ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

埼玉熊谷6人殺害ナカダ・ジョナタン殺人鬼兄ペドロ・パブロは17人殺害!

①埼玉熊谷6人殺害ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン殺人鬼兄ペドロ・パブロは17人殺害!


ペルー人の男 母娘や夫婦など6人殺害か
www3.nhk.or.jp/news/html/20150917/k10010238071000.html?キャッシュ
... 一方、一連の事件が起きる前の今月13日、消防から警察に「外国人が片言の日本語で意味の分からないことを話している」と通報があり、警察はナカダ容疑者とみられる男から事情を聴きましたが、男は「たばこを吸いたい」と言って、警察署の ...


【埼玉・熊谷】ペルー人のナカダ容疑者の兄も殺人鬼だったことが判明 17 ...
garusoku.com/archives/1040321242.html?キャッシュ
... このニュースをまとめると埼玉熊谷で6人が殺害された事件でペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者が逮捕 ... またナカダ容疑者の兄は17人を殺害したとして懲役35年で服役中 埼玉・熊. ... を狙って強盗「土下座しろ、たばこで目焼いたろか」韓国籍らの男13人を逮捕 被害者は16人、鼻を骨折、首を絞められて失神.ナカダ容疑者の姉によると、ナカダ容疑者は、10人兄弟の末っ子で、 上から4番目の兄、ペドロ・パブロ服役囚は、17人を殺害したとして、2007年に懲役35年の刑が確定し、服役している。
http://garusoku.com/archives/1040321242.html


▼埼玉・熊谷市6人殺害 ペルー人の30歳男、警察署から逃走
9月17日(木)12時50分配信

埼玉・熊谷市で、小学生の女の子を含む6人が殺害された事件で、関与したとみられるペルー人の30歳の男が、事件の数日前、任意同行された警察署から、すきを見て逃走していたことがわかった。
事件から一夜明けた熊谷市の現場は、規制線の奥で、84歳の女性が亡くなっているのが初めに見つかった。
そして、200メートルほど離れた現場で、親子3人が亡くなっているのが見つかった。
この事件は、16日夕方、熊谷市石原の白石和代さん(84)、そして、近所に住む加藤 美和子さん(41)と、娘で小学5年の美咲さん(10)、小学2年の春花さん(7)が、自宅で複数回刺され、殺害されているのが見つかったもの。
身柄を確保されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)は、警察に取り囲まれた際、加藤さん宅の2階の窓に腰かけていて、手首を切ったうえ、窓から飛び降りて、意識不明の重体となっている。
警察は、9月13日、別の住居侵入事件で、ナカダ容疑者の逮捕状を取っていて、14日に田崎 稔さん(55)と妻の美佐枝さん(53)が刺されて殺害された事件にも、ナカダ容疑者が関与したものとみている。
ナカダ容疑者は、住居侵入事件前の13日午後、不審者情報を受けて、警察が、熊谷署で事情を聴こうとしたところ、付き添いの警察官を振り切り、逃走していた。
容疑者が家に来たという人は「なんか手出して、『金、金』って言われて、主人が、『ないよ、金はない、持ってないよ』って言って、で、それで1回終わったんですけど、おかしいなと思って、警察に通報したらしいんです」と話した。
埼玉県警は、ナカダ容疑者が所持品を置いて逃走したことから、当直の5人で捜したほか、警察犬を要請したものの、発見には至らなかったという。
また、殺害事件の発生前に注意喚起をしなかったことについては、周知できるほどの証拠がなかったとしているが、今後、より詳細な経緯の検証が求められることになる。.最終更新:9月17日(木)12時50分


埼玉・熊谷市6人殺害 容疑者の姉「日本に行って精神的に病んだ」
フジテレビ系(FNN) 9月17日(木)12時50分配信

埼玉・熊谷市で、小学生の女の子を含む6人が殺害された事件を受けて、ペルーに住む容疑者の姉は、「弟は普通の子だったけど、日本に行って精神的に病んでしまった。(ナカダ容疑者は)『誰かに追いかけられている、自分は殺される』と言っていた」と話した。
ナカダ容疑者の姉によると、ナカダ容疑者は、10人兄弟の末っ子で、上から4番目の兄、ペドロ・パブロ服役囚は、17人を殺害したとして、2007年に懲役35年の刑が確定し、服役している。
ナカダ容疑者は兄の殺人を目撃し、精神的にショックを受けていたという。.最終更新:9月17日(木)14時29分


▼ペルー人の男 母娘や夫婦など6人殺害か
9月17日 10時20分
16日、埼玉県熊谷市の2軒の住宅で小学生を含む合わせて4人が相次いで死亡しているのが見つかり、警察はペルー人の30歳の男の身柄を確保しました。今月14日には近くの別の住宅で夫婦が殺害される事件があり、警察は男が合わせて6人を殺害した疑いがあるとみて調べています。
16日午後4時半ごろ、熊谷市石原の住宅で1人暮らしの白石和代さん(84)が浴室で血を流して倒れているのが見つかりました。警察が付近を捜査していたところ、別の住宅の2階で刃物を持った外国人の男が見つかり、男は刃物で自分の腕を何度か刺したあと転落し、警察官が身柄を確保しました。
この住宅では1階と2階のクローゼットで母親の加藤美和子さん(41)、いずれも小学生で長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)が血を流して倒れているのが見つかり、2軒の住宅の4人はいずれも死亡が確認され、警察は殺害されたとみています。
身柄を確保されたのは、ペルー人で住所、職業とも不詳のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)で、別の住居侵入の疑いで逮捕状が出ていました。頭の骨を折って意識がないということです。
熊谷市内では今月14日、1キロ余り離れた別の住宅で、夫婦が刃物で刺されて殺害される事件も起きています。警察は3つの事件の現場に残された足跡などからナカダ容疑者が合わせて6人が殺害された3件の事件に関わった疑いがあるとみて、調べています。
一方、一連の事件が起きる前の今月13日、消防から警察に「外国人が片言の日本語で意味の分からないことを話している」と通報があり、警察はナカダ容疑者とみられる男から事情を聴きましたが、男は「たばこを吸いたい」と言って、警察署の玄関先に出たあと走って逃げ、その後、行方が分からなくなったということです。その後、熊谷市内で別の住居侵入の事件が起き、警察はナカダ容疑者が関わったとして逮捕状を取り、16日、顔写真を載せた手配書を県内の警察署に送って行方を捜査していたということです。 .逃走中 複数現場で犠牲者次々出るのは異例大勢の被害者が巻き込まれる殺人事件はこれまでにも起きていますが、容疑者が逃走中に複数の現場で犠牲者が次々に出るのは異例です。
ことし3月には、兵庫県淡路島の洲本市の2つの住宅で5人が胸や背中をサバイバルナイフで刺されて殺害され近くに住む無職の男が逮捕・起訴されています。
おととし7月、山口県周南市で同じ集落に住む男女5人が木の棒で殴られて殺害され、住宅2棟に火が付けられ全焼した事件では、ことし7月、殺人と放火の罪に問われた男に死刑判決が言い渡されました。
7年前、東京・秋葉原の繁華街では、元派遣社員の男が通行人をトラックではねたりナイフで刺したりして7人を殺害、10人に重軽傷を負わせたとして殺人などの罪に問われ死刑が確定しています。
さらに11年前には、兵庫県加古川市の2つの住宅で近くに住む無職の男が隣の家に住んでいた伯母や近所の一家など男女7人を刃物で刺して殺害した罪に問われ死刑が確定しています。警察が説明した事件の経緯警察が会見などで説明した、事件に至る経緯は次のとおりです。警察が逮捕状を取ったペルー人とよく似た男と接触したのは、今月13日の午後1時半ごろです。熊谷市内の消防署から「外国人が片言の日本語を話しているが意味が分からない」という連絡があり、警察官が熊谷警察署に連れて行きました。事情を聴くと、「ペルーに帰りたい。神奈川に姉がいる」などと話したということです。
その後、本人の求めに応じ、警察官1人が立ち会って玄関先でたばこを吸わせていたところ、男は警察署の前の国道を横断し、走り去りました。直後に警察署の近くで住居侵入事件が相次いで2件起きます。
翌日の14日、熊谷市見晴町で田崎稔さんの住宅で、田崎さんと妻の美佐枝さんが殺害されているのが見つかりました。
15日、警察は13日に起きた、住居侵入事件で男の逮捕状を取りました。そして、16日の午後4時半ごろ、熊谷市石原の住宅で1人暮らしの白石和代さんとみられる女性が浴室で血を流して死亡しているのが見つかりました。
現場の周辺を警察官が調べていたところ、加藤美和子さんの家のインターフォンを鳴らしても応答が無く、住宅の裏に回ると、ペルー人の男が刃物を持って2階の窓枠に足をかけていました。警察官が説得を続けるなか、男は、自分の腕を刃物で何度か刺して、2階から飛び降り、その場で身柄を取り押さえられました。
その後、住宅の中を調べると、1階と2階のクローゼットの中で加藤美和子さん、小学生の美咲さんと春花さんとみられる3人が死亡しているのが見つかりました。
飛び降りた男は、「かなり重症で意識がない」ということです。一連の対応について、埼玉県警察本部の阿波拓洋刑事部長は、会見で「現段階では必要な捜査を行っていたと考える」と述べました。「仲のいい家族 信じられない」小学生の加藤美咲さん(10)と同じクラスの男の子は「美咲さんはおとなしくてやさしい子です。妹と仲よく近くの公園で遊んでいるのもよく見ました。事件に巻き込まれたのなら悲しいです」と話していました。また、美咲さんと同じ学年の男の子は「低学年のころ一緒に話したり、遊具で遊んだりしたがとてもやさしい友達だった。事件の話を聞いてとてもショックです」と話していました。男の子の母親は「美咲さんは勉強が得意なとってもいい子です。お母さんもいつもにこにこしていて仲のいい家族です。事件の話を聞いて信じられない思いです」と話していました。

また、白石和代さんの知り合いの女性は「白石さんは静かで穏やかな人です。大正琴を趣味にしていました。トラブルを抱えるような人ではないと思います。この間、会った時に元気だよ遊びに来てと言っていました。事件のことを聞いて驚いています」と話していました。


▼身柄確保の男 6人殺害関与か2015年9月17日(木) 12時46分掲載 .


殺人現場の位置関係
<熊谷6人殺害>夫婦殺害現場に類似足跡 6人殺害に関与か
◇埼玉県警「死亡の4人、殺害された」と断定

 埼玉県熊谷市で16日、2軒の住宅で計4人が死亡した事件で、埼玉県警は4人とも殺害されたと断定した。1軒目の現場に残っていた足跡と酷似する足跡が、14日に同市で発生した夫婦2人の殺人事件の現場でも見つかっていたことが判明。16日の2軒目の事件後に身柄を確保されたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)が履いていた靴ともほぼ一致した。県警は同容疑者が計6人の殺害に関与した疑いがあるとみて捜査している。(毎日新聞)

[記事全文] .4人殺害を断定
4人の遺体、浴槽やクローゼットから 熊谷の母子ら殺害
朝日新聞デジタル(2015年9月17日)
<熊谷6人殺害>もう鬼ごっこできない…被害の小学生姉妹
毎日新聞(2015年9月17日)
熊谷4人死亡 怒号「包丁捨てろ」 逃走男、飛び降り「壁、血まみれだった」
産経新聞(2015年9月17日)
夫婦は14日に死亡
<熊谷夫婦殺人>夫婦の死因は失血死 現場に大量の血、2階で襲撃か
埼玉新聞(2015年9月17日)ペルー人の身柄確保
<熊谷4人殺害か>13日、聴取中に逃走 ペルー人の男(2015年9月17日)


▼母子ら殺害後、遺体を隠した跡 熊谷6人殺人
9月17日(木)12時2分配信


. 埼玉県熊谷市石原の民家2軒で16日に女児2人を含む計4人が死亡した事件で、4人が見つかった場所がふたをした空の浴槽やクローゼットの中だったことが捜査関係者への取材でわかった。いずれも刃物で刺された傷があった。県警は同一犯による殺人事件と判断。犯人が事件の発覚を遅らせようとした可能性があるとみて調べている。

 県警は17日未明、現場近くで身柄を確保したペルー国籍の男(30)の身元について、住所・職業不詳のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者=別の住居侵入容疑で逮捕状=と発表した。容疑者の靴底は現場の2軒のほか、14日夕に刺殺された同市見晴町の田崎稔さん(55)、妻美佐枝さん(53)宅に残されていた足跡ともよく似ているという。

 捜査関係者によると、ふたをした空の浴槽内で血を流して倒れているのが見つかったのは、一人暮らしの白石和代さん(84)。近くの住宅では、女児2人が2階の、もう1人が1階のクローゼット内で見つかった。県警の説明では、いずれも死後数時間が経過していたという。県警は18日、4人の遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。

 県警は白石さんのほかに死亡した3人の身元について、現場の住宅に住んでいた加藤美和子さん(41)、加藤さんの娘で小学生の美咲さん(10)、春花さん(7)と断定した。

 ナカダ・ルデナ容疑者は16日午後5時半ごろ3人が見つかった民家にいるのを警察官に発見された後、2階から飛び降りて頭を強く打ち、意識不明の重体になっている。


【関連記事】
叫ぶ警官「包丁捨てろ」「落ちたぞ」
身柄確保の男?事件前に署から逃走 対応問題ないと県警
女児ら4人死亡、殺害か ペルー人の身柄確保 熊谷
殺害後に乗り捨てか 被害者の車が移動 熊谷の夫婦殺害
熊谷の夫婦殺害、短時間の犯行か 発見1時間前にメール
最終更新:9月17日(木)13時58分


▼熊谷の連続殺人事件 なぜ容疑者の名字は日本名の「ナカダ」?
ツイート 2015年9月18日 15時13分 熊谷での殺人事件の容疑者とされているペルー国籍の男
約3万円で日本国籍の人と養子縁組をし、名字が「ナカダ」になったという
日本で日系人の子孫を名乗ると優遇されるとペルーでは考えられている
記事を読む


熊谷6人惨殺!ペルー男なぜ日本名「ナカダ」?日系人は優遇されて稼げる
ツイート 2015年9月18日 15時13分
J-CASTテレビウォッチ
埼玉県熊谷市で6人を殺害したと見られているペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)は意識不明の重体のままで、本人からの供述は得られない状態という。

田崎稔・美佐枝さん夫婦が殺害された前日のナカダの行動が分かってきた。13日(2015年9月)午後1時ごろに近所の住宅敷地に侵入し、住民男性によると電話を掛けるしぐさで、ケイサツ、ケイサツって言って、そのうち財布を取り出し、カネガナイと言っていた。男性の110番通報で熊谷警察署に任意同行を求められ、ペルーに帰りたいなどと片言の日本語で話していたが、財布などの持ち物を置いたまま逃走した。その後、男性にカネ、カネと物乞いをしていた。

犯行前日に突然退職「背広を着た人に追いかけられている。もう工場に行けない
ナカダは10人兄弟の末っ子で、05年に来日して関東近郊の工場を転々とし、8月から群馬県伊勢崎市のサラダ製造工場でキャベツを刻む作業をしていた。仕事ぶりは真面目だったという。ところが、今月12日に派遣会社に退職したいと電話をしてきて、理由を聞くと背広を着た人に追いかけられている。もう工場に行けないと話した。

伊勢崎市は在日ペルー人の5%、2300人が暮らし、ペルー人が多い町だ。工場で一緒に働いていた日本人同僚は、日本語は片言しか分からなかった。外国人は仕事に入ったら『こんにちは』って話してくるけど、全然しゃべらない。友だちはいなかったようです。食事もいつも一人で食べていましたと話している。

実兄もペルーで恐れられた連続殺人犯!神に命じられたと次々25人殺害
2年前にペルーのテレビ局が放送した、12歳上の兄ナカダ・ルデナ・ペドロ・パブロ(42)を史上最悪の連像殺人犯として特集した番組があった。兄は06年に男性を射殺し、その後も25人を次々と人里離れた場所に連れて行き殺害したというのだ。犯行の理由を売春婦、同性愛者、麻薬患者、強盗、世の中の屑どもを殺して地球をきれいにするように神さまに命令されたんだと話した。実際に殺害された中には、理髪師や15歳の少女まで含まれていた。

兄は17件の殺人容疑で35年の禁固刑が確定したが、精神疾患を理由に責任能力が問えないと判断され、刑務所内の病院で治療中という。

兄弟は「ナカダ」という日本人の名字を持っている。小松靖アナが説明した。兄も最終的には日本に行く目的があったようです。約3万円を払い、日本国籍の人物と養子縁組をしたんです。日本では日系人の子孫を名乗ると尊重し優遇してくれるとペルーでは考えられているらしいです


外部サイト
安倍内閣の「徴兵制ありえない」信用できん!禁止してる憲法ねじ曲げ張本人6人惨殺容疑『ペルー人』事情聴取中に逃げられてた埼玉・熊谷署!逃走後に次々犯行?人工知能同士を会話させてみたら...バカップル誕生!【Siri×りんな】


①埼玉熊谷6人殺害ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン殺人鬼兄ペドロ・パブロは17人殺害!
⑧②埼玉熊谷6人殺害ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン殺人鬼兄ペドロ・パブロは17人殺害!
⑫③埼玉熊谷6人殺害ナカダ・ジョナタン殺人鬼兄ペドロ・パブロは17人殺害!
⑮④埼玉熊谷6人殺害ナカダ・ジョナタン殺人鬼兄ペドロ・パブロは17人殺害!
⑰⑤埼玉熊谷6人殺害ナカダ・ジョナタン殺人鬼兄ペドロ・パブロは17人殺害!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR