ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!

飛田売春ウンコ橋下で売春してたのか
角田三枝子 パククネ 紳助 桂三枝 身内なのか
角田三枝子 パククネ 紳助 桂三枝 島田まさし ユカイ 亀田系 韓国ヤクザ笹川系 と思われる
殺し屋李正則母親は韓国出身
李正則の警察官の義父に突撃取材すればいいのに

▼韓国マフィア暴力団征倭会殺し屋飛田売春橋下徹いとこ
1999年11月に東大阪で38歳の雑貨卸商を金属バットで殴り殺した
刑務所出獄後大阪府議の秘書になっている
未だに写真どころか名前すら公表せず
いかに橋下がテレビマスコミ警察と深ィィ関係かがわかる

2015.6.11 11:00更新
【衝撃事件の核心】
ソープの稼ぎも貢いだ…尼崎連続変死〝キーマン〟「お腹痛めて産んだ子」も美代子元被告に差し出した壮絶人生
(1/4ページ)【衝撃事件の核心】 .

角田美代子元被告を中心とする「疑似家族」の中で起こった兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件。約40年もの間、首謀者とされる元被告を支え続けた三枝子被告は立証のカギを握るキーマンとされる

 兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、男女3人への殺人や詐欺などの罪に問われた角田美代子元被告=自殺、当時(64)=の義妹、角田三枝子被告(62)。一連の事件の関係者の中でも、〝ファミリー〟を率いた首謀者とされる元被告のそばに約40年間、寄り添い続けた「事件のキーマン」とも言える人物だ。風俗で稼いだ約3億円もの金を「疑似家族」の家計に回し、お腹を痛めて産んだ息子まで差し出す…。これまでの公判で明らかになったのは、ときに元被告への「殺意」を胸に秘めながらも、想像を絶する忠誠ぶりを示してきた悲惨で壮絶な人生だった。(佐藤祐介)

決定づけられた主従関係
2人の出会いは、幼少期のころまでさかのぼる。

 昨年11月21日に開かれた元被告の次男、優太郎受刑者(28)=殺人罪などで懲役17年の判決確定=の公判に証人出廷した際の三枝子被告の証言などによると、三枝子被告の家族が、元被告の母親の家を間借りしたことが2人の特殊な関係の始まりだった。

 「物事は白か黒、好きか嫌いか、イエスかノーか」。若い頃から口癖のように話し、中途半端なことを極端に嫌ってきた元被告。三枝子被告は18歳から共同生活を始めたがなじめず、約1年後、両親のもとに戻った。
 その後、元被告から両親とともにののしられ続けた。元被告の激しい怒りをおさめるには、共同生活に戻るしかなかった。これを機に2人の主従関係が決定づけられた。

 それから人生の歯車が大きく狂い始める。

2015.6.11 11:00更新
【衝撃事件の核心】
ソープの稼ぎも貢いだ…尼崎連続変死〝キーマン〟 「お腹痛めて産んだ子」も美代子元被告に差し出した壮絶人生

(2/4ページ)【衝撃事件の核心】 .
角田美代子元被告を中心とする「疑似家族」の中で起こった兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件。約40年もの間、首謀者とされる元被告を支え続けた三枝子被告は立証のカギを握るキーマンとされる

貢いだ総額3億円

 20歳のころから売春を始めた。25歳のときには約1年間、横浜市内のソープランドで働いた。すべては元被告の派手な生活を支えるためだ。知人には「ラウンジで働いている」とうそをつき続けた。1カ月あたりの仕送り額は生活費を差し引いた120万~150万円。稼ぎの大半を元被告に渡していた。

 元被告は受け取った金を着物や宝石、旅行代などに充てていた。このときの元被告の様子について、三枝子被告は「自分しか持っていないものを持つことに満足感を感じていた」と証言した。

 身を削って稼いだ金を、こうした派手な暮らしに加え、パチンコなどのギャンブルの遊興費にも使われる理不尽な生活。だが、それでも当時、元被告のいる尼崎市から離れられて「ほっとしていた」という。

 その後、尼崎市に戻ることになったが、そこでも風俗の仕事を続け、48歳ごろまでの間、稼いだ金の全額を元被告に渡した。

 これまでに貢いだ総額は約3億円。元被告や事件の他の被告、被害者との「疑似家族」の生活を支え続けた。

息子差し出し…「殺そう」

 28歳のころ、三枝子被告はある「賭け」に出たことがある。風俗店の客と結婚し、角田家を離れようと試みたのだ。

 当時、角田家には約1千万円の借金があった。風俗客との間に恋愛感情はなかった。借金も自身がつくったものではなかったが、「借金は返すので結婚させてほしい」と角田家を抜け出したい一心で元被告に頼み込んだ。

2015.6.11 11:00更新
【衝撃事件の核心】
ソープの稼ぎも貢いだ…尼崎連続変死〝キーマン〟 「お腹痛めて産んだ子」も美代子元被告に差し出した壮絶人生
(3/4ページ)【衝撃事件の核心】 .

角田美代子元被告を中心とする「疑似家族」の中で起こった兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件。約40年もの間、首謀者とされる元被告を支え続けた三枝子被告は立証のカギを握るキーマンとされる

 しかし、元被告からの返答は「ノー」だった。「誰のおかげで働いていると思っているのか」と怒りだす始末で、普通の生活に戻りたいというかすかな希望はついえた。

 今年5月14日に開かれた自身の公判の被告人質問では、元被告が20代のころから、三枝子被告の子供をほしがっていたことを明かした。「うちは学校の成績も悪いし、顔も不細工やから、自分の子はほしくない」。ことあるごとに強く迫ってきたという。

 その後、三枝子被告は元被告方に集金に来ていた行員との間に優太郎受刑者を身ごもり、元被告の指示を断れず、元被告になりすまして病院で出産した。33歳のときだ。出生届に母親として記載されたのはもちろん、元被告の名前だった。

 「内心はすごく嫌だった。初めて美代子を殺そうと思った」。お腹を痛めて産んだわが子を差し出すことにはやはり抵抗があったが、「逆らったら優太郎に危害が加えられる」と思った。息子の身を案じ、自分は「同居するおばさん」に徹して生きた。

何度も自殺を…

 その後は「疑似家族」の借金がふくれあがり、親にも会えず、元被告から離れられない人生…。これまでに何度も自殺を考えたという。

 「自分が死ねば、美代子も死んでくれるのではないか」

 真の狙いを伏せ、自身に掛けられた保険金で借金を返済することを提案したが、元被告はこう言い放った。

 「自殺では出えへんねんで。おらんようになったら困るやろ」。

 もくろみはもろくも崩れた。

【衝撃事件の核心】
ソープの稼ぎも貢いだ…尼崎連続変死〝キーマン〟 「お腹痛めて産んだ子」も美代子元被告に差し出した壮絶人生

(4/4ページ)【衝撃事件の核心】 .
角田美代子元被告を中心とする「疑似家族」の中で起こった兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件。約40年もの間、首謀者とされる元被告を支え続けた三枝子被告は立証のカギを握るキーマンとされる

 三枝子被告は45歳になる平成10年、養子縁組により元被告の妹となり、13年には元被告の勧めで、沖縄・万座毛から転落させられ死亡した角田久芳さん=当時(51)=と入籍した。生命保険金約5千万円の受取人となり、久芳さんの死亡後、保険金を受け取って元被告に差し出した。

人生翻弄した首謀者は自殺

 「元被告を殺したいと思ったこともある」と殺意を抱き、一時は自殺も考えながらも、切っても切れないと思い込んでいた元被告との関係。が、24年8月に三枝子被告が親族の年金を無断で引き出したとして窃盗容疑で逮捕されたことで、状況は一気に変わった。

 三枝子被告はこのとき、警察の調べに対し、尼崎の民家下に数人の遺体を埋めたと供述し、一連の事件を自供したとされる。ほぼ毎日つけていた日記に集団生活の内容が詳細につづられ、事件を立証する重要証拠となった。

 三枝子被告をはじめ、元被告の養子で長男、健太郎(33)、元被告の内縁の夫、鄭頼太郎(65)の両被告の計3人の公判は5月13日から始まった。3人は被害者3人への殺人罪について「殺そうとも、死んでもいいとも思ったことはない」と述べるなど起訴内容の大部分を否認した。裁判員の在任期間が過去最長の140日となる見通しで、判決は9月半ばになる予定だ。

 一連の事件を主導した元被告は逮捕後の24年12月、兵庫県警本部の留置場で首をつって自殺している。約40年もの間、元被告に人生を振り回された揚げ句、法廷に引き出され、裁かれる身に転落した三枝子被告の胸中に浮かぶものは…。

http://www.sankei.com/west/news/150611/wst1506110008-n1.html

2015.11.13 11:19更新
【尼崎連続変死】
「美代子元被告に次ぐ責任」10罪、義理のいとこ李正則被告に無期判決 神戸地裁

(1/2ページ) .
 兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、角田(すみだ)美代子元被告=自殺、当時(64)=の義理のいとこで、殺人や傷害致死など男女5人に対する計10罪に問われた韓国籍、李正則被告(41)の裁判員裁判の判決公判が13日、神戸地裁で開かれた。平島正道裁判長は、起訴された事件すべてを有罪と認定し、元被告との共謀も認めた上で、検察側の求刑通り無期懲役を言い渡した。

 李被告は多くの事件で暴行や虐待の実行役とされ、元被告を除いて起訴された被告の中でもっとも多くの罪に問われ、検察側は「元被告に次ぐ刑事責任がある」と指摘していた。

 平島裁判長は判決理由でまず、角田久芳さん=当時(51)=に沖縄県のがけから飛び降りを命じ、自殺させて殺害した事件について、「飲食制限など度重なる暴行を加え、飛び降りて死ぬ以外を選択できない精神状態に追い込んで殺害した」と殺人罪が成立するとした。

2015.11.13 11:19更新

【尼崎連続変死】
「美代子元被告に次ぐ責任」10罪、義理のいとこ李正則被告に無期判決 神戸地裁

(2/2ページ) .
皆吉初代さん=同(59)=に対する傷害致死、加害目的略取事件では、李被告側は暴行を否定するなどして無罪を主張。これに対し平島裁判長は「頭髪をつかんで揺さぶり、その後死亡させた」と述べ、李被告側の主張を退けた。

 さらに、仲島茉莉子さん=同(26)=を物置に監禁して虐待し、衰弱により殺害した事件では「衰弱が顕著になった後も、睡眠や飲食のほとんどを制限して虐待を続けて殺害した」と殺意を認定。李被告側は「虐待も死に直結しなかった」と監禁致死か傷害致死罪にとどまるとしていたが、殺人罪を適用した。

 判決によると、李被告は元被告らと共謀。平成17~23年、久芳さんは沖縄旅行中に自殺を装って転落死させて、仲島さんは物置に監禁して衰弱させ、それぞれ殺害。久芳さんの弟、橋本次郎さん=同(53)=も物置に監禁して暴行し、殺害した。

真相を覆い隠した「NHKスペシャル・尼崎事件」-インディの鞭 WordPress
indy.main.jp/fc/monologue/2013/6/18.html
2013/06/18 - NHKで長いこと「角田正則」の名で報じられた「李正則」は、1974年(「YouTube>ふれあい / 中村雅俊」)に生まれていますが、父は大阪のヤクザで、母は韓国人だそうです。 ... この家も事件の舞台となり、母の再婚相手である義父のほかは死亡するか行方不明になっています※その後のことはまだ詳しく ... 皆吉家の長男である二番目の夫は、2年で警察官をやめ、そのあとは小学校の用務員をしていたそうです。

李正則は、母親は韓国出身
谷本家に嫁いだ女性は、李正則の義父の妹です
義父のすぐ下の長女が嫁いだ先が高松の谷本家
2003年、いよいよ角田一味が大変な剣幕で谷本家に乗り込み地獄絵図が展開された
NHKは角田一味のお友達

今回の事件を番組で本気になって取り上げるつもりであれば、日本に暮らしている在日韓国・朝鮮人の問題(「YouTube>同和、在日の陰謀で作られる日本」)は避けて通れません。それを綺麗さっぱり避けてしまったことで、この「NHKスペシャル」は芯を欠く作り物になってしまいました。
https://www.youtube.com/watch?v=yJuR7ZAsuYk

尼崎事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/尼崎事件
尼崎事件(あまがさきじけん)とは、2012年10月に兵庫県尼崎市で発覚した連続殺人死体遺棄事件。
2011年11月に主犯女Xらに監禁されていた40代女性(F家長女)が監禁状態から抜け出し警察に駆け込んだことで、主犯女XがF家長女に対する傷害容疑で逮捕され、次いで、その女性の母親(F家母)の死亡事件が発覚する。さらに、この事件を端緒に捜査は進められ、2012年10月に別件(C家長男・C家母年金窃盗事件)で逮捕されていた従犯者が全面自供したことにより、ようやく一連の事件が明るみに出ることになった。

島田紳助 長谷川公彦
2011年8月23日、最後のテレビ出演となった『開運!なんでも鑑定団』の放送終了直後、暴力団関係者との「黒い交際」を理由に引退を宣言し、この日を以って芸能界を引退

桂三枝
2011年7月11日、師匠の名を継いで「六代 桂文枝」を襲名することを正式に発表[7]。なお、タレントや落語作家としては今後も「桂三枝」名義を使用する意向を打ち出していた[8]が、後に考えを改め、「桂三枝」名義では活動しないことにした。このため、「新婚さん」も、2012年7月15日の放送で、三枝の名前では最後の出演となった

①どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
②どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑩どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
③どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
④どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑤どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑥どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑦どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑧どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑨どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑪どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑫どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑬どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑭どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
⑮どう見てもパククネ似の角田三枝子はソープだった!いとこの殺し屋李正則の義父は警察官!
続々【週刊文春橋下芋づる式】6代目桂文枝(桂三枝)全裸写真新婚さんいらっしゃい!クッション紫艶
http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-670.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR