ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

靖国神社(元東京招魂社)は朝鮮民族神社!小泉朝鮮部落進次郎が靖国神社参拝!

①招魂の儀式は朝鮮人の儀式である。
②靖国神社は、田布施村出身の朝鮮民族による日本民族弾圧のシンボルであり、かれらの謀略で殺された孝明天皇や、日露、日清戦争、そして、太平洋戦争で戦死していった日本の若者の怨霊を封じ込める、招魂の儀式の場です。
③靖国神社は、神社であるからといって、伊勢神宮や宇佐神宮のような古い神社とは違う。東京招魂社ができたのは明治2年である。
④2014年06月04日(水)1879年(明治12年)の今日、東京招魂社が靖国神社に改名された

靖国神社には極悪韓国朝鮮人とユダヤ韓国朝鮮人に戦争憲法を作られアイデンティティを破壊され洗脳マインドコントロールされ騙された日本人がまつられているようです

真実の日本の歴史

靖国神社は田布施村の守護社

靖国神社は、「靖国で会おう」と誓った太平洋戦争で亡くなった日本兵の心の拠り所としてのシンボルとして考えられています。また、A級戦犯が合祀されていることから、日本の首相参拝が行われる度に、中国、韓国、北朝鮮の3カ国は激しく反発しています。

しかし、事実は真逆であり、靖国神社は、田布施村出身の朝鮮民族による日本民族弾圧のシンボルであり、かれらの謀略で殺された孝明天皇や、日露、日清戦争、そして、太平洋戦争で戦死していった日本の若者の怨霊を封じ込める、招魂の儀式の場です。

靖国神社は、1869年6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、1879年に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

明治天皇は、当時の山口県田布施村出身の大室寅之祐。1866年、孝明天皇と明治天皇となるはずだった睦仁親王が、同じく田布施村出身の長州藩士によって殺害。1869年の東京遷都で、大室寅之祐が新明治天皇として正式に御所ですりかわって即位しました。

招魂とは、彷徨える御霊を招き、この世での未練を断ち切らせ、あるいは自分の肉体が既にこの世には無いことを教え、死者の国(常世の国あるいは黄泉の国)へ行かせる儀式です。

*鎮魂とは、「(み)たましずめ」と読んで、神道において生者の魂を体に鎮める儀式であり、魂を外から揺すって魂に活力を与える魂振(たまふり)を含めて鎮魂という。

招魂の儀式は、江戸幕府が管理していた陰陽道ではない。この儀式は朝鮮人の儀式である。

孝明天皇と睦仁親王を殺害して明治天皇にすりかわった大室寅之祐と、それに関わった三条実美、伊藤博文 西郷隆盛らは、李王家の家臣を祖とする両班派閥で、謀略で殺した孝明天皇と睦仁親王の招魂が必要だと考えました。彼らは、大村益次郎に命じて東京招魂社を建立します。

その後、田布施村出身の長州藩士を中心とする明治政府に反旗を翻した西南の役で戦死者を招魂し、1879年に靖国神社に改名します。靖国神社は、1853年のペリー来航以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」という詭弁を弄して、彼らの怨念を封印する招魂の場となったのです。

征韓論で下野していた西郷隆盛は、孝明天皇を殺害して明治天皇をすりかえた張本人であり、西南の役では反乱軍である士族の人質だったのではないでしょうか。つまり、西郷隆盛の骨は靖国に招魂されていません。かれは、鹿児島の南州墓地で、高麗町出身の両班派閥の墓に守られています。

つまり、靖国神社は、田布施村出身の政府要人の神社であり、それは彼らに利用され殺された日本人の怨霊を招き封印する場です。。

だから、東京裁判で死刑判決を受けた東条英機ら7人の遺骨は、1960年、殉国七士廟として愛知県西尾市東幡豆町の三ヶ根山に祀られたのです。

昭和天皇は、1975年を最後に参拝をしていません。それは、、A級戦犯の合祀問題に隠された事実を昭和天皇が知ったからでしょう。

田布施村出身の松岡洋右は、1978年に、殉国七士廟の遺骨を靖国神社に合祀しようとした際に、昭和天皇はこれに強く抗議しました。これは、A級戦犯に対する昭和天皇の怒りのように報道されていますが、事実は真逆で、靖国神社が、田布施村出身の朝鮮民族に利用された日本人の怨霊を閉じ込めるためのものであるからです。A級戦犯の合祀問題で、昭和天皇はこの事実に気がついたのでしょう。

つまり、昭和天皇は、田布施村の系譜ではないということを意味します。このあたりは、「天皇家と客家」に書いてあるのでここでは省略しますが、田布施村出身の伊藤博文は、朝鮮民族を裏切り、客家の血筋を皇室に入れた。アシュケナージ・ユダヤ人の末裔である田布施村出身者のとっては、スファラディ・ユダヤ人の客家は天敵である。

武士の系譜を引き継いだ山本五十六は、フリーメーソンの中曽根康弘の密告で戦死し、戦後、日本民族として首相となった田中角栄は、米国のフリーメーソンの謀略で失墜されます。

靖国参拝を政治に持ち込んだのは山本五十六を米国に密告した中曽根康弘。以降、鹿児島の田布施村の系譜をもつ小泉純一郎や、山口県田布施村の系譜の安倍晋太郎は靖国参拝を政治に持ち込んでいます。


田布施村系譜のフリーメーソンの守護神社である靖国は、邪馬台国フリーメーソンを守護する伊勢神宮とともに日本民族を支配するシンボルとなっています。

しかし、彼らは恐れています。戦中に出現した日月神事と客家の血筋をもつ昭和天皇の系譜にです。日本国のスファラディ・ユダヤ人は死に絶えていません。3.11でも東北のスファラディ・ユダヤ人は生き残っていて、その後の在日政権である民主党政権からの迫害にも耐えています。

現代の田布施村フリーメーソンの安倍晋三と在日政権である野田佳彦の選挙後の大同団結の謀略は実現しません。彼らの奇異ともえいる論理構成に、さすが愚民化政策で論理力を失った羊のような日本人でも、違和感を感じています。

世界の歴史や定説や常識はすべて真逆です。アシュケナージ・ユダヤ人フリーメーソンの描く世界は絶対に実現しません。

伊勢神宮は日本のメッカ → 本能寺の変の真実と式年遷宮の嘘

2012/11/27 草稿
2013/5/20 改稿
Since 2013.05.20訪問者数 228230
http://www.link-21.com/history/src/013.html

2014年06月04日(水)
1879年(明治12年)の今日、東京招魂社が靖国神社に改名された
東京招魂社の成立過程とその問題点   
【1】東京招魂社の創建
(1)東京招魂社は靖国神社の前身

 靖国神社は皇居の北側、日本武道館と靖国通りを隔てて、東京千代田区九段坂にある。

創建当初は東京招魂社と呼ばれていた。

招魂社とは、幕末、国のために働き、志なかばで戦死した志士を祀っているということになっている。

ただ、靖国神社は、神社であるからといって、伊勢神宮や宇佐神宮のような古い神社とは違う。東京招魂社ができたのは明治2年である。

靖国神社と改名されたのは明治12年6月で、西南戦争が終結し、新たに官軍の戦死者を加えて祀るのを機会に改名された。

この折り、神社社屋を一新し神職者を常住させ、体制を整えたものである。靖国神社は明治12年以降、官軍の戦死者のすべてを祀ることなり、日清・日露戦争をはじめ第二次世界大戦に至るまですべての戦没者を奉っており、現在祀られている戦死者の数は265万人にも上る。

戦死者は‘御英霊’と呼ばれている。戦前には‘神’とされた天皇と、同じ‘神’として祀られ、大いに名誉あることということになっているのである。 

 靖国神社が現在ある九段坂には、もともと幕府軍の歩兵の練兵場があった。ちょっと小高い丘の上で、見晴らしのよい場所にあるのである。

また、練兵場とともに、かつては幕府の旗本の屋敷の並んでいた高級住宅地であったが、維新の跡、幕臣は落ちぶれて追い払われ、人気のない荒れた屋敷が残っていて、さびしいところであった。

ところが、その後、地の利を利用して明治4年11月に招魂社の入口に大きな灯台型の灯籠が入り口に立てられ、維新後の東京名物となった。東京湾を航行する軍艦の目印となったのである。灯台の建設以降ようやく、このあたりにも人の気配が出てきたという。

〈2〉東京招魂社と大村益次郎

 維新政府の当初の方針としては戊辰戦争の戦死者の供養は、上野の寛永寺を買い取って、招魂社を作ろうという案であった。この案を提出したのは木戸孝允であるという。ところが、上野寛永寺を東京大学の付属病院として利用したいという新たな要望が出てきたため、この木戸の案は途中で頓挫してしまった。

東京招魂社は、靖国神社の資料によると、平田国学を信奉する侍従・福羽美静という人物が、吉田松陰等の安政の大獄での刑死者の霊を祀るために、京都の私邸で祠を作ったのが初めとなっている。

ところが、靖国が九段坂になったいきさつには、福羽は関係していない。それというのも福羽は侍従であって陸軍関係者ではない。

東京招魂社は、はじめから陸軍の所有物になるもので、初代兵部大輔である大村益次郎という人物が具体的計画を練ったのである。

すなわち、木戸の案が病院計画のため一時頓挫したことを受け、みずから招魂社の位置を九段坂にしたのである。

第一に、上野彰義隊の壊滅作戦で官軍の総指揮者として自分が総攻撃をかけ、多数の幕軍の死傷者を出した地であり、賊軍の霊がただよっている場所であること、方位が皇居の乾の方角で縁起がよいといったことを大村が上げたといわれている。

大村益次郎とは、明治26年に靖国神社の参道に高く聳える銅像となって、靖国神社の名物となっている人物である。彼は陸軍大将・西郷を差し置いて、陸軍の実務責任者として靖国神社の建設場所を独自の判断で決めたのである。
http://blog.zaq.ne.jp/achikochitei2/article/1588/

自民・小泉進次郎氏が靖国神社を参拝
http://www.sankei.com/politics/news/160815/plt1608150020-n1.html

自民党の小泉進次郎農林部会長は15日朝、東京・九段北の靖国神社を参拝した。小泉氏は、毎年8月15日に靖国神社を参拝している。

日本多名政要参拜靖国神社
http://world.people.com.cn/n1/2016/0815/c1002-28636242.html

自民のなかにいて正論を吐くようなガス抜き要員を装っていたが
やはり愛国カルトのあかんやつだった。

そもそも神社というのは半島由来のものだが
とりわけ靖国神社は日本人大虐殺した長州朝鮮族の神社

靖国参拝は、売国政治家の隠れ蓑に最適だな。

靖国神社は田布施村の守護社
http://www.link-21.com/history/src/013.html

統一教会系団体が靖国神社で慰霊祭
http://share.system.vc/2/239898

僕の父方のじいさんは赤紙が来て召集されました。
お婆ちゃんには『アメリカと戦争して勝てる訳ない、馬鹿じゃねえのか』
と言っていたらしい。馬鹿が国の上にたつと苦しむのはいつも一般国民です。

稲荷の鳥居が赤いのはユダヤの過越の祭りから
神社はユダヤだ。

平和国家に生まれ変わったとする日本の政府関係者が
軍国主義精神の権化であり今なおその方向性を転向していない靖国神社を
参拝するなどあってはならないと私は思う。

李王朝。
韓国に帰れない李ファミリーといえば東京の紀尾井町。
紀尾井町にはアへの征和会の本部だったか事務所もある。
あへ政権って李勢力?

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12978.html

①靖国神社(元東京招魂社)は朝鮮民族神社!小泉朝鮮部落進次郎が靖国神社参拝!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR