ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

ウンコババア小池の秘書中田ウンコ宏も加計学園とズブズブだった!

①ウンコババア小池の秘書中田ウンコ宏も加計学園とズブズブだった!
②ウンコババア小池の秘書中田ウンコ宏も加計学園とズブズブだった!
③ウンコババア小池の秘書中田ウンコ宏も加計学園とズブズブだった!
④ウンコババア小池の秘書中田ウンコ宏も加計学園とズブズブだった!
⑤ウンコババア小池の秘書中田ウンコ宏も加計学園とズブズブだった!

ウンコ自民党の犯罪をロンダリング(洗浄)したり新たな悪事をする為ウンコ橋下維新の会や小池ウンコファーストの会が作られたのです 
悪い洗浄便座みたいなものです 
マネーロンダリング 学歴ロンダリング 犯罪ロンダリング 前科者ロンダリング 戸籍ロンダリング ウンコロンダリング

みんな統一教会精神病集団であることがわかる

中田ウンコ宏とは
どう見ても朝鮮部落同和戸籍乗っ取り背乗り韓国朝鮮人
総合的に判断すると南京大虐殺やってそうな一族
1992年 ウン小池の秘書
2011年 ウンコ橋下大阪市の特別顧問

中田宏の事務所と統一教会の協会は同じビルにあるそうです。
そして、統一教会の南北米福地開発協会の会長は中田欣宏・・・?

安倍小泉ウンコババア小池らは戸籍乗っ取り背乗り韓国朝鮮人!日本は民主主義ではない!
http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-1134.html

昭和の大強盗児玉誉士夫と南京大虐殺やってそうな一族!
http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-1129.html

①ネコ殺し御殿を作った中田エロチューカマキリ宏
http://pocop0c0.blog.fc2.com/blog-entry-73.html
履歴
1992年 日本新党を結党した細川護煕 小池百合子の秘書
2000年 同じ神奈川県選出のウン小泉純一郎を支持
2009年7月28日 横浜バカ市長と言われ2期目の任期途中で投げだし
2009年10月 山田宏らと日本創新党を結成
2010年7月 第22回参議院議員通常選挙に日本創新党公認で比例区から出馬落選
2012年1月5日 橋下大阪市特別顧問に就任
2013年10月23日、日本維新の会の神奈川18区支部長に就任
2014年の 石原慎太郎らとともに次世代の党の結党に参加した
同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、神奈川18区(横浜市ではなく川崎市)から立候補したが落選 重複立候補した比例南関東ブロックでも復活はならなかった。

安倍やめろコールを「組織的活動家」と言った中田宏前横浜市長、加計学園 ...
yamadatakasi.hatenadiary.jp/entry/2017/07/04/200136
2017-07-04 - これに対して、中田宏前横浜市長は 「安倍やめろコールをしているのは組織的活動家」などと非難しました。しかし、実際は ... 中田宏前横浜市長は加計学園の大学教授だった可能性が浮上し… ... 都民ファーストの小池百合子が辞任!

【平慶翔 横領事件】小池百合子の犬、中田宏が印象操作。pc情報流出犯人 ...
otoko.work ? そろそろ最強論客を決めようじゃないか TOP ? 右派論客 ? 小池百合子
4 日前 - 【平慶翔 横領事件】小池百合子の犬、中田宏が印象操作。pc情報流出犯人の元秘書平慶翔には一切触れず. スポンサードリンク ... 小池百合子」カテゴリーの関連記事. 生田よしかつ 小池百合子の正体バレる決定打!! 過去のヤバすぎる ...

【平慶翔橫領事件】小池百合子の犬、中田宏が印象操作。pc情報流出犯人 ...
https://wechat.kanfb.com/news/politicsvideo/3111
このページを訳す4 日前 - 【平慶翔橫領事件】小池百合子の犬、中田宏が印象操作。pc情報流出犯人の元秘書平 ... 小池百合子代表、平慶翔候補の橫領・業務妨害の説明を拒否「そのような質問は受けてない」 ... 上念司小池百合子の正體がついにバレる!? 小池都政 ...

【平慶翔 横領事件】小池百合子の犬、中田宏が印象操作。pc情報流出犯人 ...
www.sedaap.tk/index/d0zIcxfBv9w/download-lagu-mp3-video-3gp-mp4.xhtml
5 日前 - 【平慶翔 横領事件】小池百合子の犬、中田宏が印象操作。pc情報流出犯人の元秘書平慶翔には一切触れず

【ズブズブ】中田宏・前横浜市長「安倍辞めろは組織的活動家」⇒加計学園 ...
saigaijyouhou.com/blog-entry-17504.html
2017.07.04 22:22- 【ズブズブ】中田宏・前横浜市長「安倍辞めろは組織的活動家」⇒加計学園系列の教授でした! ... また、東京都議選での自民党の大敗に触れ、「選挙戦の最中に(稲田朋美)防衛相をクビにしていれば、小池百合子都知事(が率いた都民 ...秋葉原で巻き起こった「安倍辞めろ」というコールを「組織的活動家」と断定した前横浜市長の中田宏氏に、加計学園との癒着が浮上しています。

問題となっているのは平成29年1月の「新春講演会および賀詞交歓会のご案内」という資料で、そこには「講師 中田 宏 氏 代表、岡山理科大学客員教授、倉敷芸術科学大学客員教授、千葉科学大学客員教授」などと記載がありました。
この岡山理科大学や千葉科学大学は加計学園が運営している学校で、千葉科学大学に関しては開校10周年式典に安倍首相が出席しています。
つまり、横浜市長が退職後の職を加計学園側に提供してもらった可能性があるということです。こうなってくると、政治家の天下り先の1つが加計学園関連の大学だったとも考えられ、巨大な癒着構造が浮かび上がってくると言えるでしょう。
中田宏前横浜市長 「安倍やめろ」コールの聴衆の正体について断言
http://news.livedoor.com/article/detail/13289381/

安倍晋三 元加計学園監事
安倍昭恵 加計学園系列幼稚園名誉園長
下村今日子元文科大臣夫人 加計学園系列幼稚園名誉園長
木澤克之最高裁判事 元加計学園監事
萩生田光一内閣官房副長官 元加計学園系列大学客員教授
木曽功内閣参与 元加計学園系列大学学長
井上義行元首相秘書官 加計学園系列大学客員教授
下村博文 加計学園秘書室から、200万献金 ←イマココ
中田宏前横浜市長 加計学園系列客員教授 ←New!

中田宏 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/中田宏
中田 宏(なかだ ひろし、1964年9月20日 ‐ )は、日本の政治家。 神奈川県横浜市長(第28・29代)、日本創新党代表幹事、大阪府大阪市特別顧問、衆議院議員(4期)などを歴任した。シンクタンク「日本の構造研究所」代表。

曖昧さ回避 「山田宏」とは異なります。
この存命人物の記事には検証可能な出典が求められています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2015年4月)

日本の旗 日本の政治家
中田宏 なかだ ひろし

Hiroshi Nakada cropped 2 William Hague and Members of the UK-Japan 21st Century Group 20130502.jpg
2013年5月2日、イギリスにて

生年月日 1964年9月20日(52歳)[1]

出生地 日本の旗 神奈川県横浜市[2]

出身校 青山学院大学経済学部卒業[1]

所属政党
(日本新党→)
(新進党→)
(無所属の会→)
(無所属→)
(日本創新党→)
(日本維新の会→)
(次世代の党→ )
無所属

称号 経済学士(青山学院大学・1989年)

公式サイト中田宏公式WEBサイト|Just another WordPress site

日本の旗 衆議院議員

選挙区(旧神奈川1区→)(神奈川8区→)比例北陸信越ブロック

当選回数 4回

在任期間
1993年7月 - 1996年9月27日
1996年10月 - 2000年6月2日
2000年6月 - 2002年4月13日
2012年12月 - 2014年11月21日

Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 第28-29代 横浜市長

在任期間
2002年4月8日 - 2009年8月17日

中田 宏(なかだ ひろし、1964年9月20日 ‐ )は、日本の政治家。
神奈川県横浜市長(第28・29代)、日本創新党代表幹事、大阪府大阪市特別顧問、衆議院議員(4期)などを歴任した。シンクタンク「日本の構造研究所」代表。

目次 [非表示]
1 来歴 1.1 生い立ち
1.2 政治家として
2 裁判 2.1 週刊現代による名誉棄損事件
3 人物
4 政策・主張
5 著書 5.1 関連文献
6 メディア出演
7 脚注
8 外部リンク

来歴[編集]
Question book-4.svg この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年12月)
生い立ち[編集]

神奈川県横浜市生まれ[3]。神奈川県立霧が丘高等学校卒業後、2年間の浪人生活を経て青山学院大学経済学部に入学[要出典]。
青山学院大学経済学部を1989年に卒業し、松下政経塾に入塾(第10期生)[4][1]。

政治家として[編集]
2009年4月10日、アメリカ合衆国海軍厚木航空施設司令官エリック・ガードナー(左)と
2013年5月2日、イギリス外務・英連邦大臣ウィリアム・ヘイグ(前列左から1人目)、衆議院議員塩崎恭久(前列左から2人目)、衆議院議員前原誠司(前列右から2人目)、日本駐箚英国特命全権大使ティモシー・ヒッチンズ(後列左)らとともに
1992年、日本新党の結党に参加。日本新党を結党した細川護煕や、元ニュースキャスターの小池百合子の秘書を務めた後、1993年の第40回衆議院議員総選挙に旧神奈川1区から日本新党公認で出馬し、同区でトップ当選した。翌1994年、日本新党解党により新進党結党に参加。1996年、小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された第41回衆議院議員総選挙では神奈川8区から新進党公認で出馬し、再選。新進党解党後は無所属の会を結成[2]。

2000年の第42回衆議院議員総選挙では、民主党の支援を受けて神奈川8区から出馬。自民党が擁立した、首相・橋本龍太郎の首席秘書官を務めた新人の江田憲司を破り、3選。翌2001年、森喜朗の辞任を受けて行われた首班指名選挙では、会派「民主党・無所属クラブ」の所属ながら、民主党代表の鳩山由紀夫ではなく同じ神奈川県選出で自由民主党総裁の小泉純一郎に投票。以後、2002年に議員辞職するまでは無所属で活動する[要出典]。

2002年、衆議院議員を辞職。無所属で横浜市長選挙への出馬を表明する。当初、先んじて立候補の意向を示していた竹田恒泰が中田の出馬表明後、自身の立候補を撤回して中田の支援に回った[要出典]。中田は、4選を目指し、自民・公明・保守・民主4党相乗りで出馬した、現職の高秀秀信を下馬評を覆して破り初当選。

2006年の市長選挙で再選。対立候補が共産党単独推薦で「当落は分かっているので、開票経費を削減したい。」との中田の意向で、異例の翌日開票になった。

2009年7月28日、2期目の任期途中で辞職を表明。辞職の理由について、第45回衆議院議員総選挙と同日に横浜市長選挙を行えば、オール与党・相乗り選挙とならないこと、レームダックを避けられること、選挙コストの削減に繋がること、などを挙げた[5]が、中田が推進した開国博Y150が結果的に失敗に終わったり(中田は横浜市長辞職の理由や開国博失敗について自身の責任を著書「政治家の殺し方」で改めて記している)、多数のスキャンダルを報道される中であったため、「投げ出しだ」等の批判が相次いだ[6]。盟友関係にあった神奈川県知事の松沢成文も中田を批判し、横浜市会が求めた開国博Y150失敗究明の中田の参考人招致[7]に賛意を示した。中田は地方自治法第145条の規定に基づき、辞職の届け出から20日を経過した2009年8月17日午前零時をもって、横浜市長を退任した[8]。なお、参考人招致は中田の予定を確認せずセットされたため見送られた。横浜市長退任後は母校である青山学院大学の学長アドバイザー・大学院国際マネジメント研究科評議委員の他、岡山理科大学等で客員教授を務める[要出典]。

2009年10月、山田宏ら地方自治体の首長及び首長経験者らが結成した政治団体「よい国つくろう!日本志民会議」の結成に参加し、同団体の政治委員会幹事長に就任した。2010年になり、同年7月に予定される第22回参議院議員通常選挙に向け、新党結成の動きが報道されるようになり[9]、2010年4月18日に山田らとともに日本創新党を結成。中田は代表幹事に就任した。同年7月、第22回参議院議員通常選挙に日本創新党公認で比例区から出馬。日本創新党から立候補した比例区の全候補者中トップの122,978票を獲得したが落選。

2012年1月5日、橋下徹の要請を受け、大阪市特別顧問に就任。同年9月、日本創新党の解党により、日本維新の会に合流。同年12月の第46回衆議院議員総選挙には、日本維新の会から比例北陸信越ブロック単独(名簿順位は1位)で出馬[10]し、当選した[11]。

2013年10月23日、日本維新の会の神奈川18区支部長に就任した。同党では国会議員団政調会長代理、国会議員団国対委員長代理などを務めた。

2014年の日本維新の会分党決定に際しては当初石原グループ、橋下グループどちらにもつかない第3の道を模索したが、断念して石原慎太郎らとともに次世代の党の結党に参加した[12]。6月12日の暫定人事で国対委員長に内定。8月1日の結党大会で正式に就任した。

同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、神奈川18区(横浜市ではなく川崎市)から立候補したが、山際大志郎(選挙当時、現職の経済産業副大臣)に3万票弱の差をつけられて敗れ、重複立候補した比例南関東ブロックでも復活はならなかった。

中田宏事務所代表やシンクタンク「日本の構造研究所」代表を務めている。

裁判[編集]
週刊現代による名誉棄損事件[編集]
中田は市長在任中に週刊現代から多くのスキャンダル報道を掲載されたことから、2007年11月、特に悪質と見做した3つの記事[13]について名誉毀損で東京地検に告訴した。2010年10月29日、東京地裁は講談社側に550万円の支払いと謝罪広告掲載を命じる判決を下した。さらに、週刊現代の一連の記事について「裏付け取材はほとんど行われておらず、ずさん」かつ「中田の政敵ともいえる相手の情報を鵜呑みにして記事にしたことが問題であった」と言及している[14]。続く2011年12月21日の控訴審判決でも東京高裁は一審・東京地裁判決を支持し中田が勝訴した[15]。また、2008年12月24日、中田と不倫関係があったなどと主張する元クラブ従業員の女性が、結婚が実行されずに精神的、肉体的苦痛を受けたなどとして横浜地方裁判所に提訴したが、裁判所も、2010年11月12日、「原告の主張は、具体性に乏しいうえ、十分な客観的裏付けがない」として女性の請求を棄却する判決を下した[16]。

中田はスキャンダルが報道された背景を自身の著作物において、「市長として実行した改革が、既得権益や利権を奪われた人々の恨みを買い、その報復としてバッシング記事が仕掛けられたということだ。私のイメージダウンを図り、政治生命を絶とうとした」「政治家を殺すのに刃物はいらない。スキャンダルをでっちあげればいいというやり方である」と述べている[17]。また、女性からの提訴については、スラップ(恫喝訴訟)であると述べている[18]。

人物[編集]
趣味は空手[4]、読書[1]など。
家族に妻と娘2人がいる[1]。
政策・主張[編集]

中田は選択的夫婦別姓の導入など民法改正に関する請願を衆議院で1991年6月に共同提出した[19]。2015年12月、夫婦別姓を認めない民法の規定を合憲とする最高裁判決を歓迎した[20]。
憲法9条の改正に賛成[21]。
集団的自衛権の行使に賛成[21]。
「道徳」を小中学校の授業で教える事に賛成[21]。
カジノの解禁に賛成[21]。
原発は日本に必要としている[21]。
首相の靖国神社参拝を問題ないとしている[21]。
「村山談話」及び「河野談話」を見直すべきとしている[21]。
特定秘密保護法を必要としている[21]。
負担増が耐えられないため、年金の給付水準が下がるのはやむをえないとしている[21]。
ヘイトスピーチを法律で規制することに賛成[21]。
日本の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加に賛成しており[11]、TPP参加による関税の全面的な撤廃を主張している[11]。
日本の核武装について、今後の国際情勢によっては検討に賛成する考えを表明している[11]。

著書[編集]
単著 「行革のレシピ : 日本の料理法NZ風」読売新聞社、1997年11月、ISBN 4643970510
「なせば成る : 偏差値38からの挑戦」講談社、2003年11月、ISBN 4062121034
「中田主義?僕の見方、考え方」講談社、2006年4月、ISBN 4062133962
「政治家の殺し方」幻冬舎、2011年10月、ISBN 9784344020856
「改革者の真贋」PHP研究所、2012年7月、ISBN 9784569805153
「失敗の整理術」PHP研究所、2014年2月、ISBN 9784569816258

共著 「国会の掟 : 国会の常識は世間の非常識」田近伸和構成、プレジデント社、1995年9月、ISBN 4833415801
「ニュージーランド行革物語 : 国家を民営した国」山田宏、長浜博行著、PHP研究所、1996年10月、ISBN 4569553273
「民の力が存分に発揮される都市へ」北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター編、北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター、2003年3月、ISBN 490206605X
「勉強がキライな子どもたちへ勉強がキライだった大人たちへ : キタハラナカダ・スクール」北原照久著、ネコ・パブリッシング、2005年6月、ISBN 477705084X
「ナカダのナゼダ!?」海原純子著、小学館、2005年10月、ISBN 4093876061
「日本の大問題30!」竹中平蔵著、アスコム、2011年10月、ISBN 9784776206927
「結果を出すリーダーしか知らない20の方法」鍵山秀三郎著、遊タイム出版、2013年5月、ISBN 9784860103323

関連文献[編集]
「希望のシナリオ : 次世代論客が語る「明日」への突破口」日本テレビNNN24、青山和弘編、PHP研究所、2003年3月、ISBN 4569626564
「オンリーワン都市・横浜」横浜市都市経営局編、有隣堂、2003年6月、ISBN 4896601785
「あすを植える : 地球にいのちの森を」宮脇昭、毎日新聞「あしたの森」取材班著、毎日新聞社、2004年9月、ISBN 4620317020
「くじらと散歩 : 江戸東京湾 : 東京湾から房総・三浦半島を訪ねて : 豊穣の海」小松正之著、ごま書房、2004年7月、ISBN 4341130919
「未来企業へのメッセージ : 社会・顧客と共生し価値を協創する」池上孝一著、日経BP企画、2005年11月、ISBN 486130119X
「横浜市改革エンジンフル稼働 : 中田市政の戦略と発想」南学、上山信一編著、東洋経済新報社、2005年1月、ISBN 4492211489

メディア出演[編集]

2013年5月2日、日英21世紀委員会第30回合同会議の参加者らとテレビ 「Hi!横濱編集局」(tvk):編集長(?2009年8月)
「ウェークアップ!ぷらす」(読売テレビ制作・日本テレビ系):不定期(ほぼ月1)でコメンテーターで出演
「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送ほか):不定期で顧問として出演。同番組はtvkでも放送されている。
「そこまで言って委員会NP」(読売テレビほか):不定期
「朝まで生テレビ!(テレビ朝日系)
「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)
「バイキング」(フジテレビ系):不定期
「情報7daysニュースキャスター」(TBS系)

ラジオ 「ヨコハマ・オンリーワン」(RFラジオ日本)
「MORNING STEP」(FM Yokohama84.7)
「中田宏のDREAM RUNNER」(ニッポン放送)
「上柳昌彦のお早うGoodDay!」(ニッポン放送、元木曜日レギュラーコメンテーター)

映画 「大決戦!超ウルトラ8兄弟」(松竹):横浜市長本人として特別出演
「劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」関東・甲信越バージョン(東映):横浜市長本人として特別出演(声優)

脚注[編集]
1.^ a b c d e http://nakada.net/profile
2.^ a b 『新訂現代日本人名録2002』「中田 宏 なかだ・ひろし」2001年1月
3.^ 中田宏, 神保重紀 ECOインタビュー 横浜市長 中田宏氏 まず行動、そうすれば市民意識は変わる Eco (75), 110-113, 2005-09
4.^ a b 中田宏プロフィール 松下政経塾 (2013年10月 現在)
5.^ 中田宏・横浜市長が辞職 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)[リンク切れ]
6.^ 「驚いた」「無責任だ」/中田市長辞職、県内議員の反応 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞[リンク切れ]
7.^ “横浜「開国博」不振で中田宏前市長招致へ 市議会が責任追及”. 産経新聞. (2009年9月8日) 2010年2月3日閲覧。[リンク切れ]
8.^ 横浜市・中田市長会見 2009年7月28日閲覧[リンク切れ]
9.^ 杉並区長、中田前横浜市長ら参加 首長経験者が参院選へ新党 東京新聞TOKYO Web・2010年4月8日[リンク切れ]
10.^ “日本維新の会:衆院選 東国原氏は比例近畿、中田氏は北陸信越”. 毎日新聞. (2012年11月29日) 2012年12月31日閲覧。
11.^ a b c d “2012衆院選 北陸信越ブロック 日本維新維新の会 中田宏”. 毎日jp (毎日新聞社) 2013年4月29日閲覧。
12.^ “維新の会・中田宏衆院議員“第三の道”断念”. 日テレNEWS24. (2014年6月4日) 2014年8月8日閲覧。
13.^ 看護学生と称する女性への強制わいせつ疑惑、横浜市の公金横領疑惑、市長公務の放棄疑惑。なお、いずれの疑惑も、裁判で裏付けのない中傷記事と認められている。
14.^ JUSTICE裁判の判決と背景 中田宏公式Web 2012年1月5日閲覧
15.^ 中田・前横浜市長、二審も勝訴 週刊現代の名誉毀損訴訟 asahi.com(2011年12月21日)2011年1月5日閲覧
16.^ 中田・前横浜市長、元ホステスに勝訴「愛人関係」否定 ニコニコニュース(2010年11月12日)2012年1月12日閲覧
17.^ 中田宏 『政治家の殺し方』 幻冬舎(2011年10月25日) ISBN 4344020855[要ページ番号]
18.^ 「中田宏を巡る裁判の背景と真相」、公式ページ
19.^ 第151回国会 法務委員会 第22号(平成13年6月29日(金曜日))
20.^ 最高裁判事に落選※危機!?「夫婦別姓」判決 ※正しくは「罷免」|中田宏公式WEBサイト 2015/12/22
21.^ a b c d e f g h i j 2014衆院選 神奈川18区 中田 宏 - 毎日新聞

外部リンク[編集]
NAKADA.net(公式サイト)
中田宏 - Facebook
中田宏 (@NAKADAHiroshi) - Twitter
公職
先代:
高秀秀信 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市長
第28-29代:2002年 - 2009年 次代:
林文子
党職
先代:
(結党) 次世代の党国対委員長
初代:2014年 次代:
中野正志
先代:
(新設) 日本創新党代表幹事
初代:2010年 - 2012年 次代:
(廃止)

Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市長(2002-2009)
官選
増田知1889.6-1890.2 |
佐藤喜左右衛門1890.3-1896.3 |
梅田義信1896.6-1902.9 |
市原盛宏1903.1-1906.5 |
三橋信方1906.9-1910.6 |
荒川義太郎1910.9-1913.11 |
安藤謙介1914.7-1918.7 |
久保田政周1918.8-1922.5 |
渡辺勝三郎1922.11-1925.4 |
有吉忠一1925.5-1931.2 |
大西一郎1931.3-1935.7 |
青木周三1935.8-1941.2 |
半井清1941.2-1946.11

公選
石河京市1947.4-1951.4 |
平沼亮三1951.4-1959.2 |
半井清1959.4-1963.4 |
飛鳥田一雄1963.4-1978.3 |
細郷道一1978.4-1990.2 |
高秀秀信1990.4-2002.4 |
中田宏2002.4-2009.8 |
林文子2009.8-

ポータル 横浜市ポータル
カテゴリ: 横浜市長
日本のこころを大切にする党の国会議員
日本維新の会の国会議員 (2012-2014)
無所属の会の国会議員
新進党の衆議院議員
日本新党の国会議員
神奈川県選出の衆議院議員
比例北陸信越ブロック選出の衆議院議員
日本創新党
松下政経塾の塾生
青山学院大学出身の人物
横浜市出身の人物
1964年生
存命人物
最終更新 2017年5月23日 (火) 02:33 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
スポンサーサイト

コメント

読みづらい
[2017/07/06 01:37] URL | #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR