ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

長崎平和祈念式典で日本の恥さらしウンコリアン安倍が過去最多の75カ国の大使の前で谷口稜曄さんに平和憲法を踏みにじる安倍は許せないと叱られる!

ウンコリアン安倍は中東ではイスラムを分断挑発し沖縄では逆なでし帰れと言われ長崎でも難詰されたようです


ちなみに日中戦争工作員のウンコリアン進次郎を追求すると警察呼びますよと言われる

ちなみにウンコリアン安倍も日中戦争工作員でイスラム分断工作員


韓国海洋警察、違法操業の中国漁船船長を射殺 - WSJ
jp.wsj.com/articles/SB11713596470002413933104580205911036326350
2014年10月10日 ... 韓国海洋警察は10日、違法操業をしていた中国漁船の船員らと乱闘になったため発砲し、この漁船の船長が死亡したと発表した。中国漁船が黄海の韓国領海に立ち入り、韓国海洋警察ともめる事件は少なくないものの、死亡者が出るのは珍しい。2011年には、海洋警察の隊員が中国人船員に凶器で刺されて命を落とした。


★世界の人の前で安保法制を批判される安倍首相――長崎平和祈念式典 ...
www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/376.html?キャッシュ
... 長崎市長の田上富久さんは本日の平和宣言で、安倍首相を目の前に安保法制に触れ、「平和の理念が揺らいでいる。国民の声に耳を傾け、慎重審議を」と、厳しく注文をつけました。世界の人の前で、安倍政治の根幹を難詰したことになります。

http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/376.html


世界の人の前で安保法制を批判される安倍首相――長崎平和祈念式典(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/376.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 09 日 12:33:32: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/9367be2db8cf44b6387064322024b641
2015-08-09 08:52:19

 長崎市長の田上富久さんは本日の平和宣言で、安倍首相を目の前に安保法制に触れ、「平和の理念が揺らいでいる。国民の声に耳を傾け、慎重審議を」と、厳しく注文をつけました。世界の人の前で、安倍政治の根幹を難詰したことになります。田上市長の宣言は、語り継ぐことの重要性を強調したものでもあります・

 安倍首相は今月8月14日に、「安倍談話」を公表しますが、伝えられるところによると、「お詫び」というキーワードは意識的に使わないそうです。安倍氏にしてみれば、「先の大戦はやむを得ず起こさざるを得なかったもので、日本が悪いわけではない。むしろ、欧米列強のくびきからアジアの国々を解放する“正義の戦争”だった。お詫びする必要はない」というところでしょう。

 つまり、東京裁判を否定し、「日本は正しかった」という主張です。「お詫び」しないということは、東京裁判の結果を引きずってきた歴史をひっくり返す狙いがあります。この「修正史観」がまかり通れば、これからの教科書では、しだいに「日本は正義の戦争をした。アジア諸国を欧米列強の植民地支配から解放した」というように改められるのは間違いないでしょう。

 安倍氏は、「安保法制は日本人の生命や安全、幸福追求の権利を守るために必要」と繰り返しています。その実、アメリカの尻にくっついて、地球の裏側まで軍隊を派遣することを狙っています。

 なぜか。軍事増強と武器弾薬の費消が、これからの経済活性化の肝になると財界筋から強く要望されているからです。経団連をはじめとする日本の主力企業は、資本主義が成熟し、今では利益を上げにくくなってきたことに危機感を持っています。つまり、アメリカがすでに進んできた道を、日本も通らざるを得なくなったという判断です。

 それがさらに進めば、日本も「核武装」という選択すら現実化しかねません。

 核廃絶と、現在の安倍政権が強引に進めようとしている安保法制は、表裏一体のものです。だから、核廃絶を主張するなら、戦争準備法案廃絶とセットで主張すべきはずのものです。

 本日の平和祈念式典で、田上・長崎市長は、「安保法制によって、平和の理念が揺らいでいる」と指摘します。松井一実・広島市長は、平和宣言の中で安保法制には一語も触れませんでした。松井市長は、明らかに政権寄りであり、政権に都合の悪いことはできるだけ触れないようにするという自己規制というか、「忖度(そんたく)」があると言えます。そうした、自ら言論の自由を狭める行為がいま、どれほど世論をミスリードしていることか。

 世界の人の前で、安倍首相の安保法制を批判することこそが、「言論の自由」を身をもって示すことであり、日常的に「言論の自由」を生かすことと言えないでしょうか。

 たとえ、安倍首相が世界の人の前で恥をかくとしても、それは身から出たサビです。 


1. 2015年8月09日 12:41:11 : aQghgUA3Js
長崎市長「安保法案、慎重審議を」 平和祈念式典
2015年8月9日11時37分 朝日新聞
 長崎に原爆が投下されてから70年の9日、犠牲者を追悼し、核兵器廃絶の願いを新たにする平和祈念式典が同市の平和公園で開かれた。市によると、約6700人が参列。過去最多の75カ国からも大使らが出席した。

 田上富久市長は平和宣言で、被爆や戦争の記憶を次世代に語り継ぐ必要性を訴えた。参院で審議中の安全保障関連法案については、不安と懸念が広がっているとして、政府と国会に慎重な審議を求めた。

 また、戦争の記憶が急速に失われつつあることに危機感を示し、悲惨な戦争の記憶を忘れてはいけないと訴えた。さらに、若い世代には、平和への思いをしっかり受け止めるよう呼びかけた。

 式典では、被爆者を代表して、長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄(すみてる)会長(86)が「平和への誓い」を読み上げた。16歳の時に被爆して背中を焼かれ、うつぶせのまま1年9カ月、病院で生死をさまよった体験から被爆者の苦しみを訴えた。(力丸祥子)

http://www.asahi.com/articles/ASH866QNLH86TIPE03B.html


2. 2015年8月09日 12:48:07 : D5htUxA97c
原爆の日に、安保法制の話を持ち出すのは筋違い(海外のメディアにもそう映っている)。まずはその場でアメリカに向かって謝罪を求めるべきだろう、それが被爆者の一番の思いのはず。
アメリカに面と向かって言えない不満を、話をすり替えて日本の首相に言ってどうする?広島も長崎の市長もそのようにしか見えなかった。安保法制が成立すると原爆が落とされるのか??違うだろう。


3. 2015年8月09日 13:01:17 : YxpFguEt7k
荻上チキ氏
「(ちなみに、来賓献花時、山本太郎議員の名前が呼ばれたとき、会場からざわめきと拍手が…)」
https://twitter.com/torakare/status/630200290474528768
人気者ですなぁ…


4. 2015年8月09日 13:21:12 : ONvXjMAaok
戦争屋の糞安倍は平和憲法の理念を守るとは一言も発することはなかった。


★原爆被害の生き証人として語り続ける 平和への誓い全文
2015年8月9日11時48分

「平和への誓い」を読み上げる谷口稜曄さん=9日午前11時14分、長崎市の平和公園、長沢幹城撮影

[PR]
 70年前のこの日、この上空に投下されたアメリカの原爆によって、一瞬にして7万余の人々が殺されました。真っ黒く焼け焦げた死体。倒壊した建物の下から助けを求める声。肉はちぎれ、ぶらさがり、腸が露出している人。かぼちゃのように膨れあがった顔。眼(め)が飛び出している人。水を求め浦上川で命絶えた人々の群れ。この浦上の地は、一晩中火の海でした。地獄でした。


 地獄はその後も続きました。火傷(やけど)や怪我(けが)もなかった人々が、肉親を捜して爆心地をさまよった人々が、救援・救護に駆け付けた人々が、突然体中に紫斑が出、血を吐きながら、死んでいきました。

 70年前のこの日、私は16才。郵便配達をしていました。爆心地から1・8キロの住吉町を自転車で走っていた時でした。突然、背後から虹のような光が目に映り、強烈な爆風で吹き飛ばされ道路に叩(たた)きつけられました。

 しばらくして起き上がってみると、私の左手は肩から手の先までボロ布を下げたように、皮膚が垂れ下がっていました。背中に手を当てると着ていた物は何もなくヌルヌルと焼けただれた皮膚がべっとり付いてきました。不思議なことに、傷からは一滴の血も出ず、痛みも全く感じませんでした。

 それから2晩山の中で過ごし、3日目の朝やっと救助されました。3年7か月の病院生活、その内の1年9か月は背中一面大火傷のため、うつ伏せのままで死の淵(ふち)をさまよいました。

 そのため私の胸は床擦れで骨まで腐りました。今でも胸は深くえぐり取ったようになり、肋骨(ろっこつ)の間から心臓の動いているのが見えます。肺活量は人の半分近くだと言われています。

 かろうじて生き残った者も、暮らしと健康を破壊され、病気との闘い、国の援護のないまま、12年間放置されました。アメリカのビキニ水爆実験の被害によって高まった原水爆禁止運動によって励まされた私たち被爆者は、1956年に被爆者の組織を立ち上げることができたのです。あの日、死体の山に入らなかった私は、被爆者の運動の中で生きてくることができました。

 戦後日本は再び戦争はしない、武器は持たないと、世界に公約した「憲法」が制定されました。しかし、今集団的自衛権の行使容認を押しつけ、憲法改正を押し進め、戦時中の時代に逆戻りしようとしています。今政府が進めようとしている戦争につながる安保法案は、被爆者を始め平和を願う多くの人々が積み上げてきた核兵器廃絶の運動、思いを根底から覆そうとするもので、許すことはできません。

 核兵器は残虐で人道に反する兵器です。廃絶すべきだということが、世界の圧倒的な声になっています。

 私はこの70年の間に倒れた多くの仲間の遺志を引き継ぎ、戦争のない、核兵器のない世界の実現のため、生きている限り、戦争と原爆被害の生き証人の一人として、その実相を世界中に語り続けることを、平和を願うすべての皆さんの前で心から誓います。

平成27年8月9日

被爆者代表 谷口稜曄(すみてる)
スポンサーサイト

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR