ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

タイの新憲法は警察官も徴兵制!軍事独裁憲法!タイの爆発事件はこれが原因かも知れない!

タイもユダヤアメリカに支配されている可能性大


ちなみに
タイのネット普及率は30% これだと簡単にテレビや新聞に騙される

ネット普及率


★タイ王国 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/タイ王国キャッシュ

東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。

2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、憲法と議会を廃止し実権を掌握して以来、軍事独裁政権が継続している。

2014年5月22日、国軍は軍事クーデターを決行し、インラック前首相やニワットタムロン・ブンソンパイサン首相代行など、政府高官を相次いで拘束した。憲法と議会を廃止して実権を掌握すると、陸軍大将のプラユット・チャンオチャを首班とする軍事政権の樹立を宣言した。


タイ 暫定政権 憲法 徴兵制


★バンコク爆発事件 不審人物の画像公開 NHKニュース - NHKオンライン
www3.nhk.or.jp/news/html/20150818/k10010194211000.html?キャッシュ
2015年8月18日タイの首都バンコクの中心部で17日夜に起きた爆発事件で、タイの警察は爆発発生の前後に現場近くの監視カメラに写っていた ... 事件の背景ははっきりしないとしながらも、「最近は暫定政権が作ろうとしている新しい憲法草案を巡って政治的な対立が深まって ...


★タイの徴兵制、軍隊に加えて「警察官」も組み込まれることに! - ワイズ ...
www.wisebk.com/10808?キャッシュ
2015年8月10日 ... そんなタイの徴兵制に、このたび、陸・海・空の軍隊に加えて「警察官」が組み込まれることが決まった。 すでに暫定政権は、新警察法案を承認済で、2016年5月から実施するという。「警察官の徴兵?」と思う人もいるだろうが、タイでは数十年前にも ... その上で、今回の法改正について、「戦争以外での労働力の徴集は憲法違反。


2016年5月から、陸・海・空の徴兵制度に加え、
警察官もくじ引き徴集。
いまやタイの風物詩でもある“くじ引き”による徴兵。2014年、会場では女性の姿=ニューハーフや、海軍(厳しさで有名)入隊が決まった瞬間、卒倒者が続出するなど、メディアにとっては格好の材料となっている。そんなタイの徴兵制に、このたび、陸・海・空の軍隊に加えて「警察官」が組み込まれることが決まった。

すでに暫定政権は、新警察法案を承認済で、2016年5月から実施するという。「警察官の徴兵?」と思う人もいるだろうが、タイでは数十年前にも警察官の人員不足を理由に、徴兵制度によって埋め合わせていたことがある。

今回も理由は一緒。タイ国家警察庁のソムヨット長官は「現状、国民800人に対して警官1人という割合。これでは、犯罪行為に対応できず、国民を守れない」と話す。

徴兵(徴集)要件は、軍隊とほぼ同じ。対象は21歳以上の男子で、2年間の警官勤務=労働が課せられる。軍隊と違う点は、自ら志願できず、くじ引きのみで選ばれる。職務内容は、正規警官のサポート業務で、その間の給料は月収9000バーツ。2年間の職務まっとう後は、そのまま職業警官(約1割)として採用される場合もあるが、そのほかは予備警官として有事の際の要員となる。どうしても警察業務に携わりたければ“警察ボランティア”としてお手伝いはできる。従来通り、職業(正規)警察官になりたい方は、公務員採用試験を受験しなければならない。

新法案には、慎重論もある。急先鋒と言われるのが民主党のワチャラ氏で、「現状の警官は、4年間も勉強していながら有能とは思えない仕事ぶりが目立つ。そんな彼らに管理はできない」と現警察機構そのものを批判。その上で、今回の法改正について、「戦争以外での労働力の徴集は憲法違反。素人警官に権限を与えるのはリスクだ。なにより、警察庁の役人はタクシン元首相派が多く、心配事が増えるだけ」と持論を展開する。

スワパン首相府相は3日、「新警察法は、改めて、徴集する警官の権限や義務を再度検討する」とコメント。本当に実施されるかは不透明だ。


★タイの戒厳令解除。暫定憲法44条の驚きの中身とは一体?

4月1日、首相府でプラユット暫定首相がNCPO議長として、戒厳令解除に向け、モニタリングを行った。(写真提供:Royal Thai Government)


NCPOが暫定憲法44条を発動。
その驚きの中身とは一体?
2015年4月1日午後9時半、国家平和秩序維持評議会(NCPO)は、「プミポン国王から承認をいただいた」と発表し、2014年5月20日から続いていた戒厳令を約10ヵ月ぶりに解除した。

安倍首相との会談時にも促された戒厳令の早期解除。クーデター以降、欧米諸国は民政復帰を実現せず、戒厳令を敷くタイに対して、しばしば批判の目を向け、けん制を続けてきた。観光業に大きな影響を与えてきた戒厳令を現政権は放棄することで、国際社会の非難を避ける狙いがあったのは明白。

ただし、戒厳令を解除したものの、それに代わる強力な憲法を発動。すでに話題となっている「暫定憲法44条」である。簡単に説明すると、NCPO議長(プラユット暫定首相)が「いかなる命令を出せる」ということ。その権限は、司法、立法をも凌ぐ超法規的なもので、タマサート大学の教授は「NCPO議長は行政だけではなく、立法、司法に関係なく命令が出せるため、戒厳令よりも効力がある」と警鐘を鳴らしている。

44条が発令されると、EUの在タイ大使らは「一般特恵関税や貿易協定にも影響を与えるだろう。民政復帰がなければ、タイ経済へのマイナスは続いていく」と冷ややかなコメントを述べた。

具体的な内容は、国家の安定を阻害する可能性のある人物を逮捕・拘束することができ、政治運動を目的とした5人以上の集会の禁止など、内容も戒厳令とほぼ同じ。戒厳令の前段階にあたる「国家非常事態宣言」と「治安維持法」の組み合わせでいいのではないかという声も上がったが、ウィサヌ・クルアンガーム副首相は「非常事態宣言と国内治安維持法では、国内で起こる問題に対応することができない。44条であれば、一石二鳥となる」と説明している。治安維持法は事前の逮捕・拘束ができず、非常事態宣言は3ヵ月の期間限定、決定権者(暫定首相)に対して賠償責任を問うことができるなど、圧倒的な権力を行使できる戒厳令に比べると、どうしても“弱い”のである。

結果だけみれば、戒厳令が解除されたのは事実。果たして国際社会の批判の目を逸らすことはできるのだろうか。
一つわかっていることは、民政復帰まで、もうしばらく時間がかかるということだ。


★バンコク爆発事件 不審人物の画像公開
8月18日 17時04分
タイの首都バンコクの中心部で17日夜に起きた爆発事件で、タイの警察は爆発発生の前後に現場近くの監視カメラに写っていた不審な人物の画像を公開して捜査しています。
バンコクでは、18日午後、市内の川にかかる橋の付近で爆発物が投げ込まれて爆発し、けが人はいませんでしたが不安が広がっています。
17日夜、バンコクの繁華街で起きた爆発では、これまでに中国人やマレーシア人など20人の死亡が確認されたほか、JR東日本の社員、安藤紘太さん(31)を含む125人がけがをしました。病院によりますと、安藤さんは腹部に大けがを負って手当てを受けていますが、容体は安定してきているということです。
タイの警察は18日、周辺を封鎖して現場検証を行ったほか、現場近くの監視カメラに写っていた人物の画像をメディアに公開しました。爆発の前のものとされる画像にはリュックサックを背負っている様子が写っているものの、爆発後とされる画像にはリュックサックが写っておらず、警察はこの人物が事件について何らかの事情を知っている可能性もあるとみて、行方を捜すとともに情報提供を呼びかけています。
大勢の人でにぎわうバンコク中心部の繁華街で起きた今回の事件の背景については、現在も分かっておらず、タイのプラユット暫定首相は18日、記者団に対し「どういうグループが犯行に及んだのかまだコメントできない」と述べて、あらゆる可能性を排除せず捜査を進めていく方針を示しました。
一方、バンコクでは日本時間の18日午後3時ごろ市内を流れるチャオプラヤ川にかかる橋の付近で何者かが爆発物を投げ込みました。警察によりますと爆発物は川の中で爆発し、けが人はいないということですが17日に続いての事件に不安が広がっています。 .18日、新たに爆発が起きたのは、17日夜の爆発現場から南西におよそ4キロほど離れたバンコク中心部を流れるチャオプラヤ川にかかる橋の付近で、現場には規制線がはられ川に近づくことはできなくなっています。付近では大勢の警察官が周辺を封鎖して状況を調べていて、爆発の様子を目撃した女性は「大きな音がしたあと川から水しぶきがあがった。急いで警察に通報した」と話していました。
爆発が起きた付近にある橋には鉄道が通っているほか、近くには観光フェリーが停泊する港も設けられています。また、付近の川沿いには高級ホテルが建ち並んでいて外国人観光客が多く訪れる地域としても知られています。日本人観光客「とても残念」17日夜、爆発のあった現場周辺の交差点では、爆発の直後から始まった交通規制が18日昼すぎに解除され、車などの通行ができるようになりました。一方、爆発物が仕掛けられていたとみられる場所では警察による検証が続いており立ち入りが禁止されています。
現場周辺には世界各地の報道機関に加え大勢の観光客も詰めかけ、不安そうな様子で警察の現場検証の作業を見守っていました。爆発現場から100メートルほど離れた場所にある日系のデパートでは、今回の事件を受けて警備が強化され、入り口で警備員が客のかばんの中を開けて手荷物を確認していました。5日前からバンコクに滞在しているという日本人の旅行者の男性は「このようなことがタイで起きると思わなかったので驚いている。できるだけ雑踏を避けて行動したいです」と話していました。
また17日、京都からバンコクに到着したという旅行者の女性は「こういう事件があるとタイから観光客が減ることになり、とても残念です」と話していました。専門家 政治情勢不透明さ増すのではタイの政治を研究している法政大学の浅見靖仁教授は、今回の爆発事件について「タイではここ数年、いろいろな政治的な対立があって、爆弾を使った事件も比較的よくあったが、1回の爆発でこれだけの人が犠牲になったことはなく、また、多くの外国人が巻き込まれるような場所で起こったこともなかった」と指摘しました。
また、現時点では犯行声明も出ていないため、事件の背景ははっきりしないとしながらも、「最近は暫定政権が作ろうとしている新しい憲法草案を巡って政治的な対立が深まっており、微妙な情勢だった」と述べました。
そのうえで、「去年5月のクーデター以降、表面的にはデモがなくなり、テロ事件も少なくなったということで、暫定政権も一定の評価を受けていたが、今回このような事件が起きたことで、治安対策でも成果が上がっていないという不満が高まる可能性もある」として、今後タイの政治情勢がさらに不透明さを増すのではないかとの見方を示しました。日系企業 大半は平常業務爆発現場近くに事務所や店舗を構える日系企業などは、職員の安全を確認したうえで18日、大半が平常どおり業務を行っています。
爆発現場の近くにあるイオンの現地法人が運営する小型スーパーでは、周辺への立ち入りが禁じられたため18日は営業を取りやめる方針でしたが、その後、規制が解除されたため現地時間の午前11時から営業を始めたということです。また、現場からおよそ600メートル離れたビルにあるジェトロ=日本貿易振興機構のバンコク事務所では、日本人職員全員の無事が確認されたことから18日は平常どおり業務を行いました。ジェトロでは、タイに拠点を置く主要な企業およそ30社に爆発による影響がないか聞き取り調査を行いましたが、これまでのところ現場近くに事務所がある1社が休業したほかは、平常どおり業務を行っているということです。
ジェトロ・バンコク事務所の保住正保所長は「日系企業の間では、今後の事業の見通しを立てるためにも事件の真相究明を早期に進めてほしいという声が多く、タイ政府の対応に期待したい」と話していました。


★タイ、バンコク中心部で爆弾テロ 新憲法を掲げる軍事政権と対立する勢力(・・?
2015-08-18 06:59:39 | 日記タイの首都バンコク ラチャブラソンで20人超える死傷者が発生した大規模TNT(トリニトロトルエン)爆弾を使用したテロです。政情不安軍事政権の現状を生々しく表し今後、タイ経済と観光に大打撃を与える犯行です。日本人を狙ったものでは無いとしてもテロに対して無防備で地政学的リスクの高いアジア経済圏では資本の移動のみに特化したほうが良さそうです。爆発現場ラチャブラソン交差点は外国人ショッピング中心部で一歩間違えれば日本人客も多数巻き込まれていたかもしれません。爆弾テロは気を付けていても回避できるものではなく「君子危うきに近寄らず」です。いずれにしても社員の生命をかけるほどの利益が上がらない4000社の日系該当企業は新憲法作りで国民に新たに負担を強いるタイ軍事政権国家から社員に死傷者が出る前にすみやかに撤退すべきでしょう。

以下コピー【バンコク時事】タイの首都バンコク都心の繁華街で17日午後7時(日本時間同9時)ごろ、爆発があり、救急当局などによると、19人が死亡、117人が負傷した。
 死者は27人に上るという情報もある。警察は、簡易爆弾(IED)による爆発だと説明している。昨年5月のクーデターで軍事政権が実権を掌握して以降、首都で大規模な爆弾テロが起きたのは初めて。 また、日本人1人が事件に巻き込まれ負傷したとの情報があり、在タイ日本大使館が確認を進めている。
 ソムヨット国家警察長官が記者団に語ったところでは、バンコク中心部にあるエラワン廟(びょう)の敷地内にあるフェンス付近で、何者かが仕掛けた約3キロのIEDが爆発した。死者には中国人とフィリピン人が含まれているという。
 エラワン廟は大勢の観光客でにぎわう観光スポットで、現場からのテレビなどの映像には、爆発と同時に大きな火の手が上がり、近くを歩いていた人々が逃げ惑う姿が映し出された。炎上するバイクや、爆発で負傷したとみられる人々が倒れている様子も見えた。
 政府副報道官によると、プラユット暫定首相は治安当局に対し、事件の調査とともに「治安維持を最優先に」取り組むよう指示した。
スポンサーサイト

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR