ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

【朗報】橋下徹支持者は「人格障害」ないし「うつ病」!不支持者は正常!

橋下が精神病のリトマス試験紙になったようです

橋下徹支持者の方々はこじれないうちに一度精神病院でみてもらった方がいいですよ
身内や知り合いに橋下徹支持者がいたら要注意です


病跡学 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/病跡学?キャッシュ
病跡学(びょうせきがく、英: pathography 独: Pathographie)とは、歴史的に傑出した人物の生涯を精神医学及び心理学的観点から研究分析し、その活動における疾病の意義を明らかにしようとする学問。パトグラフィーとも呼ぶ。


http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20121023


2012-10-23 恐るべき病跡学「独裁」入門 (集英社新書)香山リカ著から引用します。


■読解1

 率直に言って、私は橋下氏を「精神疾患だ」と診断したことはない。ではなぜこんな発言が投稿されたかについて、私は次のように考えた。

 「おそらく橋下氏は、ブックレットに載った私の発言をちらっと目にして、「病気だと診断された」と”早とちり”したのではないか。もしかしたら、活字で見たのでなくて、側近か誰かかから、「病気だと言ってましたよ」と聞いて、誤解しただけかもしれない」。

 私の発言については、具体的に紹介したい。そのブックレットとは、市長選が告示されてから出版された「橋下主義(ハシズム)を許すな!」(内田樹、香山リカ、山口二郎、薬師院仁志著。ビジネス社、2011)だ。私の発言箇所を引用してみよう。

 「そういうためらいの部分が、私たちが生きて行く中にはありますけども、橋下さんはそれを切って捨てて、さあどっち、長か半か、みたいなことを迫ってくる。そういうやり方に対して、迷ったすえにやっぱりそっちが正しいんじゃないか、みたいなためらいを含んだ曖昧さではなく、バトルの構図の中でどっちをとるのかと迫ってくる方が、魅力的に見える。そういうふるまい方というのは、私たち精神科医からすると、ある種の危機や不安を抱いている病理のひとつの証拠だと思えてしまいます。

 というのは、私たち精神科医からみると、患者さんと呼ばれる人たちの中にも、往々にして黒か白かというような選択しかできないという状況においやられてしまう人たちがいる。その人たちの多くは非常に不安な状況だったり、自分の価値観が一定しない。たとえばひとつの病名をあげますと、ボーダーライン・パーソナリティー障害といわれる状況の人たちは、自分の周りのすべてのことを白か黒かで判断してしまう。あるいはうつ病の中でもそういう傾向を持ってしまう人たちがいます。つまり黒か白かという判断しかできない人たちを見ると、私たちは、ああこの人自分が今かなり不安に心を占拠されてるんだなと、精神医学的な病理を感じてしまいます。」

 これ以外、選挙の前後で、私が橋下氏に言及した出版物はないので、ツイッターでの「病気だと診断してた」というのはこの文章を指してのものではないか、と推測される。

太字部分が橋下氏に直接会わずに精神疾患と診断したとされた部分です。恥ずかしながら初めて読みましたが、私にもそう読めます。ところがそうは読まないそうです。香山氏はこの文章に続いて正しい読解を示してくれています。

 ただ、先に引用した文章の中には「橋下さんって○○病ですよね」などと診断を下す箇所はないのは明らかだ。繰り返すことになるが、私が橋下氏について指摘したかったのは、橋下氏がどんなイシューに関してもまず「対立の構図」を作るということ、そこで「さあ、どっち」とばかりに二者択一を有権者に迫るというやり方を取るということ、そのふたつの姿勢だ。たしかにそれに続く箇所に「(そういったリーダーが)魅力的に見える。そういうふるまい方というのは、私たち精神科医からすると、ある種の危機や不安を抱いている病理のひとつの証拠だと思えてしまいます」と述べているが、これは主に「黒か白か」と迫るリーダーを「魅力的だ」ととらえてしまう有権者のそのふるまい方が「危機や不安を抱いている病理のひとつの証拠だ」と言っているのであり、橋下氏を病気だと断定してるわけではない。

 もしかすると橋下氏はこの「病理」という単語に反応し、そしてさらに続く箇所、その「不安」があるとなぜ二者択一にとびつきたくなるのかを、「ボーダーライン・パーソナリティ障害」という精神医学用語を使って解説した部分を読んで、「自分は病気だと診断された」と理解したのではないだろうか。この部分にしても、橋下氏個人の診断のために、あえて精神医学用語を持ち出したわけではないのだ。

読解のポイントは太字部分の


魅力的に見える

ここにあるようです。文中に主語は無いのですが、ここの主語は「大阪の有権者」になるとしています。正しい読み方は、橋下氏がシロかクロかの二択を迫る政治手法に魅力を感じてしまう大阪の有権者を「ボーダーライン・パーソナリティー障害」ないし「うつ病」であると精神医学的に分析し診断を下したものであると言う事のようです。

筆者がそう言っているのですから、正しい読解はそうなんでしょうが、その読解も結構なもののように感じます。だって橋下氏を支持した大阪の有権者は「ボーダーライン・パーソナリティー障害」ないし「うつ病」であり、そういう精神状態に異常を来たした支持者に橋下氏は支持されている事になります。つまり、


橋下支持者:「ボーダーライン・パーソナリティー障害」ないし「うつ病」あり
橋下不支持者:正常

こうしているようにも読めるからです。多くの者が「誤読」した方は橋下氏への個人攻撃に留まりますが、筆者が示す正しい読解では大阪で橋下氏を支持した有権者を根こそぎ精神疾患状態とし、返す刀でそういう有権者に支持された橋下氏はどうなんだになるからです。


■読解2

読解1を読んでそもそも論の疑問が出てきます。精神科医が橋下氏なり大阪の有権者を精神分析し、これを広く公言する事が許されるんだろうかです。誰であれ他者を精神疾患状態であると指摘するのは安易に行って良いとは私には思えないからです。これについて是とする理由を香山氏は述べられています。

 あるいは、たとえ橋下氏を診断したのではないにしても、彼を支持する有権者やその人たちを生んだ社会に病理を見出そうとすることじたい、「会ってもいないのに診断名をつけた」と言いたかったのであろうか。実は、精神医学の応用領域には「歴史精神医学」や「病跡学」と呼ばれる分野がある。これは、歴史上にみられる特徴的な社会や過程、あるいはそこでキーパーソン的な役割を果たした人物について、精神医学的に分析を加えたり、ときには「この疾患におけるこういう病理があったと認められる」と踏み込んだ解釈を行ったりするものである。ここで分析される対象となりうるのは、「指導者」と「政治に参加する民衆」ということになる。

 たとえ「指導者」が分析の対象となった場合でも、この研究では時の為政者に精神医学的なレッテルを貼ることが目的なのではない。時代や社会を象徴する突出した人物に精神医学的な光をあてることで、人間や社会を多角的に理解したり、人間の歩みの秘密を読み解くひとつの鍵にしたりするというのが、この研究領域の目指すところなのだ。

 ただ、こういった方法論を用いた場合でも、守らなければならない倫理はもちろんある。たとえば、いくら指導者的な素質がある人でも、市井の一般人をいきなり取り上げて、そこに精神医学から光をあてるのは控えるべきだ。正常心理を読み解くことが多い心理学とは違い、精神医学的な発想はどうしても「病理」や「異常心理」に偏りがちだからだ(ただし、私たちは「病理」が「正常心理」に比して劣るとか欠けるとは、考えていない。むしろ、多くの人たちの芸術的な活動がその創作の源泉である意味での病理性に得ていることなどは、よくしられているだろう)。

 しかし、橋下氏は大阪府知事から転じて市長選への立候補を表明した時点で、「日本でもっとも注目される政治家」であった。公人である橋下氏や氏を取り巻く現象に精神医学的な光をあてたからといって、それは「医師としての倫理違反」にはならないと考える。

 もちろん、そういった分析、解釈は事態が現在進行形で動いているときではなくて、すべてが終わった後に行うべきだ、という考えもあるかもしれない。しかし、これは私の個人的な価値観なのだが、世の中がきわめて重要な転換点にあると考えられるときには、現在進行形の時点で、事態に精神医学的分析、解釈を加えることも許されるのではないか、と考えている。政治評論家が橋下氏の政治手法をこれまでの政治家と比較して解説し、ファッション評論家が橋下氏のファッションセンスを採点する、といった具合でいろいろな方面からひとつの現象に光をあてようとする中に、「精神医学的な視点から」という分析、批判も当然ありうるだろう。

 実際に私は、これまでも社会で大きなできごとが起きたり、社会的注目度が高い指導者が現れたときには、それが歴史になる前にリアルタイムでの分析を積極的に行ってきた。たとえば「郵政選挙」のときの小泉純一郎氏や、ブッシュ大統領時代のアメリカのイラク戦争などにたいしてがそれだ。

まず患者と言うか分析対象者に会わずに精神分析を行う事は歴史精神医学ないし病跡学として正当であるとしています。たしかに歴史上の人物の事績を辿り、その精神分析を行う研究は耳にした事はあります。またその研究を引用した人物評伝も読んだ事はあります。私の知識が足りないので「歴史精神医学 ≒ 病跡学」と解釈して話を進めますが、日本病跡学会より、

 病跡学とは、宮本忠雄氏によれば「精神的に傑出した歴史的人物の精神医学的伝記やその系統的研究をさす」、福島章氏によれば「簡単にいうと、精神医学や心理学の知識をつかって、天才の個性と創造性を研究しようというもの」です。病跡学という用語は、ドイツの精神科医メービウスが20世紀初頭に造語したパトグラフィー(Pathographie)の翻訳で、他に、病誌・病蹟などとも訳されますが、こうした研究領域は古代からの天才研究にその源流をみる向きもあります。加藤敏氏は「学際的領域に位置して、創造性と精神的逸脱の関係を探ろうとする病跡学の独自性は、精神医学が築き上げた疾病概念や病態把握、および癒しといった観点から、人間の創造性に光を当てるという問題枠に求められる」と述べています。

 何らかの精神障害を病んだ天才の病理と創造性を論じるのが狭義の病跡学研究といえるでしょうが、現在、それに留まらず、病跡学の範囲は広がっています。対象となる「天才」も、従来、好んで取り上げられた小説家や画家のほかに、音楽家や写真家、さらには科学や政治あるいは哲学の分野の天才も俎上に載せられています。また、狭義の精神障害のない天才の生涯と創造を心理学的あるいは精神分析的に辿っていく研究、近親者の精神疾患が創作者に及ぼす影響の研究など、その裾野は広がっています。

 中谷陽二氏は天才研究のほかに、病理としての表現、精神分析的な作品分析にも病跡学の主要な端緒を認めています。特に傑出したとされるわけではない「普通の」患者の描いた作品において、その病理と創造性の関係を論じるのが表現病理であり、こうした方向の関心はアウトサイダー・アート(アール・ブリュット)への注目と結びついています。他方、芸術活動の治療的側面に関しては、芸術療法の実践とも関連を持った分野です。また、精神分析的な作品分析はフロイト自身が手を染めており、病跡学ともかかわりの深い分野といえましょう。

これを読む限り病跡学の精神分析対象者は「歴史的人物」となっています。おそらくですが、既に故人となり歴史的評価が定まった人物を対象に行うのが基本であると見ます。そりゃ、現役の人物を対象にすれば問題が起こりそうだからです。誰だって精神疾患である、ないしは精神疾患の傾向があると公然と言われて喜ばしいはずがないからです。ただなんですが日本病跡学会の定義にも、


裾野は広がっている

こうなっています。どう広がっているかは門外漢には把握し難いのですが、香山氏は病跡学の名の下で「指導者」と「政治に参加する民衆」を精神分析を行うのを正当とした後、


もちろん、そういった分析、解釈は事態が現在進行形で動いているときではなくて、すべてが終わった後に行うべきだ、という考えもあるかもしれない。しかし、これは私の個人的な価値観なのだが、世の中がきわめて重要な転換点にあると考えられるときには、現在進行形の時点で、事態に精神医学的分析、解釈を加えることも許されるのではないか、と考えている。

香山氏は本来の病跡学としては「現在進行形」の人物(今回であれば橋下氏及び大阪の有権者になりますが)は分析対象にするのは「どうか」の部分はあるとする一方、「世の中がきわめて重要な転換点」にあるのであればOKであるとしています。さて、これは病跡学として正しい手法になるのでしょうか。ここについては私より香山氏が専門家であり「裾野は広がっている」範疇に含まれているとされれば根拠のある反論が行なえません。

ただちょっと怖いのは、病跡学の名の下であれば、「指導者」なり「政治に参加する民衆」に精神医学的分析を加え、精神疾患であるまいしは精神疾患の傾向があると公言しても、


この研究では時の為政者に精神医学的なレッテルを貼ることが目的なのではない

あくまでも研究であるのでレッテル貼りから免責されるとしています。その理由はファッション評論家が指導者なりのファッションセンスを評論するのと同等であるともしています。私は凄い違和感を感じざるを得ないのですが、精神科医がそう言うのですから、きっとそうなんだろうぐらいしか言い様がありません。病跡学がこんなに適用範囲の広い学問である事を初めて知りました。




■政治と精神医学

香山氏の主張に違和感を感じていますが、本職の精神科医が「そうである」と主張するものを根拠無く否定できません。論点を変えてみます。現在進行形の「指導者」や「政治に参加する民衆」を病跡学の名の下に精神医学的分析を加えるのが医師の倫理にも反しない正当行為であるとしても、あくまでも学問分野に留めるべき話ではないかと言う点です。

政治と精神医学の関係について、前に香山氏の原発発言が問題になった時に、Haruki kazano氏がツイッターで、

意見の違う人を精神病者扱いするというのは、かつて全体主義国家とそれに荷担した精神科医がやってきたことで、その反省を踏まえれば精神科医は絶対に口にしてはいけないことなのに。

こうされています。ここの解釈の一つとして精神医学を政治に利用するのも好ましくないも含まれるかと存じます。ここについてはHaruki kazano氏も精神科医であり根拠はあると考えます。たとえば政敵を精神科医を利用して「あいつは精神疾患である」と追い落とすような行為は宜しくないであろうです。香山氏の大阪市長選挙時に出版された題名は、


「橋下主義(ハシズム)を許すな!」(内田樹、香山リカ、山口二郎、薬師院仁志著。ビジネス社、2011)

ハシズムとはファシズムをもじったものであり非常に悪意を込めた表現であるのは誰でもわかります。もちろん橋下氏を政治的に好まない相手として「ハシズム」の表現を使う事自体は、品は良くないですが許容範囲と考えます。許容範囲はあくまでも政治的批判の範囲においてです。この本が出版されたのは、


市長選が告示されてから出版された
橋下氏は大阪府知事から転じて市長選への立候補を表明した時点で、「日本でもっとも注目される政治家」であった

大阪市長選への話題性を狙った出版である事がわかります。そういう時期に「指導者」や「政治に参加する民衆」に精神医学的分析を加え「パーソナル人格障害」とか「うつ病」の病理があると公言するのは果たして病跡学の研究の範疇に留まるのであろうかです。またそういう批判が「指導者のファッションセンスがダサイ」と同列の影響しかないと言って良いのであろうかの疑問です。

私は違和感を感じざるを得ないのですが、香山氏はそのすべてを明快に肯定されています。そうなると橋下氏だけでなく、香山氏が気に入らない政治的指導者が出現するたびに同様の手法を取っても、香山氏は病跡学の名の下に精神医学的分析を行っても免責され続けるになります。まさに「恐るべき病跡学」です。

コメントを書く
10年ドロッポ 2012/10/23 09:21
フツーに名誉棄損だか侮辱罪だと思うんですが…。このご高説を是非、裁判官の前で垂れてみてほすぃw
*敗訴したところで「素人の裁判官に理解出来る筈がない」、くらいは言いそうなのが容易に想像出来ますが…。


Bugsy 2012/10/23 09:52
歴史好きが嵩じて 古本屋で王丸勇氏の病跡学の本を購入したことがあります。松平忠直や犬公方の事跡を精神病理学からの観点で論説していました。この著者は精神科の教授で斯学の雄であったそうですが 登場人物に対する深い哀惜を感じました。またとても古文献を読むのがお好きなようでした。退官された教授が歴史好きな様子が見て取れます。
こういった人物評は結局著者のお人柄が浮き彫りになっています。歴史上の人物の病的酩酊についても 温かく同時に深い見識を感じました。

棺の蓋を閉じて初めて該当する人物の評価をするのならともかく、現役の人間、ましてやその支持者のことを精神病理学的に断ずるなんてことは 著者の品格を疑います。存命中ならば直接会ってインタビューすれば良い事です。

病跡学は本を読んでいただくと分かるように、非常に楽しく温かい視線から歴史上の人物をとらえています。徳川綱吉は居丈高だった。その理由は身体障害から....母親の出自から....もっと色んな角度からの人間観察であるはずなのに残念です。


Seisan 2012/10/23 10:02
確かに、この手の「対立構図を作り、白黒を無理やり選択させる」手法は、ヒットラー(というより、厳密にいうとゲッペルス、かな?)も使い、それによりドイツは暴走しました。でも、よく歴史を推考するとこの手法はいつの世でも使われています。
フランス革命しかり、ロシア革命しかり、明治維新ですらそうです。近年を見てみると、ケネディも同じようなプロパガンダを用いていましたし、ごく最近でも小泉純一郎もそうです。実際には今の民主党政権も同様な手法で選挙戦を戦ってます。まあ、民主党はそれをしたにもかかわらず、実現する能力がなかった点で支持を失っているわけですが。

つまり別に特殊な手技・手法ではないということ。

ただし、旧来の日本的な政治思想(争いを好まず、調整力が重視される)にはなじまないので、反対勢力が「あいつ(ら)はビョーキだ(「病気」に非ず)」と攻撃するわけです。

今回マスコミが揃って橋下氏のやり方に批判的ですが、そういった右へならえ的な日本のマスコミ報道も精神病理学的にはかなり病的なものだと言っていいのではないかと思います。


当直明け 2012/10/23 10:40
この文章はもともと橋下大阪市長のツイッターでの発言

「香山氏は、一回も面談したことがないのに僕のことを病気だと診断してたんですよ。そんな医者あるんですかね。患者と一度も接触せずに病名がわかるなんて。サイババか!」

を受けての反論として香山氏が述べた部分です。
香山氏は「橋下氏を病気だなどとは診断していない」と反論されていますが、橋下氏本人であろうと、橋下氏を指示する大阪市民であろうと「病気、病態」を「病理」と置き換えて「病気だとは言っていない」とする彼女の主張は妥当なのでしょうか。この点も腑に落ちません。


sasimininja 2012/10/23 11:34
(指定医を持っているなら)精神科医というものが、他人を同意なしに強制的に入院させる強権を持つ職種だ、という自覚がないんでしょうね、この人。
同じ医師として恥ずかしいです。

>実際に私は、これまでも社会で大きなできごとが起きたり、社会的注目度が高い指導者が現れたときには、それが歴史になる前にリアルタイムでの分析を積極的に行ってきた。たとえば「郵政選挙」のときの小泉純一郎氏や、ブッシュ大統領時代のアメリカのイラク戦争などにたいしてがそれだ。

では、彼女は鳩山由紀夫や菅直人に関して何か分析を行ったのでしょうか?
ある特定のカテゴリーの人物ばかり精神病扱いするようでは、好き嫌いを精神疾患にこじつけていると認識されても仕方ないと思いますね。


10年ドロッポ 2012/10/23 12:31
>同じ医師として恥ずかしいです。

「医師」じゃないでしょうこの人は既に。免許は持ってるのかもしれませんが。
*オレモナーw

>では、彼女は鳩山由紀夫や菅直人に関して何か分析を行ったのでしょうか?

私は、特に後者はマジモンのアレだと確信してるんですが誰か彼女以外のホンモノの精神科医の方コメントキボンヌ。


10年ドロッポ 2012/10/23 13:46
訂正です。
×後者
○前者

目糞鼻糞五十歩百歩ではありますが…。


tadano--ry 2012/10/23 14:06
 この方の著書は何冊か読みましたが、自分の直感があり、それを都合良く正当化する事実を見つけ、そして自分の直感は正しかったのだ! というパターンの繰り返しです。実証的な検証は何もされていません。

「○○を飲んでガンが消えた!」と何が違うのだろう…


うらぶれ内科 2012/10/23 14:42
>目糞鼻糞五十歩百歩ではありますが…。
あ~ぁ、言っちゃった。ブログおとり潰しになったらあんたのせいよw

>実証的な検証は何もされていません。
そりゃ、学問?の性質上無理ってもんでw


当直明け 2012/10/23 16:38
Diamond Onlineの香山氏のコラムからの抜粋です。
http://diamond.jp/articles/-/15769?page=2

>繰り返しますが、橋下さんご自身の内面的なことを問題にしているのではありません。私は、テレビやネット、新聞や雑誌などのメディアに流れていて、誰にでも触れることのできる橋下さんの発言や行動から見えてくる〈橋下的なもの〉に対して物を言っているだけなのです。

私には彼女のロジックが理解不能です。橋下的なものに対してコメントしているって橋下的なものとは社会現象であるとでも言いたいのでしょうか。それで精神科医としての倫理は守られていることになるんですかね。

Yosyan様の本日の結語、毎回ながらさすがです。


Bugsy 2012/10/23 17:01
香山リカ氏はペンネームで評論家として活動されていますが 精神科の診療は本名でされているはずです。
香山リカ氏が評論家として その名前で医療以外にも社会に目を向けてたくさん執筆活動をして たくさんテレビに出られのは一向に構いません。

しかしその香山リカと名乗りつつ 実名の精神科医としての顔がもたげているんです。
これはちょっとおかしい。少なくとも北杜夫は そんなことはしませんでした。作品のなかで我々読者は色んな素晴らしい感性を見せてもらいましたが、実名の斉藤何某という精神科医の顔を見せませんでした。まずは文筆家と診療科医(ずいぶん早くお辞めになったにせよ)と 文章に中できちんと分けてらっしゃいました。

オイラが思うには出版社がつい香山氏の言動を権威づけようとして枕詞として精神科医を標榜させてるんですかね。普通に大学心理学教授でも評論家でも名乗らせてテレビに出ればいいじゃないですか。

実名でもないのに精神科医と名乗るから読者や視聴者は精神科医の意見として あたかも正しい事のように受け取るんです。リカちゃん人形が好きだから リカって名前にしました---って テレビでにっこり笑えば そのあと何をいっても大概は許しますよ。精神科医ってことにそんなに拘るのは何故なんだろ


tadano--ry 2012/10/23 18:15
Bugsyさま

>精神科医ってことにそんなに拘るのは何故なんだろ

 一連の著作を読むと、精神科医としての立場を利用し、香山氏個人の思想に合わない相手を精神病扱いしているようにしか思えない。それが橋下氏本人であろうが、それを指示する一般大衆であろうが、同じ事です。

 つまり精神科医という肩書きは、香山氏が自分のレトリックに正当性を持たせるために欠かせない道具なんです。橋下氏の件に関してみれば、香山氏は行政や地方自治のしくみについて何も知らないし、政策について勉強した節すら見当たらない。

 理想はお高いようですが、行政というのは具体的に何をするか、それがどんな結果を生むかが問われる世界です。一つ一つの案に対して具体的に反論しないと批判は成立しない。個人的な感情を精神科医の肩書きを背景に社会全体の風潮に置き換えるテクニックは、少なくとも橋下氏には通用しないでしょう。


Yosyan 2012/10/23 19:49
 >精神科医ってことにそんなに拘るのは何故なんだろ

私もtadano-ry様の意見に同意です。精神科医であるのに価値があるのであって「大学心理学教授」や「評論家」では芸能界でのポジションを失うぐらいの理解で宜しいかと。彼女の芸能界でのポジションは「女性の『本職』精神科医」つうところです。それ以外なら用がないです。

求められている演技は・・・見ての通りです。


Bugsy 2012/10/23 21:29
tadano--ry さま Yosyanさま

オイラが口を出しにくいところを仰っていただき 有難うございます。

>彼女の芸能界でのポジションは「女性の『本職』精神科医」つうところです。それ以外なら用がないです。

男性として自分よりも年下の同業と思しき女性を叩くのは どうにも気が引けます。しかし この言葉に尽きるでしょうね。ミスナンチャラの美人女医さんもタレントでいるようですが 医療問題や精神病理に関しては口を封じています。それはそれで美人女医ゆえに 医者は金持ちなんだろという世間の期待によく答えて演じていると思います。

どういう切り口で香山氏は売り込みたいのでしょうか。ミエミですがね。時事問題でもご意見を持ってる精神科医ですか?
マスコミの該当する分野で人手がいないから珍しがられて世間から受けてるだけでしょうか。

一回学会でお目にかかりたいです。ボーダーラインかうつ病か、オイラの外来にも紹介で来られるけど この二つの疾患は患者の訴えにしても相当違いますぞ。 本物の躁病という奴を見せてやりたい。


京都の小児科医 2012/10/24 04:16
>政治と精神医学の関係について、前に香山氏の原発発言が問題になった時に、Haruki kazano氏がツイッターで、
>意見の違う人を精神病者扱いするというのは、かつて全体主義国家とそれに荷担した精神科医がやってきたことで、その反省を踏まえれば精神科医は絶対に口にしてはいけないことなのに。

基本的な質問・疑問なのですが、具体的な事例があるのでしょうか  ソビエト? 私的には具体例が思いつかなかったので、さらにその反省といわれるとよくわかりづらいです。

たとえば、ヘルシンキ宣言というのがあります。
「ヘルシンキ宣言(ヘルシンキせんげん、Declaration of helsinki)は、1947年6月、ナチスの人体実験の反省より生じたニュルンベルク綱領を受けて、1964年、フィンランドの首都ヘルシンキにおいて開かれた世界医師会第18回総会で採択された、医学研究者が自らを規制する為に採択された人体実験に対する倫理規範。正式名称は、「ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則」である 。」ウキペディアより
この中のニュルンベルク綱領でもいいのですが同様に
>かつて全体主義国家とそれに荷担した精神科医がやってきたことで、その反省を踏まえれば精神科医は絶対に口にしてはいけないことなのに。

政治と精神科における歴史的経過を含んだ〇〇〇綱領がありそれをうけて〇〇宣言があればその反省を踏まえれば精神科医は絶対に口にしてはいけないこととなるのはわかるのですが
具体的な話が知りたいと思いました。


京都の小児科医 2012/10/24 06:25
意見の違う人を精神病者扱いするというのは、かつて全体主義国家とそれに荷担した精神科医がやってきたことで、その反省より生じた○○綱領があり、さらにその○○綱領を踏まえて○○○○年に精神科医は意見の違う人を精神病者扱いすることはしないという○○宣言がある。
香山氏は明確に○○宣言違反の精神科医である。
という流れがないと、普通の人にとっては何がいいたいかわかりづらいです。
逆にこういった流れ・手順を踏まえないと「精神科医は絶対に口にしてはいけないことなのに」は日本的ないわゆる空気のなかでの言論弾圧になると思います。
(例:あの時点ではそんなことが言える状態(空気)ではなかった。)


suguru726 2012/10/24 11:47
香山さんは「精神疾患」と診断したのではなく、「ある種の危機や不安を抱いている病理ひとつの証拠」と言ったに過ぎません。ここを捕らえて、橋下氏は診てもいないのに精神疾患と診断してくれた、と非難しているのですが、橋下氏得意のすり替えによる攻撃パターンです。

京都の小児科医さんによる香山氏の理解に対する解釈、

>橋下氏を支持した大阪の有権者は「ボーダーライン・パーソナリティー障害」ないし「うつ病」であり、そういう精神状態に異常を来たした支持者に橋下氏は支持されている事になります。

これもまた、橋下氏の解釈を再びなぞったものに過ぎません。
正常者であっても、ある種の危機や不安に曝さされれば、正常の環境では起こりにくい、あるいは起こりえない判断の錯誤が起こりえます。香山氏はこれをを指して病理的反応であると言っているに過ぎません。有権者に対する病気の診断をしているわけではありません。

香山氏がここで述べている「病理」という述語に対する次の留意点の指摘にも注意しておく必要があるでしょう。

>ただし、私たちは「病理」が「正常心理」に比して劣るとか欠けるとは、考えていない。むしろ、多くの人たちの芸術的な活動がその創作の源泉である意味での病理性に得ていることなどは、よくしられているだろう。

人間の精神や心理に、そして精神や心理の下層にはうわべの取り繕いを剥ぎ取られ、あからさまにされれば、異常としか言いようのない動きがあることを精神分析学は明らかにしてきました。この手法は単に精神疾患に罹患しているひとたちの状態把握にとどまらず、正常者の行動パターン、動機の分析に広く使われます。

人々の関心が高い人物について、また、一般のひとから見て思いもつかないような行動に出たり、それで成功を収めた人物に対して精神分析の手法から、その人物の生育歴、環境と行動パターン、動機の関係が明らかにしたいと望む研究者がいたり、あるいはその考察が広く読まれるということは自然なことです。

香山氏は病跡学を現代の人物に応用しても構わないという意見ですが、正確には精神分析学は歴史上の人物か否かを問わず、応用されており、その中の有力分野として病跡学があるというべきでしょう。

問題は香山氏も指摘するように、市井のひとのだれかれに応用していいものではないということです。その人の内面に立ち入った指摘をするわけですから、プライバシーには当然配慮しなくてはならず、人々の関心を集めている公人でなくてはなりません。公人ではあっても、あまりに平凡な言動に終始している人はそもそも分析の対象にはなりません。その点、橋下氏はその言動が最も注目をされている政治家であり、彼自身、「異常人格」と称するくらい突飛な言動をとる人物ですから、対象とするのに問題はありません。

また、これらの手法を用いて行なうのは対象者の病気そのものではなく、その人の関る分野、芸術なら芸術、政治なら政治に対する批評であることを理解しなくてはなりません。

たとえば、Seisanさんは
>今回マスコミが揃って橋下氏のやり方に批判的ですが、そういった右へならえ的な日本のマスコミ報道も精神病理学的にはかなり病的なものだと言っていいのではないかと思います。

と述べていますが、これはマスコミに対する病気の診断ではなく、もちろんマスコミ人の病気診断でもなく、マスコミに対する批評のひとつに過ぎません。


tadano--ry 2012/10/25 06:36
suguru726さま

 うーん、病理と言う言葉が「病気の原因・過程」と言う意味ですから、病理と言う言葉を使うこと自体が疾患の存在を前提にしているわけで…。単に「ある種の危機や不安を抱いている証拠」と書いても何ら問題はなかったわけです。病理と言う言葉を使えば素人は病気と診断された、と思ってもしかたないです。

 精神医学の手法の応用としての病跡学を否定するつもりはありませんが、香山氏の表現はどう考えても言い過ぎです。医師は病気を扱う職業であり、うかつに言葉を使えば他人に「病気扱いされた」と思われかねない、現に橋下氏はそういう反応を示したわけですから、そのことは香山氏に深く受け止めて頂かないと。


田舎内科医 2012/10/26 14:42
suguru726さん

suguru726さんの中で「異常」や「正常」「病理」という言葉の意味が十分整理されていないように思われます。
あるいは香山氏にしてもsuguru726さんにしても自身が定義する用語の意味を一般に理解させることに成功していない、というべきでしょうか。

精神科医として病跡学を用いて分析したのならせめて政治的には中立であるふりくらいするべきでした。
いずれにしても香山氏が結論を導く過程は「専門家による分析」というより「レッテル貼り」と言われるのにふさわしいものだったと思います。


suguru726 2012/10/26 17:47
tadano--ryさま、

医学上でも病理という言葉を使えば「疾患」があることになるわけではありません。病理反応があっても、疾患には至らない場合も存在します。深層心理分野では特にそうです。境界型人格、異常人格の反応には病理的反応がありますが、これらは疾患ではありません。精神病はほぼ、うつ病、統合失調症、神経症の三つしかありませんが、香山氏はこのどれかだと診断したわけではありません。

奇矯な言動の目立つひとに対して、「あのひとは病気だよ」と評することは普通のひとでもよく言うことです。香山氏の橋下批判も彼女でなくとも思いつくほどのことを言ったに過ぎません。ただ香山氏は専門家として意気込んで「分析」したことは確かでしょう。橋下氏は彼女が医師であることを逆手にとって、「医者のくせに診てもいないのに診断しやがった」と噛み付いたのでしょう。

橋下氏は相手を攻撃する場合、巧妙にすり換えを行なって攻撃する術に長けています。その巧妙さはああいう技が私にも出来ればなあ、と羨望するほどです。

しかし、ここで問題にすべきは、橋下氏のその手の口撃が正統かどうかというレベルではないでしょう。彼は時を同じくして、山口二郎、浜矩子、内田樹、中島岳志らをツィッターで攻撃しています。そのやり方はまず、「学者に現場はわからない、俺は現場でやっているからわかっている、学者は実際の現場で業績を上げていなくても国からもらえる立場だ」などとまず、相手のイメージダウンを図って言説の信憑性を疑わせてから反論するというものです。香山氏に対して医師であるのに診ずに診断した、などというのもその類です。学者は学者としての立場、見方から正統な批判をしているのですが、橋下はそれにはまともに答えず、知事・市長としての業績を一方的にまくし立てるというものです。

このような相手をやっつける、凹ますやり方に快哉をあげて、真に問われている問題を棚上げして橋下を支持する大衆も多数存在します。そのようなひとたちはどこか、おかしくないか、大衆心理の病理が働いていないか、私は真剣に疑っています。大衆心理のあり方に疾患が存在するとまでは私は思いませんが、ヒトラーを歓呼して向かえた大衆や文化大革命をわれ先にやってのけた大衆の心理には確かに病理的なものだったと私は思っています。


Bugsy 2012/10/26 19:10
sugaru726さま

>奇矯な言動の目立つひとに対して、「あのひとは病気だよ」と評することは普通のひとでもよく言うことです。香山氏の橋下批判も彼女でなくとも思いつくほどのことを言ったに過ぎません。

仰る内容は認めます。
ただですね 一般の人間が病気だよというのと 精神科医としてコメントする人間が病気というのとは こちら側の受け止め方が全然違います。精神疾患かと思うわけです。ご本人がどこまで分かってることやら危惧します。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20121023


★香山リカ精神科医が橋下徹は 病気 と診断
2012-01-12 21:35:13  ポコポコちゃんのブログ
橋下サイコパス徹(反社会性人格障害)


橋下徹の父と叔父が暴力団でいとこが金属バット殺人犯
これだけで精神異常者である確率はMAX↑
正常である確率はminimum↓


放射能がれき受け入れを表明したことで
頭がいかれていることが確定


エミール・クレペリンによるとサイコパスのひとつに「空想虚言者」という類型がある。

①【想像力が異常に旺盛で、空想を現実よりも優先する】
一見才能があり博学で、地理・歴史・技術・医学など、何くれとなく通じていて話題が豊富であるが、よく調べるとその知識は他人の話からの寄せ集めである。

②【弁舌が淀みなく、当意即妙の応答がうまい】
好んで難解な外来語や人を脅かす言説をなす。

③【人の心を操り、人気を集め、注目を浴びることに長けている】
自己中心の空想に陶酔して、他人の批判を許さない。
自ら嘘をついて、いつのまにかその嘘を自分でも信じ込んでしまうのである。

口達者で一見魅力的
多くの専門家が挙げるサイコパスの特徴の一つが 口達者で社交的であり 表面的には魅力的に見えるというものです

・サイコパス(反社会性人格障害)の大まかな特徴

 <サイコパスは口達者である>
ウィットに富み、明快な発言をする。愉快で、人を楽しませる会話もでき機転のきいた賢い受け答えを用意していて、
さらには説得力のある話で自分をすばらしい人間に見せることができる。 言語に長けるサイコパスは、言葉を操ることに非常に長けている。サイコパスは優越感と特権意識が強く、他人の財産を勝手に使うのを何とも思っていない。サイコパスは、愛想よく振る舞い、抜群の第一印象を与えることができる。そして、この第一印象をもとに、精巧な虚構のキャラクター、すなわち仮面をつくり上げる。しっかり者、純真、優秀、誠実、素直、堅実、世慣れた人物・・・。相手がいい反応を示すと思われるタイプの人間を自在に演じられるのだ。自分が特別な存在だという誇大妄想を抱き、他人は自分の世話をするために存在するのだと信じている。サイコパスという詐欺師の目には、たいていの人は、弱く、自分より劣っていて、たやすくだませるように見えるので、彼らがだまされるのは自業自得だと豪語する。ときには、優越感が強すぎて、自分に尽くすという栄誉を恵んでやっているのだと言ってはばからない。大ぼら吹きのサイコパスが率いるカルト集団の事例からも、これは明らかだが、外からはとらえにくい微妙なケースでも同じ傾向が見られる。相手を見下すサイコパスの態度は、うぬぼれが強く横柄に見えることがほとんどだが、なかにはそれが魅力やカリスマ性になる場合もある。

 <非常によく嘘をつく>
自分自身を偉大な人物や同情すべき可愛そうな人に見せるためにサイコパスが使う技の一つが嘘をつくことです。
サイコパスが非常によく嘘をつくのは、自分のした事が結果的にどういう事態を招くかということに恐ろしく鈍感で、しかも他人を操りたいという衝動が強いからであると考えられます。サイコパスは目先の退屈しのぎや、自分が優位に立つことを優先して、迷わず嘘をつくという行動をとります。そして少なくとも本性を知られるまでの一定の期間は、自分を魅力的な人物に見せようとするわけです。

 <同情を引こうとする>
一口にサイコパスといってもその行動パターンには個人差がありますが、サイコパスが他人を利用するためによく使う手段の一つが「可哀相な人のふり」をする事です。善良な心を持っている多くの人達は、「この人は可哀相だ」と感じた相手に対して同情し、その人に何か悪いところがあったとしても、強く追求することをためらうようになります。サイコパスたちはその事をよく知っていて、良心をもつ人々の自分に抱く同情をとことん利用しようと考えています。

 <サイコパスは無責任で自己中心的で傲慢である>
サイコパスは言葉と行動が全く噛み合わず、普通の人から見ると信じられないくらい無責任な印象を受けます。
また、社会的・道徳的なルールを無視したり、さらに積極的にそれらを破るということを子供の頃から繰り返し行うというのも、サイコパスの典型的な行動パターンです。
ナルシスティックで、自分の価値や重要性に関してひどく慢心したものの見方をする。まったく 驚くべき自己中心性と権利感覚の持ち主だ。 失敗の責任回避能力に長けるサイコパスは自分が宇宙の中心にいると思っていて、 己のルールに従って生きることが許されている優秀な人間だと思っている。サイコパスは自分に都合の悪いことはすべて他人や状況や運命のせいにする。自分の言動が他人を傷つけても、自分はなぜ悪くないかという言い訳をいくらでも並べ立てられるのだ。他人を公然と非難することで、自分のよいイメージを補強しつつ、敵対したり中傷したりする人をおとしめる情報も広めるという二重の目的を達成できる。他人に責任を押し付けることによって、自分の主張に耳を傾けてくれる人への忠誠を示すのだ。つまり、第三者に責任を転嫁することで、自分の支持者に被害が及ばないように助けたり守ったりしているように装うのである。

 <サイコパスは良心の呵責や罪悪感が欠如している>
サイコパスの場合は、欲望の成長がそのまま反社会的行動に結びつくことが極めて多く、子供の頃から問題行動を繰り返すという特徴があります。良心の呵責や責任感というものは自分と他者、あるいは自分と社会との結び付きという概念があって始めて生まれるものだからです。だから当然、彼らは自分の欲望に対して実に正直に、いわゆる公共の利益など眼中に無いかのような生き方をすることになるわけです。
自分の行動が他人にたいへんな迷惑をかけているという認識を驚くほど欠いている。自分には 罪悪感などなく、
苦痛や破壊を引き起こしたことをすまないという気持ちをもてず、そういう気持ちをもつ理由もなにひとつないと冷静に言う。

 <サイコパスは感情が希薄、共感能力が欠如している>
サイコパスは単に愛情や良心を持たないというだけでなく、あらゆる面において感情が希薄で表面的であるという特徴を持っています。サイコパスが人間社会で正体を隠して生きていくためにはこの場面ではこの言葉が適当という風に、善良な人達の行動を真似て話すしかありません。つまり、役者が演技をするのと同じようなものです。
とくに彼らの自己中心性、良心の呵責の欠如、浅い感情、ごまかすことのうまさは、
根深い共感能力の欠如 ( 他人の考えていることや感じていることをなぞれないこと )と密接な関係がある。
彼らには、皮相的な言葉の次元を越えて“人の身になって考える”ことができないように思える。
他人の感情などまったく関心の外なのだ。

 <サイコパスはずるく、ごまかしがうまい>
嘘つきで、ずるく、ごまかしのうまいのは、サイコパスの生まれもった才能だと言える。
嘘を見破られたり、真実みを疑われたりしても、めったにまごついたり気おくれしたりしない。あっさり話題を変えたり、真実をつくりかえて嘘のうわ塗りをする。

 <追いつめられると逆ギレする>
誰かが社会的なルールやモラルに反することをしていることを知ったとき、それを追求し、断罪したいと考えるのはとても自然なことです。また、誰もが見てみぬ振りをすれば悪事が横行することにもなりかねませんので、秩序を保つ意味でも必要なことと言えるでしょう。しかしサイコパスの心の回路には、自分を反省し、過去の行為を悔いるという仕組みは組み込まれていません。従って、自分の行為を追求されたときは、まず可能であればその責任を誰かに転嫁したり、知らない振りをしたり無視するという行動を取ります。しかし、それが通用しないようなところまで追い込まれると、恐らく2つの行動のうちからどちらかを選択することになるでしょう。「泣き落とし」か「逆ギレ」である。

What is Psychopath?
あなたのそばにいる危険な人物 それはサイコパスかもしれない・・・・
http://www.psy-nd.info/
注:オクトパス(Octopus)はタコ 


★「大阪都構想」 17日投票目前の“舌戦”
5月15日(金)19時37分配信

 いわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票が17日に行われます。「大阪都構想」は、大阪市を廃止し、現在の24の行政区を5つの特別区に再編するもので、府と市の「二重行政」の解消や住民自治の拡充がメリットとされています。一方で、「新たな無駄が生まれる」などの批判も出ており、日曜日の投票を前に、賛成派と反対派の激しい舌戦が繰り広げられています。

 史上最大の住民投票まであと2日。大阪維新の会の橋下代表は、街頭演説で危機感を募らせます。

 「『大阪都構想』は、究極の役所改革であって、わが町大阪、ふるさと大阪を潰す話ではありません」(〔賛成〕大阪維新の会 橋下徹代表)

 維新の党の江田代表も、その橋下の進退にまで言及し、「都構想」への支持を訴えました。

 「橋下徹を見殺しにしないでください。生かすも殺すも、日曜日の皆さんの1票にかかっている」(〔賛成〕維新の党 江田憲司代表)

 「大阪都構想」は、大阪市を廃止して現在24ある行政区を5つの特別区に再編し、選挙で選ばれた区長と区議会を設置するという考えです。府と市の「二重行政」解消や、「住民自治の拡充」がメリットとされています。

 先週末にJNNなどが行った世論調査では、反対が賛成を上回っていて、巻き返しを図りたい維新の党は、国会議員や地方議員、秘書ら1000人を大阪に集結させました。

 「北は北海道から、南は沖縄から来ている。でも暑いね。私は北海道から来たけど」(〔賛成〕維新の党 松木謙公衆院議員)

 投票日まで市内各所でビラをまくのですが、1人1日1000枚のノルマが課されています。ビラを運ぶだけでも大変です。

 「指が死にそう。感覚が無くなってきた。まいったな」(国会議員の秘書)

 「橋下政治、退場。WE SAY NO」

 一方、反対派の動きも激しさを増しています。

 「特別区設置によって大損しますよ。不利益、被りますよ。大阪市民は住民サービスが悪くなりますよ。それでもいいのですかというのを問うのが今回の住民投票」(〔反対〕自民党大阪市議団 柳本顕幹事長)

 反対派の自民・民主・共産は共同戦線を張っています。自民党の車の上には、この人が・・・

 「なかなかこんな光景見られませんよ、皆さん。自民党の車に辻元が乗ってます」(〔反対〕民主党 辻元清美衆院議員)
 「呉越同舟。大阪市を守るためには、右も左も保守も革新もない。みんなで力を合わせて大阪を守る」(〔反対〕共産党 清水忠史衆院議員)

 政党だけではありません。商店街の組合や医師会など各種団体に加え、大学教授100人が集まり、「都構想」反対を訴えました。

 「『大阪都構想』は論外である。周りでまじめに学者として学問をしている人の中で、『都構想』を絶対にやらないといけないという話は本当に一回も聞いたことない」(〔反対〕京都大学大学院 藤井聡教授)

 大阪市の将来の形が決まる住民投票は17日。有権者211万人の判断に注目が集まっています。(15日18:14)
スポンサーサイト

コメント


フワッとさん達は
橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))の詭弁にマタまたまた…∞まだ騙されてるかも知れませんが

橋下が攻撃材料の目玉のようにしている
りんくうタワーゲートやWTC等が二重行政なんて詭弁で†
二重行政などではありません††

橋下が呼ぶ橋下支持者=フワッした民意層
以外の方は当たり前の様に解っているのですが

アレはバブル時代等に国から押し付けられて建てさせられただけです。二重行政とは違います†

バブル時代等に政治家なら、
人を見る目が無い,強行して失策ばかりで
目利きが無いとお墨付きで
チョウシの橋下なら勿論のってますよ

高価な物,貴重な物,奇抜な物等も好まれ、似合わなかろうが
目立てばイイ~っていうので
幾らでも世の中が求めてて、世の中の需要は凄かった時代みたいですもんね。

こういうバブル期のは弾けた後は皆が苦いとは感じる物ではあるでしょう

えっ~と犯罪者息子を
韓国籍笹川(競艇)に頼んで
裏口入学させた
大阪政治家だった利権松井パパの松井良夫はぁ~
府議会議長してたのがぁ~1996かぁ~
りんくうタワーが出来たのはぁ~…∑あッ!?
松井良夫は笹川コバンザメマネーで∑急に議長になった政治家なんダロウか!?

似合ってもない地球害リーゼント固め剤使用の犯罪者息子は
橋下の超高層ビル二重行政詭弁演説の横でチンブンカンプンで阿呆みたいな顔しておるダケなのか!?…(「どれか選んでくれな、話されへん!」と、「言ってみぃ!!」感覚に近い感じで逆キレしてた阿呆丸出し火病人なダケにィ)それとも

『韓国籍笹川(競艇)のおこぼれすがり小判鮫利権屋† 大通 松井良夫も無関係ではァ×ビクビク…』と状況が少しは解って(○。○)トンデしまってる顔なのダロウか!?…

橋下って人の事は責めるけど自分の事は忘れるのか
WTCって橋下が韓国籍笹川&利権松井大通の
テリトリー住之江だからもあり利権で強行移転決めて結局駄目で戻して何度手間で莫大な借金増やしたんですよね!?ハシズムシムシティ強行失策で1200億円ただ無駄にしただけとも

大金を動かせる権力に麻痺して1200億を12万円みたいな感覚で居れてる感じだ~ね~

人の事は叩ける神経火病国人的ですね~

橋下都構想で
西成を新中央区の役所地帯にするとまた利権&ムキ火病で言っておりますね
過去に記者「じゃぁ西成のスーパー学校にご自身のお子さんを通わせては?」
「…自分の子供は犠牲にしない」
の時みたいな感覚で
自分の家族には関係ないからこんな明らかに利権柄みな勝手な事言えちゃうんでしょうね

お子さんを抱えたお母さん等が大事な書類やお金持って通らなきゃいけない…
バイク窃盗犯からしたらカモがわんさか状態ですね
自分自身は市民でさえないんでしょ?
ハシズムシムシティ-でまたどうなろおが関係ないさ~な感覚(府民でさえなくなったとの情報も一時入ってきてたのですが橋下のお気に入りの南国風ホテルの在る隣の市民にと…)

橋下宣伝 愛人マンション通りのマンションにはパソナ仁風林擬き施設や直の施設を作って持ってそうダケド†

子供の頃から博打を推奨してる、ピッキャンパパの遺伝子を濃く引きパパの悲願の博打の塔を建てて、悪徳弁護士時代に営業してたのと巨大利権ワケワケが待ってるんだね…

思春期になってきたお子さんが、好きな子に興味を持つ前に学校帰りに飛○に近寄って興味深々に育ったりするかもね

今の子は手をかけないで良いように、ネットを自由に使うのを与えられて
すぐ簡単に調べられますからね…
地元の子じゃなくても行けちゃうかも知れませんね

お母さんが手続き待ちしてる間に…

因みにチョイネタでパワハラW徹の橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))じゃ無い方の
中原(若作りの髪型が顔の老いを際立たせてた方)はパチスロの企業に就職だとか…(やはり火病国人度クロですかね)天下り~?

ケイはけいでも圭ではナク景…

今の再開発は
橋下((通り名読みハシモト『徹子の部屋 橋下』))
の功績ではございません!
それ以前から着手してた物です。

「このままでは衰退の一方」と橋下は脅しますが、
再開発は橋下以前の練り物です。
横取り手柄風∞詭弁に騙されませんように(_ _)

だから別に橋下が居なくても開発されてたし、されていくんです。

在日工作員の詭弁いちゃもん李シネ側の擁護に橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))はついたから、
詭弁に騙されてる大阪の日本人の方は目を覚ましてくれたかな!?☆

『大阪府の赤字を黒字に!』と橋下が
嘘詭弁CMを流してェ∑え゙ッ゙!?と思ってたら、
フワッと層じゃない方達からの指摘を受けてたんでしょうね
投票日前日になって
やっとカットしてシラッ~と放送してました

フワッとさん達は盲目になってしまってるから気づいてもいない人が多そう
「ハシモト(通り名読み)さんのCMや~♪ほらほら♪」位で

でも前回の選挙では維新全敗☆
やっと気づいてくれたのだろうか?(@~@。)

弁護士時代は『何?このゲスい悪どい欲深そうなアカミミ亀の様な目のが弁護士!?」と感じてたものの…
私も府知事立候補~当選後半年?位までは騙されてしまってた大馬鹿な者でした(_ _。)


橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))側マスゴミの鎮火題材

気を付けよう!ムキ奇行を
新しい改革と呼び後からフォロー詭弁に†

橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))の言ってた権力欲の最高峰橋下的には弁護士と政治家は嘘つきじゃないと出来ないと言っているので、
=橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))の大々的に言ってる事は嘘ととって良いでしょう。

火病だから我慢できずボソッと言ってしまうのが本音
自惚れで講演を聞きに来てる皆が自分の詭弁洗脳にかかってる支援者&阿漕利権者ばかりだと思ってるからスッぱのかれてたんですね
ソレを恐れて今は警戒心凄くて、持ち物検査まで超神経質になっちゃってるキモい

隠さなきゃいけない時点で公人向きでは無い†観念なさいな†


外資に売り渡して、一見その時は景気が良いんではないかというフワッとした民意のイメージで
竹中ブレーンで
韓国の二の舞へ


橋下「政治家は皆資産公開して当たり前だと思いますけどね」
記者「じゃぁ御自身の資産公開を」
橋下「…ちょっと…待って欲しい」←…えっ!?何ソレ!?竹中式遺産隠し中だったんですか!?

橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))らしく
人に厳しく自分に甘く(自分の利権に損にならない様に)
人を責め
歯切れの良い事叫ぶが∑
自分は枠外自分だけは特別なんだね~…


奥さんが妊娠中で苦しんでる時でも
他のパソナ愛人派遣 秘書とか色水風○系と関係育んでようが~,○俗通って遊んでようが~

子だくさんにしておいて必死の子育てさせてる中、他のホステスと優雅に食事して 「普通の(悪徳)弁護士に戻って 手繋ぎたいよ~」でホテルで遊んでようが~
風○通いしてようが~

蔑まれないで賛美してる様なのなんて滓だと思いません?
自分と同類で自己擁護の為に安心してるんですよ†
意固地を取り払えば、良い事だとは思えてないはず†

色々世の中には,そんな子育て中でもなく 新婚なのに一方のレスで…という考えられない理由の夫婦も居ますが、

橋下の場合違いますからねそんなけ子供産ませて,妊娠中の苦しい時とかも絶対駄目でしょー!?
○夫多妻の所なら良いかもね
[2015/05/17 09:51] URL | ク… #- [ 編集 ]
フワッとさん達は
橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))の詭弁にマタまたまた…∞まだ騙されてるかも知れませんが

橋下が攻撃材料の目玉のようにしている
りんくうタワーゲートやWTC等が二重行政なんて詭弁で†
二重行政などではありません††

フワッした民意層以外の方は当たり前の様に解っているのですが

アレはバブル時代等に国から押し付けられて建てさせられただけです。二重行政とは違います†

高価な物,貴重な物,奇抜な物等も好まれ、似合わなかろうが
目立てばイイ~っていうので
幾らでも世の中が求めてて、世の中の需要は凄かった時代みたいですもんね。

こういうバブル期のは弾けた後は皆が苦いとは感じる物ではあるでしょう


えっ~と犯罪者息子を
韓国籍笹川(競艇)に頼んで
裏口入学させた
大阪政治家だった利権松井パパの松井良夫はぁ~
府議会議長してたのがぁ~1996かぁ~
りんくうタワーが出来たのはぁ~…∑あッ!?

松井良夫は笹川コバンザメマネーで∑急に議長になったルーキー政治家だったんダロウか!?

似合ってもない地球害リーゼント固め剤使用で犯罪者の息子は
橋下の超高層ビル二重行政詭弁演説の横でチンブンカンプンなのか!?…それか
おこぼれすがり小判鮫利権屋† 大通 松井良夫も無関係では×ビクビク…』と状況が少しは解って(○。○)トンデしまってる顔なのダロウか!?…

橋下って人の事は責めるけど自分の事は忘れるのか
WTCって橋下が韓国籍笹川&利権松井大通の
テリトリー住之江だからもあり利権で強行移転決めて結局駄目で戻して何度手間で莫大な借金増やしたんですよね!?ハシズムシムシティ強行失策で1200億円ただ無駄にしただけとも

大金を動かせる権力に麻痺して1200億を12万円みたいな感覚で居れてる感じだ~ね~

人の事は叩ける神経火病国民国人的ですね~(橋下は一応自称肩書き出身地東京デス橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))

橋下都構想で
西成を新中央区の役所地帯にするとまた利権&ムキ火病で言っておりますね
過去に記者「じゃぁ西成のスーパー学校にご自身のお子さんを通わせては?」
「…自分の子供は犠牲にしない」
の時みたいな感覚で
自分の家族には関係ないからこんな明らかに利権柄みな勝手な事言えちゃうんでしょうね

お子さんを抱えたお母さん等が大事な書類やお金持って通らなきゃいけない…
バイク窃盗犯からしたらカモがわんさか状態ですね
自分自身は市民でさえないんでしょ?
毎度のハシズムシムシティ-でまたどうなろおが関係ないさ~な感覚(府民でさえなくなったとの情報も一時入ってきてたのですが橋下のお気に入りの南国風ホテルの在る隣の市民にと…)

捕まるかも知れないって解っててリアル狩りゲーム感覚で遊ぶ賞金稼ぎなんですから

橋下宣伝 愛人マンション通りのマンションにはパソナ仁風林擬き施設や直の施設を作って持ってそうダケド†

橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))はカジノを通したい為に無理矢理実践のカジノと子供の勝負心をギャンブルに詭弁ッて子供の頃から博打を推奨してる、子供の勝負心はスポーツ等で培っていけば良くない!?
ピッキャンパパの遺伝子を濃く引き継ぐ徹。パパの悲願の博打の塔を建てて、悪徳弁護士時代に営業して得たネットワークとの巨大利権ワケワケが待ってるんだね…

思春期になってきたお子さんが、好きな子に興味を持つ前に学校帰りに飛田に近寄って興味深々に育ったりするかもね

今の子は手をかけないで良いように、ネットやゲームを自由に使うのを与えられて
すぐ簡単に調べられますからね…
地元の子じゃなくても行けちゃうかも知れませんね
お母さんが手続き待ちしてる間に…

またまた∞…何度手間税金無駄使いもシラ~ってして、同胞の、内容ないけど声だけデカイのと阿漕利権者が擁護を叫び、フワッと民意層の方がのっちゃうのカナ…


今の再開発は
橋下((通り名読みハシモト『徹子の部屋 橋下』))
の功績ではございません!
それ以前から着手してた物です。

「このままでは大阪衰退の一途を辿る」と橋下は脅しますが、
再開発は橋下以前の練り物です。
横取り手柄風∞詭弁に騙されませんように(_ _)

だから別に橋下が居なくても再開発はされてました
橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))は「二重行政!二重行政!」と悪いだけの様に叫んでおりますが、
人口は多いんですし、必要な物は緊急時には供給の助けになる可能性は高いしセーフティーネットになります。
(売国が消えたらちゃんと1つの情報として伝えたいんですが、相手がコロコロ詭弁詐欺師なんで、下手に伝えると使われてまだまだフワッと民意層さんが惑わされ騙されちゃうんでね)二重防策は、橋下強行失策を見ても判るように一旦止めれる対抗勢力がないと、こんな失策続きが罷り通っちゃうんですよ。対抗してても、緊急時に一方が使えたとしても「水余ってるケドあげな~い」とかにならないんですから
そんなに悪い物ではないと感じますがね~。

建物はバブル期等の計画ので。
橋下になってから大事な所けちるから目立つ災害多いでしょ(まぁ~Kの法則みたいに呼び寄せるのもあると思うんですが…。橋下に目をかけたのはパタパタと病気や引退気味になっちゃいますしね)
目立たないかも知れないけど、コツコツはしてくれてたんですよ。
橋下の利権の裏構造には及ばないけど、確かに清廉潔白な人ばかりではないだろうけど、橋下の深いダークさは後でどうしようもなくなっちゃうでしょ

在日工作員の詭弁いちゃもん李シネ側の擁護にけちな橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))が税金投入してまでバンバン裁判起こせ援助、
詭弁に騙されてる大阪の日本人の方は目を覚ましてくれたかな!?☆

橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))維新は今回の活動費に4億円だって~
あるなら自分の出した無駄使いの補填にまわしなよ(´Д`。)

『大阪府の赤字を黒字に!』と橋下が
嘘詭弁CMを流してェ∑え゙ッ゙!?と思ってたら、
フワッと層じゃない方達からの指摘を受けてたんでしょうね
投票日前日になって
やっとカットしてシラッ~と放送してました

フワッとさん達は盲目になってしまってるから気づいてもいない人が多そう
「ハシモト(通り名読み)さんのCMや~♪ほらほら♪」位で

でも前回の選挙では維新全敗☆
やっと気づいてくれたのだろうか?(@~@。)

弁護士時代は『何?このゲスい悪どい欲深そうなアカミミ亀の様な目のが弁護士!?」と感じてたものの…
私も府知事立候補~当選後半年?位までは騙されてしまってた大馬鹿な者でした(_ _。)

大阪から日本技術企業が流出と知った時も「ウラギリモノ!」と…m(_ _;)mスイマセン!
やはり企業様方が正しかったです!!盲目になちゃってましたm(_ _。)m

残ったのは言わずとも知ってる在日韓国人大企業
そりゃ苦しめられるわ耐えてもう少しか!?市民が独裁売国奴を倒してくれるか!?
安易な「好きなんやぁ」なんかだけで市だけではナク、移転さえも出来ない耐えてる府民企業の方の未来さえ奪わないでくださいね。


橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))は移転日本企業に対して負け惜しみ&売国で「外資の何がいけないか解らない」って占領させていくつもりですからね
一見その時は景気が良いんではないかというフワッとした民意のイメージで
ブレーン竹中シムシティ方式韓国の二の舞

橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))側マスゴミの鎮火題材

気を付けよう!ムキ奇行を
新しい改革と呼び後からフォロー詭弁に†

防災は大丈夫と謳いながら
大阪が災害時に「世間は騒がしいようですが。ここは静か。旨い酒と肴で充電中」と朝からツィート
伝わっててそのツィートか?ソレトモ伝わっても無かったのか?似非長さん!?
橋下も自分はお家でゴロゴロツィートでヌクヌク『しもじもの知識持ってる者が危険な所に行けば良いのです』ヌクヌク

こんないつもの自分達ダケは別枠の口先だけのに任せてて良い?


橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))の言ってた権力欲の最高峰橋下的には弁護士と政治家は嘘つきじゃないと出来ないと言っているので、
=橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))の大々的に言ってる事は嘘ととって良いでしょう。

火病だから我慢できずボソッと言ってしまうのが本音
自惚れで講演を聞きに来てる皆が自分の詭弁洗脳にかかってる支援者&阿漕利権者ばかりだと思ってるからスッぱのかれてたんですね
ソレを恐れて今は警戒心凄くて、持ち物検査まで超神経質になっちゃってるキモい

隠さなきゃいけない時点で公人向きでは無い†観念なさいな†


橋下「政治家は皆資産公開して当たり前だと思いますけどね」
記者「じゃぁ御自身の資産公開を」
橋下「…ちょっと…待って欲しい」←…えっ!?何ソレ!?竹中式遺産隠し中だったんですか!?

橋下((通り名読みハシモト 『徹子の部屋 橋下』))らしく
人に厳しく自分に甘く(自分の利権に損にならない様に)
人を責め
歯切れの良い事叫ぶが∑
自分は枠外自分だけは特別なんだね~…


奥さんが妊娠中で苦しんでる時でも
他のパソナ愛人派遣 秘書とか色水風○系と関係育んでようが~,○俗通って遊んでようが~

子だくさんにしておいて必死の子育てさせてる中、他のホステスと優雅に食事して 「普通の(悪徳)弁護士に戻って 手繋ぎたいよ~」でホテルで遊んでようが~
風○通いしてようが~

蔑まれないで賛美してる様なのなんて滓だと思いません?
自分と同類で自己擁護の為に安心したい為でですよ†
意固地を取り払えば、良い事だとは思えてないはず†

色々世の中には,そんな子育て中でもなく 新婚なのに一方のレスで…という考えられない理由の夫婦も居ますが、

橋下の場合違いますからねそんなけ子供産ませて,妊娠中の苦しい時とかも絶対駄目でしょー!?
一夫多妻の所なら良いかもね
[2015/05/17 16:09] URL | ク… #- [ 編集 ]
どこからどこまでが著者の文章で
どこからどこまでが引用された発言なのかが、分かりずらいので
はっきりと区別をして書いてもらうと分かりやすいと思います。v-519
[2016/05/16 13:50] URL | おめんくん #uaIRrcRw [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR