ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

【両目眼窩底骨折】田中恒成が全国デビューの世界戦!テレビの本当の目的は報道ではなく宣伝!

【両目眼窩底骨折】田中恒成が全国デビューの世界戦!

頂点のプロボクシングはガチンコであることがわかる
ただ待遇は雲泥の差がある
田中恒成が16戦16勝16KO無敗のアコスタにダウンを奪い判定勝ち→ローカル放送
村田諒太→デビュー戦から全国放送 背後に恐ろしい電通が付いてると言われている
デビュー戦としては異例の地上波全国放送。私達で集めた村田選手を ...
https://matome.naver.jp/odai/2142641502108241301/2142642806920102503
... のか調べてみた ・ リストへ戻る. デビュー戦としては異例の地上波全国放送。私達で集めた村田選手をサポートするスポンサー企業の数々。

★テレビの本当の目的は報道ではなく宣伝であることがわかる

田中恒成 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/田中恒成
田中 恒成(たなか こうせい、1995年6月15日 - )は、日本のプロボクサー。岐阜県多治見市出身。 SOUL BOX畑中ボクシングジム所属。
2016年12月31日、岐阜メモリアルセンターで行われた「SOUL FIGHTING」でドニー・ニエテスの王座返上に伴いWBO世界ライトフライ級1位のモイセス・フェンテスとWBO世界ライトフライ級王座決定戦を行い、5回1分52秒TKO勝ちを収め井上尚弥と並ぶ日本最速タイ記録となるプロ8戦目での2階級制覇を達成した
2017年5月20日、テバオーシャンアリーナでWBO世界ライトフライ級1位のアンヘル・アコスタと対戦し、12回3-0(117-110が2者、116-111)の判定勝ちを収めWBO世界ライトフライ級王座の初防衛に成功した[30][31]。
2017年9月13日、エディオンアリーナ大阪でWBO世界ライトフライ級13位のパランポン・CPフレッシュマートと対戦し、9回1分27秒TKO勝ちを収めWBO世界ライトフライ王座の2度目の防衛に成功したが[32][33]、試合のダメージは深く両目に眼窩底骨折を負って、WBA同級王者田口良一との年内統一戦のプランは白紙となった[34]。
2017年11月30日、フライ級に転向するためにWBO世界ライトフライ王座を返上した[35][36]。
2017年12月11日、WBCは最新ランキングを発表し、田中をWBC世界フライ級4位にランクインした[37][38]。

☆田中恒成、両目眼窩底骨折で2か月安静…田口との統一戦白紙「本当に申し訳ない」
2017年9月20日12時7分 スポーツ報知
左右両目の眼窩底骨折により、2か月間安静することを発表したWBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(右)と畑中ジムの畑中清詞会長
 今月13日に2度目の防衛を成し遂げたWBO世界ライトフライ級(48・9キロ)王者の田中恒成(22)=畑中=が20日、名古屋市内で会見し、左右両目の眼窩底骨折で2か月間の安静が必要と診断されたと発表した。3か月間のスパーリング禁止も命じられており、年内の実現を目指していたWBAの同階級王者・田口良一(30)=ワタナベ=との統一戦は白紙になった。
 田中は「実現が難しいと言われる統一戦だけど、ケガをしなければ実現していた。完全に自分の都合でこうなってしまった。田口選手やファンの方、かかわってくれている人に本当に申し訳ない」と無念の表情。回復後の統一戦チャレンジについては「自分がわがままを言って実現に近いところまで来たのに、自分のケガでできなくなった。会長の意見におとなしく従おうと思います」と、畑中会長の判断に委ねる考えを示した。復帰と同時に階級を上げる可能性も考えられるが、畑中会長も「治った時点でのウェートなどもあるし、今、明確に答えを出すことはできない」と明言を避けた。
 田中はV2戦から一夜明けた14日に右目の傷を4針縫い、19日に抜糸。その場で両目の診断結果を受け、この日発表した。左目の下には赤黒くあざが残っていたが、「普通に生活する分には問題ない」と後遺症を否定。11月中旬まですべてのトレーニングを中断することになるが、「辞める理由は一つもない。あと10年以上やります」と、現役続行への強い決意をにじませた。

八重樫ベルト奪取へ「屈辱写真」で気合
[2011年10月18日9時46分 紙面から]
 WBA世界ミニマム級4位八重樫東(28=大橋)が4年前の屈辱を思い出し、2度目の世界戦に向けて気持ちを奮い立たせた。24日、東京・後楽園ホールで同級王者ポンサワン・ポープラムック(33=タイ)に挑戦する八重樫は17日、横浜の大橋ジムで調整。07年6月、当時のWBC同級王者イーグル京和に判定負けし、あごを2カ所骨折。2度目の世界戦を1週間後に控えたこの日、当時のエックス線検査の写真を眺めて骨折部分を確認。「自分を奮い立たせることができた」と決意を新たにした。

 京和戦に敗れたことが報じられた新聞もスクラップしている。「負けた時の新聞や試合はよく見ています。もうこういう気持ちになりたくないな、と思えるから」と気合を入れ直した。王者ポンサワンは母国の洪水の影響もなく、今日18日来日予定。減量もあと1キロと調整順調な挑戦者は「来日してくれれば、あとはやるだけ」と集中した。

KOパンチで脳内出血! 生死を彷徨った「赤井英和」開頭手術の夜 : 2012-07 ...
iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I023787495-00
2012/07/19 - タイトル, KOパンチで脳内出血! 生死を彷徨った「赤井英和」開頭手術の夜.

赤井英和 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/赤井英和
しかし、またも第7ラウンドでのKO負けの後、意識不明に陥る。急性硬膜下血腫、脳挫傷と診断され、大阪市内の富永病院で開頭手術が行われた。搬送時生存率20%、手術後生存率50%と極めて重篤な状態であったが、無事に回復(本人曰く、開頭中に意識が回復し、タオルで包まれた自分の脳を触ったという。触ると強烈な吐き気を催したが、その理由が解らず何度も触っては吐き気を催したと証言していた)。回復後はボクサー復帰も視野に入れていたが、医師からボクサーを引退するように勧告を受け、現役を引退する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR