ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

佐村河内的人間のクズ嘘八百田尚樹転落中!永遠の0墜落中!

★テレビ東京版『永遠の0』が視聴率1ケタで民放最下位! 百田尚樹氏の“痛キャラ化”が原因か日刊サイゾー - 2 日前
http://www.cyzo.com/2015/02/post_20673.html


★安倍の佐村河内的人間のクズ嘘八百田尚樹のノンフィクション「殉愛」がフィクションと認定される
たかじんもさくらもほぼ韓国人と特定される

あの詐欺師的佐村河内守をさんざん美化報道したTBS金スマで今度はたかじん&人間のクズ百田尚樹が登場!やしきたかじんの弟は体罰教師やったんよ!尾崎組!
http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-167.html


★痛いテレビ : 百田尚樹NHK経営委員クビ
zarutoro.livedoor.biz/archives/51876189.html?キャッシュ
2015年1月31日 ... 著書「殉愛」で故やしきたかじんさんの娘を中傷するなど悪の限りを尽くしてきた作家の百田尚樹さんがNHK経営委員をクビに。 NHK経営委員:百田氏が退任へ - 百田氏は、昨年亡くなったタレント、やしきたかじんさんの闘病生活を ...


★安倍の橋下亀田パククネ系韓国ヤクザと思われる後藤健二城後デリヘルTBSや湯川遥菜民間軍事会社らがイスラム国で死刑になる

後藤健二とNHKと外務省の真実 - 世に倦む日日 - エキサイトブログ
critic20.exblog.jp/23387686/?キャッシュ
2015年1月27日 ... 後藤健二のイスラム国潜入がNHKによる依頼だったと暴露する記事が、1/23にネットに上がって話題になった。記事ではNHKと特定されておらず、「“御用メディア”として知られるテレビ局」という表現が使われているが、文脈からこれがNHKを ...

http://critic20.exblog.jp/23387686/
後藤健二は、その組織的な動きの実行要員であり、任務を請け負って派遣された者(政府工作員)なのだ。


↓そんなこんなで


安倍の民主党のウンコリアン韓国ヤクザ系が憤慨したと思われる

【民主党】NHKの籾井会長を吊し上げようと呼び出す。 - ジャックログ ...
jacklog.doorblog.jp/archives/43440791.html?キャッシュ
22 時間前 ... 【民主党】NHKの籾井会長を吊し上げようと呼び出す。会合は怒号を飛び交う激しい応酬に


★永遠の0 Wikipedia

著者 百田尚樹 発行日 2006年8月23日 発行元 太田出版 ジャンル 戦争小説

『永遠の0』(えいえんのゼロ)は、百田尚樹による日本の小説、またそれを原作とした漫画・映画。

放送作家として『探偵!ナイトスクープ』などを手がける百田の作家デビュー作であり、執筆にあたっては第二次世界大戦で出征した著者の父親や親族が影響を与えている。当初原稿を持ち込んだ多くの出版社には認められず、縁あって2006年にサブカルチャー系の太田出版から書き下ろしで発表された。[1][2]


★否定的評価
作家の石田衣良は、山田宗樹著『百年法』などと共に愛国心を強める作品として「右傾エンタメ」という造語を用いて批判し、「かわいそうというセンチメントだけで読まれている」「読者の心のあり方がゆったりと右傾化しているのでは」と主張した[39]。
文芸評論家の富岡幸一郎は「小説を読んでみたが、戦争の描写はまあまあ書けている。しかし、ベストセラーには往々にしてあることだが小説ともいえない物だ。残念ながら、文学としての価値は極めて低いと言わざるを得ない。」と述べた[40]。


2013年に公開された『風立ちぬ』で話題を呼んでいた映画監督宮崎駿は、インタビューにおいて日本の航空戦史や元零戦パイロットの証言に反対を唱え、「ある零戦の映画企画」を引き合いに出し次のように批判した。「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずーっと!」「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」[41]。これは作品を見ての発言ではないものの、時期などから言及された映画は明らかに『永遠の0』のことであると予測され報じられた[42][43]。


映画監督の井筒和幸は、自身のラジオ番組で「見たことを記憶から消したくなる映画」と述べ、主人公の人物像についても「そんなわけない」と主張した。ストーリーや登場人物が実在しないのに、有り得ない内容で特攻隊を美化していると非難している[44]。


アメリカ海軍の関連団体アメリカ海軍協会(英語版)は、2014年4月14日付の記事「Through Japanese Eyes: World War II in Japanese Cinema(日本人の目に映る『映画の中の第二次世界大戦』)[45]」の中で本作の好評を危険視し、最近の日本の戦争映画について「戦争の起因を説明せず、日本を侵略者ではなく被害者として描写する」「修正主義であり、戦争犯罪によって処刑される日本のリーダーを、キリストのような殉教者だと主張している」と批判した[46][47]。
雑誌『映画秘宝』主催の映画のワーストランキング『HIHOはくさいアワード』では、他2作品とともに2013年度の10位となった[48]。


★肯定的評価
読者である元零戦搭乗員の笠井智一は、映画化に際しても試写を観賞して感動を伝えた[32]。『産経新聞』の取材に対しては、零戦や操縦士の監修レベルの高さを称賛し、架空の人物を描いてはいるものの、「宮部のような人物が確かにいた」と話し、「戦争で若者が死ぬのは悲しいことです。二度と戦争を起こしてはなりません。ただ、あの時代、若いパイロットたちは皆、日本を、日本人を守りたいという一心だけで命懸けで戦っていたのです。その思いだけは語り伝えたいのです。」と語っている[33]。

自身も特攻を拒否した経験のある原田要は、小説を読んだことをきっかけに著者百田と面会し、「この主人公は彼のことではないか」と様々な戦友の顔がよぎったと賛辞を述べた[34]。


主題歌を担当したサザンオールスターズの桑田佳祐は、オファーを受けた際に製作途中の映画を観賞したことを、自身のラジオ番組で作品名をある程度伏せつつ述べ、曰く「手ぬぐいがビショビショになるほど」涙を流し、周囲に「今年No.1の映画になるのではないか」と話した[35]。インタビューにおいて「『家族のために必ず生きて帰る。それこそが愛ではないか。』そう信じ、『待っている人がいる』ことそのものが生きる力となり、生きる原動力となっている。現代を生きる私たちにも通ずる、そんな主人公・宮部久蔵の姿に非常に大きな感動をいただきました」と述べた[36]。


映画版について原作者の百田尚樹は「10年に1本出るかどうかの傑作」と評した[37]。
全国の書店員が選ぶ『2009年度 最高に面白い本大賞』において、文庫・文芸部門第1位となった[38]。


『マガジン9』の寺川薫は、「国家のために個人が命を捨てさせられる非情さもしっかりと描かれており、国家のための個人の犠牲を「正当化」した作品とは断定できない」とし、本作品への批判の声は百田の思想信条が許せない層によるものであり、百田という人物のことはいったん脇に置いて、作品そのものを純粋に読めば「戦争賛美」という感想は出てこないと評している。また、後述の石田衣良の批判に対し、「センチメントだけで読んでいる」と捉えることは可能だが、それが「右傾化」にどうつながるのか意味不明な評論と批判した。[27]


★テレビドラマテレビ東京開局50周年特別企画として、2015年2月11日20:54 - 23:18、14日20:58 - 23:14、15日20:54 - 23:24の3夜に渡って放送された。

キャスト宮部久蔵 - 向井理
佐伯健太郎 - 桐谷健太
佐伯慶子 - 広末涼子
宮部松乃 - 多部未華子
景浦介山 - 尾上松也/柄本明(現代)
大石賢一郎 - 中村蒼/伊東四朗(現代)
村田保彦 - 渡辺大/竜雷太(現代)
武田貴則 - 工藤阿須加/山本圭[19](現代)
井崎源次郎 - 満島真之介/近藤正臣(現代)
長谷川梅男 - 中尾明慶/笹野高史(現代)
伊藤寛次 - 千原せいじ/津嘉山正種(現代)
小山實 - 石黒英雄
東野 - 澤部佑
永井清孝 - 賀来賢人/小林克也(現代)
谷川正夫 - 金井勇太/石橋蓮司(現代)
六藤学 - 大和田健介
司令官(大佐) - 木下隆行
大石松乃 - 上月左知子
佐伯清子 - 高畑淳子/渡邉このみ(幼少時)
高山隆司 - 山口馬木也
藤木秀一 - 原田泰造
スタッフ監督:佐々木章光
脚本:櫻井武晴
音楽:栗山和樹
主題歌:MISIA「桜ひとひら」
協力:防衛省、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、鹿屋市
空撮CGスーパーバイザー:栃林秀
ヴォカリーズ:幸田浩子(東京二期会)
資料映像協力:クリエーションファイブ
操演:島尻忠次(ローカスト)
零戦製作:馬場憲治、千住彰、田口敏則
零戦操縦指導:東裕一
資料提供:時代考証学会
取材協力:水交会、筑波海軍航空隊記念館、戦場体験放映保存の会
軍事所作指導:越康広、長谷部浩幸
軍服監修:渡辺穰
医療指導:山本昌督、松島由貴子
ラジコンプロップ協力:日本遠隔制御、斎藤製作所、模型人
殺陣:宇仁貫三
スタント:難波和宏
VFX・CG:マリンポスト、キュー・テック、Artistree Media
技術協力:ビデオフォーカス
照明協力:Kカンパニー
鉄製小道具:大澤製作所
装飾:京映アーツ
ロケ協力:日本航空学園、千葉県フィルムコミッション、小山町フィルムコミッション、いばらきフィルムコミッション、プロジェクト茨城、栃木県フィルムコミッション、鹿沼市フィルムコミッション、高萩フィルムコミッション、水郷佐原観光協会、福生ロケーションサービス、南伊豆町、富士吉田市 ほか
スタジオ:東映東京撮影所
制作統括:井澤昌平
チーフプロデューサー:岡部紳二
プロデューサー:阿部真士、佐々木章光、森一弘、近見哲平、石田義一
制作:テレビ東京、テレパック
受賞歴小説大和ネクスト銀行が調査したシニア層(50歳から79歳)が選ぶ、2014年読んでよかった小説ランキング 第1位[20]
映画第16回イタリア ウディネ・ファーイースト映画祭
ゴールデン・マルベリー賞
第33回藤本賞
藤本賞:市川南・畠中達郎・プロデュースチーム
第39回報知映画賞
主演男優賞:岡田准一
第27回日刊スポーツ映画大賞
作品賞[21]
監督賞:山崎貴(『STAND BY ME ドラえもん』と合わせて受賞[21])
主演男優賞:岡田准一(『蜩ノ記』と合わせて受賞[22])
第38回アカデミー賞[23]
優秀作品賞
優秀監督賞(山崎貴)
優秀脚本賞(山崎貴/林民夫)
優秀主演男優賞(岡田准一)
優秀助演男優賞(三浦春馬)
優秀音楽賞(佐藤直紀)
優秀撮影賞(柴崎幸三)
優秀照明賞(上田なりゆき)
優秀美術賞(上條安里)
優秀録音賞(藤本賢一)
優秀編集賞(宮島竜治)
第69回毎日映画コンクール[24]
録音賞(藤本賢一)


★山崎貴監督作品としては、初めて民放テレビ局が製作に関与していない作品となっている。また、主人公・宮部の配役には監督が元共演者である堤真一を通してその求道的な姿勢を聞き及んでいたことがきっかけとなり、岡田准一の出演が決まった[16]。本作は2013年5月に逝去した俳優夏八木勲の遺作である。

キャスト宮部久蔵 - 岡田准一(V6)
佐伯健太郎 - 三浦春馬
松乃 - 井上真央
佐伯慶子 - 吹石一恵
清子 - 風吹ジュン(幼少期:栗本有規)
賢一郎 - 夏八木勲
井崎 - 橋爪功(青年期:濱田岳)
武田 - 山本學(青年期:三浦貴大)
景浦 - 田中泯(青年期:新井浩文)
大石 - 染谷将太
長谷川 - 平幹二朗
小山 - 上田竜也(KAT-TUN)
山田 - 佐々木一平
伊藤 - 青木健
香川 - 遠藤雄弥
寺西 - 栩原楽人
スタッフ原作:百田尚樹『永遠の0』(太田出版)
監督・VFX:山崎貴
脚本:山崎貴、林民夫
音楽:佐藤直紀
VFXディレクター:渋谷紀世子
プレビズアドバイザー:栃林秀
撮影:柴崎幸三
美術:上條安里
照明:上田なりゆき
録音:藤本賢一
編集:宮島竜治
音響効果:岡瀬晶彦
装飾:龍田哲児
スクリプター:甲斐哲子
助監督:山本透
企画:アミューズ
制作プロダクション:ROBOT
VFXプロダクション:白組
制作協力:東宝映画、阿部秀司事務所
配給:東宝
製作:「永遠の0」製作委員会(東宝、アミューズ、アミューズソフトエンタテインメント、電通、ROBOT 、白組、阿部秀司事務所、ジェイ・ストーム、太田出版、講談社、双葉社、朝日新聞、日本経済新聞社、KDDI、TOKYOFM、日本出版販売、GyaO!、中日新聞社、西日本新聞社)
主題歌「蛍」

作詞・作曲 - 桑田佳祐 / 編曲・歌 - サザンオールスターズ(ビクタータイシタ/SPEEDSTAR RECORDS)
Blu-ray / DVD2014年7月23日発売[17]。2014年、TSUTAYAが発表したレンタルDVD/ブルーレイ年間ランキングで第3位を獲得[18]。 


②人間のクズ百田尚樹とさくら韓国人


付録 板東英二はトルコ風呂(ソープランド)をやっていたらしい
【芸能】板東英二事務所、5千万円所得隠し 本人が主導か[12/12 ... - awabi
awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1356572787/l50?キャッシュ
1 :やるっきゃ騎士φ ☆:2012/12/27(木) 10:46:27.53 ID:???0: 元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(72)の個人事務所 ... (木) 15:50:26.70 ID:GpWHoSAv0: 現役時代の焼肉店、サウナ、トルコ風呂だの、セカンドライフのための副業・多角経営ぶりは
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR