ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

アルシャバブがユダヤアメリカの店ウエストゲートを襲撃62人が死亡150人以上が負傷していた!

イスラム過激派アルシャバブ、米国の大型ショッピングモールなどへのテロを呼びかける動画を投稿 2015年02月21日

イスラム過激派アルシャバブ - 世界翻訳工場 - FC2
http://atuiblog.blog.fc2.com/blog-entry-46.html
「米国人やユダヤ人が所有する」ショッピングモールへの攻撃を示唆。ミネソタ州ブルーミントンにある米国最大規模の「モール・オブ・アメリカ」や、ロンドンにある「オックスフォード・ストリート」などのモールの名を具体的に挙げた。


↓こちらは監視カメラのマジ動画

★【襲撃映像】アルシャバブがユダヤ人やアメリカ人の店ウエストゲートを襲撃62人が死亡150人以上が負傷
ケニアのショッピングモール襲撃事件 イスラム過激派が語った犯行理由は?
「アメリカ人とユダヤ人の店だからだ」
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/23/kenya_westgate_n_3977314.html


投稿日: 2013年09月24日 08時24分 JST
ケニアの首都ナイロビにある高級ショッピングモール「ウエストゲート」をソマリアのイスラム過激派「アルシャバブ」の武装集団が襲撃し、人質をとって立てこもった事件で、アルシャバブのスポークスマンは、犯行理由について「アメリカ人とユダヤ人の店だからだ」との声明を発表した。観光客に人気のある高級ショッピングモールでの襲撃事件で、少なくとも62人が死亡、150人以上が負傷した。


最新情報:ケニア内務省は23日午後11時(日本時間午前5時)、ツイッターで声明を発表、武装集団を制圧し、ウエストゲートを管理下に置いたことを発表した。


カタールのテレビ局アルジャジーラによると、今回の襲撃実行犯アルシャバブのスポークスマン、シャイフ・アブラジズ・アブ・ムスカブはショッピングモールについて次のように語っていた。「ここは世界中から観光客が訪れる場所であり、外交官が集まる場所だ。ケニアの政治家もくつろぐ場所である。ウエストゲートはユダヤ人やアメリカ人の店がある場所だ。だから我々はここを襲撃した」

ムスカブ氏は「このような襲撃は今後ケニアで当たり前のように起きるようになる」と警告を発し、ソマリアに侵攻したケニア軍は撤退すべきだとした。「もしケニア軍が撤退しなければ、ケニアの市街地で毎日このような襲撃が行われることになる」とムスカブ氏は述べていた。

9月22日には、ケニアのケニヤッタ大統領が声明を発表し、10?15人の武装集団がおよそ10人の人質をとってモール内に立てこもっているとした。アルシャバブの第二スポークスマンのシャイフ・アリ・ムハマド・レイジは「聖戦士たちは、敵が武力を行使したら人質を殺害する」と述べた。

ロイターによると、アルシャバブによるものとされるTwitterのメッセージで、次のように警告していた。「武装集団は大量の武器を調達しており、アラーの名の下に、強固に立てこもりを続け、事態を掌握している」

原文はこちら

【関連記事】
?ケニアの首都ナイロビのショッピングモールに武装集団襲撃、死傷者多数 ソマリアのイスラム過激派が犯行声明
?アルカイダ、新型の「液体爆弾」を開発か 米政府が危機感


http://matome.naver.jp/odai/2140972477627995801


★テロ組織「アルシャバブ」が異例のテロ予告声明
Tweet  過激派「イスラム国」が注目される中、今度はライバル関係にあるアルカイダ系のテロ組織「アルシャバブ」がテロを呼びかけました。そのビデオ声明、彼らは標的とする施設の緯度と経度まで指定しています。標的の1つは、アメリカのミネソタ州ブルーミントンという町です。ちょうどこの場所には、500以上の店と遊園地を備える超巨大ショッピングモールがあるのです。

 「少数の聖戦士たちがケニアを1週間近く沈黙させたのであれば、アメリカ人やユダヤ人が所有する世界中のショッピングモールで西側にいる献身的な戦士たちが何をできるのか想像してみろ」

 イスラム過激派組織が新たにテロを呼びかける動画が、インターネットに投稿されました。投稿したのは、ソマリアを拠点とする「アル・シャバブ」。覆面をかぶった男が、英語で「アル・シャバブ」がケニヤのナイロビで2013年9月に起こしたショッピングモール襲撃事件を引き合いに出したうえで、アメリカ、イギリスなどの具体的な商業施設について、その緯度と経度まで示し、攻撃するよう呼びかけています。

 若者をテロに駆り立てるイスラム過激派。先週17日には、ロンドンに住む15歳と16歳の少女3人がイギリスを出国。イギリスメディアは、トルコ諜報機関の話として彼女たちがすでに過激派組織「イスラム国」が支配する町、タルアビアドに入ったと報じています。

 行方不明になっている15歳の少女、シャミマさんのツイッター。いなくなる2日前にある女性にメッセージを送っています。15歳の少女のツイッターから浮上したのは、イギリス北部出身の20歳の女性の存在です。2013年11月にスコットランドからシリアに渡り、「イスラム国」の戦闘員と結婚。その後、彼女はツイッターなどを使い、欧米の少女たちをイスラム国へ勧誘していたことが分かりました。

 こうした中、フランス政府は23日、シリアに向かおうとしていた20代のフランス人6人のパスポートを没収しました。去年11月に成立したテロ対策法は、イスラム過激派組織に加わるため、海外に渡ろうとする人物からパスポートを没収できることを定めていて、今回が初めてのケースです。

 「出国するのは自由だけど戻らせてはダメだ。旅券を取りあげれば、もう帰国できない」(パリ市民)

 一方、オーストラリアでも・・・
 「テロの危険が国内外で高まっている。その戦いは難しくなるばかりだ」(オーストラリア・アボット首相)

 アボット首相がテロ対策を発表。テロリストが帰国することを防ぐため、イスラム過激派組織に加わる二重国籍者からオーストラリア国籍をはく奪する方針を明らかにしました。

 「イスラム国」などに戦闘員として加わる西側諸国の出身者は、少なくとも3400人に上るとされています。若者たちの出国とテロ流入の連鎖を食い止めようと、関係国は躍起です。(24日15:28)


アルシャバブ③

ケニアのショッピングモール襲撃①
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR