③横田早紀江さんの母親は李方子(り まさこ)父親は李垠(り ぎん)(どちらも韓国人)らしい

0 -
14-6-30


李 方子→(娘)横田早紀江
①


日本のテレビは韓国朝鮮人が被害者の場合はあほほど報道し 韓国人による犯罪は少しだけもしくは全く報道しないのが特徴です


ちなみに
韓国朝鮮人と北朝鮮人はもうかれこれ半世紀以上も戦争をしている懲りない人たちなのです


上流階級の朝鮮人は必ず朝鮮人と結婚するらしいので
たぶん横田滋さんも韓国人臭いです


たしか北朝鮮による日本人拉致事件でしたよね
どうも
日本で起きた北朝鮮による日本人の皮を被った在日韓国朝鮮人拉致事件っぽいです


テレビは北朝鮮が拉致を認めたと言ってますが
何故拉致されたのかを明らかにしてもらいたいですね


★金正恩の母は朝鮮王朝の血をひく横田めぐみさんで父は金正日 .
http://blogs.yahoo.co.jp/poyanko2007/66049925.html
↓コピペ↑
金正恩の母は朝鮮王朝の血をひく横田めぐみさんで父は金正日 2012/11/30(金) 午後 3:48小ネタアジア情勢.ナイス!3.1392年から1910年までの約520年間27代続いた李氏朝鮮。
その朝鮮王朝最後の李 垠(り ぎん)皇太子に嫁いだのが
元日本の皇族(梨本宮方子女王)である李 方子(り まさこ)皇太子妃です。
李 方子さん→(娘)横田早紀江さん→(娘)横田めぐみさん→(息子)金正恩氏 
という噂を見つけました。
横田めぐみさんには朝鮮王朝の血が流れている(日本の皇族の血もですが)。
北朝鮮はその血統が欲しかったからめぐみさんを拉致したのではと考えられます。
夫:李 垠(り ぎん)さん
妻:李 方子(り まさこ)さん
1907年(明治40年)に李 垠さんは10歳?で大韓帝国の皇太子となる。 数ヵ月後日本に渡りその後は学習院に入学した。1910年(明治43年)の日韓併合のあと、1920年(大正9年)に2人は結婚(今でいう政略結婚)。 方子さんが自分の婚約を知ったのはなんと新聞の報道だった。(Wikipediaより) 方子さんは、祖国を離れて東京赤坂の邸宅で暮らす夫を支えた。
夫:横田滋さん
妻:横田早紀江さん
早紀江さんは李方子皇太子妃の娘といわれている。単純に考えると朝鮮王朝と日本皇族の血が1/2ずつ。
夫の滋さんは日本銀行に勤めていたからこそ皇族の血をひく早紀江さんと結婚できたのではないか?(まだ裏話があるかも)
李方子さんと早紀江さんの写真ですが、似ていますね。横田夫妻はTVによく出ていますが、ネットに載せるのはちょっと気がひけました。(芸能人じゃないし・・・)
夫?:金正日(総書記)
妻?:横田めぐみさん
めぐみさんの写真は2枚貼りました。 めぐみさんは李方子さんの孫であり横田早紀江さんの娘ということになります。 朝鮮王朝の血のクォーターですね。 めぐみさんの大人になった写真は父親の滋さんの面影があるような。
金正恩
父親は金正日、母親は横田めぐみさん、
名前の「正」は金正日の正、「恩」は横田めぐみさんの 恵 からとったと言われています。この血筋がゆえに、彼が北朝鮮のリーダーになったのでしょうね。
めぐみさんの写真と比較すると骨格が似ているという噂があります。
【李 垠さん、方子さんの結婚と子供、敗戦後の2人について】
ある医師の判断では「方子さんは子供が産めない体質(世継ぎができない)」ということで好都合だと李王朝に嫁がせたが、結果的には男子を産んでしまい赤ん坊のうちに暗殺されたと数年前読んだ覚えがある。最初の息子は亡くなったが、その後男子2名(既に他界)、女子1名(横田早紀江さん)が居るようだ??


http://brownpapa.blog.so-net.ne.jp/2012-08-18
実は朝鮮総督府にとっては方子様と李垠の間に子が授かった事は都合が良いことではありませんでした。 朝鮮総督府を実質支配していた日本の陸軍は日本の皇室典医を通して方子様が子供を産めない身体だと確認したから李王朝の皇子と成婚の運びとなったのです。 この時点で朝鮮総督府内の陸軍参謀の一部が李王朝の断絶を目論んでいたのは明らかです。 しかし、実際には二子をもうけたのです。 診断した日本の皇室典医は自殺したそうです。
http://goldbook.ashita-sanuki.jp/e606396.html
(短く編集しています。)
結果的に方子さんは結婚2年後に王子を出産。名は晉(チン=しん)と命名。
朝鮮側の強い要望により、生後8ヶ月の赤ん坊を連れて夫妻は初めて1923(大正11)年日本から朝鮮に渡る。 明日日本に帰国するというお別れの晩餐会の後、部屋に戻ると赤ん坊が青緑色のものを吐いており、3日後に死去。 これには日朝双方の暗殺説がある。
その後、公式には男子を2人産んだ事になっていて(2人とも既に他界)、女子は記録にない。 ところが、昔から皇族では女子は「員数外」であって、嫁入り先にも困るので、こっそり尼寺に入れちゃったりするわけです。 京都には無数の尼寺があって、そういうのって、たいてい皇族と関係があったりする(早紀江さんは京都生まれ)。 で、この李方子さんが産んだ女の子が、あの横田めぐみさんの母親である「横田さきえ」さんだ、という説です。
さて李夫妻の話に戻りますが、終戦後の1947年(昭和22年)2人は日本国籍を喪失した(無国籍)。 私が思うに、戦争で負けた日本による韓国併合は振り出しに戻り、日本も韓国もアメリカの影響を受け始めた。 李夫妻は大韓民国の初代大統領・李承晩の反日政策により韓国への帰国を拒否され続ける。 李承晩大統領は1910年の日韓併合に反発し、朝鮮独立運動家として活動後、アメリカへ亡命した過去を持つ。 そのアメリカのバックアップもあったように思われるが、終戦時に韓国に帰国し初代大統領となった。 (この大統領も同じ李さんなのですが、方子さんの夫である 李垠さんとの関係があまりわかりません。)
1963年(昭和38年)の朴正煕大統領時代に李夫妻はようやく韓国への帰国を果たした。 生活費は韓国政府から支出された。
李方子さんは夫の死後も韓国で障害児の援助や福祉に力を注ぎ学校も設立している。 韓国国民からは「韓国の母」と呼ばれている。 62歳から87歳で亡くなるまで、方子さんの四半世紀は福祉一色だったそう。
※ 金正日、日本人説についてのコメントやトラックバックが下に有ります。
興味のある方はのぞいてみて下さい。

http://quasimoto.exblog.jp/17251175/
ページトップ