ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!

★毒入りオレンジ事件 - Wikipedia
1982年3月11日号「週刊文春」の記事に端を発し、毎週4月8日号までの5回にわたる連載にて告発した、日本のプロボクシング史上最悪の事件と言われるエピソードである。「金平正紀協栄ボクシングジム会長が、渡嘉敷勝男や具志堅用高の防衛戦の相手に薬物を混入したオレンジジュースを飲ませた」

籠池森友オカルト学園の摂津JCと言えば浪速のゴリエ
上西(うえにし)小百合 on Twitter: "摂津JCは、私と同じ選挙区の女性 ...
摂津JCは、私と同じ選挙区の女性代議士の後援会に入っている方がほとんどです。その代議士は安倍昭恵さんの聖心中高の同級生で地元では親密さを徹底的にアピールしています。

この摂津から出馬したのが浪速のゴリエ上西や麻生橋下の秘書奥下

JCのトップが麻生とか小泉

上西小百合 摂津 橋下 奥下 摂津JC ロータリークラブ 大阪7区 籠池 森友 鴻池 青年会議所 自衛隊

亀田が所属している協栄の金平桂一郎は在日朝鮮人と聞いたことがあ ...
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp ? ニュース、政治、国際情勢 ? 政治、社会問題
2006/08/11 - あわせて知りたい. 亀田三兄弟は在日朝鮮人って聞いたことがありますが、ホンマですか?
その話はずいぶん昔から聞いています。
前金平会長の毒入りオレンジジュース問題からうさんくさいと思っていました。
確証はありませんが、暴力団とのつながりや
以前からの黒い噂等考えるとあながちガセではないのでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/gossipnews/
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/08/post_5a38.html
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
金平桂一郎の父親の金平正紀が在日だったと聞きますから
帰化しているのではないですか

「ファンは1,000人もいない!?」明らかになった亀田三兄弟の深刻な不人気ぶり
3月27日に有明コロシアムで行なわれたWBC世界フライ級タイトルマッチ、亀田興毅とポンサクレックの試合観客席は見事にガラガラだった。
観戦に訪れた記者も、「この会場でのボクシング興行で、ここまで客が入っていないのは見たことがない」と驚くほどで、1万人収容のアリーナは主催者発表で1,900人という有様だった。
続きを読む
そうなると亀田ファンとして集まったのはわずか1,000人程度ということになる。後援者がほとんど来ないことで丸裸になっただけで、やはりこれは亀田ファンそのものがほとんど存在しないということか。
協栄ジムも過去に毒入り事件とか色々あったけど、亀田親子と並んでしまうと、とっても真っ当に見えるってのがすごいね。それにしてもなんであんなに目の周りが黒いんだろう。
ところで、金平桂一郎ってさ
一郎を除いたのが本名なんだろうね。
亀田の在日説も結構あるらしいけど、
在日かどうかの以前に「西成」だからね。。。
そしてその西成の中でも札付き。
10/1 ◇亀親父、サンデージャポン生出演。

★毒入りオレンジ事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/毒入りオレンジ事件
毒入りオレンジ事件(どくいりオレンジじけん)は、1982年3月11日号「週刊文春」の記事に端を発し、毎週4月8日号までの5回にわたる連載にて告発した、日本のプロボクシング史上最悪の事件と言われるエピソードである。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 疑惑の発端; 3 後日談; 4 脚注. 概要[編集]. 週刊文春は、特別取材班による国内・国外潜行6ヶ月の取材の成果として、「金平正紀協栄ボクシングジム会長が、渡嘉敷勝男や具志堅用高の防衛戦の相手に薬物を混入したオレンジジュースを飲ませた」とする記事を掲載。「サンデー ...

毒入りオレンジ事件
移動先: 案内、 検索
毒入りオレンジ事件(どくいりオレンジじけん)は、1982年3月11日号「週刊文春」の記事に端を発し、毎週4月8日号までの5回にわたる連載にて告発した、日本のプロボクシング史上最悪の事件と言われるエピソードである。

目次 [非表示]
1 概要
2 疑惑の発端
3 後日談
4 脚注

概要[編集]
週刊文春は、特別取材班による国内・国外潜行6ヶ月の取材の成果として、「金平正紀協栄ボクシングジム会長が、渡嘉敷勝男や具志堅用高の防衛戦の相手に薬物を混入したオレンジジュースを飲ませた」とする記事を掲載[1]。「サンデー毎日」が金平の反論記事を載せるなど[2]、他誌やスポーツ紙、NHKもトップニュースで取り上げ[3]、テレビのワイドショーも後追い報道を繰り広げ[4]、国会でも取り上げられるなど大きな騒動になった[4][5]。ボクシング界の醜聞にしては異例の過熱ぶりであった[4]。

週刊文春には、買収されて「毒入りオレンジジュース」を出したホテルの料理長の証言と、薬の成分が筋弛緩剤であること、その他の搾取と恐喝などについての内容が書かれていた[1]。金平は鬼籍入りしたため真相は闇の中である(実際には下剤であったと言われている)。
搾取についての一例としてあげられるのは、具志堅がタイトルをフローレス(メキシコ)に明け渡した1981年3月8日の沖縄戦。収入は、テレビの放送権料が9千万円、CM料が肖像権料等を含めて1億5千万円、地元に売る興行権料が5千万円。支出は具志堅に7千万円(マネジメント料、税込み)の他、前座試合にかかる諸経費。すると協栄ジムには、1億円前後が転がってくる[6]。
1979年秋の、保育園施設の建設に対する妨害は、その手口を問題視された。当時の協栄ジムは国鉄(現JR)代々木駅近くにあった。(現社会福祉法人代々木鳩の会)「鳩の森保育園」がジムに隣接する土地に施設を建設しようとしたが、金平は「せっかく作ったジム屋上のネオン看板が(施設がじゃまして)国鉄山手線から見えなくなる」と主張し、知人であった日本青年社の社員三人をジム階上のアパートに住民登録させ、工事妨害を図った。いわゆる占有屋の手口に近い[7]。そのビラの内容の1部によれば「園の弁護士に暴力をふるう。一方的に怒鳴り散らし、物を投げ、閉め出す…というスポーツ団体にあるまじき態度」という。しかし、この件は1981年11月28日「看板料」(決算委員会での楢崎弥之助委員によれば、看板料300万円・引っ越し料300万円)として保育園側が金平に600万円を直接支払い、和解した[8]。

この事件が原因で、金平は1982年にボクシング界からライセンスを無期限剥奪された(7年後に処分が解除、プロボクシング界に復帰)。また、具志堅の引退セレモニーも中止になった。

疑惑の発端[編集]
具志堅が、WBA世界ジュニアフライ級(ライトフライ級)タイトルを失った後、金平会長は、オプションのある内に、タイトルを取り戻すために具志堅に再挑戦を促すが首を縦に振らない。系列協栄河合ジムの当時同級日本チャンピオンであった伊波政春を挑戦者に1度は決めたが、交渉にあせり、マッチメイクは失敗する。そこで、協栄ジムのデビュー以来9連勝「具志堅二世」の呼び声の高い多田浩幸に出番は回ってきたが、1981(昭和56)年、具志堅敗戦直後に日本同級タイトル戦を伊波に挑戦して敗れ[9]、同年4月当時OPBF東洋太平洋ジュニアフライ級チャンピオン&WBA同級世界3位の金龍鉉と韓国で遠征試合をして敗れてしまった。同ジムにあと一人、具志堅の「スパーリング・パートナー」として残っていたのが、渡嘉敷勝男だった。渡嘉敷は、当時日本ランキング同級1位とはいうものの、世界の檜舞台から見れば、無名のボクサーであった。金平会長は、渡嘉敷を世界タイトルにふさわしい挑戦者とするために、1981(昭和56)年6月2日後楽園ホールにて「世界タイトル挑戦者決定戦」と銘打ち、多田が闘った金龍鉉と10回戦を行った。金平会長にすれば、どうしても負けられない一戦であった。金は、1980(昭和55)年1月27日大阪にて具志堅用高(V11)に挑戦し、15回判定負けはしたものの、OPBF東洋・大平洋同級チャンピオンを3度防衛[10]しているため、ボクシング専門誌[11]は、「渡嘉敷、世界3位・金から大金星」と報じた。渡嘉敷の10R判定勝ちであった。

金選手は、崔承哲マネージャーと鄭英華トレーナーの3人で5月30日に来日し、協栄側の用意した後楽園近くのビジネスホテルSに宿泊する。協栄ジムの関係者によれば、「5月31日、試合前の減量で金はあまり食べない。その代わりレモンを注文して絞って飲んでいた。」と本郷のスーパーI商店でレモンを220円で購入し、それに小型の注射器で薬液を注入し5個(または3個)を食堂ウェイターに金選手へ手渡すように託した。しかし、協栄スタッフの一人が、金平会長がホテルSから帰宅した後、そのレモンをウェイターから回収したため金選手側には渡らなかった。

試合前日の6月1日は、「毎回同じ果物だと不自然」「レモンだと、一旦ウェイターに手渡さなければいけないから」と十数個のオレンジを新宿の有名H園と中野駅前のスーパーで買い、その内、薬物を仕込ませた6個を茶色の紙袋に入れ、「崔マネージャーに渡すように」とホテル・フロントに預けた。このオレンジを巡って、翌2日の試合直後の後楽園ホール控え室で、崔マネージャーは、「この試合はおかしい。問題にする!記者団に公表する!」と気が狂ったような大声で、息巻き続けたのが発端だった[12]。

後日談[編集]

金平正紀の長男で当時16歳だった金平桂一郎は振り返って「通学で電車に乗ると『週刊文春』の中吊り広告にデカデカと"金平""協栄ジム""薬物"の文字が踊り、車内にも文春を読んでいる人がいっぱいいて本当に驚きました。学校でも何人もの級友から『本当なの?』と聞かれるのにも参りました」「父は居直り(田中角栄が好きだったから)俺はボクシング界の闇将軍になる!と豪語していました。ライセンス剥奪後も父の人柄を慕って支援して下さる方が多くいたことが支えになっていたと思います。父と事件について語り合ったことは一度もありません。しかし父は文春さんの記事を含め、関連記事を全部スクラップして保存していました。そこからは、意外にも客観的に騒動を見ていた父の姿が浮かんでくるのです。あの頃は、日本選手が海外で試合をしても、妨害工作を受けることが度々ありました。事件の真相は別にして、そういう時代だったことは事実です」「父は一貫して事実関係を否定していましたが、日本ボクシングコミッションは『限りなく黒に近い灰色』という結論を下しました。これがボクシング界の『答え』だったと思います。そしてあの騒動によって、ボクシング界が良い方向に変わっていったことも確かでしょう」[3]、「色んなことも含めて全部、協栄ジムの歴史ですし、私はそれを息吹で感じています」[13]などと述べている[3]。

脚注[編集]
1.^ a b “本紙特別取材班による?国内・国外取材6ヵ月 カンムリワシ具志堅用高は『汚れた英雄』だった 金平会長は薬物投入の仕掛人!”. 週刊文春: 24-31頁. (3月11日号 1982).
2.^ “死闘!薬物リング 金平前会長逆襲の成算 独占インタビュー『文春をKOするぞ』”. サンデー毎日: 16-20頁. (3月28日号 1982).
3.^ a b c “50周年総力特集52本 『私はそこにいた』 昭和57年 協栄・金平会長が語る毒入りオレンジ事件と父”. 週刊文春: 151-152頁. (4月2日号 2009).
4.^ a b c “金にまつわる「金平問題」後日譚”. 週刊サンケイ: 22-25頁. (4月8日号 1982).
5.^ 衆議院会議録情報 第96回国会 法務委員会 第6号
6.^ 1982年4月1日号「週刊文春(金平問題第4弾!)」
7.^ 衆議院会議録情報 第96回国会 決算委員会 第2号
8.^ 1982年4月8日号「週刊文春(金平問題第5弾!)」
9.^ 日本L・フライ級王座変遷
10.^ 金龍鉉(韓国)公式戦記録
11.^ ボクシング・マガジン1981年7月号
12.^ 1982(昭和57)年3月11日号「週刊文春(金平問題第1弾!)」
13.^ 金平桂一郎 (2007年12月27日). オフレコ厳禁. インタビュアー:テリー伊藤. pp. 74-78. テリー伊藤 対談,537 アサヒ芸能.

執筆の途中です この項目は、ボクシングに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJボクシング/PJキックボクシング)。

カテゴリ: 日本のボクシング
ボクシングの歴史
1982年の日本のスポーツ
1982年の日本の事件
スポーツの違反行為
毒物を使用した事件
1982年3月
具志堅用高
最終更新 2018年1月13日 (土) 12:39 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。

★協栄ボクシングジム
協栄ボクシング株式会社
KYOEI BOXING Co. Ltd.,
種類株式会社 市場情報非上場 略称協栄

本社所在地
日本の旗
〒160-0022
東京都新宿区新宿5-2-1
ニュー番衆ビル2階

設立1976年6月16日
業種サービス業
事業内容
ボクシングジムの運営
代表者 代表取締役社長 金平桂一郎

主要子会社
プロスタッフ・協栄
協栄プロモーション

関係する人物
金平正紀(創業者)
外部リンク
http://kyoei-boxing.co.jp/

移転前の協栄ボクシングジム 外観
協栄ボクシングジム(きょうえいボクシングジム)は、東京都新宿区新宿にあるプロボクシングのジムである。経営に当たるのは株式会社協栄ボクシング。

目次 [非表示]
1 沿革
2 概要
3 系列ジム
4 選手 4.1 ジム出身世界王者
4.2 主な現役選手
4.3 引退した主な選手

5 事件・批判 5.1 黒い霧事件
5.2 毒入りオレンジ事件
5.3 協栄ジム所属選手の試合判定への批判
5.4 WBA親善試合で場外乱闘
5.5 WBC王者戦での反則行為

6 脚注 6.1 注釈
6.2 出典

7 外部リンク

沿革[編集]
フライ級・バンタム級のプロボクサーとして活動した金平正紀が現役時代から属した野口ジムのトレーナーを経て、プロテスト不合格の愛弟子・松田博幸(後にリングネーム・海老原博幸)を引き連れ1959年(昭和34年)の4月に「金平ボクシングジム」として東京都杉並区に設立、その後草加市の谷塚駅近く(移転後の跡は所属選手の実父で実業家の有澤二男が買い取り草加協栄を経て現在は草加有沢ジム)や渋谷区の代々木駅近くを経て、1991年に大久保に4階建ての自社ビルを建てたが、その後売却を決め、2012年5月24日に現在地への移転を終えた[1]。

帝拳、角海老宝石、ヨネクラ、三迫、新日本木村等と並ぶ、大手ジムや有力ジムの内の一つ。系譜としては「大日本拳闘会(神戸:嘉納健治) - 野口ジム(目黒:野口進)」の流れである。のちに協栄物産と提携して1966年3月「協栄ボクシングジム」と名称変更した。過去にスポンサーの関係で『海外タイムス・ジム』『ベル協栄ボクシングジム』『ワールドスポーツ・クラブジム』の名称を使用していた時期がある。なお、これらスポンサーのうち『海外タイムス』は悪徳商法で社会問題となった豊田商事の関連企業。

初代会長は金平正紀。2代目であり現会長は、前会長の長男金平桂一郎。なお、正紀会長が追放(後述#毒入りオレンジ事件参照)されている間は高橋勝郎が代理を務めていた。日本ボクシング連盟(JABF)にも加盟している。

2015年5月21日、元所属選手かつ元WBA世界フライ級王者であり、現在は稲城市議会議員の坂田健史が代表に就任し、金平桂一郎は会長にとどまるもののプロモートに専念し第一線から退くことが発表された[2]。

概要[編集]
先代の金平正紀会長はボクシングに対し愛情を持っており、彼の名言に「プロボクシングはビジネスだが、だからと言ってボクシングに愛情を失ってはいけない」「周りに何と言われようと、協栄から生まれたチャンピオン達が、引退後に世界・東洋・日本チャンピオンになれて良かったと思えるようにならなければいけない。そう思うようにしてやるのも私の仕事だし、思われなかったとしたら、それは私の責任だ」というものがある。

色々とスキャンダルに事欠かないジムであるが、正紀会長は協栄出身の世界王者から尊敬されており(具志堅用高とは一時決別したが、後に和解)、正紀会長が最後に育てた世界王者佐藤修は、世界王座を獲得したリング上で「故・金平会長、僕は協栄の9人目の世界王者になりました!」と叫ぶなど、先代会長は死後も選手たちに慕われている。

副業を持つボクサーは世界タイトル獲得後、ボクシングに専念するケースがほとんどだが、所属選手はアルバイトを継続するのが常識であり、具志堅ですら5度目の防衛まで飯田橋のとんかつ屋でアルバイト勤務していた。マネージャー兼トレーナーとしてジムに長年携わってきた大竹重幸は「お金どうこうではなく、生活のリズムを保つためにもいい」と勧めており、元世界王者の佐藤洋太も「今までの生活を崩して、歯車が狂うのが怖い。仕事を辞めたら遊んじゃいますよ」と語っている[3]。

1989年、かねてから金平と親交の深かったスポーツ平和党党首で参議院議員になって間もないアントニオ猪木の紹介でソ連のアマチュアボクシングのトップ選手を獲得。翌年グッシー・ナザロフやチャコフ・ユーリとしてプロデビューさせた。1996年にも猪木の仲介で北朝鮮のオリンピック金メダリスト崔鉄洙を獲得。

また、女性を対象とした「シェイプボクシング」にも力を入れており、小池百合子[注釈 1]も受講している。シェイプボクシングインストラクターには所属選手の瀬藤幹人も加わっている。また、2007年には女子プロボクシング本格的解禁を見据えてロシアの女子選手を招聘し、国内女子選手とのエキシビションを行う。このエキシビションに参加した藤本りえは後に協栄に移籍した。正紀会長の時代にも高築正子にアメリカでの試合出場を斡旋し、日本人女子プロボクサー第1号としてデビューさせた。

さらに、1997年ごろシュートボクシング全日本カーディナル級初代王者大村勝巳を専属コーチに迎え、「K-1キョウエイジム」の看板を掲げてナゴヤドームでのK-1 JAPAN GPに参戦、また同じ時期の日本IBFの復活第1弾の興行に金平会長が来場、網膜剥離からの再起を期す飯泉健二にトレーニングの場を与えた。2007年には関連会社の協栄ワールドが当時のK-1興行会社であるFEGと業務提携を結んだ。

TBSとのタイアップで「ガッツファイティング」を主催。かつてはテレビ東京とのタイアップで「ヒートアップボクシング」も主催していた。稀にではあるが野口の分派である三迫と提携してフジテレビ「ダイヤモンドグローブ」で放送される場合もある。

系列ジム[編集]
協栄札幌赤坂ボクシングジム
グローバル協栄ボクシングジム(※会長のマック金平(協栄ジム初代会長の甥)の本家への背信行為を理由に協栄グループから事実上破門され、現在協栄ジム本体とは無関係になっている)
協栄カヌマボクシングジム(現・石戸ジム)
古口・協栄ボクシングジム
協栄山神ボクシングジム
博多協栄ボクシングジム

選手[編集]
日本のジムで2番目の計12人の世界王者を生み出している。
ジム出身世界王者[編集]
海老原博幸(WBA・WBCフライ級)
西城正三(WBAフェザー級第18代)
具志堅用高(WBAライトフライ級第3代)
上原康恒(WBAスーパーフェザー級第20代)
渡嘉敷勝男(WBAライトフライ級第6代)
鬼塚勝也(WBAスーパーフライ級第5代)
勇利アルバチャコフ(WBCフライ級第28代)
オルズベック・ナザロフ(WBAライト級第34代)
佐藤修(WBAスーパーバンタム級第25代)
亀田興毅(WBAライトフライ級第22代)
坂田健史(WBAフライ級第36代)
佐藤洋太(WBCスーパーフライ級第23代)

主な現役選手[編集]
瀬藤幹人(元日本スーパーバンタム級暫定王者)
三瓶数馬(2013年全日本スーパーフェザー級新人王)
高野人母美(東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者、モデル、2013年11月山上より移籍)
亀田和毅(元WBO世界バンタム級王者、2016年10月7日移籍、10月26日ライセンス再発行)
かつて在籍した現役選手加藤壮次郎(ウェルター級日本ランカー、2012年1月、ワタナベへ移籍)
渡部あきのり(ウェルター級日本ランカー、野口→角海老宝石へ移籍)
佐々木基樹(元日本スーパーライト級王者。2007年10月帝拳へ移籍し引退も、2016年現役復帰)
前川龍斗(2013年東日本ライトフライ級新人王、白井・具志堅へ移籍)

引退した主な選手[編集]
城アキラ(後のミュージシャンジョー山中)
喜友名朝博(元日本ライトフライ級王者。ライトフライ級で世界挑戦1度)
フリッパー上原(元日本フェザー級王者。フェザー級で世界挑戦2度。上原康恒の実弟)
有澤茂則(ライト級、4回戦最短KOタイム(1R13秒)及び連続1RKO(5試合)元日本記録保持者。後の草加有沢ジム会長。カズ・コウジ有沢の父)
シゲ福山(フェザー級で世界挑戦1度)
杉谷満(元フェザー級王者。フェザー級で世界挑戦1度。プロ野球選手杉谷拳士の父)
杉谷実(元日本スーパーライト級王者。杉谷満の実兄)
亀田昭雄(元日本ウェルター級、スーパーライト級王者。スーパーライト級で世界挑戦1度、他にJBC未公認のIBFにも1度挑戦)
田島吉秋(元日本ミドル級王者、元OPBF東洋太平洋ミドル級王者。スーパーミドル級で世界挑戦1度)
丸尾忠(元日本スーパーフライ級王者)
安里義光(元日本スーパーフェザー級王者)
中野吉郎(元日本ウェルター級王者)
渡久地隆人(ピューマ渡久地。元日本フライ級王者、元スーパーフライ級世界ランカー)
早山進(田中正人。元日本ライトフライ級王者)
若林敏郎(後の協栄スポーツクラブ十日市場創業者)
スラフ・ヤノフスキー(元日本スーパーライト級王者)
東京三太(ミゲル・アンヘル・ゴンザレス)
ヘルマン・トーレス
藤本りえ(ジム初の日本人女子選手、初代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者、現:オートレーサー)
大迫亮(高校6冠。2007年5月、熊谷コサカジムより移籍)
伊丸岡篤(現声優。元アマチュアジュニア<高校生の部>ランカー。元プロ六回戦選手)
サーシャ・バクティン(ロシア出身。2009年1月、沖縄ワールドリングへ移籍)
松崎博保(スーパーフェザー級日本ランカー)
亀田大毅(世界タイトル戦での反則行為のためJBCよりライセンス停止処分を受け、その期間中の2008年5月9日付で契約解除、亀田ジムへ移籍)
白石豊土(元スーパーフライ級日本ランカー)
森下勝巳(2006年西日本ライト級新人王、2009年1月新日本大阪より移籍)

事件・批判[編集]
黒い霧事件[編集]
1972年4月、西城正三やアベジム所属プロボクサーだった金沢和良のキックボクシング転向を巡り、協栄ジムと日本協会が対立。また、モハメド・アリ(当時はカシアス・クレイ)の初来日興行は協栄ジムに委託されたが、アリのプロモートには黒社会が関わっていたこと(後に来日興行を手掛けた興行師康芳夫がコメントした。)もあり金平会長は協会より除名された。5月に金平会長らの手により別の協会(団体名は同名。以下便宜上「第二協会」)を設立し分裂状態になった。

1976年11月に日本協会と第二協会が再統合され、1980年に金平会長は協会と正式に和解。協会会長に就任した。

毒入りオレンジ事件[編集]
詳細は「毒入りオレンジ事件」を参照
1981年3月4日発売「週刊文春」が、協栄ジムの金平会長が、渡嘉敷勝男や具志堅用高の防衛戦の相手に薬物を混入したオレンジを食べさせたと暴露記事を掲載。騒動になった。日本のプロボクシング史上最悪の事件と言われる。この事件が原因で、金平会長は1982年にライセンスの無期限剥奪処分を受けボクシング界から追放された。1989年に処分が解除され、プロボクシング界に復帰した。

協栄ジム所属選手の試合判定への批判[編集]

協栄ジムに所属する選手の試合の判定には、これまでいくつかの批判、抗議が寄せられている。
2006年8月2日に行われたWBA世界ライトフライ級王座決定戦の判定を巡って、協栄ジム、TBSをはじめ、ナイキ・ローソンなどの亀田スポンサーに多数の抗議が寄せられた[注釈 2]。
扶桑社発行の雑誌「SPA!」は、鬼塚が防衛に成功するごとに“今週の顔”のページにて鬼塚を批判する記事を掲載していた。
坂田の日本タイトルマッチの判定を巡って、事件が起きたこともある(大串事件)。

WBA親善試合で場外乱闘[編集]
2006年9月27日に行われた亀田大毅の試合後、判定結果を巡り、場外で観客同士の乱闘が発生。亀田史郎もこの乱闘に加担しようとし、関係者に止められた。この乱闘で、数人の観客が負傷して担架で運ばれるなどした。また、この試合はWBAのメンドサ会長も観戦しており、乱闘はメンドサ会長の近くで起こった。メンドサ会長はいち早く席を離れたため、怪我などは無かった。なお、史郎をはじめとする関係者は、会場となった後楽園ホールの所轄である警視庁富坂警察署から事情聴取を受けている。

WBC王者戦での反則行為[編集]
2007年10月11日に行われた、亀田大毅の内藤大助とのWBCフライ級王者戦において、協栄ジム側はWBCの規則に反する親族(史郎、興毅)のセコンド入りを強く主張、JBCに認めさせた。試合後には大毅の悪質な反則行為が問題となり、更に試合中に史郎、興毅が反則を指示していたことがTV中継の映像などから明らかとなった。JBCは同15日の倫理委員会にて、亀田親子にライセンス停止などの罰則を科すと共に、金平会長にも監督責任を認め3か月のクラブオーナーライセンスの停止措置を決定した。

脚注[編集]注釈[編集]
1.^ 小池は、協栄ジム所属の亀田興毅ファンを公言しており、かつて環境大臣(第2次小泉内閣 - 第3次小泉内閣)であった際に、レジ袋削減キャンペーンの協力を仰いだこともある。[4]
2.^ TBSには一日で約6万件の苦情が寄せられた。亀田興毅の項を参照。

出典[編集]
1.^ “協栄ジム移転、佐藤は防衛戦に決意新た”. デイリースポーツ. (2012年5月24日)
2.^ “協栄ジム代表に坂田健史氏が就任、金平会長はプロモート業に専念”. スポーツニッポン. (2015年5月22日)
3.^ “佐藤 バイト続行、営業でも王者”. 日刊スポーツ. (2012年7月4日)
4.^ チーム・マイナス6%

外部リンク[編集]
協栄ボクシング 協栄ジム KYOEI GYM OFFICIAL WEBSITE
協栄ボクシングジム - Facebook
カテゴリ: 東京都区部のボクシングジム
新宿区のスポーツ施設
新宿区の企業
新宿
日本のプロボクシングプロモーター
具志堅用高
最終更新 2018年1月6日 (土) 11:57 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。

活動レポート | うえにし小百合 オフィシャルウェブサイト
地元(吹田市・摂津市)活動・後援会活動
平成28年 1月9日(土)部落解放同盟大阪府連合会吹田光明町支部2016年新春のつどい
平成29年 1月6日(金)摂津ロータリークラブ新年家族親睦会
平成29年 6月19日(月)民進党都議候補予定者決起集会応援演説
平成29年 6月10日(土) 自衛隊摂津協力会 平成29年度総会・懇親会

上西(うえにし)小百合 on Twitter: "摂津JCは、私と同じ選挙区の女性 ...
https://twitter.com/uenishi_sayuri/status/837912748126167040
摂津JCは、私と同じ選挙区の女性代議士の後援会に入っている方がほとんどです。その代議士は安倍昭恵さんの聖心中高の同級生で地元では親密さを徹底的にアピールしています。

森友事件 藤原工業の闇~維新利権との繋がりと計画倒産 ( 行政 ) - 先住民 ...
https://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/28665220.html
2017/04/11 - 主に維新と籠池の関係、松井知事の嘘について激しく攻撃しているのだが、その中で維新と地元業者との繋がり、特に藤原工業に関する他業者からの貴重な情報に触れている。 因みに上西議員は、摂津及び吹田が選挙区であり、藤原工業は吹田の業者であるとともに、摂津市長(元大阪府府議で神主、学校経営)・元維新府議の利権漁り屋の阿部、摂津JC(青年会議所)とも密接な関係を有している。

ライオンズクラブ、ロータリークラブ、JC青年会議所って まともなんでしょうか?
かつてのJCトップは麻生太郎元総理大臣ですよ!

地域の経営者のコミニュティっていろいろあります。
青年会議所
商工会議所青年部
倫理法人会
中小企業家同友会
ロータリークラブ
ライオンズクラブ、、、etc

青年会議所は世界各地にある団体です。
JCの事をJCIとも言います。
これは「Junior Chamber International」の略です。
そして青年会議所出身者の有名人って多いんですよ。
麻生元首相とか小泉純一郎とか海外だとジョンFケネディもOBです。

青年会議=日本会議=統一教会=征倭会=日本を征服する会=自民公明民進維新ウン小池新党など

人相悪すぎです

①橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
②橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
③橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
④橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑤橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑥橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑦橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑧橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑨橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑩橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑪橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑫橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑬橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!
⑭橋下亀田小池上西の金平の【毒入りオレンジ事件】と籠池森友オカルト学園の摂津JC!

亀田を応援する松井橋下宮根
③o0380021312230529383

森喜朗と並んで亀田を応援する小池百合子
④o0146015012230529385

世界的イカサマ政治家橋下会津小鉄徹の横顔
世界的反則ボクサー日本の恥さらし亀田大毅にそっくり 
⑤o0380022311919837516

日本の恥さらし ギャングの息子が大阪市長になったと世界に配信
⑥o0380036311643749115
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR