ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!

①安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
②安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
③安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
④安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!

つまり 安倍晋三は韓国王子三世になるようです イウンコリアン三世安倍晋三

安倍晋太郎と石原慎太郎も兄弟かなんかかも知れません

伊藤博文の養子【李垠イウン】
孝明天皇を殺したのは伊藤博文
https://www.youtube.com/watch?v=prY0jRkK4Mk
安倍の長州の足軽の伊藤博文の子分が明治天皇になった

★【1908年】日韓(明治41年)伊藤博文と韓国皇太子の李垠(イ・ウン)
伊藤博文と養子縁組した12歳の皇太子は陸軍士官学校に入学(東京にて撮影)
https://jaa2100.org/entry/detail/044923.html

明治天皇の本名は寅吉 李要蔵→作蔵→寅吉

http://saiba.tistory.com/3107

①韓国王子【李垠イウン】と方子の長男【李晋】は1921年8月18日に日本で生まれた 次男は【李玖】
②韓国王子【李垠イウン】は伊藤博文の養子になったらしい
③【李晋】は1922年5月11日に韓国ソウルで死んだらしい
④【李晋】は 安倍晋太郎となってよみがえったらしい
⑤【李晋】は【李玖】とそっくり
⑥【李晋】の妹が横田早紀江らしい つまり安倍晋太郎と横田早紀江は兄妹
⑦石原慎太郎と横田早紀江も似ている
⑧横田早紀江も統一教会らしい
⑨両殿下の子供という父・晋太郎が、同じ長州藩田布施部落出身家系の岸信介の娘・洋子と結婚した。これによって岸信介の悪魔の遺伝子を受け継ぐ晋三がこの世に誕生したのである。

李垠(り ぎん、イ・ウン、朝鮮語: 、光武元年(1897年)10月20日 - 1970年5月1日)

李晋(り しん、1921年8月18日 - 1922年5月11日[1])は、李垠の第一子。母は日本の皇族・方子女王

安倍晋太郎(あべ しんたろう、1924年(大正13年)4月29日 - 1991年(平成3年)5月15日)父安倍寛、母静子

李玖(り きゅう、イ グ、1931年12月29日 - 2005年7月16日)

石原慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年(昭和7年)9月30日 - )

横田早紀江 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/横田早紀江
横田早紀江(よこた さきえ、1936年2月4日 - )

横田めぐみ
生年月日: 1964年10月5日 (年齢 54歳)

安倍晋三 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/安倍晋三
安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年(昭和29年)9月21日 - )

李晋 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/李晋
李 晋(り しん、1921年8月18日 - 1922年5月11日[1])は、李垠の第一子。母は日本の皇族・方子女王。敬称は「殿下」。

生涯[編集]
1921年(大正10年)8月18日未明、李王世子垠と妃・方子女王の第一子として誕生。誕生に当たり、敬称に「殿下」を用いることが定められた。朝鮮の王族と日本の皇族との間に生まれたため、「日鮮融合」の象徴として注目された。同月24日に「晋」と命名された。誕生して間もなくは乳母が置かれたが、やがて母・方子女王自ら母乳を与えるようになった[2]。

1922年(大正11年)4月、李王世子夫妻は生後8ヶ月の晋を連れて朝鮮を訪問する。晋と李王(純宗)との対面等が目的だった。晋は帰国直前の5月8日早朝から下痢・嘔吐をし、一行は帰国を中止。食事を受け付けず衰弱してしまい、同月11日15時15分、晋は急逝する。

その一方で、日朝双方による毒殺説が流布している。帰国中止の第一報で、既に陰謀説が報道された[3]。さらに、死去直後にも現地(京城)では「報道する自由を持たない」内容の流言蜚語が飛び交っていると報じられた[4]。

晋の死は急性消化不良と診断された。同月17日、朝鮮式での葬儀が京城(現ソウル)で執り行われ、京畿道商陽郡清涼里に埋葬された[5]。

脚注[編集]
1.^ 『官報』第2932号、「告示 宮内省告示」1922年05月13日。
2.^ 1922年5月12日 読売新聞「晋殿下 遂に薨ず」
3.^ 1922年5月9日 読売新聞「信じられぬ怪しい噂が晋殿下の御病気に絡る」
4.^ 1922年5月13日 読売新聞「晋殿下の葬儀は古式で京城に行う 盛んに流言蜚語」
5.^ 1922年5月18日 読売新聞「涙の京城に晋殿下の葬儀 王世子両殿下は尽きせぬ名残」

関連項目[編集] 王公族
李 晋 (Yi Jin) 李家 Yi Jin.JPG 顔写真

続柄 李王世子垠第1男子 身位 王公族 敬称 殿下

出生 1921年8月18日 大日本帝国の旗 大日本帝国

死去 1922年5月11日(0歳没)大日本帝国の旗 大日本帝国 朝鮮 京城府

埋葬 1922年5月17日 京畿道商陽郡清涼里

父親 李垠
母親 方子女王

李晋 各種表記 ハングル:
漢字:李晋 発音:イ・ジン
日本語読み:り しん
ローマ字:I Jin(2000年式)I Chin(MR式)
英語表記:Yi Jin

李玖 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/李玖
李 玖(り きゅう、イ グ、1931年12月29日 - 2005年7月16日)は、李王垠の第2子。父は大韓帝国の元皇太子で李王、母は日本の皇族である方子女王。王公族としての身位は王世子、敬称は殿下。なお、今上天皇とはともに久邇宮朝彦親王を曾祖父と ...

李垠 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/李垠
李 垠(り ぎん、イ・ウン、朝鮮語: 、光武元年(1897年)10月20日 - 1970年5月1日)

石原慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年(昭和7年)9月30日 - )

安倍寛(あべ かん、1894年(明治27年)4月29日 - 1946年(昭和21年)1月30日)安倍晋太郎の父

石原潔 - Yourpedia
https://ja.yourpedia.org/wiki/石原潔
2015/02/07 - 石原 潔(いしはら きよし、明治32年(1899年)12月2日 - 昭和26年(1951年)10月15日)山下汽船 淋病 樺太でもずいぶん他人にうつした

石原慎太郎の父・石原潔「軍に出入りしていた石原という死んだ男の戸籍を買った」?慎太郎「山下汽船の親戚だ!」愛媛の山下本家は「石原なんて親戚はいない!」妻2人も在日で北朝鮮の小泉の親戚
舛添なんて目じゃない、真っ黒な都知事だった
石原慎太郎 だが石原の出自やプライベートをマスコミが暴こうとすると一斉に圧力がかかって潰されてきたそうです。
http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2011/03/20110316_akimoto_02.jpg
東日本大震災時「津波は天罰!!」と言った石原慎太郎、日本人なわけがない!!

慎太郎 は“石原家と亀三郎の間には血縁関係があるのですか”という質問に(亀三郎さんとは)“縁戚だと聞きました。

http://kingendaikeizu.net/seizi/isiharasintarou.htm↑慎太郎の妻典子が、北朝鮮の小泉純也と親戚の家系図全て裏でつながっていますね~。小泉純一郎の父・純也も鹿児島の在日部落の出なのに、いつのまにか鹿児島の名門鮫島家の「鮫島純也」と名乗っていたそうです。

石原慎太郎 横田早紀江

★【これは驚き】安倍晋三はやはり李晋三? 朝鮮王朝最後の李垠・李方子両殿下の血筋を直接受け継いでいる!?
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/cat43851635/index.html
2018年6月21日 (木) 真実の近現代概略史
-前日(18日)の朝大阪北部を襲った大地震覚めやらぬドサクサに、安倍晋三&昭恵とともに悪名高き加計孝太郎が、19日午前11時、岡山市郊外の学園本部で記者会見を開いたという。会見を決めたのはその日の朝、マスコミ各社に連絡したのが会見の2時間前、東京や大阪から駆けつけることは出来ず、結局地元マスコミ50人ほどが会見に参加できたという。25分ほどの会見で加計孝太郎は、問題の2015年2月25日の安倍晋三との会見を「記憶にも記録にもない」とふてぶてしい態度で否定したと。こんなふざけた不愉快な会見の模様など、これ以上取り上げるのはよそう。関連記事はいずれも阿修羅掲示板ランキング上位に来ているが、それらの投稿記事へのコメントで面白いものを見つけた。「安倍晋三=李晋三」「加計孝太郎=岸信介の子または孫」説についてである。今回は異例ながら、加計会見本文はさておいて、これらのコメントを以下に取り上げてみた。真偽のほどは各自お確かめいただきたい。 (大場光太郎・記)-
@psk337

https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12384872578.html …
死んだと言われている長男の李晋(りしん)が問題です。この李晋(りしん)が隠されて、安倍寛の籍に入れられて、安倍晋太郎になったのに違いありません。すると安倍晋太郎さんが「俺は朝鮮人だ」と言っていた発言にピッタリと一致します。

9:18 - 2018年6月20日
上ツイート、画像元記事
日本と朝鮮との深い縁 ~ 安倍晋太郎の場合 
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/595.html
関連記事
【水爆実験大騒ぎ安倍政権の茶番】横田めぐみは、朝鮮の李王朝と天皇家の後継者として計画的に拉致され金正恩の母親となった!?
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-4ecd.html

【安倍家の秘密に迫る阿修羅掲示板投稿へのコメント】

2. 地下爺[2757] km6Jupbq 2018年6月20日 14:18:14 : SIFSJ7CslM : 7rPApFTTw@o[89]

晋三ぼっちゃま と 辛太郎ちゃん
                       かけい 
安倍妖狐様 と 加計勉さん には 岸の加 計の 膿(血)が流ているのさ。

  ーーーー 華麗な晋三ぼっちゃまの加計図 ーーーー 

 李氏朝鮮皇帝 北朝系皇族
    李垠 + 李方子
       |
       + 李晋 = 安倍晋太郎 → 安倍晋三
       |
       + 李玖
       |
       + ?? = 横田早紀江 → 横田めぐみ → 金正恩

    岸信介 + 岸良子
        |
        + 岸信夫  
        |
        + 安倍妖狐(洋子)
            +→→→→→ 安倍晋三
          安倍晋太郎

    岸信介 + ???
        |
        + 加計勉  →  加計孝太郎

★現在のアメリカの植民地である、日本を統治されるにふさわしい血(膿)筋なわけです。
上コメント引用記事
大きな誤りをおかした加計孝太郎という安倍首相のオトモダチ  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/563.html

【私のコメント】
 以前、板垣英憲氏情報の「岸→木子→李」説を紹介したことがあった。安倍晋三の母方の岸家は、室町・戦国あたりに朝鮮半島から亡命してきた帰化人の子孫、それが証拠に岸という苗字には朝鮮名「李」氏が隠れている。だから岸信介の悪魔的遺伝子を特に強く受け継いでいると思しき安倍晋三も「李晋三」となる、と。しかし上の図式では、父方の安倍家そのものが、「李」氏であった、と。しかも朝鮮・李王朝の血筋を引く、と。また加計孝太郎は、「腹心の友」以前に、岸信介の隠し子またはその子供であるとは、加計疑惑が取りざたされた昨年以来囁かれてきた。岸と加計は顔の輪郭や顔立ちが似すぎているのである。さて以上のことを受けて、以下ではさらに詳しく述べられている。戦前日本政府の政略により、李王朝最後の皇太子の李垠(り・ごん)に李方子(り・まさこ)が降嫁した。李方子は、横田めぐみの母・早起江の母といわれているが、出自の怪しい明治天皇以下に比し、それ以前の北朝系の皇統を受け継ぐ由緒正しい人だった。にわかに信じられない話ながら、何と安倍家の晋太郎と晋三は両殿下に直接つながる血筋だというのだ。また横田早起江・めぐみ親子さらに金正恩とは実の同族ということになる。とは言っても両殿下が悪魔の血筋ということではない。問題は、両殿下の子供という父・晋太郎が、同じ長州藩田布施部落出身家系の岸信介の娘・洋子と結婚したことである。これによって岸信介の悪魔の遺伝子を受け継ぐ晋三がこの世に誕生したのである。

【以下、同投稿記事の関連コメント】

8. 2018年5月02日 15:57:53 : 80ZctWsQbQ : bwOpBTdrFNY[60]
>安倍晋三を批判するつもりならば、
>「李晋三」ではなく、そのまま「安倍晋三」と書いて

個人的にはあえて、李晋三と書いている。
これは決して朝鮮人を軽蔑する意図からではない。
奴の正体が李晋三であるということを、一人でも多くの日本国民が知ること。
このことが、奴の歪み切った政治姿勢を解明するにあたって、
すごく重大な意味を持つからである。

奴は安倍を名乗っているが、実際は安倍ではない。
安倍という家は、”先々代”の寛氏を最後に途絶えてしまったからだ。
しかもこの寛氏という政治家は、李晋三とは正反対で、あの戦時中に、
非戦・平和主義を掲げ続けた大変気骨のある政治家だった・・・。

だが悲しいことに、寛氏は健康と子供に恵まれなかった。
そんな折、寛氏は、大韓帝国最後の皇太子である李垠の第一子、李晋が、
折角生を受けたにも関わらず、
陰謀によって毒殺されようとしていることを目の当たりにする。
あまりの残酷さに、寛氏は胸が張り裂ける思いだったのだろう。
咄嗟に自分の養子にすることで、李晋を毒殺から救ったのだ。

表向き、李晋は1歳にもなれずに、この世を去ったことになっている。
しかし実際は、寛氏に助けられ安倍晋太郎として生涯を全うしたという。
晋太郎自身は、寛氏に相当な恩義を感じていたというが、
しかしこれが血の宿命というのだろうか、晋太郎は、
李要蔵や大室寅之佑をルーツに持つ、ガンの家と結びついてしまう。
ここに、朝鮮王朝の末裔と朝鮮の不良分子が結びつくことになるのだ。
そしてその間に生まれたのが、他ならぬ李晋三なのである。
つまりこの国やこの国の国民に対する冷酷なまでの憎悪は、
この血からきているといっても過言ではないのだ。

上コメント投稿記事
安倍晋三がヨルダンでまたカネをばらまいた! 
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/850.html

15. 2018年5月02日 20:46:14 : FgqaWer19u : oxgRCfVZnCs[59]

>>8さん  納得・同意できる!
シンゾウが、父方の祖父である寛氏の墓参をしたなど聞いたことがない。
そして知性も教養もなく、政治家としての在り方も寛氏の血筋とは思えない。
しかも父の真慎太郎は、自身が朝鮮人であると激白している。

同じ日本民族の血をシンゾウが受け継いでいるのであれば、
これほど国を売り、日本を破壊し、国民を悲惨に陥れることは考えられない。
長期政権となって日本を外資に売り渡したのも首絞め小泉という朝鮮人だった。
加えて、新自由主義にのめりこんで国民を奴隷化する経団連会長も半島系であり、
電通メディアも半島系である。経済界もメディアも半島系=統一教会が支配している。
更に創価学会の総体革命により、政界官界にもカルト創価の有象無象が入り込んでいる。

そして最悪なのは、
選挙の不正を繰り返し、半島系の精神異常者が不当に権力の座に居座り続けていることである。
選挙結果の再開票を求める裁判は門前払いされ、電通支配のマスコミはこれを決して報道しない。
全てが不良朝鮮人による犯罪であり、この国を滅ぼそうとしているように思える。
選挙が正常化されれば自民党など即座に下野するだろう。元凶は、不正選挙である。

>心も頭も馬鹿が、不正選挙で総理の座を手に入れ、悪政・悪行・犯罪をやりたい放題行なっている日本の現状をどう思いますか。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14141752264
>「メディアが無視する不正選挙訴訟」(EJ第3701号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/383513241.html
>不正選挙裁判一覧 ~ 猫旅館女将の不正選挙頁
https://blogs.yahoo.co.jp/hazardmiraikey/46151846.html 

>「擬似民主主義」 (self.tikagenron)
https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/5abnsb/%E6%93%AC%E4%BC%BC%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9/
>何度も言うが、元凶は不正選挙だ (self.tikagenron)
https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/6exmxv/%E4%BD%95%E5%BA%A6%E3%82%82%E8%A8%80%E3%81%86%E3%81%8C%E5%85%83%E5%87%B6%E3%81%AF%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%A0/
現在の政治状況で有効なカードは「不正選挙の追及」「国際的な選挙監視団の招聘」以外にない。もちろん自民党は汚物だし、野田は豚だが、安倍に文句を言うヤツも、野田や「民進党の心ある議員」にアドバイスをするヤツも、不正選挙の追及を柱に立てないのなら、共謀罪の成立や現支配体制の補強に寄与しているのと変わらない。プロレスでヒールに野次を飛ばそうがベビーフェイスの戦い方に文句をつけようが、筋書きを変化させることなどできはしないだろう。

18. 2018年5月03日 03:18:59 : 80ZctWsQbQ : bwOpBTdrFNY[62]
>>11
朝鮮人への蔑視というけれど、そういう風潮に陥った原因は一体何で、
それはいつの時代のことだろうか。
たかだか150年程度、明治時代以降の話なんだよ。

そりゃあ勿論、それまでの長い歴史の中で、
日本と朝鮮半島がずっと親密だったわけではない。
古くは新羅・高句麗の関係、元寇の頃、秀吉の朝鮮出兵など、
時としていがみ合ってきたことも少なくない。
だが、そこに朝鮮半島の人たちに対する差別風潮が生まれることは、
決してなかったとされる。
なぜなら、少なくとも戦国時代のころまでは、
何でもほぼすべて、中国から朝鮮半島を通って日本に伝わった、
つまり日本は朝鮮半島の人たちから物事を学ぶ立場にあったからだ。

丁度、天皇家が朝鮮半島ルーツであることを指摘しておられるが、
こういう歴史背景を考えれば、それであって当然といえる。
神武天皇が実在したなんて思うのは、勿論滑稽無形な話であり、
日本に仏教が伝えられた時に、百済から渡ってきた仏教指導者が、
天皇家のルーツであると見るのが、最も道理に叶っているように思われる。
そしてそういう家だから、いうまでもなく時代に翻弄されてきた。

ただし、天皇という地位が完全な偽物に乗っ取られたのは、
後にも先にも(李晋三の先祖である)大室寅之佑が乗っ取った
明治の45年間だけで、この時代だけが”天皇の空白期間”となる。
でもこれは消された歴史なので、
表向きの歴史ではそういう事実自体がないことになっている。

つまり明治維新とは、
朝鮮不良分子が日本に潜んで引き起こした、一種のクーデターなのである。
本当のところは田布施に潜伏した朝鮮不良分子が勝手に”長州”と名乗り、
薩摩の資金力を言葉巧みに引き出して、用済みとなれば切り捨てた、
朝鮮不良分子による、全くもって人道のかけらもない冷徹な謀略なのである。

日本人が朝鮮人を軽蔑したのではない、朝鮮人が朝鮮人を差別してきた。
この事実こそ明治が生み出した最凶の歪みなのである。
そういった事実が、この国にいろいろな弊害・災難をもたらした。
その最たるものは、太平洋戦争だ。そしてその弊害は今なお続く。
在特会も右翼街宣車といった極右活動をやっているのは朝鮮人。
そしてそういう連中が崇める李晋三統一教会倭国侵略部長もまた、朝鮮人だ。
このバカげた構造を一掃しない限り、この歪みはいつまでも是正されない。

(以上、転載終わり)
2018年6月21日 (木) 真実の近現代概略史
| 固定リンク | コメント (0)
|
【南北統一の機運だし】国内の半島系背乗り通名似非日本人は朝鮮半島にお帰り願おう なっ、安倍晋三&昭恵、小泉親子、石原親子、橋下徹etc

★韓国皇太子の李垠(イ・ウン)年譜
伊藤博文と李垠(1907年頃)。
日本皇太子嘉仁親王(左:後の大正天皇)訪韓時、有栖川宮威仁親王(右)と共に(1907年)
方子妃と共に(1924年)

李王家邸(現在の赤坂プリンスクラシックハウス)1897年(光武元年)10月20日 - 出生。
1900年(光武4年) - 英親王に冊封される。
1907年(光武11年)7月20日 - 皇太子となる。
1907年(隆熙元年)12月 - 日本に留学し、伊藤博文らが扶育する。
1908年(隆熙2年)1月 - 学習院入学。
1910年(隆熙4年・明治43年) - 日韓併合によって大韓帝国が消滅したことに伴い、王世子となる。
1911年(明治44年)9月 - 陸軍中央幼年学校予科入学。
1913年(大正2年)9月 - 陸軍中央幼年学校本科入学。
1915年(大正4年)6月 - 士官候補生。近衛歩兵第2連隊附。
1917年(大正6年) 5月25日 - 陸軍士官学校卒業(第29期)。
12月25日 - 歩兵少尉に任官。

1920年(大正9年)4月 - (梨本宮)方子女王と婚姻する。歩兵中尉に進級。李王世子暗殺未遂事件。
1923年(大正12年) 7月 - 歩兵大尉に進級。
11月29日 - 陸軍大学校卒業(35期)。近衛歩兵第2連隊中隊長。

1924年(大正13年)12月 - 参謀本部附。
1926年(大正15年) 4月 - 李王を継承し、李王垠となる。
7月 - 参謀本部員兼朝鮮軍司令部附。

1927年(昭和2年) 4月10日 - 前李王一年祭のために京城へ出発。
5月 - ヨーロッパ出張(フランス、スイス、イギリス、ベルギー、オランダ、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ポーランド、オーストリア、チェコスロバキア、イタリア、モナコ歴訪、1928年4月9日帰国)

1928年(昭和3年)8月 - 歩兵少佐に進級。近衛歩兵第2連隊大隊長。
1929年(昭和4年)8月 - 歩兵第1連隊附。
1930年(昭和5年)12月 - 教育総監部附。
1932年(昭和7年)8月 - 歩兵中佐に進級。
1933年(昭和8年)4月 - 教育総務課員。
1934年(昭和9年)4月 - 王妃とともに京城訪問。朝鮮神宮で行われた郷軍全鮮大会に臨席。
1935年(昭和10年)8月1日 - 歩兵大佐に進級。宇都宮の歩兵第59連隊長。
1937年(昭和12年) 4月18日 - 王妃とともに朝鮮訪問(25日まで)。
3月1日 - 陸軍士官学校教官。
8月2日 - 陸軍予科士官学校教授部長

1938年(昭和13年) 7月15日 - 陸軍少将に進級。
12月15日 - 北支那方面軍司令部附。

1939年(昭和14年)1月? - 北支戦線の巡視。山西方面の太原、臨汾、運城と山東方面の済南、徐州、青島を視察。 2月、京漢線沿線の石家荘、新郷を視察。
3月、駐蒙軍方面の張家口、大同、包頭、厚和を視察。厚和では徳王に謁見。
3月末、東京に出張。
4月、天津、青島、新郷を視察。
5月、関東軍関係の延吉、斉斉哈爾、阿城、南嶺、旅順、牡丹江の視察。2日には康徳帝に謁見。
6月下旬?7月上旬、北京経由で中支戦線の南京、漢口、蘇州、上海、呉淞、杭州を視察。
7月2日・3日、青島へ出張。その後、熱河を視察。
8月1日 - 近衛歩兵第2旅団長。
10月 - 王妃とともに朝鮮訪問。北支方面からの凱旋を宗廟に報告。

1940年(昭和15年) 5月25日 - 留守第4師団長。
12月2日 - 陸軍中将に進級。

1941年(昭和16年) 7月1日 - 第51師団長。
8月12日 - 満州国の錦州へ動員。
10月、南支戦線へ派遣。
11月20日 - 広東より帰還。
11月16日 - 教育総監部附。
12月5日 - 京城を訪問。

1942年(昭和17年)8月1日 - 第1航空軍附。
1943年(昭和18年)7月20日 - 第1航空軍司令官。
1945年(昭和20年)4月1日 - 軍事参議官。
1947年(昭和22年) 5月3日 - 日本国憲法施行により身位喪失。
10月18日 - 皇籍離脱により李垠となり日本国籍を喪失(無国籍)。

1957年(昭和32年) 5月18日 - 日本国籍を取得して夫婦で渡米。
6月7日 - 李玖のマサチューセッツ工科大学(MIT)卒業式に出席。

1959年(昭和34年) 3月16日 - 脳梗塞で倒れる。
5月17日 - 日本へ帰国。

1960年(昭和35年) 6月6日 - 夫婦で渡米(ニューヨーク、8月6日帰国)。

1961年(昭和36年) 3月26日 - 夫婦でハワイ訪問(5月7日帰国)。
8月3日 - 築地の聖路加病院に入院。

1962年(昭和37年) 12月15日 - 韓国政府より李垠夫妻に大韓民国国籍の回復が告示される。

1963年(昭和38年) 5月末、容体の悪化により赤坂の山王病院に入院。
11月22日 - 韓国へ帰国。

1970年(昭和45年) 5月1日 - 死去、満73歳。

①安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
②安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
③安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
④安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑤安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑥安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑦安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑧安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑨安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑩安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑪安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
⑫安倍晋太郎は韓国王子【李垠イウン】の息子【李玖】とそっくり!
スポンサーサイト

コメント

神武天皇を消したいのも百済人である鬼畜藤原など、犯罪結社の連中でしょう。
神武東征は3代にわたっていて
その内、王朝の初代は応神天皇です。
だから、武内宿禰が300年生きていた事になっていたりするだけ。
もともと、崇神系王朝と別の王朝が同じ時代に存在していたのに、系図を縦につないで時代をさかのぼらせただけ。

それに聖徳太子はいなかった、蘇我蝦夷だったのだから、などとほざく者もいるが、蘇我蝦夷はいなかった。聖徳太子だったのだから。

その辺りを非科学的・非論理的なこじつけでごまかそうとする連中も工作員だよ。
[2018/12/17 23:57] URL | 神武天皇は実在する #- [ 編集 ]
こいつらガイジか。

>それに聖徳太子はいなかった、蘇我蝦夷だったのだから、などとほざく者もいるが、蘇我蝦夷はいなかった。聖徳太子だったのだから。
証拠は?

>その辺りを非科学的・非論理的なこじつけでごまかそうとする連中も工作員だよ。
根拠は?

>百済人である鬼畜藤原など、犯罪結社の連中でしょう。
証拠は?


[2018/12/31 17:14] URL | 軍事に強い弁護士 #KMo/gcPs [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR