ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

イエメンをサウジアラビアなど10ヶ国連合が空爆!集団的バットマンズ状態!

イエメン紛争の元凶はユダヤアメリカ


フィフィ
@FIFI_Egypt 3月26日
??サウジがイエメンで実施した空爆で、女性や子供を含む市民少なくとも13人が死亡 米軍も後方支援に回ってるけど、ゲリラやテロ集団なんか相手に空爆しても市民を殺すだけで、効果はないと…学ばないのか、あえて続けるのか。 jiji.com/jc/c?g=int_30&…
概要を表示 ・
https://mobile.twitter.com/FIFI_Egypt/status/581099904392663040?p=v


やばいよやばいよイエメンやばいよ
http://agora-web.jp/archives/1552417.html


モスクでの礼拝中、自爆テロ発生
http://matome.naver.jp/odai/2142686943024239101


イエメン紛争の元は米国
http://blogos.com/article/36494/


アラブ最貧国が遭遇する難局
http://www.news-digest.co.uk/news/news/in-depth/7778-yemen.html


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015032600671

★サウジ軍、地上作戦準備か=首都空爆で市民13人死亡-イエメン
26日、サウジアラビアの空爆を受けたイエメン首都サヌアの空港近くの現場(AFP=時事) 【カイロ時事】イエメンでイスラム教シーア派系の武装組織「フーシ派」の勢力拡大を防ぐため、サウジアラビア主導のアラブ各国部隊は26日、イエメンでの空爆作戦に踏み切った。サウジなどは状況に応じて地上部隊を投入することも視野に入れ、準備を進めているもようだ。空爆では市民13人の犠牲も確認されており、事態の悪化が懸念される状況だ。
 軍事情報に詳しいサウジ筋は、ロイター通信に対し、「秩序回復のため、地上部隊による攻撃が必要かもしれない」と語った。サウジが対イエメン国境地帯で部隊を増強しているとの情報がある。
 AFP通信によれば、サウジがイエメンの首都サヌアで実施した空爆で、女性や子供を含む市民少なくとも13人が死亡した。標的となった空港や空軍基地に隣接する地域の家屋が破壊され、巻き添えになった。
 フーシ派を支援しているとされるイランの外務省は空爆について、国家主権を侵害する「危険な措置だ」と非難し、サウジなどに攻撃停止を求めた。
 イエメンのハディ大統領派の軍部隊は26日、フーシ派側に制圧されていた南部アデンの空港を奪還した。サウジがフーシ派が掌握する各地の軍施設に空爆を加え、打撃を与えたのに連動した動きとみられる。
 アデンを拠点とする大統領派は今後、2月上旬の事実上のクーデターに伴いフーシ派に奪われた失地の回復を目指す。アデンに隣接するラヒジュ州の州都フタでは、大統領側とフーシ派の衝突で少なくとも18人が死亡した。(2015/03/26-21:43)2015/03/26-21:43


★イエメン空爆、サウジ以外9カ国も参加表明 イラン反発 3月27日(金) 0時58分配信
 サウジアラビアが26日、隣国イエメンで勢力を広げるイスラム教シーア派の武装組織「フーシ派」への空爆を始めたことに対し、フーシ派を支援してきたイランは同日、攻撃の即時中止を要求した。サウジ主導の軍事作戦に、スンニ派中心の9カ国が加わると表明。地域紛争に発展する恐れも出るなかで、宗派にからむ覇権争いの構図が浮き彫りになった。

 衛星テレビ局アルアラビアによると、サウジは戦闘機100機、アラブ首長国連邦(UAE)は30機、クウェート、バーレーン、カタール、ヨルダン、モロッコ、スーダンは各3~10機を投入。エジプトとパキスタンも戦艦の配備など準備を進めている。サウジは同国南部やイエメン領空での民間機を含む飛行の禁止を宣言。地上部隊15万人も待機しているという。

 エジプト紙アハラム(電子版)は同日、イエメンのハディ暫定大統領がサウジの保護のもと、アラブ連盟首脳会議が開かれるエジプトへ出国したと報じた。

最終更新:3月27日(金) 0時58分


★イエメン - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/イエメン?キャッシュ類似ページ
イエメン共和国(イエメンきょうわこく)、通称イエメンは、中東のアラビア半島にある共和制国家である。

19世紀初頭 - エジプトの勢力下に置かれる。
1839年 - イギリスがアデンを始めとする南イエメンを占領。以後、南イエメンはイギリスの植民地となる。

1849年 - オスマン帝国が北イエメンを再占領。
1869年 - イギリスが南イエメンにアデン保護領(英語版)(1869年 - 1963年)を設置。
1918年 - オスマン帝国の第一次世界大戦敗北にともない、イエメン王国が独立。
1934年 - サウジ・イエメン戦争(英語版)、en:Idrisid Emirate of Asirがサウジアラビアに併合される。
1962年 - 軍事クーデターにより、イエメン王国が崩壊。イエメン・アラブ共和国が成立するも、北イエメン内戦が勃発(~1970年)。
1963年 - アデン保護領を南アラビア保護領(英語版)(1963年 - 1967年)に改称。
1965年 アル=マフラ県(英語版)に隣接するオマーンのドファール地方で、南イエメンが支援するDhofar Liberation Front(DLF)によるドファールの反乱(英語版)(1962年-1976年)が激化。

北イエメンと南イエメン1967年 - 英領南アラビア保護領(南イエメン)が、南イエメン人民共和国(1967年 - 1990年)として独立。後にイエメン人民民主共和国へ改称。
1989年11月30日 - アデン合意により南北統一への途が開かれる。
1990年5月22日 - 北イエメン、南イエメンが合併し、現在のイエメン共和国が成立。成立したイエメン共和国の初代の大統領として北イエメン大統領を務めていたアリー・アブドッラー・サーレハが務めることになる。
1994年5月4日 - 旧南側勢力が再独立を求め、イエメン内戦が勃発。しかし、南側勢力は国際的な支持を得られず、約2ヶ月で鎮圧される(~7月7日)。
1999年9月23日 - 国民の直接投票による初めての大統領選挙が行われる。サーレハ大統領が再選する。
2000年6月12日 - サウジアラビアとの国境線が画定し、領土面積が正式なものとなる。
2000年10月 - 旧南イエメンの首都であったアデンにあるアデン港で、イスラム原理主義勢力アルカーイダによる米艦コール襲撃事件が起こる。なお、ハドラマウト(イエメンのアル=マフラ県(英語版)、オマーンのドファール地方を含む)はアルカーイダの指導者だったウサーマ・ビン・ラーディンの父親の出身地。
2011年1月 - チュニジアでのジャスミン革命、エジプトでの民衆革命に影響を受けて市民による反政府デモが発生(アラブの春、2011年イエメン騒乱)。この結果、サーレハ大統領は退陣し、ハディ副大統領が翌年2月の暫定大統領選挙で当選。
詳細は「en:2014?15 Yemeni coup d'etat」を参照
2015年1月22日 - イスラム教シーア派武装組織のフーシがクーデターを起こし、ハーディ暫定大統領とバハーハ首相が辞任、政権崩壊(ハーディーは2月21日に辞意を撤回)。
2015年2月6日 - フーシが議会を強制的に解散し、暫定統治機構として大統領評議会を開設し、「憲法宣言」を発表。


国民[編集]人口は1994年で1267万人、アラブ人が98%でアラビア語を話す(但し出生届が十分に整備されていないため概算となる)。

言語[編集]現代標準アラビア語がイエメンの公用語である。各地域の言語としてアラビア語の各方言(北イエメン方言、南イエメン方言、ハドラマウト方言)および南アラビア諸語(マフラ語、ソコトラ語、ホビョト語、バトハリ語)、ラジフ語がある。

宗教[編集]宗教構成(イエメン)

イスラム教(スンナ派) 55%
イスラム教(シーア派) 42%
その他 ? 3%
「イエメンのイスラム教」も参照
国民ほぼ全てがイスラム教信者で、スンナ派が5割強、シーア派が4割弱である。シーア派の大半はスンナ派とほぼ同じ教義を持つザイド派であるが、十二イマーム派も少数派ながら一定の勢力を持つ。

現存する最古の都市とされるサナア旧市街は、世界遺産に登録されている。


①アラブ最貧国が遭遇する難局
②イエメン紛争の元は米国
③やばいよやばいよイエメンやばいよ --
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR