ポコポコちゃんのブログ
ネット記事をひろい集めたブログだよ

川勝平太静岡県の大場孝裕らが毒餌で鹿さんを皆殺し構想実験中!

毒餌で鹿さんを殺害実験

①シカさん


まるでヒ素カレーで近隣住民を殺害した林真須美のようだ


在日著名人 - GRNBA.com【在日コリア系著名人リスト】出典:東洋経済日報社資料 「在日韓国人の底力」酒鬼薔薇聖斗・林真須美・
http://grnba.com/iiyama/html/zainiti/


残酷か シカを硝酸塩餌で駆除写真


残酷か シカを硝酸塩餌で駆除2014年11月15日(土) 14時7分掲載 .


野生のニホンジカに給餌(きゅうじ)器で硝酸塩入りの餌を与える実験=静岡県東伊豆町、県農林技術研究所森林・林業研究センター提供
シカを硝酸塩入り餌で駆除 静岡県考案、「残酷」の声も
食害が深刻なニホンジカを硝酸塩の入った餌で駆除する方法を静岡県職員らが考案した。一度胃にのみ込んだ食べ物を口に戻して徐々に消化する「反芻(はんすう)動物」の特徴を利用したものだ。「シカ対策は待ったなし。銃やわなを使った駆除より人への危険が少ない」とし、他の動物への安全性を確認しながら実用化を目指しているが、「残酷だ」といった声も出ている。

[記事全文]

シカを硝酸塩入り餌で駆除 静岡県考案、「残酷」の声も
11月15日(土)12時57分配信


.野生のニホンジカに給餌(きゅうじ)器で硝酸塩入りの餌を与える実験=静岡県東伊豆町、県農林技術研究所森林・林業研究センター提供
く 食害が深刻なニホンジカを硝酸塩の入った餌で駆除する方法を静岡県職員らが考案した。一度胃にのみ込んだ食べ物を口に戻して徐々に消化する「反芻(はんすう)動物」の特徴を利用したものだ。「シカ対策は待ったなし。銃やわなを使った駆除より人への危険が少ない」とし、他の動物への安全性を確認しながら実用化を目指しているが、「残酷だ」といった声も出ている。

【写真】硝酸塩を混ぜた餌=静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター

 考案したのは、県農林技術研究所森林・林業研究センターの大場孝裕上席研究員ら。硝酸塩が反芻動物の胃に入ると、細菌で亜硝酸塩に変わる。すると、赤血球が酸素を運ぶ能力を奪われ酸欠に陥り死に至る。

 大場さんらは1~2月、同県東伊豆町で住民の同意を得て効果を確認し、致死量も判明させた。「餌に避妊薬を混ぜる方法は他の動物に影響が出る恐れがあるが、この方法は反芻動物以外に影響がない」と話す。


【関連記事】
キタキツネ、放置シカ肉食べ「メタボ」 北海道
狙え、シカの一網打尽 大分県が食害被害で新装置
シカ増殖、北海道から屋久島まで食害 土砂崩れの危険も
アライグマ捕獲に新兵器 北大院開発、穴で寝る習性利用
蔵王のアイスモンスター、ガでピンチ マツの葉が食害に
最終更新:11月15日(土)15時1分


酸欠状態になって死に至る仕組み
静岡県農林技術研、硝酸塩入り餌でシカ駆除 農作物被害防ぐ  :日本経済新聞
日本経済新聞 電子版(9月9日)
7月には猟銃による事故も発生
シカ猟で誤射か、男性死亡 静岡・伊豆
産経新聞(7月20日)
伊豆などで深刻なシカ食害
シカ問題 -シカも食糧難-
森林・林業学習館
保護柵設置2
伊豆の自然を守る会 シカ被害(2011年12月3日)
「静岡のシカ問題と捕獲 Q&A」を作成しました
静岡県農林技術研究所(2013年3月29日)
あなたはどう思う?
硝酸塩入り餌でシカを駆除するのは残酷?
意識調査
関連トピックス
16人襲ったサルか 捕獲し処分
2014年11月9日サメにかまれ男性大けが 愛知
2014年6月10日元祖「小倉あん」復活 鹿が壁
2014年4月9日里山と農業を救う害獣グルメ
2014年1月16日127キロの大物イノシシ捕獲
2013年11月12日カメムシ大量発生 防除に苦労
2013年10月13日野生サル被害 けが人に2万円
2013年10月10日福島の鳥獣問題は日本の縮図


川勝平太

②川勝平太-HEITA-KAWAKATSU-facebook
③林真須美 夫妻 【和歌山毒物カレー事件とは】
④林真須美
⑤林真須美
林真須美
スポンサーサイト

プロフィール

ポコポコちゃん

Author:ポコポコちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR