ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

原発廃炉詐欺!解体出来ない原発!解体処分出来ないので再稼働!たぶん使い捨てライターのように原発立地場所がそのまんま最終処分場になる!

100キロワット原子炉さえ解体処分できないのに100万キロワットの原発を解体処分などできる訳ない


建設費よりも高い解体費


金がないので → 電気料金上げます


金がないので → 廃炉の意味 → もう使わないけど解体処分せずポイ捨てにします


ちなみに廃車すると解体され大部分は再利用


原子炉 → 命がけ命をけずって解体できたとしても → 死人病人被ばく者続出で現実的に不可能で処分場もなし


福島原子爆弾発電所1~3号機(稼働中に爆発)はほぼ手つかずで近寄ることすらできない
(稼働すると放射能は1億倍になる)
放射性ヨウ素は184℃で、放射性セシウムは680℃で固体から気体に変わる(放射能ガスとなる)
たぶん汚染水だだ漏れ垂れ流し状態(たぶん特定秘密になっている)
魚類は日本列島を回遊しているのでなるべく食べない方がいいです


福島原子爆弾発電所4号機(不稼働中に爆発)は使用済み燃料と未使用燃料をプールから取り出しただけ


元々、廃炉技術がない!高放射能でロボットしか近づけない! - Gooブログ
blog.goo.ne.jp/kimito39/e/cfa1f4427db01bd03e8c6f92d1fc001d?キャッシュ2014年8月24日 ... 一九八一年に十年たった 東京電力の福島原発の一号機で、 当初考えていたような廃炉・解体が また、神奈川県の川崎にある武蔵工大の原子炉はたった一〇〇キロワットの研究炉ですが、これも放射能漏れを起こして止まっています。
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/cfa1f4427db01bd03e8c6f92d1fc001d


廃炉も解体も出来ない原発
http://www.iam-t.jp/HIRAI/page16.html


一九六六年に、日本で初めてイギリスから輸入した十六万キロワットの営業用原子炉が茨城県の東海村で稼動しました。その後はアメリカから輸入した原発で、途中で自前で造るようになりましたが、今では、この狭い日本に一三五万キロワットというような巨大な原発を含めて五一の原発が運転されています。

 具体的な廃炉・解体や廃棄物のことなど考えないままに動かし始めた原発ですが、厚い鉄でできた原子炉も大量の放射能をあびるとボロボロになるんです。だから、最初、耐用年数は十年だと言っていて、十年で廃炉、解体する予定でいました。しかし、一九八一年に十年たった東京電力の福島原発の一号機で、当初考えていたような廃炉・解体が全然出来ないことが分かりました。このことは国会でも原子炉は核反応に耐えられないと、問題になりました。

 この時、私も加わってこの原子炉の廃炉、解体についてどうするか、毎日のように、ああでもない、こうでもないと検討をしたのですが、放射能だらけの原発を無理やりに廃炉、解体しようとしても、造るときの何倍ものお金がかかることや、どうしても大量の被曝が避けられないことなど、どうしようもないことが分かったのです。原子炉のすぐ下の方では、決められた線量を守ろうとすると、たった十数秒くらいしかいられないんですから。

 机の上では、何でもできますが、実際には人の手でやらなければならないのですから、とんでもない被曝を伴うわけです。ですから、放射能がゼロにならないと、何にもできないのです。放射能がある限り廃炉、解体は不可能なのです。人間にできなければロボットでという人もいます。でも、研究はしていますが、ロボットが放射能で狂ってしまって使えないのです。

 結局、福島の原発では、廃炉にすることができないというので、原発を売り込んだアメリカのメーカーが自分の国から作業者を送り込み、日本では到底考えられない程の大量の被曝をさせて、原子炉の修理をしたのです。今でもその原発は動いています。

 最初に耐用年数が十年といわれていた原発が、もう三〇年近く動いています。そんな原発が十一もある。くたびれてヨタヨタになっても動かし続けていて、私は心配でたまりません。

 また、神奈川県の川崎にある武蔵工大の原子炉はたった一〇〇キロワットの研究炉ですが、これも放射能漏れを起こして止まっています。机上の計算では、修理に二〇億円、廃炉にするには六〇億円もかかるそうですが、大学の年間予算に相当するお金をかけても廃炉にはできないのです。まず停止して放射能がなくなるまで管理するしかないのです。

 それが一〇〇万キロワットというような大きな原発ですと、本当にどうしようもありません。


原子炉は、あなたのすぐ隣にある!


純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 芸術計画学科 哲学教授純丘曜彰 教授博士/環境/CSR
3.267,6892011年4月3日 12:55
./研究用原子炉は東京や大阪の町中にも隠れている。廃炉にしたと言っても、じつは、汚染した解体廃棄物のゴミ屋敷として残っている。運転中のものも、福島原発より古い老朽施設だ。新しいことをする研究費があるなら、まずきちんとこれらの後始末にカネを使いなさい。/

 じつは原子炉は、東京や大阪のド真ん中にもある。東大阪、羽田空港の向かいの埋め立て地、関空の内陸部、三浦半島相模湾側の武山駐屯地の隣、そして、新百合ヶ丘とたまプラーザの間。これらは「研究用原子炉」と呼ばれるもので、電力会社の原子力発電所のように、わざわざ大仰に安全性を世間に宣伝したりしないから目立たないが、なにかあれば、あまりに人口密集地に近く、まずいのはまずい。また、廃炉した、解体した、といっても、実際は、汚染した解体廃棄物が、そこにそのままごっそり置かれていたりする。

 近畿大学で運転中の研究用原子炉UTR-KINKIは、潔いというか、東大阪市小若江3-4-1、本部キャンパスの中、附属幼稚園と南グラウンドの間の区画にある。出力わずか1W。とはいえ、原子炉は原子炉。それに、古い。なにも上町断層、生駒断層もあるこんな町中で妙なことはやらんでも、と、シロウト目には思われるのだが。

 新百合ヶ丘とたまプラーザの間、美しが丘とすすき野に隣接する川崎市麻生区王禅寺971と1022の山の上に、武蔵工業大学(現東京都市大学)のMITRR、100kWと、日立のHTR、100kWが並んでいる。武蔵工大は、1989年年末に漏水事故を起こし、以後、運転できず、2003年にようやく廃炉決定。中身は空ながら、汚染した建物の解体はまだ先のこと。隣の日立も、2006年に廃炉を決め、主要施設は解体を終え、さらに将来的には更地に戻す、というものの、現状は解体廃棄物のドラム缶を抱え込んでいる。

 三浦半島、相模湾側の武山駐屯地の隣、横須賀市長坂2-5-1にある立教大学のRURも、100kW。これも2002年に廃炉が決まったが、片づけに手間取っている。そのうえ、その途中で、あるはずのない放射性物質が見つかるという、これまでの管理の杜撰さも発覚。 

 大阪の貝塚市と泉佐野市の間、泉南郡熊取町朝代西2丁目にある京都大学の原子炉は、りんくうタウンからわずか数キロ。そもそも京大の原子炉が大阪にあること自体、東電の福島原発のようだ。臨界実験装置KUCA短時間1kWはともかく、KUR5000kWは、研究用にしては、でかい。だいいち、ここは、巨大な中央構造線断層帯の上。そのくせ、マグニチュード7.8、震度6しか想定していないとか。今年の5月まで定期検査で運転を停止しているが、燃料はたっぷりあり、廃炉する気さえないらしい。

 羽田空港の向かい側、アクアラインの入り口の川崎市川崎区浮島町4-1(旧末広町)の東芝原子力技術研究所のTTR-1、100kWは、2001年に廃炉し、主要施設は解体済み。だが、臨界実験装置NCA、最大200Wの方は生きている。ここが恐ろしいのは、埋め立て地であるうえに、周囲が東燃ゼネラル石油の巨大コンビナートだということ。先の千葉県市原市のコスモ石油コンビナートの大火災のようなことになったら、爆発炎上の巻き添えになるのは必至だろう。 


http://news.mynavi.jp/news/2013/03/15/100/

電力会社に、「原子力発電所の建設費はいくらですか?」と聞いてみた
  [2013/03/15]Windows7を搭載した薄く洗練された高性能スリムノートが5万円台?マイナビニュース連載中の漫画「くまにっぽう」がLINEスタンプになりました!【オススメ!!】マイナビニュースで今人気NO.1の動画はコチラからCHECK⇒⇒⇒【注目】美女が海外旅行に向けて準備!脱現金で快適な旅行を!印刷「大きなものの価格を調べよう!」という理由で、今回は「原子力発電所」を調べてみました。原子力発電所は一体いくらぐらいで建つものなでしょうか?


各電力会社に、「すみません、原子力発電所の建設費はいくらですか?」と聞いて回って調べました。

結果は以下のようになりました。

0がたくさん付いていて恐縮ですが、100,000,000,000円=1,000億円です。

また各建設費の数字の前には「約」が付きます。

■北海道電力 泊原発

○1号機 280,000,000,000円(2,800億円)

○2号機 181,000,000,000円(1,810億円)

○3号機 292,600,000,000円(2,926億円)

■東北電力 東通原子力発電所

○1号機 428,000,000,000円(4,280億円)

■東北電力 女川原子力発電所

○1号機 212,000,000,000円(2,120億円)

○2号機 267,000,000,000円(2,670億円)

○3号機 369,000,000,000円(3,690億円)

■東京電力 福島第一原子力発電所

○1号機  39,300,000,000円(393億円)

○2号機  55,700,000,000円(557億円)

○3号機  63,500,000,000円(635億円)

○4号機  81,300,000,000円(813億円)

○5号機  90,200,000,000円(902億円)

○6号機 175,900,000,000円(1,759億円)

東日本大震災で深刻なダメージを受けたため、このうち4号機までは廃炉が決定しています(2012年4月20日付)。

■東京電力 福島第二原子力発電所

○1号機 356,500,000,000円(3,565億円)

○2号機 276,300,000,000円(2,763億円)

○3号機 314,800,000,000円(3,148億円)

○4号機 291,400,000,000円(2,914億円)

■東京電力 柏崎刈羽原子力発電所

○1号機 475,600,000,000円(4,756億円)

○2号機 299,800,000,000円(2,998億円)

○3号機 325,300,000,000円(3,253億円)

○4号機 334,400,000,000円(3,344億円)

○5号機 356,200,000,000円(3,562億円)

○6号機 418,200,000,000円(4,182億円)

○7号機 366,600,000,000円(3,666億円)

■日本原子力発電 東海第二発電所

○188,000,000,000円(1,880億円)

■中部電力 浜岡原子力発電所

○3号機 400,000,000,000円※(4,000億円)

○4号機 380,000,000,000円※(3,800億円)

○5号機 360,000,000,000円(3,600億円)

1号機、2号機は2009年1月に運転を終了しています。

■北陸電力 志賀原子力発電所

○1号機 290,000,000,000円(2,900億円)

○2号機 370,000,000,000円(3,700億円)

■日本原子力発電 敦賀発電所

○1号機  32,000,000,000円(320億円)

○2号機 370,000,000,000円(3,700億円)

■関西電力 美浜発電所

○1号機 31,200,000,000円(312億円)

○2号機 36,300,000,000円(363億円)

○3号機 76,800,000,000円(768億円)

■関西電力 大飯発電所

○1号機 184,300,000,000円(1,843億円)

○2号機 122,500,000,000円(1,225億円)

○3号機 458,200,000,000円(4,582億円)

○4号機 253,500,000,000円(2,535億円)

■関西電力 高浜発電所

○1号機  65,600,000,000円(656億円)

○2号機  60,400,000,000円(604億円)

○3号機 280,300,000,000円(2,803億円)

○4号機 209,800,000,000円(2,098億円)

■中国電力 島根原子力発電所

○1号機  39,300,000,000円(393億円)

○2号機 303,300,000,000円(3033億円)

○3号機 460,000,000,000円(4,600億円)

3号機は現在建設中です。

■四国電力 伊方発電所

○1号機  78,000,000,000円(780億円)

○2号機 121,000,000,000円(1,210億円)

○3号機 314,200,000,000円(3,142億円)

■九州電力 玄海原子力発電所

○1号機  54,500,000,000円(545億円)

○2号機 123,600,000,000円(1,236億円)

○3号機 399,300,000,000円(3,993億円)

○4号機 324,400,000,000円(3,244億円)

■九州電力 川内原子力発電所

○1号機 278,700,000,000円(2,787億円)

○2号機 228,700,000,000円(2,287億円)

○3号機 未定

■日本原子力研究開発機構

もんじゅ 588,600,000,000円(5,886億円)

原子力発電所「建設費」の難しさ
今回、原子力発電所を持っている全電力会社さんに連絡を取り、建設費を聞いてみました(もんじゅを除きます)。

中には「建設費を公表すると、電力の自由化によって競争力を損なう恐れがある」などの理由で教えて頂けなかったところもありました。また「これからは公表をしない方針」といった声も聞かれました。仕方がないので、過去に公表されたデータ、過去に報道されたデータを探しまとめました。「※」が付いている数字がそれに当たります。

建設費は時代によって変化
東京電力さんからは「建設時期がそれぞれ違いますので、当時の物価なども考慮して建設費をご覧ください」というお話を頂きました。確かに、原子力発電所は建設された時期に大きな違いがあります。

例えば、福島第一原子力発電所1号機の営業開始は1971年ですが、柏崎刈羽原子力発電所の7号機の営業開始は1997年で、その間は26年になります。

 現在建設中の新しい原子力発電所
ちなみに九州電力さんの川内原子力発電所3号機は着工が平成26年3月の予定だそうです。お電話して伺ったところ、「交渉事などに支障があるかもしれないため、建設予算などは公表できないです」とのことでした。

また、電源開発が青森県大間町に建設中の原子力発電所があります。電源開発さんに電話して伺ってみたところ、こちらも「建設予算などの数字は公表できません」とのことでした。

ちなみに上記の金額を全部足すと13兆8,331億円です。

0がたくさんありすぎて、もう高いんだか安いんだか分からなくなりますね。

(高橋モータース@dcp)

北海道電力さんの泊原発の建設費は「原子炉建設許可申請書」などによります。

東通原子力発電所、女川原子力発電所……東北電力さんからは「この数字は設置許可申請書に記載した建設費の数字で、この金額と実際にかかった金額の関係(大小)については当社のコスト競争力にかかわる事項であることから、回答は差し控えさせていただきたい」とのことでした。

「もんじゅの建設費」が回答されているページはこちら。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR