ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

首を絞め殴りナイフで刺したKenneth shinzatoは元原爆トルーマン(ユダヤ)ペンタゴンアメリカ国防総省構成員!

たぶん前科者殺人鬼先天性性的サディズム(人や物を傷つけることで性的快楽を得る10万人に1人と言われる)

https://jp.linkedin.com/in/kenneth-shinzato-124a27b0

シンザト・ケネフ・フランクリン

Kenneth (gadson) shinzato (gadson)は旧名らしい
日本 沖縄県金融サービス

過去のポジション
United States Department of Defense アメリカ国防総省

学歴
University of Maryland University College

過去のポジション
United States Department of Defense

アメリカ国防総省 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ国防総省

ビジュアルエディターがウィキペディア日本語版にも導入されました(詳細)。 アメリカ
国防総省. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動先: 案内、 検索.
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国の行政官庁. アメリカ合衆国国防総省. United
States Department of Defense. United States Department of Defense Seal.svg.

アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、英: United States Department of Defense、略称:DoD)は、アメリカ合衆国の国防、軍事を統合する官庁である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊、アメリカ公衆衛生局士官部隊、合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4つの軍を傘下に収める。陸海空軍の各省の統括組織であるため、日本では「国防総省」と訳されることが多いが、単に「国防省」とされることもある。2015年現在、同国の官庁の中で最大規模の組織となっている。
本庁舎は、五角形の形をしていることからペンタゴンと呼ばれている。アメリカ合衆国大統領の官邸組織がホワイトハウスと呼ばれるように、ペンタゴンという名称自体が国防総省を指す呼称となっている。

アメリカ国防総省
アメリカ合衆国国防総省は、アメリカ合衆国の国防、軍事を統合する官庁である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊、アメリカ公衆衛生局士官部隊、合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4つの軍を傘下に収める。 ウィキペディア
CEO: アシュトン・カーター
本社所在地: アメリカ合衆国 バージニア州
創立者: ハリー・S・トルーマン
子会社: 国防高等研究計画局、 アメリカ合衆国海軍省、

フランクリンルーズベルト と トルーマンはユダヤ人でもある : 日本人の覚醒
kabukachan.exblog.jp/19999707/
2013年5月3日 ... ソ連との覇権争いで優位に立つべく、日本への原爆投下を決めたのは、アメリカ合衆国
第23代大統領のハリー・トルーマン。彼もメイソンだったのである。 マッカーサーとトルーマン。日本が敗戦の苦難を経て新しい歴史を刻み始めた背景には、 ...
http://kabukachan.exblog.jp/19999707/

★元米兵の男“首絞め、刺した"殺害認める
日本テレビ系(NNN) 5月20日(金)14時15分配信
 沖縄県うるま市で行方不明になった20歳の女性が遺体で発見された事件で、逮捕された元アメリカ兵の男は、女性の首を絞めたり、殴ったり、刺したりしたなどと話し、殺害を認めていることが新たに分かった。
死体遺棄の疑いで逮捕されたアメリカ軍の軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)は、アメリカ軍の元兵士で現在は嘉手納基地で働いており、妻と子供の3人で妻の実家近くに暮らしていたという。
調べに対しシンザト容疑者は「動かなくなった女性を雑木林に捨てた」と容疑を認めているが、さらに、島袋里奈さんの首をしめたり、殴ったり、刺したりしたという趣旨の話をし、殺害についても認めていることが警察へのその後の取材でわかった。
また、警察がシンザト容疑者から車の任意提出を受けて調べたところ、車内から血痕が見つかり、そのDNA型が島袋さんのものと一致していたことも新たに分かった。警察は20日、島袋さんの司法解剖を行い、死因の解明を進めるとともに、殺人容疑も視野に捜査を進めている。

フランクリンルーズベルト と トルーマンはユダヤ人でもある
フリーメイソンの秘密
株式会社レッカ社・編集/出版

●戦後日本の青写真はフリーメイソンが描いていた
 マッカーサー将軍といえば、日本でその名を知らない者はいないだろう。ただ、そんな彼がフリーメイソンに加入していたという事実はあまり知られていない。
1945年8月、日本はポツダム宣言を受諾して無条件降伏した。その後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)のトップとして日本の全権を掌握した人物こそが、ダグラス・マッカーサーである。
彼は、1936年にフィリピン・グランド・ロッジに加入して、日本占領時には上級である33階位の地位にあり、当時のGHQ部員のほとんどがメイソンだったといわれている。
そんなマッカーサーが日本に対して憲法改正を要求したため、天皇主権の原則に基づく大日本帝国憲法は改憲されることになり、マッカーサーは自ら改正案をまとめることにした。
彼はマッカーサー三原則として「象徴天皇制」「戦争放棄」「封建制の廃止」を唱えた。ここにはフリーメイソンの思想の影響が色濃く見られるといっていいだろう。人種や宗派を越えた相互扶助を説くフリーメイソンの「友愛」の理念に基づいて、人類平等に反する立憲君主制や封建制が打倒されることになったのだ。
日本政府はこれを原案として、「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の三大原理に基づく日本国憲法を制定した。それは、軍国主義の国家体制を根底からくつがえして、新しい国づくりを進めるための規範となるものだった。
その成立の背景にあったのは、紛れもなくフリーメイソンの思想であった。
さらに、太平洋戦争終結の決め手となった原爆投下にも、フリーメイソンが深く関わっている。ソ連との覇権争いで優位に立つべく、日本への原爆投下を決めたのは、アメリカ合衆国第23代大統領のハリー・トルーマン。彼もメイソンだったのである。
マッカーサーとトルーマン。日本が敗戦の苦難を経て新しい歴史を刻み始めた背景には、フリーメイソンの存在があったのである。

●戦後の日本政界で活動した日本人メンバーとは?
日本では、政財界でもメイソンになった者が誕生していた。その中には、総理大臣を務めたような大物も多数含まれていたのである。それぞれの人物について簡単に説明していこう。
公式に伝わっている政財界初の日本人メイソンといわれているのは、1950年に加入したとされる佐藤尚武、三島通陽(みちはる)、高橋龍太郎らである。
佐藤は、第二次大戦時に駐ソ大使を務めた政治家。三島は、ボーイスカウト日本連盟の総長を務めた人物。高橋龍太郎は、大阪麦酒(のちのサッポロビール)の社長として日本のビール文化普及に貢献し、「日本のビール王」と呼ばれた実業家である。
また、総理大臣経験者でメイソンだといわれている人物には、東久邇宮稔彦、幣原喜重郎、吉田茂、鳩山一郎らがいる。
東久邇宮は、日本の歴史上、皇族で唯一の総理入臣となった人物である。幣原は、戦後に首相に就任し、憲法第9条の誕生に大きな役割をはたした。吉田は、戦後日本の基盤づくりに務め、1951年にはサンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約を締結した。
鳩山は、第93代首相である鳩山由紀夫の祖父としても知られる政治家である。戦後、彼はGHQによる公職追放で一度は表舞台から姿を消したが、1954年に復活して首相に就任し、鳩山内閣をスタートさせた。
彼がフリーメイソンに加入したのは。1955年のこと。当時の日本のメイソンの多くは、マッカーサーの手引きで加入していることから、鳩山も同様に彼の紹介を受けたのではないかという説が有力である。
ちなみに、鳩山が住んでいた洋風の邸宅は「鳩山会館」といわれているが、この建物は太平洋戦争時の空襲をほぼ無傷で乗り切った。これに関しても、鳩山は、フリーメイソンに加入する以前の戦時中からアメリカのフリーメイソンとつながりがあって、爆弾の直撃を避けるように働きかけたからだ、という噂まである。
鳩山が1956年にソ連との国交を回復させて日ソ共同宣言を結んだのも、フリーメイソン流「友愛」の精神の表れだったのかもしれない。

★ひとくちコメント ―― すでに一般的に出回っているフリーメイソンに関する情報を整理した本です。複数の著者が分担して共同執筆という形をとっていますので、編集者の考えは示されず、たんたんと情報をつなぎ合わせているだけです。しかしながら、戦後日本の政治の流れを作ってきた吉田茂や鳩山一郎の孫たちが、今なお世襲によって政界の有力な地位を占めていることの持つ意味については、真剣に考えてみる必要があるでしょう。
その結論は一つ──日本は今もなお、フリーメイソンという名の秘密組織に操られているということです。最近では、日本を裏から動かしてきたのはアメリカだと思われていますが、そのアメリカを裏から操作している勢力があり、それがフリーメイソンだということです。そして、そのフリーメイソンもまた、ある陰のグループが寄生して操っているといわれています。その陰のグループが実質的な「世界地下政府」ということになるわけですが、それは俗に言われている「イルミナティ」ではありません(それとて隠れ蓑なのです)。
そのグループが必死になって「偽書だ」と誹謗中傷している『シオン長老の議定書』(四王天延孝・原訳/太田龍・補訳/成甲書房)という本の中で、真の世界支配層の正体が明らかにされていますので、関心のある方はこの書を手に入れて読んでいただきたいと思います。あまり気持ちのいい本ではありませんが…。(なわ・ふみひと)

シンザト・ケネフ・フランクリン
http://news.cafeblog.jp/archives/1057577329.html

996 :名無しさん@1周年:2016/05/19(木) 21:24:39.07 ID:S8Eo1k370.net 犯人は沖縄県民なんだけどねー。黒人だし、姓もフランクリンっていうんだけどさー。国籍はwwwww

★日本への原爆投下はルーズベルトの(日本民族皆殺し)により決定された ...
blog.goo.ne.jp/2005tora/.../1a0c3b7e2224527f1592131a44c022bc
2006年5月24日 ... アメリカ人の90%は今でもルーズベルトがユダヤ人であったことを知らないようである。... フランクリン・デラノ・ルーズベルト、良きにつけ悪しきにつけ、日本人には因縁深い名前である。1933年、奇しくもヒトラーが政権をとったその年にアメリカ ...
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/1a0c3b7e2224527f1592131a44c022bc

★米国歴代大統領のユダヤ人疑惑
http://www.asyura2.com/0502/war69/msg/761.html
投稿者 ブッシュ親子の自作自演テロの11 日時 2005 年 4 月 30 日 10:06:32: XUSllUZ/d1uKA

エルサレムの嘆きの壁で敬虔なユダヤ式礼拝を執り行う某国大統領
ユダヤ疑惑のある、もしくはユダヤ人とわかっている米国大統領(近縁者を含む)を列挙します。

G.W.ブッシュ、ビル・クリントン、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ブッシュ、ネルソン・ロックフェラー(副)、リンドン・ジョンソン、ハリー・トルーマン、フランクリン・ルーズベルト、ドワイト・アイゼンハワー、ウッドロー・ウイルソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーン......

1.もはや、「疑惑」の段階ではありません。結局、「ユダヤだけれど、一見ユダヤに見えない」のが、アメリカ大統領になる最大の用件のようです。ユダヤ社会内部のみで、「仲間のユダヤ人」だと秘密裏に認識されている人物を、ウォール街のユダヤ帝王、ロックフェラーが起用し、大統領に押し上げる。当選後は、ユダヤ金融資本とシオニスト、そしてイスラエルのために利益誘導させる。この構造は、今も同じ。クリントンもブッシュも隠れユダヤ人と見れば何もかも理解できる。黒幕はいつも同じロックフェラー。しかし、アメリカ大衆は何も気がついていないのです。ユダヤ金融犯罪者に国家を私物化され、搾取され、戦場に送り込まれる。愚かなり、米国大衆。

まずは、二人のルーズベルト大統領とオランダから移民したユダヤ人の関係について.....

■ルーズベルトの一族は、オランダから移民したユダヤ人。一族にはローゼンベルグと名乗ったのもいた?なるほど、ということは、ルーズベルトは、ヒラリー・ローゼンベルグ・クリントンとも親戚のユダヤ人ということになる。「隠れユダヤの名門が権力を共有しているってこと。

紫霄閣(ししょうかく) ジョージ・L・ウェスト博士 国際秘密力 第四部
http://www5f.biglobe.ne.jp/~shishoukaku/08west/0802ijc/04race.html

ルーズベルトの家系: ルーズベルト家の祖先を辿って行くと、17世紀末にオランダにいたユダヤ人、Claes Martenzan van Rosenvelt に行き着くと言われている。このローゼンフェルト家の祖先は、異教徒審問中にスペインから亡命したユダヤ人の一群に属し、ローゼンカンポと称されていた。その後この一群のユダヤ人はヨーロッパ各地に分散した。彼らは、Rosenberg,Rosenbaum,Rosenbarium,Rosevelt 等々を名乗っていた。この中のヤコブス・ローズベルトがオランダに移住し、この一家のみが諜者(agent)となるために改宗した。この一家は1649年にオランダからニューアムステルダム(現ニューヨーク)に移住したという。 (『日本人に謝りたい(日新報道)1980』)

■この家計図で、オランダから来た初代から、フランクリン・ルーズベルトまでがわかるね。やっぱり、ユダヤ人。だから、ユダヤ国家、ソ連と深い関係。共産主義者と揶揄された。真珠湾攻撃を知っていて、わざとやらせたユダヤ人。宿敵日本民族を原爆で根絶やしにしようとしたユダヤ人。

Question: How was ER related to FDR?
http://www.gwu.edu/~erpapers/abouteleanor/q-and-a/q6.htm
Answer: Eleanor and Franklin were fifth cousins, once removed. They are both descended from Claes Martenszen van Rosenvelt who arrived in New Amsterdam (Manhattan) from Holland in the 1640s. His two grandsons, Johannes and Jacobus, began the Oyster Bay and Hyde Park branches of the Roosevelt family. ER is descended from the Johannes branch and FDR is descended from the Jacobus branch.

■結局、「ユダヤだけれどユダヤに見えない」のが、アメリカ大統領になる最大の条件のようです。オランダから移民したユダヤ人、クラエス・ローゼンフェルトの息子、ニコラスが、フランクリン、セオドア両ルーズベルトの共通の先祖。結局、ユダヤ社会内部のみで、「仲間のユダヤ人」と秘密裏に認識されている人物をウォール街のユダヤ帝王、ロックフェラーが起用し大統領に押し上げる。後は、ユダヤのために利益誘導させる。この構造は、今も同じ。クリントンもブッシュも隠れユダヤ人。黒幕はいつも同じロックフェラー。

FRANKLIN DELANO ROOSEVELT AND HIS FRAUDULENT SYSTEM
http://christianparty.net/fdr.htm
The American Freedom Magazine of Los Angeles, Calif.,April, 1938, issue, reproduced the quotation below: "In and address to the National Convention of the D.A.R., President F.D. Roosevelt said that he too was of revolutionary ancestry. BUT NOT A ROOSEVELT WAS IN THE AMERICAN ARMY. They were Tories, busy entertaining British officers. The first Roosevelt came to America in 1649. His name was Claes Rosenfelt. He was Jew. Nicholas the son of Claes, was the ancestor of both Franklin and Theodore. He married a Jewish girl named Kunst in 1682. Nicholas had a son named Jacobus Rosenfelt. In the family tree there are 351 persons bearing biblical names of the tribe of Israel." (From the Corvallis Gazette-Times, of Corvallis, Oregon).

2.アイゼンハワーのユダヤ人説:これはもっと解りやすいですね。出身校のウエストポイントの卒業アルバムの類にはっきりと「スエーデン系のユダヤ人」だと書いてあります。この方、降伏したドイツ軍100万を餓死させた張本人でして、「ユダヤの血」がそうさせたんでしょうか?また、陸軍士官学校では、パットン将軍よりも後輩だったのに超特急で出世して、パットンの上司になった。「破格の昇進」には、隠れユダヤであるのが絶対条件のようでして、大出世黒人のパウエル将軍もまた、同じ背景のようですね。ジャマイカのユダヤ移民の血を引くといわれる、イーデッシュ語が堪能な、ブルックリンのユダヤ人街育ちの黒人ですから。

■http://judicial-inc.biz/Hopie_5.jpg

3.ブッシュ親子も勿論です。

■ブッシュが隠れユダヤ人であると推測できる数々の傍証
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/bushjew.htm

4.クリントン夫妻も.....ロックフェラー家とルーズベルト家の結婚だった?

■合衆国大統領を志すなら 、まず最初に隠れユダヤ人に生まれつきなさい。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/cr.htm

5.副大統領を出した名家、ロックフェラー家も勿論ユダヤ人です。

■911内部犯行の首謀者は、CFRの隠れユダヤ人、D・ロックフェラー
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/rockyuda.htm

http://www.asyura2.com/0502/war69/msg/761.html

★日本への原爆投下はルーズベルトの(日本民族皆殺し)により決定された。

2006年05月24日 | Weblog

日本への原爆投下は、1944年9月18日、ルーズベルトの
私邸でジェノサイド(日本民族皆殺し)により決定された。

2006年5月24日 水曜日


◆モルデカイ・モーゼ著 「日本人に謝りたい」

◆日本共産党の教えてくれる“2つのアメリカ”


ここに、2つのアメリカが存することになる。つまり、今日共産党が規定している「帝国主義」のアメリカと、終戦直後日本共産党が規定した「解放者としてのアメリカ」──これの意味するところは非資本主義的アメリカということである。現実に社会主義化は行なわなかったが、数々の左傾化政策等を行ないその後遺症は今日に至っている。

これは絶対に相容れない対立物であるはずである。日本で議論される単に「アメリカの占領改革」といったことでは、その本質を見抜くことは不可能であるということになる。

このことをもう一つ別の角度から考えてみよう。

戦後数年して、アメリカでマッカーシズムといわれる嵐が吹き荒れた。普通「赤狩り」といわれるものである。この時「非米活動調査委員会」というものがつくられた。この非米活動というのは内政、外交両面におけるアメリカの国益に反する政治活動という意味であり、戦時中日本でいわれていた「国賊」「非国民」の類いとは根本的に違うものである。

この非米活動というのは具体的にはルーズベルト政府、即ちニューディール派を指すものである。内政においては資本主義国アメリカで明らかに共産主義政策と考えられるような極左政策を行ない、外交、軍事面ではアメリカに何ら利害関係のない対独戦に強引に引きずり込むという過激な政策を行なったニューディール派は、戦後処理においてもヤルタ条約によりソ連を極端に利し、対中国政策でも失敗し、中国大陸を完全に失うことになった。また対日戦後処理においてもこれから問題にする如く極左政策を実行し、日本資本主義の基礎を崩さんばかりの変革を行なった。

これらは資本主義国アメリカの国益に合致するものとは決していえないものである。アングロサクソン系を中心とするアメリカの支配層は、長い間のユダヤ支配から脱出するため遂に立ち上がったのである。これがマッカーシズムの本質である。いわばアングロサクソン革命である。ここでいうところの「赤狩り」とは「ユダヤ狩り」に他ならない。これにより、ニューディール派は完全に息の根をとめられ、以後「名存実亡」となるのである。

以上の点からみても、ユダヤのアメリカとアングロサクソンのアメリカと2つあったといえよう。

ユダヤ系のアメリカというものがアメリカの真の国益に関係なく行動するものであったことは疑いのない事実であった。
◆ニューディーラーの本質


日本でも、日本の戦後改革を行なったのがニューディーラーであるということはかなり知られているようである。しかし私の見るところでは、しからばニューディーラーとは一体何か、ニューディーラーの本質となると、その認識ははなはだ心もとないものではないだろうか。

ニューディーラー認識の第一歩は、彼らがユダヤ人のグループであるということを知ることであろう。しからば、自ずとその政策のはしばしに現われてくるユダヤ的思考の所産を発見できよう。

そうであれば、このグループの政策が自ずと共産主義であることが簡単に理解されよう。事実、マッカーシーの「赤狩り」というのはこのニューディーラーの残滓を一掃することだった。マッカーシズムが吹き荒れた時、日本人はアメリカにも「赤」がいるのかと不思議がっていたが、この赤とはニューディーラーのことに他ならない。

ニューディーラーの頭目は、いわずと知れたフランクリン・デラノ・ルーズベルトである。アメリカ人の90%は今でもルーズベルトがユダヤ人であったことを知らないようである。しかし、彼はレッキとしたユダヤ人だったのだ。

フランクリン・デラノ・ルーズベルト、良きにつけ悪しきにつけ、日本人には因縁深い名前である。1933年、奇しくもヒトラーが政権をとったその年にアメリカ大統領に当選し、1945年、第二次大戦終結の年に死去するまで、文字通り独裁者としてアメリカに君臨した人物である。

このルーズベルトを語る場合、先ず真っ先きに留意すべきことは、このルーズベルトという名前が今日のアメリカでは半ばタブーとなっている事実である。この点は日本ではあまり気づかれていないのではないか。さらに、全米600万のユダヤ系市民の間では完全なタブーであるということである。この事実は全くといっていいぐらい知られていないようである。もともとユダヤ問題など殆ど関心のない日本人である。それもむしろ当然かも知れない。
◆ルーズベルトはユダヤ人である


何をさて置いてもハッキリしておかなければならないことは、彼がユダヤ人であるということである。ルーズベルトは、正真正銘のユダヤ人である。このようなユダヤ人を「諜者」 agent といっている。マルクスも改宗後はこの諜者である。

この諜者というのは、ユダヤ民族の遠大な計画のため表面上は改宗したことにし、したがってルーズベルトの常に口にする如くクリスチャンになるわけである。しかし本質的には、従前以上の強固なユダヤ教徒になるのを常とした。

陸軍中野学校の卒業生が戸籍上死亡したことにして特殊な任務についたのと似ている。ルーズベルトの家系は後述する如くユダヤ系であった。このような名門のユダヤ家系の中から改宗者が出た場合は、諜者となる場合が多い。(中略)

ニューディール派の特徴をざっと説明しよう。

この一派は、特に外交政策においてアメリカの国益と直接なんの関係もない欧州戦介入のため伝統的な孤立主義、中立主義を侵犯し強引に対独戦にアメリカを引きずり込むという「非米活動」を行なったのである。さらに国内においては、200万ドルという当時としては天文学的数字の赤字をつくってしまったのである。これはルーズベルトの前任の32人の大統領がつくった赤字と同額であるから、驚くほかはない。

このケタ外れの赤字をつくる原因となったのは、階級闘争の激化をもたらすところの労働組合に対して団体交渉権を与えたことである。資本主義国において大統領が率先して内部闘争を激化させる政策をとることは信じ難いことである。しかしこれは白昼夢ではない。

このことはただこれ自体でも驚くべきことであるが、そんなことぐらいで驚いてもいられない。外でもなく、戦後の日本にそっくり持ち込まれているではないか。しかも国の基本法たる憲法にまで書き込んで。

ここで2つのことがいえる。1つは、資本主義国といってもかような反資本主義的政策を行なうことがあるということである。いま1つは、したがってアメリカという一国もアメリカという国の本来的利害を離れた政策をとることがあり得るということである。後者の方は単一民族国家である日本では想像もつかないことかも知れない。

戦後アングロサクソンのアメリカとしての怒りを爆発させたものがマッカーシズムであるが、この怒りはルーズベルトの国内政策における共産主義化傾向もさることながら、何よりも対独戦介入を強引におしすすめたことが最大の原因である。

アメリカには、伝統的な孤立主義、中立主義というものがあった。ルーズベルトにとっては、これが最大の目の上のこぶだったのであった。そのため、自らが行なう政治的工作とは別に、ユダヤ系で占めるジャーナリズムを総動員したのであった。その先頭に立ったのが、なんと今日の日本で平和のチャンピオンの如くたてまつられている『ニューヨーク・タイムズ』紙だったのだ。
◆煽戦の先頭に立った『ニューヨーク・タイムズ』

1940年9月27日付の『ニューヨーク・タイムズ』は、ワシントン支局長の言として、「米国が日本に対してとり得る唯一の道は、経済封鎖である」と公言し、人道上肯ぜられない近代工業国家へ資源を絶つ鬼畜行為を米国政府に要求している。

12月1日の紙上では「米国政府がいよいよ積極的に日本の東亜新秩序建設に圧力を加えていくだろう。さらにソ連の対支援助も米国の今次の行動により大いに鼓舞されるであろう」と、ソ連の捲き込みも狙っていた。

また、9月26日の社説では「支那の抗日戦継続は太平洋における列強としての米国の利益に一致する。従ってこの政策遂行の第一歩は対支借款増加であり、今回の2500万ドル新借款発表は米国政府の動向を示すものとして注目される」と公言している。

東亜(極東地域)の禍乱を望む発言であり、「太平洋における列強としての米国」ということは極東の局地戦であるはずの支那事変を世界大戦の規模にまで拡大せんとするものである。

9月3日付では、「米国は日本と事を構える意志もなければ、事実その理由ももたない。しかし米国としては純然たる利己的理由からいっても日本を現在のまま支那事変に没頭せしめ、さらに援蒋政策を拡大し、重慶をして引続き抗日運動を継続せしめる方が米国の利益となる」として、支那事変の解決を誠心誠意希求する日本をあざ笑っている。マルコポーロ・ブリッヂ(盧溝橋)事件と関係ないのだろうか。(中略)
◆ニューディーラーの戦後処理計画

1944年8月の時点で、アメリカはすでに戦後対独政策なるものの検討に入ったが、この時ルーズベルトは、前述のように「我々はドイツに対して厳しく当たらなければならない」と述べている。ルーズベルトの頭の中には、ドイツ人抹殺計画があった。ここでは階級闘争史観もくそもない。ジェノサイド(民族皆殺し)があるだけである。

対日態度はルーズベルトの死後であるので、彼の態度は詳しくは分らないが、原爆使用も彼が決定したものであり、戦争中日本民族を抹殺せよと言っていた点からしてほぼ同じものと推察できる。ただ幸いなことに、日本、ドイツともルーズベルトの死後に降伏した。後任者はさすがにこのような考えはもっていなかったわけである。

この点は、アメリカ内部でもユダヤ人であるルーズベルトとその腰巾着モーゲンソーの考えに対してスチムソンは強力に反対した。ルーズベルトは戦後対独政策の検討のため閣僚委員会を作ったが、そのメンバーはモーゲンソー、スチムソン、ハル、ホプキンスであった。この中で非ユダヤ人のスチムソンは、モーゲンソーがドイツ国民全体に対して強い憎しみの感情をもっているとして、そのようなことからアメリカが大量報復の挙に出るのは断じて肯じないとした。

このモーゲンソー案に対しては、同じユダヤ系のジャーナリズムもさすがに黙ってはいなかった。戦前、盛んに対独戦参加を鼓吹してルーズベルトを助けた『ニューヨーク・タイムズ』なども、このモーゲンソー案が将来ユダヤ勢力にとって決して有利なものでないことをクールに悟っていたのである。なんとかモーゲンソーの頭を冷やす必要を感じたのだ。

そのほか、『ワシントン・ポスト』 『ロンドン・スペクテイター』 『マンチェスター・ガーディアン』なども同様であった。

さすがにルーズベルトもこれには参って、スチムソンに対し、ドイツを純粋の農業国に回帰させるつもりはないといわざるを得なくなった。スチムソンの努力によって、アメリカの汚名を防いだのであった。もともとルーズベルトやモーゲンソーのユダヤ勢力にとってはアメリカの名誉、国益などは眼中になかった。もしそのようなことを考えているなら、世界戦争へ突入するわけがない。

日本への原爆投下は、1944年9月18日、ルーズベルトの私邸でルーズベルトとチャーチルの間で決定されている。(※ 「ハイドパーク協定」)

チャーチルが反対したかどうかはつまびらかでないが、とにかくルーズベルトが最終決断している。戦後しばしば日本への原爆投下について、これはソ連の進出に対する牽制であるといった理由付けが行なわれているが、これは全くのウソである。

(私のコメント)
最近公開されたアメリカ映画で「グッドナイト・アンド・グットラック」と言う映画があるそうですが、私はまだ見ていない。その中ではマッカーシイ議員の赤狩りが描かれているそうですが、どうも否定的に描かれているらしい。学校の教科書でも赤狩りとして恐ろしい事のように書かれていた記憶がある。以前に「追憶」という映画を紹介しましたが、そこでも赤狩りが恐ろしく描かれていた。

確かに共産主義を支持していたユダヤ人にとっては恐ろしい事であり、ヨーロッパでも繰り返されてきたユダヤ人排斥の暗い過去を連想する。しかし当時のアメリカは1932年から1952年まで20年間続いた民主党政権のために、政府の主要閣僚や国務省などの官僚達はユダヤ系の共産主義者が占めるようになっていた。その事は「日本人に謝りたい」というユダヤ人が書いた著書に書いてある。

マッカーシー議員はお粗末な人物であったのでしょうが、このままではアメリカもユダヤ人と共産主義者に乗っ取られる恐れから、反共主義者やアングロサクソンなどの勢力がマッカーシーを共産主義者排斥に動かした。それまでは共産主義に寛容だったアメリカ人も、ソ連が核武装して、朝鮮戦争を戦い、共産党の中国が誕生してようやく共産主義勢力の恐ろしさが分かってきたのだろう。

日本がアメリカを見る上でユダヤのアメリカとアングロサクソンのアメリカという二つのアメリカがあることを認識する必要がある。しかし日本人から見てユダヤ人と非ユダヤ人を見分ける事はできないし、アメリカ人ですらF・D・ルーズベルト大統領をユダヤ人であると90%の人が気がついていない。

表向きはキリスト教徒でも本当はユダヤ人という改宗ユダヤ人は欧米にはたくさんいるらしいのですが、ユダヤ教はこのような背信行為も許しているのだろうか? という事はユダヤ教はとんでもない宗教であり人を騙す事を許す宗教であるらしい。だからどうしても秘密結社を形成して社会を騙す事も平気になる。それゆえに欧米ではユダヤ人は恐れられて排斥されるようになる。

ユダヤ教を信じながらキリスト教徒のふりをする事はキリストの神を騙す事でもあり、歴代のアメリカ大統領がバイブル手に宣誓してもルーズベルト大統領のように実際はユダヤ人と言うこともありうる。だから現在のブッシュ大統領といえども実はユダヤ人である可能性もあるのだ。だからこそイラクへ侵攻してイスラエルを助けたのかもしれない。

日本のような多神教国家であり、宗教的戒律がない国などではキリストを信じようがお釈迦様を信じようが問題になりませんが、ヨーロッパの歴史は異教徒との戦いや、宗派の違う勢力との戦いの歴史でもあり、その辺がキリスト教やユダヤ教の根本問題なのですが、日本人には理解できない事である。

アメリカのジャーナリズムはほとんどがユダヤ人によるものであり、ニューヨークタイムスなどもユダヤ人の利益を代弁する機関ですが、本来のアメリカの国益を主張するジャーナリズムが日本にはほとんど見えてこない。だからアメリカの政策を考える時にはユダヤのアメリカである事を考慮すべきであり、ユダヤのアメリカは必ずしもアメリカの国益に忠実ではない。

だからマッカーシーの赤狩りはアングロサクソンを中心とした支配層のクーデターでもあった。アングロサクソンやゲルマンといった民族は勇猛ではあっても知性や文明度に劣る民族であり、ローマ帝国を滅ばした頃の蛮族と大して変わりがない。中世のゲルマン王国の王様には自分の名前すら満足に書けない王様が多かった。だから秘書であるユダヤ人が経理事務などを担当した。

だから欧米諸国はどうしても実務を担当していたユダヤ人が政治の主導権を握ってしまうのですが、アメリカも例外ではない。日米が開戦するにいたった原因も日本がナチスと同盟した事が原因であり、ユダヤ人であるルーズベルト大統領からすればナチスドイツとともに日本人を殲滅しようと考えた事も当然のことであった。だから原爆投下も日本人へのジュノサイドだったのだ。

日本人がアメリカ人と政治的議論する時には相手がユダヤ人かそうでないかを見分ける必要がある。たとえキリスト教徒でも改宗者である可能性もあるから無理かもしれない。相手がユダヤ人の場合はアメリカの国益よりもユダヤの利益を優先するから、アメリカ人として見ないことである。このようなことを最近ではグローバリズムと言い換えている。グローバリズムとはユダヤの発想なのだ。

このように欧米のジャーナリズムはユダヤ人の占有物であり、政治権力もユダヤ人が左右しているようだ。戦前の日本の為政者が間違えた原因はユダヤのアメリカの正体を見抜けなかったことだ。日本のアメリカ研究は日本の運命を左右するものですが、アメリカの国益=アメリカの政策ではなく、アメリカの政策=ユダヤの利益である。そう考えなければ現代の日米関係も理解できない事がある。

◆反日の民主党のF・D・ルーズベルト大統領は日本へ18発もの原爆投下を承認していた。 2004年11月29日 株式日記と経済展望

エルサレム「嘆きの壁」に祈りを捧げるオバマ氏 クリップ追加
ブッシュ大統領や小泉元首相も嘆きの壁にお祈りしてましたね
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/54816720.html

①首を絞め殴りナイフで刺したKenneth shinzato は元原爆トルーマン(ユダヤ)ペンタゴンアメリカ国防総省構成員!
②首を絞め殴りナイフで刺したKenneth shinzato は元原爆トルーマン(ユダヤ)ペンタゴンアメリカ国防総省構成員!
③首を絞め殴りナイフで刺したKenneth shinzato は元原爆トルーマン(ユダヤ)ペンタゴンアメリカ国防総省構成員!
④首を絞め殴りナイフで刺したKenneth shinzato は元原爆トルーマン(ユダヤ)ペンタゴンアメリカ国防総省構成員!
ユダヤキリスト統一協会工作員ブッシュ小泉=嘘つき名人
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR