ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

【写真】【奥下の裁判で】暫定(橋下徹いとこ)の奥下剛光がラブホテルで乱交パーティー!

①橋下はわざわざ条例を作って奥下を特別秘書にした
②奥下の勤務実態が怪しい
③さらに書面によると、奥下特別秘書は自身の誕生日を祝うパーティーを、ラブホテルで男女入り乱れて行っている。このパーティーに招かれた女性は、最初橋下の誕生パーティーと誤解してやって来て、部屋には大人のおもちゃまで置いてあって、逃げ出そうかと思った、と報道されてもいる。(11年11月新潮)
④奥下の裁判で マスコミと維新のズブズブも感じました。記者さんもようけ来てたようですが、裁判後、奥下さん囲んでキャッキャはしゃいでニコニコお友達。これじゃあ批判的報道姿勢なんかできんよね。

①奥下剛光④
②【写真】【奥下の裁判で】暫定(橋下徹いとこ)の奥下剛光がラブホテルで乱交パーティーしたらしい!

▼橋下市長の特別秘書奥下ついに法廷へ 9日大阪地裁 「市公務員の仕事していない」 と報酬返還求められた裁判 2015年12月 7日 11:16 大阪市役所
 橋下大阪市長が新たに条例まで作って奥下剛光を特別秘書に採用したことは裁量権の逸脱だとして、大阪市の住民が給与の支払いの停止と、すでに支払われた報酬の返還を求めている裁判で、12月9日に奥下本人が大阪地裁に出廷して尋問が行われることになった。(アイ・アジア編集部) 

http://www.npo-iasia.org/archive/2015/12/okushita-syuttei.html

ojiichang@ojiichang 2014年11月30日 23:27:14
普段は勤務実態記録さえなく、ネットで遊び放題。選挙時には休職し、維新のためにしか働かない輩を税金で雇う。それが「身を切る」が口癖のお橋下の『特別秘書』様。pic.twitter.com/TOoSqifu1l

特別秘書、奥下剛光の費用返還請求訴訟の傍聴行ってきました
http://blog.goo.ne.jp/akira45/e/d2e431de8eeaa311394a6df8cd612c97

それから、マスコミと維新のズブズブも感じました。
記者さんもようけ来てたようですが、裁判後、奥下さん囲んでキャッキャはしゃいでニコニコお友達。
これじゃあ批判的報道姿勢なんかできんよね。

特別秘書、奥下剛光氏の費用返還請求訴訟の傍聴行ってきました
2015-12-09 19:23:22 | 政治(地方)
勤務実態が胡散臭いとして、巨額給与の返還請求訴訟の対象になってる大阪市の特別秘書、奥下剛光氏の裁判傍聴に大阪地裁行ってきました。

すげえたくさん傍聴者来てて席ギリギリくらいでした。
正直、今回の裁判内容、状況証拠ばかりだし、それでも市長が出すつったら出すんだろうし、究極的にはそんな人事出費という施策をする橋下市長を選挙で落とせ!に帰する話であり、諦めてるのであるが、しかし内容的には特別秘書の仕事の実態や、必然性についていろいろな新情報が明らかになり、大変意味深い裁判であった。

この内容は原告側はなんらかの記事メディアや、書籍として特別秘書問題としてまとめて市民に提示するべきかもーと思えた。

まず問題の整理をしておこう。

橋下市長の特別秘書として条例を作り任命された奥下氏であるが
このかたは橋下後援会の会長(母親)の息子であり、奥下家は本人も父も母も弟も巨額のパー券を斡旋したりしてきた橋下の後援者。

しかし度々選挙のたびに求職(出直し選では退職)、さらに勤務実態が怪しいという話で、なのに何千万円の給与や退職金で、なんやねんこれ!という話なのである。
個人Twitterで「秘書室に1人で居るとアホなことしたくなる!」とつぶやいてるのが発見されたりと、怒りを買っている。

裁判で本人の尋問でいろいろな情報が出たので列挙しよう

・特別秘書条例を作るにあたり、橋下からそういう条例作るから秘書になってくれと、橋下から言われた

・特別秘書の業務内容について定義した書類は後付けで作成したもので、決まりは無かった

・政治的行為は一般職の秘書ではではできないので特別秘書でなければならない

・政治的手法とは近代美術館の違約金問題での引き延ばしでの関係省庁への連絡など

・一般職の他の役人への指示はしていたが、メールでは一切したことはない。

・指示連絡していた職員らの役職は知らない

・情報管理の観点から一定時期以前のメールは全て削除したので無い。

・橋下との間の連絡メールが数通証拠として提出。しかし最近のだけで過去のは無い。

・紙での指示はシュレッダーで削除した

・省庁や各党との連絡という政治的動きであるが、自分は連絡のみで内容は橋下しか知らない

・橋下が特別秘書の部局への指示は全てオープンと過去に述べている。
しかしメールは無いし、橋下から渡された指示はシュレッダー

・橋下引退に伴い、特別秘書は辞める。

・吉村新市長に請われることはなく、吉村は吉村で意中の人が居てその人が就くみたい

・Twitterのアカウントは見れないが削除した記憶はない

・投稿は個人のiPhoneでやっていた、

・「iPhone壊れて使えない」旨投稿してるのはどの端末か?→覚えてない

・庁舎内で投稿したことは無い。全て移動中など。

・庁舎外でも秘書業務だと言うがこんな内容(アホなことうんぬん)投稿するのがふさわしいと思うか?→「つぶやきですからおかしいと思ったことはない」

まあなんだかんだやってました。メモったとこだけ適当に。
まず違和感あるのがメールもなんも業務記録や証拠が無いとうう現実。
指示や連絡する相手が役職付きでなくもっぱら一般職員のNひしょ秘書課N氏で、しかも職員らの役職全く知らないという。
部局内の役職知らずに指示出したり連絡どうやって連携取るの?相手がどういう役職で、どういう権限やなんやあるかも謎なのにそれで成り立つの?

特別秘書は一般職ではできない政治的動きにかかわる仕事をするから必要論で、懲戒案件になるからとかいうが
結局つきつめてくと彼「連絡取るだけ」なんすよね。しかも出す案件がことごとく市の業務状なわけで原告側も追及してたけどそれ一般職でできないと言えるのか?と。

私の受けた印象では、役所の人員の役職も知らず、やりとりのメールも無く、役所の職員としてのまともに仕事していたとは考えづらい。
毎週シュレッダーとか、メールや紙に残る連絡方法をしないとか、その時点で仕事法として失格でしょう。
あくまで政治家としての橋下の個人秘書であり、元来自費で雇うべき人員を、公費で肩代わりさせて、橋下の預金をケチったみたいな印象を受ける。

吉村の秘書にはならぬという話ですが、「奥下剛光後援会」なる政治団体を作ってることが分かっている。https://twitter.com/otouta/status/666253041692073984
要するに一貫して議員先生になりたい人で、両親もそれが悲願であるのかと思う。
今件でミソ付けたことで出馬させて貰えるかは未知数であるが、維新のアレな人選思えば、十分ありうる展開でありましょう。

それから、マスコミと維新のズブズブも感じました。
記者さんもようけ来てたようですが、裁判後、奥下さん囲んでキャッキャはしゃいでニコニコお友達。
これじゃあ批判的報道姿勢なんかできんよね。

実は事前に記者さんらが会話してるの聞こえてきてたけど「こんなん通るわけないわ!こんなん通ったら全国の秘書やられるで!」とやってて、まあ実際難しいのはそうだろうけど、論点はそこじゃないだろ。この奥下氏の勤務実態と厚遇問題でしょ。問題意識の持ち方が一切無く…
さらに「アンチがいっぱいで満席や!」という話でアンチをバカにするような言も聞かれた。

そんであとでニコニコ楽しそうに奥下を囲む会でしょ?
これが今の関西マスコミの実態なんだなあと思いました。
行政チェックするという役目をもう放棄してるように思いました。行政とお友達の御用メディアという表現がぴったりです。

行政裁判傍聴なんて初体験でしたが、いろいろなことが見えて有意義でした。勉強になった。

≪ 第二回 大阪政治ナイトのお知らせ | トップ | 第一回大阪政治ナイトはこんなん... ≫

大阪維新界隈のアレなチラシまとめ(とこう草とか壺とか) 2ヶ月前
第一回大阪政治ナイトはこんなんでした 2ヶ月前
第二回 大阪政治ナイトのお知らせ 2ヶ月前

「政治(地方)」カテゴリの最新記事
大阪維新界隈のアレなチラシまとめ(とこう草とか壺とか)
第一回大阪政治ナイトはこんなんでした
第二回 大阪政治ナイトのお知らせ
大阪市営地下鉄民営化論に物申す

記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧
≪ 第二回 大阪政治ナイトのお知らせ
第一回大阪政治ナイトはこんなん... ≫

▼橋下市長が雇った奥下特別秘書の裁判に参加して
2013年9月13日 09:21
http://www.nowiraq.com/blog/2013/09/post-438.html

さらに書面によると、奥下特別秘書は自身の誕生日を祝うパーティーを、ラブホテルで男女入り乱れて行っている。このパーティーに招かれた女性は、最初橋下の誕生パーティーと誤解してやって来て、部屋には大人のおもちゃまで置いてあって、逃げ出そうかと思った、と報道されてもいる。(11年11月新潮)

これは橋下徹氏が開催したパーティー券購入額や寄附金の一覧。奥下一族が断トツで「献金」している。

≪秘書室で1人。無性にアホなことしたくなる≫(奥下特別秘書のツイッターより)こんなことをつぶやくのであるから、秘書室では暇で暇で仕方がないのであろう。
「もともと税金で特別秘書を雇うこと自体が異例のことで、政令指定都市では大阪市だけです。市役所には秘書課の職員がいる。橋下市長は強引に条例を制定し、自分の後援会会長の息子を税金で雇った。情実人事ですよ、これは」。
原告弁護団の阪口徳雄弁護士によると、「橋下徹後援会」は、秘書の奥下剛光の母親奥下素子が代表を務めている。
「奥下一族」は大阪茨木市でセメント会社を営んでいるが、2008年から4年間で橋下市長が主催する政治資金パーティーのパーティー券、寄付金など合計3479万円も「献金」しておりその額は断トツ、まさに「橋下徹のスポンサー一族」なのである。
橋下は市長になるや、そんな奥下家の長男剛光を、わざわざ特別に条例まで制定して秘書に迎え入れた。百歩譲って、市長の仕事が激務で有能な秘書が必要、というのならまだ分からないでもない。
実はこの特別秘書、大阪市役所の秘書課に机はあるものの、出退勤を記録するタイムカードもなければ、秘書業務を記録する業務報告書もない。特別秘書は大阪市では課長待遇なので、何の苦労もなく年収約600万円以上をゲットしているのだ。
大阪市の秘書としての仕事をしていないので、さすがに秘書課にはいづらいらしく、普段は市役所8階の「維新の会控え室」にたむろし、維新の会の市議会議員たちとダベって過ごす毎日のようだ。
原告らの準備書面によると、奥下特別秘書は勤務時間中、時間外に関わらず、「師匠ゆずりの」ツイッター三昧で、「秘書室で1人。無性にアホなことしたくなる(笑)」。12年10月3日20時21分。「久々やな。飲みに行こか!」。同年9月9日17時17分。「カレーうどん飲みました。美味しかったです」同年9月20日10時28分。などなど友人とのやり取りを繰り返している。
また「本日鹿児島入り。明日は鹿児島⇒熊本⇒福岡へと遊説してまわります」同年10月18日。「下関で美味い店情報頼む」同年11月5日。などのツイッターで分かるが、昨年の総選挙で、橋下の全国遊説について回って、「飲み会の段取り」をしていたのである。

さらに書面によると、奥下特別秘書は自身の誕生日を祝うパーティーを、ラブホテルで男女入り乱れて行っている。このパーティーに招かれた女性は、最初橋下の誕生パーティーと誤解してやって来て、部屋には大人のおもちゃまで置いてあって、逃げ出そうかと思った、と報道されてもいる。(11年11月新潮)
こんなデタラメな特別秘書に、税金で給与を支払うのはけしからん、と住民監査請求が始まってからは、さすがに「業務」で選挙ができなくなり、「休暇」で橋下選挙を手伝うようになった。
書面によると、奥下特別秘書は、2012年(平成24年)11月16日から同年12月16日まで(衆議院選挙における選挙活動に専念するため)
②2013年(平成25年)7月1日より同年21日まで(参議院選挙における選挙活動に専念するため)
③2013年(平成25年)9月1日からは、同年9月29日まで(大阪の堺市長選挙の選挙活動に専念するため)
休暇を取っているのだ。
橋下市長は部下の職員には非常に厳しく対応している。外回りから職場に戻る途中に喫茶店に10分程度立ち寄った市職員を1か月の減給にしたり、職場で喫煙した職員を懲戒処分にしたり、職員の政治活動も禁止している。
一方で、自分の子飼いの秘書には、やり放題のことを黙認し、そして自分の選挙を「税金を使って」手伝わせているのである。
件の秘書様は9月28日の堺市長選挙まで「休暇」である。慰安婦での暴言、大阪都構想への失望など、地元大阪でも維新の人気にかげりが出て来た昨今、果たして今まで通りの「やり放題」が通用するかどうか、裁判の行方が注目されている。

元あやまんJAPAN・ファンタジスタさくらだ氏。 橋下市長の公費雇い特別秘書・奥下剛光氏の遊び仲間。

▼奥下剛光で検索(ヤフーニュース) NHK 毎日 朝日 読売 TBS フジ 産経 全く記事なし

<さよなら橋下徹>「橋下維新」の言論干渉を振り返る
... 市長の特別秘書の奥下剛光氏は、橋下徹後援会会長・奥下素子氏の息子。2008年から2012年までの4年間の政治資金収支報告書を見ると、奥下秘書の親族が3479万円を支出している。 ...
2015年12月18日(金) 22時2分-国際総合(石丸次郎)

橋下市長の特別秘書奥下氏が法廷で初証言 報酬返還求めた住民側「市職員の勤務実態なし明らかになった」
橋下大阪市長が新たに条例まで作って奥下剛光氏を特別秘書に採用したことは裁量権の逸脱だとして ... この日は、秘書課の職員と奥下剛光特別秘書の二人の尋問が行われた。 ...
2015年12月11日(金) 11時58分-社会(アジアプレス・ネットワーク)

橋下市長の特別秘書奥下氏ついに法廷へ 9日大阪地裁 「市公務員の仕事していない」 と報酬返還求められる
橋下大阪市長が新たに条例まで作って奥下剛光氏を特別秘書に採用したことは裁量権の逸脱だとして、大阪市の住民が給与の支払いの停止と ...
2015年12月7日(月) 11時10分-社会(アジアプレス・ネットワーク)

大阪ダブル選期間にまた休職 橋下市長の奥下特別秘書 計6回目でも高額報酬に批判
大阪市の橋下徹市長の特別秘書・奥下剛光氏が、大阪府知事、市長のダブル選挙公示直前から、また休職していることが、大阪市人事室への問い合わせで分かった。 ...
2015年11月20日(金) 17時19分-社会(アジアプレス・ネットワーク)

橋下市長の特別秘書、選挙の度に五回休職でも総額2087万円の報酬 後援会長の息子を「情実採用」の疑惑
大阪市の橋下徹氏が新たに条例まで作って採用した特別秘書の奥下剛光氏が、これまで選挙の度に五回の休職-復職、退職-再採用を繰り返しながらも多額の給与とボーナス ...
2015年11月19日(木) 15時57分-社会(アジアプレス・ネットワーク)

③【写真】【奥下の裁判で】暫定(橋下徹いとこ)の奥下剛光がラブホテルで乱交パーティーしたらしい!
④【写真】【奥下の裁判で】暫定(橋下徹いとこ)の奥下剛光がラブホテルで乱交パーティーしたらしい!
⑤【写真】【奥下の裁判で】暫定(橋下徹いとこ)の奥下剛光がラブホテルで乱交パーティーしたらしい!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR