ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

NHK危険ドラッグ塚本堅一アナ!NHK殺人カメラマン若生康貴!NHK犯罪一覧表!

NHK 塚本堅一 アナ 危険ドラッグ所持の疑いで逮捕
2016年1月11日 16時1分
NHKは11日、塚本堅一アナが危険ドラッグ所持の疑いで逮捕されたと発表した
医薬品医療機器法違反の疑いで厚労省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された

①NHK危険ドラッグ塚本堅一アナ
②NHK殺人カメラマン若生康貴
NHK殺人カメラマン若生康貴 たけし軍団ダンカン(飯塚実)似パククネ似

記事を読む
NHK塚本堅一アナ 危険ドラッグ所持の疑いで逮捕
2016年1月11日 16時1分 デイリースポーツ
NHKは11日、塚本堅一(つかもと・けんいち)アナウンサー(37)が危険ドラッグ所持の疑いで、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に、薬品医療機器法違反の疑いで逮捕されたことを発表した。東京都文京区の自宅で10日、逮捕された。

NHK広報局は11日、報道各社にファクスを送付するとともに、「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、視聴者の皆さまや関係者に深くお詫びいたします。事実関係を調べたうえで、厳正に対処します」とのコメントを発表した。

塚本容疑者は古典芸能から宝塚まで演劇への造詣が深く、金沢放送局、沖縄放送局を経て東京アナウンス室所属。昨年3月末からスタートした報道・情報番組「ニュース シブ5時」(月~金曜、後4・50~のリポーターを務めている。なお同番組は大相撲初場所の間は放送がなく、今月25日から放送の予定。

高岡奏輔 傷害の疑いで逮捕
加藤 成人式の若者を突き放す
DAIGO&北川結婚 緊急会見へ
DAIGOと北川景子が結婚発表
きゃりーが次の恋? 診断バッサリ
田村淳 福島コラムの内容を反省
さんま 5億円の借金抱えていた
真田丸 冒頭迫力シーンにロボ
小倉氏 ベッキーCMの自粛に異議
ベッキー「暴走」に上戸の影?
張り込みで目撃 吉田羊の生活
NEWSメンバー 圧倒的な勝組は
楽しんご 涙流し自殺未遂を告白
ベッキー&川谷「偶然の一致」
ウーマン村本が不倫報道に疑問
最終警告…ASKA不気味な追記
尾木ママが三船の交際報道を批判
ASKAブログ 触れられない箇所
ディズニー映画にKiroro代表曲
宮根氏 番組で竹田圭吾さん追悼

芸能ニュース一覧 ランキング

1. TBS人気女子アナ またも退社か
2.ベッキー&川谷「偶然の一致」
3.高橋健一の実家 DVDで怪しい映像
4.ベッキー批判が一転する可能性
5.ベッキー「暴走」に上戸の影?
6.最終警告…ASKA不気味な追記
7.梶原のタブー話 鈴木拓に称賛
8. 500円で掲載…突然の展開に衝撃
9.イッテQで占い ベッキー運勢は
10.たけしがベッキー騒動をイジる
11.ベッキーをカット TV局で自粛?
12.張り込みで目撃 吉田羊の生活
13.華原のセクシー写真にファン賛否
14.さんま 5億円の借金抱えていた
15. DAIGOと北川景子が結婚発表
16.ウーマン村本が不倫報道に疑問
17.松本人志 アッコに無視され立腹
18.堀北の来店バラす 会社側謝罪か
19.金爆が失態? 紅白現場で怒号
20.尾木ママが三船の交際報道を批判

NHK塚本アナ逮捕 「報ステ」トップニュース 23:14

(デイリースポーツ)
NHKは11日、塚本堅一アナウンサーが(37)が危険ドラッグを所持していたとして、関東信越厚生局麻薬取締部に医薬品医療機器法違反の疑いで10日に逮捕されたと発表した。「ニュース シブ5時」(月?金曜後4・50)のリポーターを担当していた。
テレビ朝日系「報道ステーション」はトップニュースで報道。古舘伊知郎キャスターは「何が何でも、ダメはものは、絶対にダメ、なんですよね」とコメントした。
一方、NHKの看板ニュース番組「ニュース7」「ニュースウォッチ9」ではこのニュースを扱わなかった。
逮捕容疑は、文京区の自宅マンションで10日、若干量の指定薬物を含む液体を所持していた疑い。麻薬取締部によると、塚本容疑者は逮捕時はショックを受けていたが、その後は素直に取り調べに応じているという。「自分で使うものだった」と供述。同部は危険ドラッグの入手経路や使用についても詳しく調べる。
塚本容疑者は2003年入局。金沢放送局、沖縄放送局を経て、東京アナウンス室へ。昨年3月末からは「ニュース シブ5時」に出演していた。逮捕2日前の8日にも出演しており、東京・神田明神から「寒中みそぎ会」についてリポートしていた。
同番組は大相撲初場所の間は放送がなく、今月25日から放送の予定。

■金沢主婦殺害事件、元NHKの委託カメラマンに無期懲役判決 ...
blog.goo.ne.jp/sprcon_west/e/a6e97f57e425b64bfcab31fff4853248

2012/03/03 - 石川県内灘町の海岸で昨年2月、金沢市の主婦福田春奈さん=当時(27)=が遺体で見付かった事件で、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた元NHK金沢放送局の委託カメラマン若生康貴被告(36)の裁判員裁判の判決が2日、金沢地裁で ...

【社会】無期懲役のNHK元カメラマンに7470万支払い命じる ...
daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416193733/
2014/11/17 - 平成23年に起きた金沢市の主婦への強盗殺人罪などで、無期懲役が確定したNHK金沢放送局の元委託カメラマン、若生康貴受刑者(39)に、遺族が慰謝料など計約9200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で金沢地裁は17日、計 ...

元スタッフの殺人裁判で傍聴席を独占するNHK
2012年3月10日 19時0分
週刊実話

 昨年2月に金沢市の主婦・福田春奈さん(27=当時)が遺体で見つかった事件で、強盗殺人などの罪に問われた元NHKの委託カメラマン・若生康貴被告(36)の裁判員裁判が金沢地裁で開かれている。

 検察側は、知り合いの福田さんに投資話をもちかけて800万円を預かったが、若生被告が返済しないため何度も催促されていたことなどを明かし、殺害後は遺体を車で海岸まで運んで遺棄したと主張。対する若生被告は「私は殺してはいません」と否認。全面対決の様相を呈しているが…。
 「元妻が弁護側証人として夫をかばった翌日に、検察側が被告人の不倫相手たちを証人に出してきたり、弁護側から突如『XとYが黒幕だ』というアナザーストーリーが飛び出したりして、日に日にB級色が強まってますよ」(傍聴ライター)

 元妻は出廷した際、「被告からアリバイ工作を頼まれた事はないし、車に乗ったときも血痕に気づかなかった」と、関与を否定するとも取れる発言をしていた。
 しかし、翌日の審理で出廷した女性は「福田さんのふりをして(福田さんの)職場に電話してほしい」と、被害者が生きているような偽装工作を若生被告から頼まれたとしており、両者一歩も譲らない。また、検察側は『XとYという人物は存在しない』と被告人の主張する第三者の関与を否定しているが、弁護側は「被告人質問で明らかにする」と強気な姿勢を崩さない。

 法廷も盛り上がっているが、傍聴券争奪戦も熾烈なものとなっているという。
 「NHKが傍聴席の独占を狙って、連日動員をかけているみたいなんです。自局で取り上げる予定はないけど、記録をまとめて上層部に報告しなきゃならないってウワサです」(同)

 受信料は有効に使ってほしいものだ…。
外部サイト
横浜で生パンティー強盗被害続出 冬場の着衣全下ろしの執着

■国民が知らない反日の実態 - NHKの不祥事年表
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/117.html

2006.10 (株)NHKエデュケーショナル社員、朴元瑛源(34)児童買春禁止法違反の容疑で逮捕
2006.12 NHK男性職員、芳之内祥智(30)=東京都小平市花小金井南町1、JR総武線車内で男子大学生の下半身に触れ現行犯逮捕
2006.12 NHK制作局ディレクター猪瀬公昭(46)を大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕
2006.12 NHK男性職員、芳之内祥智(30)=東京都小平市花小金井南町1、JR総武線車内で男子大学生の下半身に触れ現行犯逮捕
2007.06 山口智也制作局ディレクター(42)=東京都調布市、都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕
2007.06NHK制作局青少年・こども番組部ディレクター今井洋介容疑者(30)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕 (1 )
2007.06NHK集金スタッフ志賀耕二(47)元妻の遺体を損壊したとして共犯女性(34)と警視庁竹の塚署に自首
2007.05 放送総局所属のアナウンサー高橋徹容疑者(41)=東京都世田谷区若林5丁目、渋谷区内の路上でわいせつ行為、現行犯逮捕
2007.09 大津市などで2005年に起きた連続放火事件、現住建造物等放火などの罪で元NHK大津放送局記者・笠松裕史(26)に懲役7年の判決
2008.07.28 NHKさいたま放送局地域スタッフ鈴木肇(51)道交法違反及び覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕
2009.11.17 NHK放送技術局制作技術センタースタジオカメラマン、永野勇容(57) 電車内で女性の下半身に触れ現行犯逮捕
2012.11.14 森本健成アナウンサー、強制猥褻で現行犯逮捕
2011.02.28 NHK金沢放送局のカメラマン、若生康貴容疑者(35)=金沢市=、主婦の死体遺棄の疑いで逮捕

■NHKの不祥事年表
年次 内容 補足
1976.08 NHK会長・小野吉郎がロッキード事件で逮捕され保釈中だった田中角栄を見舞う
1991.04 NHKアナウンサー松平定知が泥酔状態でタクシー運転手を暴行。ニュース降板、降格処分。
1993.02 『禁断の王国・ムスタン』でやらせ
1993.06 「クローズアップ現代」中国天安門事件大虐殺はなかったと報道(5:40~) ★殿堂★
2002.04 奇跡の詩人放送、重度身体障害者の少年が母親の手を借りて文字盤を指差し、哲学などを語る
2006.10 (株)NHKエデュケーショナル社員、朴元瑛源(34)児童買春禁止法違反の容疑で逮捕
2006.12 NHK男性職員、芳之内祥智(30)=東京都小平市花小金井南町1、JR総武線車内で男子大学生の下半身に触れ現行犯逮捕
NHK制作局ディレクター猪瀬公昭(46)を大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕
2007.02 NHK情報ネットワークの社員がWinnyで個人情報と取材情報を流出
2007.03.03 札幌放送局の番組制作会社の男性社員(47)が「NHKのど自慢」の出場者1269人分の個人情報(ノートPC)を紛失
2007.03.20 男性職員(31)が、神奈川県川崎市の市道で男性をはね死亡させる。業務上過失致傷容疑で逮捕。 ★殿堂★
2007.03.22 NHK報道局経済部の男性記者(32)住居侵入容疑で現行犯逮捕。不起訴で本人はけん責の処分
2007.04.13 島根県松江放送局の男性記者(49)スーパーでおにぎりを万引したとして書類送検
2007.05 放送総局所属のアナウンサー高橋徹容疑者(41)=東京都世田谷区若林5丁目、渋谷区内の路上でわいせつ行為、現行犯逮捕
2007.06 山口智也制作局ディレクター(42)=東京都調布市、都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕
NHK制作局青少年・こども番組部ディレクター今井洋介容疑者(30)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕 (1 )
NHK集金スタッフ志賀耕二(47)元妻の遺体を損壊したとして共犯女性(34)と警視庁竹の塚署に自首 ★殿堂★
2007.09 NHK関連団体の剰余金886億円、検査院が改善求める
大津市などで2005年に起きた連続放火事件、現住建造物等放火などの罪で元NHK大津放送局記者・笠松裕史(26)に懲役7年の判決 ★殿堂★
2008.01 撮影キリン親子死でNHKドラマ放送中止
NHK記者ら3人が株インサイダー取引 (1 )
ドラマ撮影スタッフが撮影現場で他人たの車に勝手に偽ナンバープレートを貼り付け (1 )
NHK経営委員会の委員が経営する企業が7年間で1億5千万円の所得隠し
NHK水戸放送局の記者無免許運転
2008.02 橋下大阪府知事NHKから無理なTV出演を要求され尚且つ遅刻よばわりされ激怒「今後はNHKのスタジオ収録には出ない」 (1 )(2 )(3 )
NHK職員、イベント会場で私物ノートPCを使ってわいせつ映像を流す
2008.03 落語番組パーソナリティ、音源を盗用
2008.05 10人以上の職員が、新たに職場で株取引していたことが明らかになる ★殿堂★
2008.05.27 NHKが消費税13億円申告漏れ
2008.07.28 NHKさいたま放送局地域スタッフ鈴木肇(51)道交法違反及び覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕
2008.09.25 元NHK千葉放送局船橋営業センターの委託契約社員、坪川直幸容疑者(52)=東京都江東区大島8、コンビニで窃盗逮捕
2009.04.05 NHKスペシャル「日本デビュー」第一回「アジアの“一等国”」でサブリミナル映像&歴史捏造・偏向歪曲内容 ★国民激怒・国内民事裁判史上最多の訴訟人数★
2009.05.03 NHKスペシャル「日本デビュー」第二回「天皇と憲法」で皇室制度廃止をほのめかすプロパガンダ放送 詳しくはNHKの正体・上級編へ
2009.07.12 NHKの「ヤラセ」に激怒 漫画家唐沢なをき
2009.07.17 高知放送局局技術部、山本ゆうき(25) 女性のスカート内を盗撮し書類送検。本人は諭旨免職処分
2009.07.21 退職者の企業年金の一部を受信料収入から補填して給付していた。2007年度は約100億円、2008年度は約120億円 ★殿堂★
2009.09.09 秋田放送局、放送部の女性制作補助スタッフ(23) 道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発 ★殿堂★
2009.10.02 NHK旭川放送局の男性ディレクターが9月、取材先のから不発弾4発を同局に持ち帰り、約2週間保管
2009.11.17 NHK放送技術局制作技術センタースタジオカメラマン、永野勇容(57) 電車内で女性の下半身に触れ現行犯逮捕
2009.12.06 「核実験場シルクロード」の死の灰に汚染された場所を隠ぺい。約29万人の日本人を長年に渡り誘致 (1 2 3 4 5 ) ★周知拡散★
2009.12.17 元NHK制作局エグゼクティブプロデューサー、今井彰(53) 窃盗容疑で書類送検され不起訴(事件は2008年11月)
2009.12.30 NHKの関連会社「NHKエデュケーショナル」(東京都渋谷区)が補助金を不正受給
2010.04.21 57歳のNHK福岡支局職員、朝の電車内でOLに痴漢、現行犯逮捕
2010.05.29 平成19年9月16日に放送した「海外ネットワーク」でインド経済の発展を特集した際、捏造放送を行い謝罪
2010.07.12 NHKが作成した『菅内閣支持率のグラフ』で、超急降下のはずが揺やかになるよう細工 ★殿堂★
2010.07.16 公平負担を徹底するはずが、なぜか沖縄だけ受信料が安い
2010.10.08 報道局スポーツ部の30代記者が取材先の日本相撲協会の関係者に対し、警察による家宅捜索の情報を漏えい
2010.10.16 尖閣諸島漁船衝突事故・中国大使館包囲デモで参加人数を2800人と捏造(警察発表5800人・主催者発表途中で3200人)
2010.11.02 男性記者を3カ月の停職と処分するも、なぜか懲戒免職にはせず ★殿堂★
2011.01.01 NHK首都圏放送センター職員西山泰史容疑者(27)を駐車中の乗用車内を物色したとして逮捕
2011.01.03 NHK松江放送局のディレクター、大久保泉容疑者(29)=松江市北田町=を男性裸体撮影で侵入、容疑で現行犯逮捕
2011.01.04 受信料契約担当の委託スタッフ、飲酒運転で玉突き事故、本人を含む3人けが-宇都宮/栃木
2011.02.11 「ニュース7」でロシア国旗が逆さまの映像を流す NHKがおわび
2011.02.17 NHK名古屋放送局技術部職員、●●●容疑者(44) 静岡局でオシロスコープ盗む
2011.02.21 ビデオリサーチ発表の視聴率データをネット掲示板に不正投稿、無免許運転1年5カ月…NHK、2人処分
2011.02.28 自殺未遂のNHK金沢放送局の元委託カメラマン、若生康貴容疑者(35)=金沢市=、主婦の死体遺棄の疑いで逮捕
2011.03.03 NHKプラネット中部支社の契約スタッフ、尾上祐一容疑者(23)引っ越し荷物を置引、窃盗の疑いで逮捕
2011.03.28 NHKアート男性社員(43)酔って帰宅途中のタクシー車内で吐き口論になり運転手を殴ったとして暴行の疑いで逮捕
2011.08.08 NHK・教育番組プロデューサー逮捕、電車内で盗撮「ストレスたまって…」
2012.10.06 NHK国際放送局編成広報部専任ディレクターの前野公彦容疑者(44)=川崎市=を器物損壊容疑で現行犯逮捕…」
2012.11.14 森本健成アナウンサー、強制猥褻で現行犯逮捕

■NHKの不祥事(エヌエイチケイのふしょうじ)では、日本放送協会(NHK)の組織として問題とされた出来事のうち主なものを取り上げる。職員個人の業務外での問題行為は含めない。職員個人の業務外での問題行為は「マスコミ不祥事#テレビ」を参照。

2000年以前
1969年(昭和44年)、前田義徳会長が「長い髪の毛のグループサウンズは出演させない」と発言し、国会で参考人招致される。
1976年(昭和51年)8月24日、小野吉郎会長がロッキード事件で逮捕された田中角栄元首相を見舞ったことが問題となる。小野は日本放送労働組合の運動などにより辞任に追い込まれた。
1981年(昭和56年)2月4日、ニュースセンター9時の特集「ロッキード事件5年の真実」で、三木武夫の発言が島桂次報道局長の指示によりカットされ、国民から批判される。
1989年(平成元年)4月、池田芳蔵会長がNHK幹部から言語不明瞭と批判されて辞任。
1990年(平成2年)8月20日、沖縄でNHKの取材用ヘリが墜落した。調べでは、午後6時半頃、沖縄県の米海軍のホワイトビーチ軍港沖で、NHK沖縄放送局が中東情勢関連取材のためチャーターしたヘリコプターが乱気流によって墜落。乗っていたNHK記者、カメラマン、パイロットら計4人全員が死亡した[出典 1]。
1991年(平成3年)7月、島桂次会長が野中広務から国会虚偽答弁の責任を追及され、引責辞任。同時に海老沢勝二専務理事も解任された(海老沢は後に復帰し副会長に就任)。
1992年(平成4年)に放送されたNHKスペシャル『奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン』にやらせがあった。同番組の制作にあたって、日産自動車の協賛(自動車2台と1000万円以上と言われる資金)を受けていたことが発覚。

2001年
1月30日に放送された、ETV特集シリーズ「戦争をどう裁くか」において、改変等を巡り制作者らと問題になり、裁判に発展した(詳細はNHK番組改変問題を参照)。また、日本国政府が、朝鮮民主主義人民共和国の工作員と断定している人物2名を、工作員であることを隠して番組に登場している。

2002年
4月28日に放送されたNHKスペシャル『奇跡の詩人』では、重度の脳障害を抱えた少年が、文字盤にある文字を母親の補助で指すことによって他の人とコミュニケーションをはかるという内容であったが、子供が居眠りをしたりしている間も正確に文字盤を指しているなど、不自然な場面が多々見られるという指摘がなされ国会でも取り上げられた[1]。NHKは釈明放送を行い、児童が自分で文字盤を指しているように見えたので児童の意思であると結論付けたが、放送終了直後関連書籍を発行した講談社とのタイアップ疑惑も指摘された[1]。この疑問を巡っては『異議あり! 「奇跡の詩人」』という批判本も出版された。(詳細は奇跡の詩人を参照)

2004年
NHK紅白歌合戦の担当プロデューサーによる制作費の不正支出が、週刊文春の報道によって発覚したことがきっかけとなり、さまざまな問題や不祥事が明るみに出た。NHKは激しい批判にさらされ、NHK受信料の不払いが続発した。この時、職務が変わらないにもかかわらず、年功的に昇給する「わたり」や昇給短縮が給与慣行として行われてきた現状が指摘されている[2]。
2004年9月9日に、衆議院総務委員会では、海老沢勝二NHK会長の参考人招致を行ったが、普段は国会中継するNHK総合テレビジョンが、この日だけは「編集権の問題」として生中継せず、東京メトロポリタンテレビジョンとテレビ神奈川が京浜地区で生中継を行った。
2004年9月11日に、NHK総合テレビジョンとNHKラジオ第1放送で、1時間の謝罪番組が放送され、衆議院総務委員会の様子の一部が放送された他、海老沢も出演し謝罪した。又、同年12月4日放送の『NHKニュース7』でも、一連の制作費不正支出事件に関してのお詫び放送に出演した。
2004年12月19日には『NHKに言いたい』というタイトルで、視聴者からの声を海老沢と外部の有識者の出演で放送。海老沢は、9月9日に衆議院総務委員会の参考人招致を生中継しなかった事を「判断ミスだった」と陳謝し、NHK再建に向けて取り組んでいくと表明した。しかし、相次いだ不祥事で視聴者の信頼を回復できず、翌2005年1月25日にNHK会長を辞任したが、顧問に就任。週刊誌等で多額の退職金及び顧問料が支払われると報じられ、批判を浴び、顧問をすぐに辞任した。

2005年
5月10日に放送された『プロジェクトX?挑戦者たち?』において、放送内容に事実と異なる点が多数見受けられた。同回は書籍版への掲載が見送られ、NHKオンラインからも削除された。

2007年
2月16日、NHK情報ネットワークの社員の私用パソコンがファイル共有ソフトWinnyを通じて暴露ウィルスに感染、「およそ130人分の外部の方の個人情報」(名前やメールアドレス、電話番号など)を含む取材情報が外部流出。[3]
9月12日、NHK関連33団体の2005年度末の余剰金が、計886億8800万円に上ることが、会計検査院の調査で判明し、改善を求められた[4]。
9月16日放送の『NHK海外ネットワーク』において、インドの経済発展について特集した際、番組中で自動車を購入したとして紹介された農家の男性が、実際には購入していなかったことが発覚した。購入後に車で移動するシーンまで紹介されていたが、実際には販売店の指示で購入したように振舞っていただけだった。NHKは、2010年5月29日放送の同番組内で「確認が不十分だった」として、視聴者に謝罪した[5]。

2008年
4月、NHKがニュース番組で、企業による風力発電のファンドが設立されたとの内容のニュースを放送するに当たり、札幌市在住の写真家が撮影した風車の写真を使用し放映したが、この写真使用に当たり、写真家が「写真を無断使用された」として、NHKや取材担当の記者を相手取り、札幌地方裁判所に訴訟を起こした。NHKは「事件報道では、出所表示の慣例や義務はない」と主張したが、2010年11月10日に同地裁は、「写真はファンド設立とは無関係」などとして著作権・著作者人格侵害を認定、NHKなどに対し約40万円の支払いを命じた。[6]
1月17日、複数の職員によるインサイダー取引が発覚[7][8]。関係した3名のスタッフは同年4月10日付で懲戒免職となった(詳細はNHK職員によるインサイダー取引事件を参照)。
1月30日、NHK経営委員会の菅原明子委員が社長を務める会社が所得隠しを指摘され[9]、経営委員職の辞意を表明。
3月28日、「ラジオ名人寄席」(NHKラジオ第1放送)で、音源の無断使用を指摘されたパーソナリティの玉置宏が降板し、番組が打ち切りとなった。[10]

2009年
3月5日、『クローズアップ現代』取材中に外部プロダクションのカメラマンらが線路からほとんど離れていない場所に三脚を立て、列車の運行を妨害[11]。
4月、NHKスペシャル『日本海軍400時間の証言』の中国でのロケに参加していた映像制作会社所属の男性が、現地での中国共産党関係者が開いた宴会で、中国流の「乾杯」で、アルコール度数の極めて高い酒を何度も飲まされて泥酔状態に陥り、翌日、吐瀉物を喉に詰まらせ死亡した。死亡男性の両親は、渋谷労働基準監督署に遺族補償一時金や葬儀代などの支払いを求めたが却下されたため、東京地裁に提訴。2014年3月18日に同地裁は「中国人参加者の気分を害しないようにするためには、大量の飲酒は断れなかった」として、労働災害に当たるとの判決を出した[12]。
10月8日、NHK京都放送局の記者が、Winnyの京都地方裁判所での公判中に、被告である金子勇(のちに、最高裁判所にて無罪の確定判決済み)に対して手紙を送ったが、その内容を[13]弁護士の壇俊光が「デスノートの『魅上』並の狂気。露骨な弁護妨害だ」と批判し[14]、NHKは謝罪した[15][16][17][18][19]。

2010年
7月2日、NHKの関連団体・NHKサービスセンターで、派遣従業員として勤務していた女性について、名目は専門業務派遣だったにもかかわらず、実際は庶務的な一般の職務に就かされていたとして、東京労働局が同サービスセンターに対し「偽装派遣である」として指導を行い、同センターが直接雇用に切り替えていたことが判明した。[20]

2011年
10月17日、情報番組「あさイチ」内で、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の影響で発生した放射性物質に関して、食事に含まれるセシウムの放射線量について、誤った数値を放送していた。[21]

2012年
2月16日、松山放送局が放送した『おはようえひめ』で、実際には発生していない偽事件のテロップ『窃盗の疑い 愛媛大学教授逮捕』が約2秒間流れた。職員の操作ミスによって、放送試験用の字幕が誤って流れたとされている[22]。また、この事故の原因調査の過程で、同局の原稿閲覧システムを、アクセス権限のないアルバイトが日常的に操作してきた疑いが出ている[23]。
3月4日、同日BSプレミアムで放送の「晴れ、ときどきファーム!」において、2月6日の番組収録の際、MAXのメンバー3人が軽自動車の運転席と後部座席に乗り、東京都内から千葉県内のロケ地へ向かう車内の様子を、助手席から撮影していたが、この際、運転席と助手席のヘッドレストが邪魔になると番組ディレクターが判断し、外して走行した。3月26日の再放送の後、視聴者から問い合わせがあり発覚。NHKはこの件で、警視庁代々木署から道路運送車両法違反で注意を受けた[24]。
5月1日、鹿児島放送局が、NHK受信料の契約業務などを委託している請負会社の契約社員が、鹿児島県霧島市の男性の衛星放送受信契約書を偽造していたことが発覚。男性の口座からは半年分のデータを偽造されたNHK受信料が引き落とされていた。鹿児島放送局と委託会社が男性に謝罪し、NHK受信料は返還された[25]。

2013年
名古屋放送局が、4月1日から8月19日にかけて放送した東海・北陸地区向けの天気予報において、津市と岐阜市の予報が入れ替わっていたことが明らかになった。コンピュータシステムのプログラム更新の際に設定ミスがあったことが原因だった[26]。
6月26日から7月19日にかけ、総合テレビとEテレで、EテレをPRする目的で流した映像について、1秒間につき3回までと定められている光点滅ガイドラインの基準を超える計8回の光点滅を含む映像が計45回流された[27]。
10月16日、NHK放送技術研究所の主任研究員が音響設備会社に架空発注を行い、約280万円を振り込ませたり百数十万円相当の物品を受け取っていたとして、同職員を懲戒免職処分とし、詐欺の疑いで警視庁に刑事告訴すると公表した。[28]

2014年
各種報道機関によって、2014年1月25日に就任した籾井勝人NHK会長が就任記者会見において個人的と前置きした上で以下のように発言したと報じられた[29][30][31][32][33]。市民団体から批判され、また衆議院予算委員会に2度にわたり召喚される事態に発展。外国メディアからも「NHKが国営放送化しつつある」と危惧する論評が出る。
詳細は「籾井勝人#発言」を参照
特定秘密保護法に関する質問について報道が少ない・姿勢が政府寄り、との指摘には「まあ一応通っちゃったんで、言ってもしょうがないんじゃないかと思うんですけども。まあ……、ちょっと……僕なりに個人的な意見はないことはないんですが、これはちょっと、あまりにも、あれなんで、ちょっと差し控えさせて頂ければと思いますが」(発言ママ)と断りつつ、「あまりカッカする必要はない」。
竹島問題・尖閣諸島問題の質問ついて「日本の立場を国際放送で明確に発信していく、国際放送とはそういうもの。政府が『右』と言っているのに我々が『左』と言うわけにはいかない」。
放送内容の質問については「日本政府と懸け離れたものであってはならない」。
慰安婦の質問について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、補償問題は日韓基本条約で解決済みと述べ、「戦争をしているどこの国にもあった」としてフランス、ドイツの名を挙げた[34]。関連して「なぜオランダに今頃まだ飾り窓があるんですか」と述べた。この慰安婦問題と日韓基本条約に関する発言の直後に会長就任会見の場である事を記者から指摘され「発言を取り消したい」と述べた[35]。

2月、2014年東京都知事選挙において、経営委員の百田尚樹が他候補を中傷。自身は田母神俊雄を推していた。またやはり経営委員の長谷川三千子が、朝日新聞東京本社乱入事件を起こした野村秋介を称え日本国憲法第1条を否定するような言説をしていたことが判明。浜田健一郎経営委員長が「経営委員服務準則[36]に則り節度を持って言動を行うべき」と異例の見解を出し経営委員会が申し合わせを行う騒ぎになった[37]。
詳細は「百田尚樹#政治・思想・歴史認識」および「長谷川三千子#主張」を参照

これらの問題に関連して衆議院予算委員会で集中審議が行われる。また、キャロライン・ケネディアメリカ合衆国特命全権大使にインタビューを申し込んだところ、百田の極東国際軍事裁判や南京事件を否定する発言、籾井の慰安婦に関する発言を理由として駐日大使館側から難色を示されていたことが判明[38]。 2月5日発売の『週刊文春』2014年2月13日号にて、「全聾の作曲家はペテン師だった!」と題して、神山典士と週刊文春取材班のインタビューにより、佐村河内守別人作曲問題を採り上げた。佐村河内はあくまでも補作曲にしかすぎず、実際の作曲は新垣隆が行っていたが、NHKスペシャルの取材班は、取材当時この事実を見抜けず、本放送(NHK総合テレビジョン)で、NHKスペシャル『魂の旋律 音を失った作曲家』を放送し、あたかも佐村河内守が作曲した様に、ドキュメンタリーとして見せた。この影響で「やらせ発覚以前」に放送した「魂の旋律 音を失った作曲家」は、NHKオンラインから大部分が削除され、NHKオンデマンドでは、映像配信が停止された。
7月23日、STAP細胞論文問題の渦中にいた理化学研究所の小保方晴子に対し、NHKが追っ掛け取材をした際、小保方が肩や右肘などに負傷。理化学研究所は翌24日に、NHKに対し文書で抗議を行った[39]。

2015年
NHKが、子会社9社と共に、NHK放送センター近くの渋谷区内の土地を共同購入する計画を立て、子会社が約350億円で落札したが、この計画について、経営委員に諮っていないことが新聞報道で判明[40]。経営委員から報告を求められたNHK側は計画を撤回する方針を決めた[41]。
NHKの子会社であるNHKアイテックの本社と千葉事業所の社員計2人が、実体の無い会社に対し、受信施設の工事や業務などの架空発注を繰り返し、計約2億円を着服していたことが12月17日に明らかになり、NHKアイテックはこの2人について詐欺罪での告訴も検討中である[42]。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR