ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

プーチンが巡航ミサイル「カリブル」をシリアIS(イスラム国)へ打ち込む!オバマ国務省がシリアIS(イスラム国)へ大量のトヨタ車を供与!

プーチンとオバマがシリアを半分こするんでしょうか


ロシア 初めてカスピ海からシリアを巡航ミサイル攻撃

http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/4501487.html



2013年から2014年にかけて米英当局が、トヨタ製ジープなどを、アサド政権に反対して戦っている「自由シリア軍」に供与していた事にあった。先に米国政府は、トヨタに対し「なぜあれだけの数のトヨタ車を『IS』は手に入れる事が出来たのか」

続きを読む http://jp.sputniknews.com/science/20151013/1024064.html#ixzz3oRM5e53a


■ロシア シリアにカスピ海から巡航ミサイル
10月8日 5時13分
ロシアは、過激派組織IS=イスラミックステートの壊滅のためだとしてシリアで続けている空爆に加え、7日にカスピ海からの巡航ミサイルによる攻撃に踏み切るなど軍事攻勢を強めています。
ロシアのプーチン大統領は7日にショイグ国防相と会談し、シリアで続けている軍事作戦について報告を受けました。このなかでショイグ国防相は、カスピ海に展開する4隻の艦船から7日朝、26発の巡航ミサイル「カリブル」が発射され、およそ1500キロメートル離れたシリア国内の、過激派組織ISや国際テロ組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」などの11の施設を破壊したと報告しました。
ロシア国防省によりますと、カスピ海から発射されたミサイルは、シリアでの軍事作戦で協力するイランとイラクの上空を通過してシリア領内に着弾したということで、ロシアが空爆を始めた先月30日以降、巡航ミサイルの使用が確認されたのは初めてです。
ロシアの空爆を巡ってアメリカなどは、自分たちが支援した反政府勢力も標的となっていると主張して、空爆はアサド政権を支援するものだとみています。
ロシアが今回、巡航ミサイルを使用するなどして軍事攻勢を強めたことで、アメリカなどからの非難が一段と強まることが予想されます。


■米政治学者「IS戦闘員に大量のトヨタ車を供与したのは米国務省」

続きを読む http://jp.sputniknews.com/science/20151013/1024064.html#ixzz3oRK3oKqF
http://jp.sputniknews.com/science/20151013/1024064.html



米政治学者「IS戦闘員に大量のトヨタ車を供与したのは米国務省」c Flickr/ zeevveezサイエンス
2015年10月13日 00:06(アップデート 2015年10月13日 01:45) 短縮 URL
08352329米国にあるロン・ポール平和・繁栄研究所の政治学者らは「なぜ『IS(イスラム国)』の戦闘員らが、自分達の部隊でトヨタのピックアップやオフロードカーを大量に使っているのか」という問いに対し一つの答えを出した。それによれば「米国務省と英国政府自身が、それらを『IS』に供与した」のだという。
原因は、2013年から2014年にかけて米英当局が、トヨタ製ジープなどを、アサド政権に反対して戦っている「自由シリア軍」に供与していた事にあった。先に米国政府は、トヨタに対し「なぜあれだけの数のトヨタ車を『IS』は手に入れる事が出来たのか」について説明するよう、公式の質問書を送ったが、トヨタ側は「わからない」と回答している。


c Sputnik/ Владимир Астапковичトヨタ、自動車売り上げで世界第一位から陥落これに対し、ロン・ポール平和・繁栄研究所の専門家達は、2014年に米国のラジオPublic Radio International,が放送したシリア革命在野勢力連合のオウバイ・シャフバンダル顧問へのインタビュー内容、及び新聞「インディペンデント」の記事をもとに、結論を出した。このインタビューの中で、シャフバンダル顧問は「米国務省は、43台のトヨタ車を含め、アサド政権に反対するシリアの在野勢力への援助を再開した」と述べた。供給先のリストには「自由シリア軍」も入っており、彼らにも、オフドードカー(Land Cruiser)やピックアップ(Hilux.)が送られたという。

また英国の新聞「インディペンデント」は、2013年「暴露;欧米はシリア蜂起軍に何を与えたか」と題された記事の中で「英国政府は、在野勢力蜂起軍に、800万ポンドの援助をした」と報じ、援助には、弾道保護機能を持った車両、防弾チョッキ20組、トラック4台(25tトラック3台と20tトラック1台)、オフロードカー6台、非装甲仕様のピックアップ5台が含まれていることを暴露した。


http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/4501487.html
2015年10月09日 軍事 戦争 紛争 中東中近東アフガンパキスタン
Tweet ロシア 初めてカスピ海からシリアを巡航ミサイル攻撃
2015年10月7日のロシア紙日本語版は、ロシアのシェイグ国防相がプーチン大統領と会談した中で「ロシア海軍のカスピ小艦隊が、ロシア国内で禁止されているテログループ『IS(イスラム国)』の戦闘員に対する掃討作戦に参加し、彼らに26発のロケット砲を浴びせた」と伝え、「ここ2昼夜の間に、多様な諜報活動による集中的作業のおかげで、ISの多くの様々な施設が発見された。指揮所や武器・弾薬庫、戦闘員訓練所などだ。航空機以外に、今朝、艦船に搭載されている対地攻撃の可能な巡航ミサイルcruise missile26発が11の標的に向け発射され、客観的なデータによれば、標的全ては殲滅された。しかし民間の施設には被害はなかった。」と語ったとされる。写真右はイメージ ロシア提供の記録映像

映像からの推測では、カスピ海の艦船からイランとイラク上空を通過してシリアへの空爆を行ったようで、最終地点は明記されていない。映像の中の説明画像を地図にすると左のようになる。すでにシリアへの地上軍派遣をほのめかし、イラク中央政府からもイラク内のISに対する空爆を求められているともロシア側は報じている。すべてが、ロシアが全軍体制でアサド政権擁護に向け攻撃する方向を示し、ロシアが実戦で海上からの巡航ミサイル攻撃を行ったのはこれが初めて。最新鋭の巡航ミサイル「カリブル-NK(Caliber-NK)」の飛行距離は1500kmに及んだ。ちなみにカリブル-NKの対地攻撃バージョン3M-14は、最大で2000-2500kmもの射程があると言われ、カスピ海の中央部から発射すれば、キルギスタン、アフガニスタン、サウジアラビア、トルコ、南東欧あたりまでをすっぽり射程に収めうる。現在、カスピ小艦隊にはこのような巡航ミサイル搭載艦(ミサイル護衛艦:ミサイル・コルベット Missile Corvette)が4隻配備されており、合計で32発のミサイルを発射可能とされ、今回ほぼ全力に近い規模の巡航ミサイル攻撃が行われたことになる。
今回ロシアが初めて、米国のトマホークに匹敵する長射程精密誘導兵器を実戦で使用した軍事的意味は大きく、長距離巡航ミサイルの実戦使用で、西側、ロシア周辺国に十分なロシアの脅威を見せつけたといわれる。
政治的レベルにおいては、この攻撃がイラク領空を経由して行われたことに注目する必要があり、イラクが米国の同盟国でありながらロシアへの接近を強めつつある中、巡航ミサイルの通過をも認めたことはその傾向をさらに決定づけるものと言われる。ミサイルが地中側ロシア艦隊からでない理由として、地中海側配備の艦隊は、最新ミサイル搭載不可能な旧式艦と説明されている。 参照記事 参照記事 過去ブログ:2015年9月ロシア シリア紛争に本格参加か?

カーター米国防長官US Defence Secretary Ashton Carter:右 は10月7日「ロシアはイスラム過激派組織『イスラム国』以外を攻撃し続けている」と指摘。「ロシアが何を言おうが、協力する用意はない」と言い切った。  一方で、シリアにおける米露両軍機の偶発的な衝突回避に向けた「技術的議論」は続ける意向を示した。ロシアの空爆で米軍主導の有志連合による作戦にも支障が生じているとされる。米国務省は同7日、ロシア軍がシリア領内でこれまでに行った空爆などの軍事攻撃の「90%以上」が、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」や国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系の過激派組織ではなく、穏健派の反体制派を対象としていたと発表した。参照記事 参照記事 記事のアルカイダ系は、ISと対立し戦闘状態のヌスラ戦線al-Qaeda aligned rebels, the al-Nusra Frontを意味するが、イスラム系反政府組織やロシア系イスラム組織がヌスラ戦線に同盟や統合する動きも見えてきており、また、自由シリア軍主流の穏健派がヌスラ戦線側と大同団結する動きもある。これには、穏健派を支援しているトルコやサウジアラビアなど湾岸諸国の意向が重要になってくるだろう。米国と同じく、トルコも、穏健派反シリア政府組織へのロシアの空爆、攻撃を強く非難し、ロシアと出来つつあった経済関係に亀裂の入るのも辞さない意向だ。写真下、トルコのエルドアン大統領 トルコは一貫して反アサドの立場にあり、アサド退陣を主張している。反アサド組織を支援するサウジアラビアは、ロシア軍がアサド軍を支援することから、反アサド組織への武器支援を大幅に強化すると9日のBBC記事が報じている。参照記事 過去ブログ:2015年9月シリアのロシア軍軍備増強とロシア系組織の対立 9月過激派組織内部の過激な指令  シリア イラク


プーチンが巡航ミサイル「カリブル」をシリアISへ打ち込む!オバマ国務省がシリアISへ大量のトヨタ車を供与!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR