ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

元読売巨人の清原が妻を刃物で追いかけ回す狂人になるまでの足跡!グリーニー(興奮剤)入りコーヒーから始まる!

妻・清原亜希は「刃物を持って追いかけ回された」と証言

グリーニー ステロイド ASKAと清原和博の主治医ニンニク平石貴久は酒井法子押尾学 覚醒剤 両耳にダイヤの巨大ピアス坊主になる 全身入れ墨男になる 妻を刃物で追いかけ回す狂人になる 覚醒剤現行犯逮捕

清原和博グリーニーを服用していた!薬物を選手に分け与えてい ...
geinounow.net ? スポーツ選手
元プロ野球選手・清原和博の薬物疑惑だが、また新たな薬物疑惑の証言を26日発売の週刊文春が掲載している。 ... していた時期(1990年~1996年)に外国人選手に勧められ「グリーニー」を使用していたこと、また同僚選手にも分け与えていたことを証言してい ...
清原和博グリーニーを服用していた!薬物を選手に分け与えていたチームメートが証言
元プロ野球選手・清原和博の薬物疑惑だが、また新たな薬物疑惑の証言を26日発売の週刊文春が掲載している。
記事によると、清原の薬物疑惑を証言したのは覚せい剤で逮捕歴のある元チームメート。
清原は巨人時代から薬物を使用しており、このチームメートに薬物の催促をしたショートメールも記事に掲載されている。
清原が使用した薬物はアンフェタミン系の興奮剤「グリーニー」というもの。
錠剤が緑色(グリーン)であることから、こう呼ばれており飲むと疲労を忘れさせ、空腹にならず、また眠たくならず集中力が増す等の覚せい剤と同じような効果があるという。
清原は1998年頃から薬物使用が始まり、2005年にオリックスに移籍する前には相当薬物にのめり込んでいたようで、この薬物をコーヒーに溶かして服用していたという。
覚せい剤で逮捕された元プロ野球選手といえば江夏豊と野村貴仁。
野村は1997年~2001年まで巨人に在籍しており清原が巨人に在籍していた時期と重なる。
2006年10月に覚せい剤取締法違反で逮捕され裁判時の供述によると、自身がオリックスに所属していた時期(1990年~1996年)に外国人選手に勧められ「グリーニー」を使用していたこと、また同僚選手にも分け与えていたことを証言していた。
2007年には週刊ポストの取材に対して巨人に在籍していた時期に多くの同僚選手が同薬物をコーヒーに溶かして服用していたと暴露。
清原以外にも薬物に手を出していた選手がいる可能性がある。
また週刊文春は清原と複数の暴力団関係者との親密交際も報道しており、さらに清原に関するネタをまだまだ持っているようで今後も爆弾級の記事を掲載する事が噂されている。
清原の個人事務所「オフィスキヨハラ」は、この記事を受けて週刊文春を発行する文芸春秋に対して名誉を毀損されたとして合計2億5000万の損害賠償及び謝罪広告を求める訴訟を起こす準備を進めていることを発表。
清原も「ファンの皆様方並びに関係者の方々には、大変ご心配をお掛けいたしますが、私は、強い決意をもって、最後まで戦います」とコメントしている。

【清原覚醒】清原和博が薬物「グリーニー(興奮剤)」に手を出した ...
www.akb48matomemory.com/archives/1051346050.html
4 日前 - 2日に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)は、一体いつから薬物に手を染めたのか。西武で数年、清原容疑者と同じユニホームを着たあるOBが、絶対匿名を条件にこう証言する。 「清原さんが最初に薬物に手を出した ...

発端は巨人移籍直前…清原容疑者「薬物中毒20年」の軌跡 ...
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000022-nkgendai-base
5 日前 - 2日に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)は、一体いつから. ... 巨人移籍後はプレッシャーもあって、グリーニーを飲む頻度が増えたと聞きました。巨人関係者には決して悟られないようにしていたようですが、次第に ...

ドーピングしてた元巨人投手の野村貴仁は巨人の他の選手にも薬物を分け与えていた...
知恵コレ
os_k_m_98さん
2014/4/2718:24:17
ドーピングしてた元巨人投手の野村貴仁は巨人の他の選手にも薬物を分け与えていたと告白したことがあります。

元巨人・長嶋一茂 (現在は読売巨人軍球団代表特別補佐)
ステロイド使用を告白
アテネ五輪を総括する特集番組では、ドーピング再検査問題の渦中にあったアヌシュについて語る際、
「僕も現役時代にステロイドによるドーピングをしていた。検査で何度かひっかかったこともある」と告白。

元巨人・入来祐作
・禁止薬物違反で50試合の出場停止処分(2006年4月28日)

元巨人・後藤孝志
・ステロイド容認発言&日本代表クラスの選手がステロイドを使用しているとブログで暴露(2006年6月20日)

元巨人・清原和博
・巨人時代からドーピングを使用と報道

覚醒剤所持により逮捕された元プロ野球選手は以下の3名です。

江夏豊 逮捕されたのは、引退後の1993年。
足立亘 逮捕されたのは2000年。
野村貴仁 逮捕されたのは、2006年。
清原和博 逮捕されたのは、2016年。

生島マリカ清原と嘘じゃなかった!サンジャポで熱愛交際暴露 ...
shirukatsu.com ? 人
僧侶の生島マリカが24日のサンジャポに生出演し、過去に清原和博と交際していたという噂は嘘ではなく真実であると暴露した。生島マリカと清原和博の交際 ...生島マリカが清原と交際していたのは、清原が西武ライオンズに在籍していた頃。生島マリカは「彼が所沢にいた頃」と表現した。生島マリカのブログを見ると、次のようなWiki風プロフィールが紹介されている。神戸生まれのミナミ育ち。44歳。現在は香港、東京、大阪を拠点とし、

清原和博容疑者との仲が噂される女子大生 結婚の話もあったと ...
news.livedoor.com ? 芸能 ? 芸能総合
2 日前 - 清原和博容疑者には結婚を考える20代の恋人がいたという; 銀座のクラブでバイトしていた都内の大学に通う一般人と関係者は明かす; 「同棲に近い状態で結婚 ... 閣僚経験のある大物議員が通う高級クラブの40代のホステスとも噂があった。

清原和博容疑者!覚醒剤所持!動画あり!キンスマやテレビで嘘を ...
libelabo.jp ? 日本の芸能人情報
5 日前 - 清原和博容疑者!覚醒剤所持!動画あり!キンスマやテレビで嘘を言っていた!清原和博容疑者が覚醒剤所持で逮捕されたという衝撃的なニュースが飛び込んできました。もう清原和博さんではなく清原和博容疑者としてテレビでは報道されてい, ...

清原和博容疑者、TBS金スマが擁護&同情一色の番組放送 ...
biz-journal.jp ? エンタメ
5 日前 - TBS放送センター(「Wikipedia」より/Nobukku) 2日夜、警視庁は元プロ野球選手の清原和博氏宅へ家宅捜索に入り、 ... 今回の逮捕で、『ダウンタウンなうSP』では清原が嘘をついていた可能性が高いことになりますが、浜ちゃん(浜田雅功)が『クスリやってんの?』とストレートに聞いたり、入れ墨に関する質問に清原がムッとする表情がカットされずに放送されたり、さらにダウンタウンの2人と坂上忍が最後まで清原の話に100%は納得していない様子が伝わってきました。その意味では清原との“一定の距離”が感じられました。一方、『金スマ』は清原にベッタリで擁護一色 ...

清原容疑者の愛車か!?国税庁が「ロールスロイス ファントム ...
matomame.jp ? その他
2 日前 - 清原和博容疑者の愛車か 国税庁が出品したロールスロイスに憶測 - ライブドアニュース ... 清原のロールスロイス事故修理跡結構ある件w【東京局998-1】自動車#官公庁オークション #ヤフオク koubai.auctions.yahoo.co.jp/auction/auctio ...

東京国税局
入札開始待ち
インターネット公売(せり売)
【東京局998-1】自動車

見積価額
10,300,000円
申し込み締切
公売保証金額
1,100,000円
参加申込期間
1月29日13時 0分~ 2月 8日17時 0分
入札期間
2月19日13時 0分~ 2月22日13時 0分
買受代金納付期限
3月 7日(月)14時 0分

①元巨人の清原が妻を刃物で追いかけ回す狂人になるまでの足跡!グリーニー(興奮剤)入りコーヒーから始まる!

清原和博両耳にダイヤの巨大ピアス
②清原和博両耳にダイヤの巨大ピアス
③清原和博両耳にダイヤの巨大ピアス

付録 狂人軍

狂人軍 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/狂人軍
狂人軍』(きょうじんぐん)は、藤子不二雄による日本の漫画作品。登場人物全員きちがいであるという精神疾患を主題にした過激な内容の不条理系ギャグ漫画であることに加え、実在の人物(主に野球選手)や読売ジャイアンツに対する侮辱と取られかねない設定を含むため、現在も単行本化はされていない。

『狂人軍』(きょうじんぐん)は、藤子不二雄?による日本の漫画作品。登場人物全員きちがいであるという精神疾患を主題にした過激な内容の不条理系ギャグ漫画であることに加え、実在の人物(主に野球選手)や読売ジャイアンツに対する侮辱と取られかねない設定を含むため、現在も単行本化はされていない。

目次
1 概要
2 ストーリー
3 登場人物 3.1 狂人軍関係者
4 その他
5 関連項目

概要
『少年チャンピオン』(秋田書店、連載当時隔週刊)1969年9月3日号から1970年3月18日号まで連載。全14話。

なお、タイトルにもなっている「狂人軍」は野球チームであるが、中盤は野球とは無関係なドタバタ調のギャグ展開に終始しており、実際に野球試合を行ったのは最終話のオープン戦のみ。しかも対戦相手の試合放棄というイレギュラーな決着になっている。

作者、藤子A自身も思い入れのある作品であったが、ほとんど受けなかった。作者曰く『あの作品をわかってくれる人は通ですよ。』とのこと。

ストーリー

平凡なサラリーマン・丸目蔵人は会社を無断欠勤したドライブ先で「狂楽園球場」なる野球場を発見し、覗いてみようとするが「気ちがい以外は中に入れない」と言われて追い出されてしまう。そこで丸目は気ちがいの振りをして「狂楽園球場」へ入ることに成功する。

その後、狂人軍の主砲・王選手の放ったホームランが顔面に直撃し、死亡。しかし死んだかと思われた蔵人は発狂した状態で意識を取り戻す。ところが、一旦下した死亡診断を覆すことを是としない医師は蔵人の殺害を決意し、凶器を手に蔵人を襲撃するが間一髪の所を王選手に救われる。しかし、自分が発狂した原因が王選手のホームランボールだと知った蔵人は「自分を狂人軍に入団させろ、そして4番を打たせろ」と要求する。

そして丸目と交代されると知った4番のナガヒマは激怒。丸目とバットで喧嘩をする。その後喧嘩は狂楽園球場全体を巻き込む乱闘に発展し、乱闘の最中に丸目はバットで頭を打ち気を失う。

しばらくして夕方になり丸目は正常な頭で意識を取り戻す。そこにはだれ一人いなかった。

丸目は不思議に思いながら自宅へ帰ろうと車に乗った。するとひとりの少年がいた。彼は丸目が発狂した時に服を交換されたのだった。

「ぼくの服かえしてチョーライ。」

少年はキチ吉と名乗り丸目はキチ吉を家へ招待するのだった。すると家には狂人軍のメンバーが待っていた…。

登場人物
丸目 蔵人(まるめ くらんど) 主人公。平凡なサラリーマンだったが、会社をさぼって狂楽園球場を覗こうとしたばかりに狂人軍の面々によって生活を狂わされる。ホームランボールが頭に直撃して気ちがいと化し、狂人軍に入団するが乱闘騒ぎの際にバットで頭を殴られて正気を取り戻し、退団している。 丸目 スズ子(まるめ スズこ) 蔵人の妻。子供はいない。夫と同様、狂人軍の面々に振り回され後始末をさせられる。
狂人軍関係者[編集]
キチ吉(キチきち) 狂人軍でピッチャーを務める少年。頭に氷嚢を括り付けている。ホームランボールの直撃で気ちがいと化した蔵人にユニフォームを盗まれたのがきっかけとなり、丸目家に居候する。語尾は「?デス」。杉浦茂調の瞳にブタ鼻、常に鼻水を垂らす。後半は蔵人を食って実質的な主役となっていた。 ナガヒマ 4番・キャッチャーで通称「ミスター狂人軍」。非常に喧嘩っ早く、人間相手でも構わずバットを振り回す真性の気ちがい。目玉がつながっている。 王選手(おうせんしゅ) 狂人軍の3番打者。スペードのキングのような顔をしており、非常に気位が高い。蔵人が気ちがいと化す原因となった場外ホームランを放った張本人。 カワカム監督(カワカムかんとく) 狂人軍監督。顔面にカタカナの「キ」の形に絆創膏を貼っており、服装は金太郎ルック。腹掛けに背番号が書かれており、その番号は「80」。反抗的な相手には容赦なく(反駁するという意味ではなく、文字通りに)噛み付く。 ハットのオヤジ 狂人軍のオーナーと思われる人物。本名不詳。シルクハットに口髭の紳士然とした風貌だが、質問されたことに対する受け答えは支離滅裂。三島由紀夫の真似をしてみたかったと言い嬉々として割腹自殺を図るも、未遂に終わる。 アンパイヤ 狂楽園球場専属の球審だが、狂人軍のメンバーが足りない時は選手として試合に参加することもある。何事に対しても「アウト」「セーフ」と判定を下したがる。 アナウンサー 狂楽園球場専属の実況担当。マイクの代わりにトウモロコシを握り「本日はトコロ天なり、只今マイクの試食中」と言った調子でグラウンドの状況を解説する。アンパイヤと同様、狂人軍のメンバーが足りない時は選手として試合に参加することもある。 狂犬狂太郎(きょうけんきょうたろう) キチ吉のペット。狂犬病に感染しており噛まれた者も狂犬病のウィルスに感染して発狂(既に発狂している者は正常になる)してしまう。水が弱点(狂犬病の症状による)。 原作者・藤子不二雄?のお気に入りキャラクターらしく後に別作品『マボロシ変太夫』や『タカモリが走る』にも登場。ただし『タカモリが走る』の藤子不二雄ランド版では名前が「乱犬・乱四郎」に変更されている。
その他[編集]
藤子不二雄?が、この漫画の連載のあとに少年チャンピオンに連載した『チャンピオンマンガ科』にて、キチ吉のモデルが手塚治虫の『ザ・クレーター』の主人公である「オクチン」であること明かしている。
藤子・F・不二雄『ドラえもん誕生(1978年発行『コロコロコミックデラックス ドラえもん・藤子不二雄の世界』掲載)』には、学年誌の新連載(『ドラえもん』)を頼まれたもののアイデアが浮かばず四苦八苦している藤子Fに対し、藤子?は「『黒ベエ』と『狂人軍』を抱えていて、しかもそれらの締め切りが迫っているから」という理由でこのアイデア出しの協力から手を引く描写がある。但し1997年に発売されたムック『藤子・F・不二雄の世界』に『ドラえもん誕生』が収録された時には作品の具体的な名前が削除され、雑誌名(『チャンピオン』と『キング』)のみになっている(藤子・F・不二雄大全集ドラえもん20巻収録時には初出時のままで収録)。

関連項目
ジャングル黒べえ
丸目長恵 - 日本の戦国時代の武将・剣豪。通称「丸目蔵人佐」
チャージマン研!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR