン」や過激派組織「イスラム国」が外国人などを標的としたテロを繰り返している。この大学では今月、アメリカ人とオーストラリア人の職員が何者かに誘拐される事件が起きたばかりだった。

【関連記事】
【記事まとめ】世界各地で相次ぐ“テロ”の脅威
ダッカ人質事件 治安部隊突入...銃撃戦も
治安部隊突入し銃撃戦に ダッカ立てこもり
大学を武装勢力が襲撃 アフガニスタン
銃撃戦の爪痕が...バングラ人質テロ現場公開
最終更新:8月25日(木)18時5分

★アフガニスタン・アメリカン大学を武装集団が襲撃 学生ら閉じ込め
01 2016年8月25日 9時31分
ざっくり言うと
アフガニスタン・アメリカン大学が24日、武装集団に襲撃され1人が死亡した
教室内に閉じ込められた学生らが、携帯電話などで必死の助けを求めている
犯行声明は出ていないが、タリバンがアフガン政府に対する攻勢を強めている

武装集団がアフガンの米系大学を襲撃、1人死亡 教室に学生ら閉じ込め
2016年8月25日 9時31分
AFPBB News
【AFP=時事】アフガニスタンの首都カブール(Kabul)にあるアフガニスタン・アメリカン大学(American University of Afghanistan)が24日、武装集団に襲撃され、これまでに少なくとも1人が死亡、26人が負傷した。爆発や銃撃の音が鳴り響く中、教室内に閉じ込められた学生らが携帯電話などで必死の助けを求めている。

 アフガニスタン・アメリカン大学は米政府の支援を受けて設立されたアフガニスタン有数の名門私立大学。付近では数週間前にも米国人とオーストラリア人の大学教授各1人が銃で脅され、誘拐される事件が起きていた。
 襲撃が始まった24日夕から、現場一帯は重装備の兵士多数によって封鎖されている。襲撃が発生した時刻は、通常なら学生が構内にたくさんいる時間帯だ。同大では働きながら定時制の授業を取っている学生が多い。

 閉じ込められた教室内からAFPの電話取材に答えた女子学生は「爆発と銃撃の音が近くで聞こえた。私たちの教室に煙とほこりが立ちこもっている。とても怖い」と話した。
 閉じ込められた他の学生の多くは、必死に助けを求めるメッセージをツイッター(Twitter)に投稿している。教室の備品を用いてドアにバリケードを築いている学生もいるもようだ。

 これまでのところ犯行声明は出ていない。ただ旧支配勢力タリバン(Taliban)は最近、西側諸国の支援を受けるアフガニスタン政府に対する夏季の攻勢を強めている。
【翻訳編集】AFPBB News

★<アフガン>アメリカン大学が襲撃 校内に数百人の学生
毎日新聞 8月25日(木)1時19分配信
武装勢力に襲撃されたアメリカン大学に駆けつけるアフガニスタン治安部隊=カブールで2016年8月24日、AP
 ロイター通信によると、アフガニスタンの首都カブールにあるアメリカン大学が24日、武装集団の襲撃を受けた。内務省当局者や学生らの話として、爆発音と銃声が聞こえたと伝えている。校内には外国人の教師や数百人の学生が閉じ込められているという。
校内にいる学生はロイター通信の電話取材に対して、「私たちは校内に閉じ込められている」「校内で銃声が聞こえている」などと述べた。
今月上旬には、同大近くで米国人とオーストラリア人の教員計2人が誘拐される事件が起きていた。【三沢耕平】

【関連記事】
アフガン「山の学校」支援14年目へ
陸上100、アフガン新 イランで難民生活 4年後に希望
アフガン難民が予備予選で国内記録を更新
「苦難の母国思い」アフガン難民の女子選手
ISが犯行声明
最終更新:8月25日(木)2時5分
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR